黄金真柏 改作

挿し木から模様木を目指して作っていましたが
思うように作れなくなっていました。
ここから作り直すには時間が掛かり過ぎます。
IMGP5761.jpg

チョッキン!。
IMGP5767.jpg
この構想は前回投稿以後から考えており
残す部分を針金整姿とインシュロックで絞り込んでありました。


ジンにしたばかりなら多少は動かせます。
IMGP5771.jpg

更にインシュロックとラフィアで保護し曲を強調しておきました。
IMGP5778.jpg

真柏は天場に飾れるような模様木を目指して作っていますが
目標が達成できずこんな樹形になってしまう事もあります。

この樹はどんなアクシデントに見舞われたのでしょうか?盆栽の神様。


第一義的にはお前に挿された事じゃろうのぉ!

可哀想になぁ~


(;´д`) トホホ



にほんブログ村

衣替え真柏 プチ整姿

このグログによく登場する出たがりの真柏です。
IMGP5744.jpg
新芽が伸び樹形を崩し始めました。
立ち上がり位置は植え替え時に調整しましたが
葉張りの正面が少しズレているようです。

整姿後。
コケを外し、富士砂で表面を化粧して。
IMGP5758.jpg
もう少し左側を正面側へ伸ばしたいので数本の新芽は摘んでいません。
秋までにはそれなりの姿になる筈です。
その時にはこの「出たがり君」を再登場させましょうか。(笑)



にほんブログ村

直幹杜松 整姿その2

右最下枝をチョッキン!。
IMGP5728.jpg
昨日はこの枝を切る決断が出来なかったのです。


プチ整姿後。
IMGP5735.jpg
食い付き程度のジンに加工後正面を右側へ少し移動。

直幹としての立ち上がりを強調させながら
右枝下の空間を生かせたのではないでしょうか?。

樹冠部の少し嫌味な箇所もこの樹の個性としましょうか。


おフランスでは個性の無い事が嫌味ザンス シェー by イヤミ



にほんブログ村

直幹杜松 整姿

春からの新芽が伸び放題です。

ブログを確認すると去年6月の植え替え以降
一切の手入れがしてないようです。
IMGP5707.jpg

先ずは輪郭線まで追い込み、
内部の不要な小枝と古葉を掃除しました。
IMGP5709.jpg
整姿前に細部の検討。
樹形的に何かもの足りないような?。

さてこの後、私の一番苦手な杜松の針金掛けですが!。
 
 ・

 ・ 

 ・

 ・

 ・
 
 ・

 ・


 ...


明日にします




にほんブログ村




ニオイカエデ 頭部再立て替え

結構古くから我が家に居ますが、
一向に良くなる気配もありません!。フウー ヤレヤレ
ブログにも初出場の筈です?。

数年前に頭部を立て替えて、再生を試みましたが失敗でした。
IMGP5680.jpg

切り返しキズ。
IMGP5679.jpg

頭部用の小枝をラフィアで保護。
IMGP5683.jpg
こんな太枝は殆ど動きませんが、
一番力の掛かる枝の下部を重点にきつく巻きました。

チョッキン。
IMGP5688.jpg
幹の中心部は既にオガクズ状態で穴が空いています。
ムシでも入ったか?。

カルスメイト大盛りで保護。
IMGP5693.jpg

こんな位置で植え替えるなら
それ程動かす必要もありません。
IMGP5702.jpg

絵に描いた餅みたいですが、
こんな風にこの樹の骨が作れたら良いなぁ~と考えています。
IMGP5695.jpg

それを言うなら「絵に描いた盆栽」が正解じゃろうのぉ

下手なお前にどこまで作れるじゃろうか?

楽しみじゃのぉ

ワッハッハ~

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマモ タノシミニ サレテイマス



にほんブログ村

黄金真柏 追い込み

水遣り時どころか僅かな風でも倒れる真柏です。
IMGP5593.jpg
他にも鉢からこぼれ出るようなこんな樹が沢山あり
水遣りの度に直しています

上から。
IMGP5598.jpg

切り取った三本の小枝を
元の位置付近に配置して。
IMGP5601.jpg

葉を透かし軽く整姿してみました。
IMGP5620.jpg
鉢  庄八 釘彫り丸 11×4.3㎝

更に棚を割って。
これで暫くは倒れない筈です。 ヤレヤレ
IMGP5638.jpg
以前 強い曲を付け直した左下のジンも
ニュートンにあらがう事も出来ず少し垂れて来たか?。(笑)
直後の姿。
IMGP3407 (640x427)



プチ整姿後再度上から。
IMGP5629.jpg
切り取った三本の小枝も盆栽の神様には内緒で挿しておきました。



バカめ!


(;´д`) オヨヨ



にほんブログ村




キンズ 新芽が吹く

ぶった切ったキンズに新芽が吹いて来ました。
しかも思い通りの位置に!!。
IMGP5556.jpg
イモト風に「私はどこでしょぅ~か?」

「ここでぇす ここでぇ~す」
IMGP5561.jpg
同位置よりレンズを替えてアップで。

反対側から。
IMGP5570.jpg
願わくばこのキズ巻用にあと一芽だけでも
左端付近に吹いて欲しいものです。


欲の深い奴じゃのぉ!

願い通りの所に吹かしてやったものを!

二か所とは聞いて居らなんだぞ!

しかしお供え次第では聞いてやらぬ事もないがのぉ!

(^-^)/ ヨロシクオネガイシマ~ス ボンサイノカミサマ~

お前の飲んで居る安酒だけは御免蒙るぞ!

それと甘い物もじゃ!

(;´д`) オヨヨ




にほんブログ村


蔦葉刈り 経過報告

葉刈り日時 2018年6月24日
IMGP4669.jpg
痛み始めた大きな葉を切り取り
小さな葉で綺麗に紅葉させられないか?と。

確認撮影日時2018/07/07
IMGP5545.jpg
連日の雨も止み、チェックしてみました。

左上には新芽も吹き始めています。
IMGP5548.jpg
秋には小さな葉姿で楽しめそうです。

o(^▽^)o ニコニコ

07/11 再度チェック。
IMGP5657.jpg
三枚の新芽は無事に開いたようですが
先端部の芽はもう少し掛かりそうです。
IMGP5664.jpg
まさかアリがここまで来るとは!。
白バックならもっと映えたのにと残念!。

チョット ピンボケ トホホ
IMGP5663.jpg
アリも心配そうに新芽を覗き込んでいるようです。

ホンマかいな! (笑)




にほんブログ村

真柏 改作素材

立ち上がりと幹の流れが面白いのではないか?と入手。
IMGP5401.jpg
十分な枝がありこのまま針金を掛けても姿は出せますが
接ぎ木で追い込みをかけ、
小さく作り直して遊んでみたい!と。

こんな姿で接ぎ木適期まで棚の隅に置いておいても面白くありません。

今ある枝を最大限使い、針金を掛け姿を出してみました。
IMGP5484.jpg
初回の整姿でここまで姿が出れば不満はありませんが、
出来ればもう一回り小さく作りたいものです。
IMGP5460.jpg
樹冠部や役枝には追い込み用の懐枝もなく
立ち上がりの景色や主幹の太さから見ると
この葉張りではバランスが悪いのでは?。

入手時の構想通り適期を待って
追い込み用の小枝を数本接ぐ事にします。




にほんブログ村






ミニ黒松 芽切り終了と二番芽の発芽

このミニ黒松が今年最後の芽切りです。
IMGP5408.jpg
以前の構想(右枝を伸ばす)をスッカリ忘れ
全て切ってしまいました。 ヤレヤレ

バカめ!

アル中ハイマーが相当進んだようじゃなぁ


(´・_・`) トホホ ツイ ウッカリデス ボンサイノカミサマ



黒松の棚をチェックしていると、
IMGP5424.jpg
先月末に芽切りした黒松に、
二番芽が吹いています。 シメシメ
IMGP5422.jpg
右側の二つの芽は水平ではありませんが
針金で枝を時計回りと反対に捻れば胡麻化せます。



にほんブログ村




ミニバラ雅 ジベレリン散布効果報告

ローズヒップの現状です。※
IMGP5357.jpg

幹にヒゴケがのぼり過ぎたか?。
IMGP5365.jpg

反対側。
IMGP5355.jpg
こちらは異常ないようです。

100均のミストスプレーボトルにジベレリン一錠と
展着剤を入れて散布しましたが半分残りそうです。
IMGP5375.jpg

秋まで水切れを起こさぬよう
結実確認後二重鉢にしてありました。
上記写真でも分かるように、
まだ雑草は一本も生えていません。
IMGP5371.jpg
スリット鉢の特徴を無視した薔薇の生命力です。


前回2018/05/28投稿、開花時の姿
IMGP3020.jpg

※ ローズヒップ (果実)
ローズヒップは、バラ科バラ族の植物(いわゆる「バラ」)の果実である。
「ヒップ」は「尻」とは無関係で、本来は「ヒップ」だけでバラの果実を意味する単語である。
ウイキペディアより。


私の今までの勘違いが正された記事になりました
(*^_^*) ヨカッタ ヨカッタ

ワシも「薔薇の尻」とは変じゃと思って居ったワイ!

伴天連言葉は難しいのぉ!

(;´д`) オヨヨ ボンサイノカミサマモ カンチガイシテ オラレタヨウデス




にほんブログ村




春風会 臨時勉強会(黒松芽切り)へ

朝から久しぶりの猛暑でした。
早めに着いたので盆栽園の方で
クーラーの下「命を守る行動」でのんびりと休憩していました。

少し遅れて勉強会へ。
すでに若い人達の熱気が会場に溢れています。
IMGP5492.jpg

会員さんの黒松を手入れ中の春嘉さん。
IMGP5501.jpg

暑過ぎる会場でおやつのアイスクリーム片手に樹形構想検討中か?。
IMGP5524.jpg
マーシー盆栽園の園主さんです。

芽切り前の大懸崖黒松。
IMGP5490.jpg
手を添えていないと倒れます。

手入れ後。
IMGP5497.jpg
樹勢の乗り難い最下枝は枯れた小枝もあるそうで
今年は芽切りを見送り、中段だけの芽を切り、
強い樹冠部は一週間程後に切るとの事。

芽切り後。
IMGP5503.jpg
前の写真がありません。

芽切り前。
IMGP5506.jpg
先ずは枯れ葉を取り、
IMGP5510.jpg
新芽をチョッキン、
IMGP5515.jpg
芽切り後、
IMGP5519.jpg
もう少し右枝を伸ばしたいそうです。

この懸崖風黒松も、
IMGP5520.jpg
芽切り中、
IMGP5527.jpg
芽切り後。
IMGP5529.jpg

今日のお土産。
IMGP5539.jpg
盆栽園で鈴生りの岩ズルを発見、
涼しい作業場でゆっくりと整姿、実生りの枝を全周に配置。(下側が正面)
秋には不要枝と針金を外した姿で使えるか?。シメシメ

もう会場へ戻る気力も無くなってしまいました。



にほんブログ村

姫性ソナレ 整姿と未来予想図

格安での落札品です。
IMGP5304.jpg
現在の姿からは想像も出来ない形でしたが
ラフィアで保護し曲の方向を微妙に調整してありました。
(入手時の姿や改作時の写真は下記関連記事にあります)

内部の古葉が枯れています。
IMGP5315.jpg

針金が掛け易いようにピンセットで掃除。
IMGP5320.jpg
初めての樹種ですが杜松と同じように
懐芽に不自由する事はなさそうです。

伸びた小枝を奥の芽まで追い込み整姿前の写真。
IMGP5326.jpg

枝先だけを0.9ミリの銅線で整姿。
IMGP5328.jpg
何か物足りません!。

竹割箸を挟み込みリアルな樹形構想を。
IMGP5330.jpg
前出の真柏のように水やり時に倒れ
鉢合わせに悩まされそうです。(笑)

反対に更に幹を絞り込んで。
IMGP5345.jpg
この樹姿が私好みですが懸崖枝が長過ぎます。

そしていつもの未来予想図。
IMGP5349.jpg
入札時の樹形構想とは全く違う形になってしまいましたが
即決整姿するのではなく、あれこれ一年間悩んだ末の未来予想図です...



ところで、切り取った小枝の事は何ともゆうては居らぬが

どうせ挿し木にでもしたのであろ~のぉ!

(*^_^*) ピンポ~ンデス 

バカも~ん  いつも本能のままに行動し居って!

馬耳東風か麻婆豆腐かは知らぬが!

もう時間が足りぬわっ!

(´・_・`) トホホ ヤマダクーン ボンサイノカミサマニ ザブトンサシアゲテェ―



にほんブログ村


姫美好 発根

ビニール袋の中に一本だけ発根しています。2018/06/27
IMGP4798.jpg

10日程経ち昨日(7/06)再確認すると
細根が根分かれして更に伸びています。
IMGP5387.jpg

裏面を確認すると、ここにも一本発根が。
IMGP5392.jpg
最低限片根だけは避けられるか?。

日当たりの良い上部はすでに赤くなり始めました。
IMGP4806.jpg
発根して切り離せば即見られるか?。

立ち上がりの直線部分解消用に取り木を掛けたここには
まだ鉢底網を突き破るような発根は見られません。(6/27)
IMGP4805.jpg
ここにも実が残してあります。

前回は確認出来なかった、
鉢底網を突き抜ける発根も見られます。
IMGP5393.jpg
取り木が簡単な樹種とはいえ、発根の確認は嬉しいものです。

\(^o^)/ メデタシィ~ メデタシ





にほんブログ村





杉葉真柏を何とかする

何の取り柄も無い!オール杉葉の真柏です。 (´・_・`)  ヤレヤレ
IMGP5285.jpg
手の施しようもありませんが、
少し前に彫った舎利の外側が盛り上がってきました。
(矢印白線内部)
IMGP5273.jpg
今後、放置する数年間でさらに景色が作れないか?と。

景色が増すように上部の盛り上がりを残し舎利を広げました。
IMGP5297.jpg

垂れ下がった枝を切り取り、掛かっていた針金でプチ整姿。
IMGP5293.jpg

立ち上がりの振りから見ると反対側が正面となりそうです。
IMGP5303.jpg
ここも舎利を広げ針金が食い込むまで放っときます。


近頃は杉葉の記事が多いようじゃのぉ

どうじゃ!「サザンオールスターズ」をリスペクトして

「サンザンオールスギハーズ」なんぞの記事を投稿しては?

(;´д`) オヨヨ 盆栽の神様ご冗談がお好きです。

バカもん!

冗談はお前の顔と短い足だけで十分じゃ!

(~_~;) トホホ




にほんブログ村




「緑樹会ミニ盆栽展」 点描 その6

IMGP5008.jpg

IMGP5010.jpg

IMGP5011.jpg
IMGP5012.jpg

IMGP5016.jpg

IMGP5017.jpg

IMGP5027.jpg

IMGP5028.jpg

IMGP5032.jpg

IMGP5035.jpg

IMGP5038.jpg

IMGP5046.jpg

IMGP5057.jpg

IMGP5058.jpg

この席の詳細を撮り忘れましたが
みさきさんが「緑樹展その3」で
樹種と鉢作者を詳しく紹介されています。
IMGP4861.jpg
尚、私が撮り損なった「超ミニメダカ」も写っていますよ。

おしまい...

呼び接ぎ改作中の真柏 経過報告と杉葉考

呼び接ぎ箇所より上部の枝が枯れてしまいました。
IMGP4811.jpg
接ぐ時にこの枝への水みちを切ってしまったか?。
接いだ時に断ったのならもっと早く枯れていた筈では?。
枯れたものに拘っていても仕方ありませんが!。

枯れた枝と元気に伸びる呼び接いだ枝。
IMGP4819.jpg
使うのは丸印の範囲内の小枝です。
左側への徒長枝は癒着促進の為に更に走らせます。

今日の主題はこの呼び接ぎ苗の方です。
IMGP4828.jpg
殆どが杉葉になりかけています。

左へ伸びる枝は一本の杉葉も出ず、順調に伸びています。
IMGP4837.jpg

接ぎ木任務終了後に即使えるよう曲が付けてありました。
IMGP4829.jpg
中央付近の春から吹いた一年生の新芽も
ピッカピカの杉葉」なのです。

植え替えで根を弄った訳でも
大きく追い込みを掛けた訳でもありません。
形成層まで削られたにも関わらず真っ直ぐに伸ばされた小枝と
僅かばかりの曲を入れられただけの小枝の違いは何なのでしょうか?。

枯れた枝も白線の範囲内の筈で
この小枝達が日陰になる筈もなく、
置き場も我が家の棚の一等地で
日当たり最高の場所でした。
IMGP4840.jpg
何がいけなかったんでしょうか?、盆栽の神様。


バカもん!

ワシは盆栽の神様じゃ!

日本の神様は全知全能の神様ではないぞ!

難しい事はワシャ知らぬ!

植物学者にでも聞けば良かろうが!


(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ イソイデ オカエリ デス




にほんブログ村








「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その5

直接確認してはいませんが
以下の鉢はほぼ自作鉢又はコラボ鉢ではないでしょうか?。
壹興さんとみさきさんの席ですから!。(笑)

IMGP4999.jpg

IMGP5000.jpg

IMGP5001.jpg

IMGP5002.jpg

IMGP5004.jpg

IMGP4997.jpg



ブログで掃除と透かしを迷っていたようですが
綺麗に掃除されていました。
IMGP4982.jpg

IMGP4984.jpg

IMGP4985.jpg

IMGP4987.jpg

IMGP4988.jpg

IMGP4993.jpg

IMGP4995.jpg





その6へ続く



にほんブログ村




杜松 整姿

春から伸びていた新芽を切り取り
針金が掛け易いように古葉を抜き整姿。
IMGP4720.jpg
左最下枝が長過ぎるようです。

チョッキン、枝先を整姿し直して。
IMGP4771.jpg
鉢上げ時に立ち上がりと幹に細かい曲を付けてありました。

中々手入れの行き届かない樹ですが
そろそろ景色を出し始めたか?。

2016/08/26 投稿時の姿。
IMGP4605 (640x427)




にほんブログ村




懸崖真柏 幻の改作構想

水やりの度にひっくり返り,
追い込みを掛けようと樹姿の検討をしています。
IMGP4537.jpg
鉢 平安虹泉 6×6×6.5㎝

常識から外れた立ち上がりの景色ですが
こっち側が正面として作ってきました。
IMGP4544.jpg

裏面に面白い舎利芸が隠れています。
IMGP4541.jpg

コケを退かして根張りを確認。
IMGP4547.jpg
立ち上がりからもう一本舎利を入れれば正面として使えなくもないか!。

持ち上げてある裏面の枝を、
IMGP4558.jpg
数本下げてみました。
IMGP4564.jpg
枝棚も十分に割れそうですが、
楕円付近の小枝の長さが足りません!。
IMGP4566.jpg
この樹冠部を樹の頂点にある舎利付近まで移動できないのです。
ない袖は振れないのです
仮に数年間この枝達を伸ばしたとしても
下垂した幹が前へ突き出してしまい
植え付け角度では補正出来ない程です。
やはりこの樹の正面は現在が正解のようです。


バカもんが!

長い間苦労して作った樹ではないか!

気まぐれな思いつきで改作出来るほど

盆栽は甘くないぞ!

(;´д`) トホホ ゴモットモデス ボンサイノカミサマ


樹冠部を鉢側へ引き寄せ、
IMGP4699.jpg

内部の葉を透かし今回の手入れ終了。 IMGP4688.jpg
重心が移動し少しは倒れにくくなったか?。
今回は改作を断念し暫くこの姿で楽しむ事にします。

ギリギリの小さな鉢に押し込んであります。
バランスが崩れない程度に少し鉢を緩めても良いかも知れませんね。

(;´д`) フゥ~ ナンダカナ~


にほんブログ村




「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その3

先日投稿のレンズでは表現出来なかった景色を探しに再度展示会へ。

超ミニ盆栽の上段をアップで。
IMGP5082.jpg



「春」
IMGP5169.jpg
遠景に花霞。

「夏」
IMGP5175.jpg
水面の波紋。

「秋」
IMGP5176.jpg
満天の星?。

「冬」
IMGP5183.jpg
雪空。

まだまだ寄りが足りない!。
更にマクロレンズで超アップを。

「春」 花見だんご
IMGP5227.jpg

「夏」 蚊遣り豚とうちわ、縁台の下に黒猫
IMGP5215.jpg
そして右上には風鈴が。
IMGP5235.jpg

「秋」 ススキと月見だんご 
IMGP5212.jpg
猫がだんごを狙っているのか?、目がランランと輝いているような。W

「冬」 カマクラと白うさぎ?
IMGP5210.jpg
金網の上の餅が膨らみ始めています。

全て手造りの超ミニ盆栽の添配です。
比較対象物を写してはいませんが
私の衰えた肉眼には過酷過ぎる精巧さです。
(;´д`)フゥ~

ここからは下段のみさきさんの飾りを。
IMGP5093.jpg

左側 上段の茅舍。
IMGP5241.jpg

中段左。
IMGP5244.jpg
草は極姫雪の下か?。

中段右…
IMGP5245.jpg
草はセキショウ?。

下段。
IMGP5194.jpg

右側 上段の滝石。
IMGP5256.jpg

中段左。
IMGP5252.jpg
実が生っています。

同 右
IMGP5249.jpg
蕾があるようです。

IMGP5248.jpg
左はツメレンゲ?。

時節柄にこやかなカエル達が迎えてくれました。
IMGP5268.jpg

IMGP5266.jpg

中にメダカが居るとの事ですが写真では確認できません。
IMGP5262.jpg
当然です。
メダカも超ミニなのです!。(笑)

IMGP5258.jpg
超ミニ盆栽遊び byみさき とのタイトル及び作者名がアウトフォーカスしてしまいました。

展示会初日に見逃した景色をやっと探し出す事が出来ましたが
私のつぶらな瞳(笑)やポンコツカメラには過酷な展示でした。


バカもんが!

下手なストロボで影まで出しおって!

露出の合って居らぬ写真もあるではないか!

ポンコツなのはお前の腕前だけじゃ!

(;´д`) トホホ ゴモットモデス ボンサイノカミサマ


その4へ続く


にほんブログ村






真柏 プチ整姿

毎朝8時ジャストに予約投稿がしてあります。
昨日(7/1)のPC版には新着記事にも新着記事画像にも終日表示されず
左蘭の最新記事蘭には「接ぎ木真柏 経過報告」として表示されていました。
どんなトラブルがあったんでしょうか?。
尚スマホ版には異状なく予約投稿されていました。


針金を外し、幹を掃除して整姿前の姿。
IMGP4447.jpg

枝先を整え、ハイ・ポーズ・カッシャーン!
IMGP4465.jpg

浮いた根を絞り、薄暮の時間帯にお月様とコラボして。
IMGP4662.jpg
挿し木 10年程  樹高 8.5㎝  鉢 谷 嵐山 7.3×6×4㎝

前回2017/05/04投稿時の姿
IMGP2171 (640x427)
たった一年ですがそれなりに成長しているようです。
後枝を充実させ少しでも完成域に近づけたいものです。



にほんブログ村







接ぎ木真柏 経過報告

間伸びした枝に七か所接ぎ、元枝を早く外し過ぎ、丸印の二か所が枯れました。
IMGP4633.jpg

天ジン用の枝が残してあります。
接ぎ木での縮小以前はこの輪郭線の大きさでした。
IMGP4628.jpg

右側の空間を後の枝でカバーし植え替えて手入れ終了。
IMGP4634.jpg
この樹自身の小枝を接いであります。
糸魚川性への衣替えではありませんが
枝先が混む性のようです。

この樹姿に天ジンは不要!。
チョッキン!。
IMGP4782.jpg
以前の未来予想図では左最下枝をジンにする構想でしたが
ジンとしての景色が出るまでには相当の時間が必要です。
(即ジンに加工したのでは半分以下の太さになる)

立ち上がりの個性的な曲を生かすように舎利を入れながら
左枝にも舎利を入れて持ち込むつもりです。

そしていつもの未来予想図。
IMGP4791.jpg
チョークで舎利を描いてみました。
立ち上がりは良いものの、幹の舎利芸は安直過ぎるようです、
一度後側へ逃がして、幹に絡み付くように彫らなければイケマセンね。


尚 この植え替えは少し前の作業で
梅雨が明けた今、適期はとっくに過ぎています。
植え替えの必要な樹は秋まで待ってください。
良い子はマネをしないでね!。




にほんブログ村

常滑 「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その1

今までは会員さんが腐心された飾りを完全に無視した
ブログをアップしていましたが今回は全体の席飾りから。
IMGP4862.jpg
ポンコツ標準ズームレンズでは詳細が写しきれない!。
よぉ~し、こうなったら明日は望遠マクロレンズを持って行ってやるぅ~!。
三脚も要るかぁ~?。

IMGP4844.jpg

IMGP4848.jpg

IMGP4849.jpg

IMGP4850.jpg

IMGP4851.jpg

IMGP4853.jpg

IMGP4854.jpg

IMGP4855.jpg

IMGP4856.jpg

IMGP4857.jpg

IMGP4858.jpg

IMGP4859.jpg

IMGP4860.jpg

IMGP4861.jpg

七夕の織姫と彦星のように私にとってはここがお約束の地なのです。(笑)
IMGP5117.jpg
「ウクレレしょうべい」の名前で地元FM局のDJやライブ、
施設慰問、書等で超多忙な日々をお過ごしです。
その中でこんなにも小さな盆栽を維持されています。
脱帽!。

明日 7月1日(日)も午前9時~午後4時まで
常滑市多屋公民館 0569-35-5349
常滑市大和町6-75 
で開催中です。

「緑樹会ミニ盆栽展」その2へ続く。


にほんブログ村




真柏 素材の樹形検討

緩い曲を絞り込み、樹高を潰し込んでありました。
全ての針金やインシュロックを外した姿です。
IMGP4582.jpg
盆栽園の素材コーナーにあった樹です。

ラフィアで保護し一回転させてあった
左右最下枝を再整姿して樹形を確認すると、
IMGP4592.jpg

矢印の曲がまだ緩いようです。
IMGP4587.jpg
ここを更に絞り込めばこの先の右最下枝が前へ押し出され景色が増します。
ノコギリを入れるか?インシュロックで絞り込むか?。

インシュロックで動くならそれが一番簡単で、
IMGP4610.jpg
近づき過ぎた幹を竹片で広げ、
樹冠部の枝も左端のインシュロックで絞り込みました。

周囲に満遍なく役枝を配り、
IMGP4600.jpg

立ち上がりからの幹の動きが強調されるこんな角度でどうか?と。
IMGP4622.jpg
植え替えもせず、根は弄っていませんが春からの新芽は杉葉ばかりです。
余りにも幹や枝をいじり過ぎ、この樹のご機嫌を損ねたか?、
この杉葉とは長い付き合いになりそうで悩ましい限りです。トホホ

今日んとこはこん位にしといたるわぁ~




にほんブログ村




真柏 鉢上げと初めての整姿

去年の挿し木です。
IMGP4441.jpg
このまま太らせては短い距離に細かい曲が付けられなくなります。

良い曲のある小枝が挿してあったようですが
上の根は折角の曲を消す位置から出ています。
IMGP4476.jpg

チョッキン!。
IMGP4481.jpg

ラフィアで保護し強く曲付けしました
IMGP4490.jpg
既に役枝も適所に配置し、このまま太らせれば
ミニ真柏の一丁上がりぃ~です。
いや このままの姿で終わる訳はありません、
休み休み更に絞り込みますから!。

この苗は八方根張りの良い根が出ていますが幹に見所がありません。
上の写真の苗にこの根張りがあれば大満足ですが!。
IMGP4492.jpg
天は二物を与えず!とか

同じく曲付け。
IMGP4502.jpg
右の樹冠部にもう一捻り欲しい所ですが今日はここまで!。

こんな写真を撮っていますが
斜幹風にする気は毛頭ありません!。
IMGP4509.jpg
片根が一本だけ!。

同じくマキマキ。
IMGP4513.jpg
後方と右に出た枝はもう一捻りして幹にくっつけるつもりです。

こんな細い苗は、
IMGP4520.jpg

1.0ミリのアルミ線を三重に巻いて、
幹を見所にして懸崖樹形で作ります。
IMGP4521.jpg
立ち上がり付近の緩い曲を絞り込めば
更に面白い樹姿に出来るかも。


見所もなく独立させられない苗は
針金を掛けたままで寄せておきました。
IMGP4472.jpg
今までの針金掛けはオマケのようなものです。
欲しかったのはこの寄せた苗達なのです。

そしていつもとは違い100均のザルに!。
IMGP4530.jpg
幹の太りと癒着を促進させます。

去年までは針金を掛けて2~3年程独立させ
見込みのない苗だけを寄せていましたが
今回は鉢上げ後即針金を掛け選別しました。

全ての手入れを済ませ作業台の下を掃除していると、
針金の掛かったこの二本の苗が落ちていました。 オヨヨ!
IMGP4526.jpg
右の苗はもうラフィアを巻く根気も失せています。
しかし捨てる訳にもいきません、
何の芸も無い、
強い曲の付けられない太い枝は挿すな!
これを今日の反省として取り得ず植え付けておきます。



(;´д`) フゥ- ヤレヤレ




にほんブログ村





真柏 表裏変更の改作

樹勢回復中の樹です。
IMGP4367.jpg

弱っている役枝群。(樹冠部と右枝)
IMGP4360.jpg
杉葉が多く出ています、3~4年は何ともならない!。

元気な役枝。(後枝部)
IMGP4359.jpg
表裏変更して作り直してはどうか?と。

同じ鉢をヤフオクで見つけ記念写真。(2017/03/07)
時代の乗った鉢との違いがよく分かります。 
複数セット内に紛れての出品で、格安での落札でした。 佐太郎 丸 7×5㎝
IMGP0297 (640x427) (2)
ほぼ完成域の在りし日の樹姿。
根が回り切り、鉢から抜くのに苦労しました。
この時大事な根を痛めてしまい、この有様です。トホホ

挿してから順調にここまで来ましたが
初めての危機的状態です。

根を絞り込み、幹を竹箸で押し上げ
枝先を整姿してコピー用紙で不要部分を隠し樹形の確認。
IMGP4414.jpg
これなら何とかなりそうです。

右側より。
樹冠部だった枝を全てジンにして
後枝を針金で引っ張り上げて樹冠部の枝に。
(もう少し引っ張り上げたいところです)
IMGP4429.jpg
後側に逃げるジンです。
枝葉が茂れば正面からは見えなくなり
枝を引っ張る役目が無くなったら
食い付き程度に短くします。

整姿完了。
IMGP4433.jpg

トラブルで樹形は変わってしまいましたが
真柏らしい変わり木の素材としての再出発です。
三作もすれば再度完成域まで持っていけます。




にほんブログ村





真柏 挿し木苗の針金を外す

挿し木苗の針金が食い込み初めています。
IMGP3901.jpg

細部を。
IMGP3907.jpg
これからがが一番太る季節です、
これ以上太っては外せなくなります。

もう一本も。
IMGP3917.jpg
この苗の同級生達は前出の寄せ植えとなっています、
楽しみな曲が付いた僅かに残った三年生苗です。

針金を掛け直して再整姿。
IMGP3936.jpg
立ち上がりを結束バンドで潰し込みました。
癒着が進めば面白い見所になります。

6/11 ラフィアで保護し小さな曲を強調。
IMGP3924.jpg
残念ながら幹本体の見所に欠けます。

二週間程時間が経ったので水平だった枝を70度付近まで曲げました。
IMGP4144.jpg
ラフィア部分が幹に密着する程曲げたいのですが
一気に曲げて折ってしまってもイケマセン。

「今日んとこはこれ位にしといたるわぁ」とここで中断!。

天場に飾る樹を目指して
役枝候補の小枝や幹を動かして骨を作る段階です。
素材段階のこの曲が太った時の面白い芸になります。
これ以上太っては距離の短い微細な曲は付けられません。
鉢上げ直後に付けておきたい曲です。




にほんブログ村





杜松 古葉取り

植え替えてあった杜松(大野性)の
IMGP4373.jpg
古葉が枯れています。
IMGP4375.jpg
このままでは陽当たりも風通しも悪くなってしまいます。

古葉や奥にある不要な芽と、
IMGP4379.jpg
輪郭を乱す枝を切り取り、

手入れ終了。
IMGP4393.jpg

奥の透かし具合が分かり易いように背景紙を変えて。
IMGP4394.jpg
もう一枚。
IMGP4402.jpg
大して変化が無かったようです。トホホ




にほんブログ村




ぶった切りに吹いた新芽三態

個性的な立ち上がりを持った樹を
素材段階まで追い込んで作り直します。

ワンコイン老爺柿。
IMGP4330.jpg

IMGP4329.jpg
用土に隠れていたこのお宝の曲を期待して入手した樹です。

梅もどき。
IMGP4333.jpg
後に吹いた枝を左最下枝用に呼び接ぐ可能性もあり
針金を掛け誘引してあります。

A案
IMGP4334.jpg

B案 (呼び接いて)
IMGP4337.jpg

梅もどき。
IMGP4341.jpg
樹幹部用と右枝用は良い位置に吹きましたが
左役枝用には吹きませんでした。
右に二本吹いた後側の枝を
呼び接ぎ用に誘引してあります。

ぶった切りキズの下に接げばこのキズのヤケ防止になる筈です。
IMGP4340.jpg



たいそうな絵を描き居ったが

あいつの棚でこんな姿の樹を見た事がないぞ!

白昼夢でも見ておるのじゃろぅ

そっとしておいてやろう

(;´д`)盆栽の神様 小さな声で独り言を仰りながらお帰りです。
     ちょっと聞こえませんが。トホホ




にほんブログ村






杜松(大野性) 鉢上げ

去年の春に挿してあった苗です。
IMGP4270.jpg
枯れているものもありますが20本程あるか?。

左側の大きめの苗と右側の小さめの苗を、
IMGP4281.jpg
針金で曲を付け植え付けておきました。
IMGP4293.jpg
立ち上がりに強めの曲だけ付けましたが
個々の写真を撮る程の事もないかと。 

一番小さな苗で久しぶりに超ミニ盆栽を作ってみました。
IMGP4289.jpg
杜松の多幹樹形を作ろうと古葉を取っていて
右下にあるような足元の新芽を二個落としてしまい、
考えていた株立樹形にはならず!。
何ともブチャイクな姿に!
(´・_・`) ザンネン




にほんブログ村






鉢上げ杜松(大野性) 針金を掛け直す

2016年に挿し、去年春に鉢上げした杜松です。
IMGP4200.jpg
IMGP4212.jpg
針金が食い込み初めています。
幹を太らせてこれ以上食い込ませ
無用のキズを付けても面白くありません。

針金を外し、再度掛け易いように古葉を抜き、
IMGP4233.jpg
ラフィアで保護し、
IMGP4240.jpg
強い曲を付けておきました。(反対側より)
IMGP4247.jpg

以下、立ち上がりに十分な曲が付いた細い苗達はそのままで、
IMGP4221.jpg
針金を掛け直して手入れ終了。
IMGP4252.jpg
IMGP4260.jpg
IMGP4266.jpg
IMGP4267.jpg
わざわざアップするような苗でもありませんが
この苗達の成長記録としてブログに残しておきます。

ブログを始めた頃に投稿した樹達も
僅か数年で大きく変化した樹もあります。
次回投稿時の成長を楽しみに!。


本性杜松の苗が出てきました。
未来予想図の描きようのない姿です。
手入れ時に痛い事が遠因か?。
このままでは盆栽になりません。
IMGP4229.jpg
これもラフィアで保護。
IMGP4242.jpg
幹だった?太い方はもう細かい曲が付けられません。

細い枝を樹冠部として立て替えて整姿しました。
IMGP4256.jpg
幹だった右最下枝は芸のないジンになりそうで
上記の苗達のように早い時期に基本の曲を付けないと
駄木街道まっしぐらの木になってしまいます。




にほんブログ村




衣替え杜松(大野性) 経過報告とプチ整姿

衣替えの新芽が元気に伸びています。
IMGP4127.jpg

後に伸ばした本性の小枝を徒長させ幹本体を太らせます。
IMGP4130.jpg

アップで。
IMGP4135.jpg
休み休み絞り込んだ曲も思い通りの曲が付き
保護したラフィアも腐り始めました。
そろそろ針金を外す時期です。

0.7mmの銅線でリアルな未来予想図を!。
IMGP4142.jpg

いつものバーチャルな未来予想図で
盆栽の神様の体調やご機嫌を損ねてもイケマセンから!。

バカもんが!

いつも荒唐無稽な絵を描くからじゃ!

これなら下手なお前でも作れそうじゃのぉ


(´・_・`) トホホ



にほんブログ村

キンズ 植え替えと未来予想図 

樹姿不明の苗が出てきました。
IMGP4078.jpg
針金も掛かっておらず自然体です。
我が家の苗としてはあり得ないのです。

この太さではもう何ともなりません。
植え付け位置を変え、こんな樹形で作る以外なさそうです。
IMGP4089.jpg

根の隙間に竹箸を挿み根を広げて将来の景色となるように。
IMGP4093.jpg
IMGP4090.jpg

キンズの実姿をバーチャルで植え替えておきました。
IMGP4115.jpg

ハテ? これは夢かデジャブか?

こんなバカな絵で笑い過ぎ

腹痛が痛くなり救急車に乗った事があるような?

そんな事もありましたね!盆栽の神様

イカン!頭痛が痛くなってきた! 救急車を呼んでくれ!

ピ~ポ~ピィポ~  ピ~ポ~ピ~ポ~ ピ~ポ~ピ~ポ~  ピ~ポ~ピィポ~  ピィ~

救急車が遠ざかって行きます。

神様ぁ~ お大事にぃ~~ 

 バカも~~~ん!

(;´д`) トホホ マタモヤ コンナコトニ



にほんブログ村




キンズ 実生苗の根上がりを作る

2016年の実生苗です。
IMGP4049.jpg
これ以上根を太らせては思ったような曲を付ける事が出来ません。

先日投稿した苗のように根に曲を付け,
IMGP4065.jpg
指で摘まんだ所にも一曲付くように
このままの姿で植え付けておきました。
IMGP4074.jpg
数年掛け前回投稿の「寄せ植えキンズAとC」のような樹形を目指します。
数本作ったうちでは「A」と「C」が面白くなりそうでしたから。

先日の寄せ植えキンズの鉢上げ時に
幹の癒着を待って作るより
根に多くの曲を付け根上がりで作った方が早く、
また面白い景色が作れるのでは?と感じました。


指で摘まんだ位置の根張りを充実させ
幹を立てた模様木か?。
IMGP4068.jpg
寝かせて斜幹風か?。
IMGP4066.jpg
更に寝かせて大懸崖か?、
丸印部分をなくして懸崖樹形か?。
IMGP4069.jpg
この作り方なら役枝に困る事はありません。
夢は膨らむばかりです!。

バカめ!

絵を描くだけなら何とでもかける!

恥をかかねばよいがのぉ

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ アキレテオラレマス


 

にほんブログ村




唐楓 葉刈りと植え替え

この樹を葉刈りして、
IMGP4026.jpg

今年は実の生らなかった岩ズルの入っていた鉢を召し上げ
IMGP4027.jpg

同じ景色のままで植え替えました。
IMGP4044.jpg

この樹を葉刈りして、
IMGP4035.jpg

空いた鉢の景色を変えて植え替えておきました。
IMGP4042.jpg
平安香艸 丸8×3.8㎝ 

チョット昔、ヤフオクでペアを格安で落とした鉢です。
ヤフオクも参加者が増えたのか?
業者が仕入れで参加しているのか?
(とても素人とは思えない評価数が数千、数万の入札者も)
目星い鉢は割高になってしまったようです。

近頃は縁遠い物になってしまいました!。 トホホ ザンネン 
 


にほんブログ村





唐楓 葉刈りと春嘉鉢のエトセトラ

スリット鉢で樹勢を回復させ葉刈りした唐楓を、
IMGP3943.jpg

この鉢に入れ、
IMGP3952.jpg
樹勢を落とし樹冠部の枝があがってしまった
この樹はスリット鉢で休養させる事にします。

植え替え終了。
IMGP4009.jpg
春嘉 7.8×6.5×2.8㎝

一見すると同じような姿の石付け唐楓ですが
細部を比べれば間違いなく植え替えた事が分かります。(笑)

この鉢と正面の景色が被ってしまいました。
IMGP3963.jpg
数年前に取り木で作った樹です。

この鉢には四面に個性的な景色が描かれています。
IMGP3988.jpg
IMGP3989.jpg

「のどかな庭先で子供達が駒?を回して遊ぶ」ここを正面にしました。
IMGP4017.jpg
春嘉 6.5×6.5×3.3㎝

同じ景色の正面でも何の差し障りもありませんが
植え替えごとに違う図柄を楽しむのも面白いか?。




にほんブログ村




挿し木床にクチナシの花が!

花が終りかけています。
IMGP4166.jpg

隣は海棠か?姫美好か?
IMGP4171.jpg

ラフィアで保護し針金を巻いて準備完了。
IMGP4178.jpg
左端は三幹でしたが小さな苗だからと侮り、
ラフィアで保護もせず曲を付けていたら、
大きい枝の順に折れてしまい、一番小さなこの枝だけが残りました!。 
(;´д`) トホホ

右巻に巻いた針金を絞り込むように強く曲を付け、
IMGP4185.jpg
一纏めに植え替えておきました。
IMGP4190.jpg
この時期の挿し木苗に欲しいのは立ち上がりの一曲だけです。
一本づつ独立させるのはその曲を確認できる来春になります。
途中に枝のある苗はここで立て替えて
コケ順を作った方が良さそうです。
芽吹きの旺盛なクチナシには余計なお世話ですが!。(笑)




にほんブログ村

寄せ植えキンズDとその他のキンズ

これも実生苗を三本寄せた樹で、
幹部分は完全に癒着してあとは根の隙間を残すのみです
IMGP3874.jpg

二本の根の先端も癒着しています。
IMGP3876.jpg
残る太根を人差し指付近で切り、
IMGP3882.jpg
スリット鉢で根の隙間が埋まるのを待ちます。

この樹は植え替えに悪戦苦闘し一切の写真がありません。 (;´д`) トホホ
IMGP4160.jpg
もう少し右側へ寄せたいところですが
立ち上がりに面白い根芸があり切れませんでした。
数年後に追い込める根が出る事を期待しています!。


これだけのキンズを植え替えると
盆栽人としての国民的行事をパスする訳にはいきません。
IMGP3894.jpg
切り落とした根を整理して、
IMGP3896.jpg
根伏せしておきました。
大きめの面白い曲のある数本だけでも芽が出てくれれば良いのですが!。





にほんブログ村





 

寄せ植えキンズC 植え替え

植え替え前。
IMGP3811.jpg

アップで。
IMGP3805.jpg
矢印のアルミ線が幹に食い込み初めています。

以下写真を撮り忘れました! 





(;´д`) トホホ




鉢合わせ後。
IMGP3847.jpg

反対側から。
IMGP3867.jpg
この苗は既に幹も完全に癒着しています。

根上がりの幹模様?をアップで。
IMGP3857.jpg
実生僅か数年でこの景色と太さなら大満足です。

ここが癒着すれば更に面白い景色が出ます!。




にほんブログ村




寄せ植えキンズB 植え替え

実生苗三本を寄せた樹です。
IMGP3823.jpg
鉢から抜いて、奥の根別れまで辿って確認、チョッキン!。

以下.、鉢合わせの確認
IMGP3825.jpg
落款不明

IMGP3828.jpg
「英明」

IMGP3831.jpg
「はるよし」

更に根を奥まで追い込んで。
IMGP3838.jpg

チョークを刷り込み落款の確認。
IMGP3845.jpg


一番小さなこの鉢に植え替えました。
IMGP3859.jpg
山石鉢(盆 栽男) 7.2×6.3×2.8㎝




にほんブログ村




寄せ植えキンズA 癒着の確認

実生苗を数本寄せて
ラフィアで強く絞り込んである苗です。
IMGP3787.jpg
IMGP3785.jpg

2016/05/29寄せた最初の写真。
IMGP3133 (640x427)
IMGP3132 (640x427)
2015年の実生苗に曲付けして寄せたものです。

ラフィアを外し樹形構想の確認。
IMGP3794.jpg

鉢から抜いて根を確認すると
こうやって絞り込めば根芸が増やせます。
IMGP3795.jpg

ラフィアで絞り込んで、
IMGP3803.jpg
水捌けの良い用土で植え替えておきました。
IMGP3820.jpg
来年のこの時期の再度の確認が楽しみです。




にほんブログ村




真柏 経過報告とプチ整姿

掛かっていた針金を全て外した姿。
IMGP3742.jpg
このままで見られなくもないか?。

水垢で汚れた幹、舎利、ジンを洗い、
石灰硫黄合剤から生きた枝葉を保護。
こんな写真は以前にも投稿したような。
IMGP3753.jpg
針金掛けは後日です。
この順番を間違えるとジンに掛けた銅線の錆跡が残ります。

2015/06/08投稿時。
腰高の樹形に悩みながら
小枝を下げて模様木を目指していた頃。
IMGP5187 (640x427)
頭部がまだフサフサしています。

2016/11/03投稿時。
頭部の枝数本を隠し樹形構想の確認。
IMGP6686 (640x427)
改作樹姿決定後、翌春の植え替え時までこの姿で水やり。

2017/10/28前回投稿時の姿。
s-IMGP5266.jpg
下垂した下枝として樹勢の乗らなかった左最下枝も
樹冠部の一部となり元気を取り戻したようです。

樹高 13㎝   鉢 壱興朱泥丸 11×4.3㎝
IMGP3771.jpg
下手な針金なぞ掛けず外したままの自然な姿の方が良かったか?。





にほんブログ村

真柏 プチ整姿

2015/12/24初投稿時の姿。
IMGP6593 (640x427)
衣替え後4年程と書いています。

2016/09/02の姿。
IMGP4907 (640x427)
全体図。
IMGP4906 (640x427)

現在の姿。
IMGP3682.jpg
幹の動きもコケで隠れ、枝棚もボンヤリとして面白くありません。

少し下から仰って見るとほぼ棚も出来ています。
IMGP3688.jpg
枝先の透かしと僅かな整姿で更に良くなる筈です。

整姿後。
IMGP3726.jpg
糸魚川性をジンの付け根付近に一本接ぎ
ジンや舎利を彫って作った樹です。
そろそろ完成域か?。



にほんブログ村





黒松 取り木発根を確かめる

昨春取り木を掛けましたが
昨日の真柏のように鉢底網を
突き抜ける発根が確認できません。
IMGP3640.jpg
これだけ太い黒松は一年では無理か?。

上部の用土を一段退けてみると。  ドキ ドキ
全面的に菌根菌が!。  ワクワク シメシメ
IMGP3642.jpg

更に退けてみると。   トホホ ザンネン
IMGP3648.jpg
取り木を掛けた白線上部からは一切発根していません。
下から水苔の水分を求めて伸びた根でした。

再度形成層を削り、発根促進剤を含ませたティッシュでハチマキを作り
一番細い部分を銅線で二重に絞り込んでおきました。
IMGP3665.jpg
素材コーナーの誰からも見向きもされなかった樹です。
ここで取れれば筍状の幹が作れるのではと入手。
この姿から想像して頂けば分かりますが
元細の樹姿で取り木以外では盆栽になりません!。


最終図。
IMGP3672.jpg
一年間無駄になりましたが
一本の樹に二度遊ばせて貰った!と思う事にします。


(;´д`)トホホ イヤハヤ ナントモハヤ マケオシミ



にほんブログ村




真柏 取り木発根

「杉葉の出ない真柏」を挿したもので、
曲の付け方が甘かったので取り木で再生中です。
IMGP3570.jpg
私には珍しくザルで肥培を掛けています。
この苗木数本だけは大きく作ってみようかな!と。

ここで三本程。
IMGP3571.jpg

反対側の用土を退かすと十本程の発根が!。
IMGP3577.jpg

鉢底網で囲った内部にも数本が!。
IMGP3574.jpg
この根は取り木位置より高く出てしまい使い物になりません。

ザルから抜くと十分に発根しています。
IMGP3609.jpg
根を痛めないように丁寧に底網を外し、
取り木位置を確認して、
IMGP3616.jpg
チョッキン!。
IMGP3624.jpg
立ち上がりには良い曲がありますが
その上の僅かな直線部分が気に入りませんでした。

スリット鉢に植え替えて終了。
IMGP3631.jpg
この鉢で根張りを作り直し
再度ザルで肥培を掛けるつもりです。



にほんブログ村




ミニ杜松 植え替え

春からの新芽が摘んでありました。
IMGP3239.jpg

二番芽も順調に伸び始めています。
IMGP3253.jpg

三年程植え替えておらず、
根もそろそろ限界近くでは?。
IMGP3275.jpg

確か「同じような鉢」があった筈だと探し出し、
IMGP3268.jpg
二鉢を上下に重ねて。
IMGP3269.jpg
僅かに小さいが鉢を緩めるよりは良いか!と。

鉢の面を正面に植え替えました。
景色が多いここを正面にする事が好みです。
六個の足が付けてあり
角を正面にする事も可能です。
IMGP3300.jpg
鉢 みさき圭 6×5.4×4.2㎝

植えてあった駄鉢。
IMGP3299.jpg
六角鉢に三か所の足では
ここを正面に植え付ける事が出来ませんから!。ザンネン!

そう言えばこの残念!のギャグを使っていた
ギター侍の波田 陽区もTVで見かけなくなってしまいましたね、 ザンネン!



にほんブログ村

真柏 整姿

スリット鉢で樹勢回復中の真柏ですが
他所に比べ丸印二か所が元気ありません。
IMGP3313.jpg

右最下枝の拡大図。
IMGP3308.jpg
手前のジンに隠れていますが
曲も舎利芸も付いています。
もう交代させても良いか!。

前にあるジンと枝先をチョッキン。
そして構想通りにムキムキ。
IMGP3315.jpg
舎利芸の彫ってあった所は黒く残っています。
もう少し芸が欲しい所ですが
これだけ枝が弱ってしまってはムリです。
この上にあるジンを噛んだ小枝も、
下げて来る枝の邪魔になるのでジンにして整姿。
IMGP3320.jpg

背景用紙を変えた方が
透かした枝先が分かり易いか?。
IMGP3328.jpg
立ち上がりの曲に比べ
中間部に動きが感じられません
舎利を少しだけ広げてみるか!。

上部のすでにある舎利だけ広げました。
IMGP3338.jpg
立ち上がりから連なる舎利は
慎重に構想を立て一度細い道を作ってからです。

盆栽は
あわてない! あわてない!  by 一休さん





にほんブログ村