FC2ブログ

真柏 化粧と改作構想

曲付けしてあった挿し木3年生苗を寄せた樹です。
双幹の苗の左側に根張り用の苗を寄せました。
すでに癒着し一本の幹のように見えるのでは?。
IMGP7144.jpg
幹を洗いハイ・ポーズ。

幹をアップで。
IMGP7146.jpg
舎利の化粧もボンヤリしています。

化粧後。
IMGP7208.jpg
舎利を広げず石灰硫黄合剤の原液を塗っておきました。

こんな袋式の鉢は危険が危ないのです!。(笑)
鉢内に根が充満して抜けなくなってしまい
完成域の樹の樹勢を落とした事もあります。トホホ
来春にも下図の構想のように植え替える事にします。

改作構想。
IMGP7140.jpg
右側へ傾けて個性的な左側の根張りを見せれば
主幹の流れもより強調出来るようです。

再整姿して植え替え時期を待つのもアリか?。



にほんブログ村

ミニ真柏 舎利を広げ植え替える

しばらく弄ってない真柏の
掛けてあった針金を調整しハイ・ポーズ。
IMGP7104.jpg
植え付け角度と正面が僅かにズレたようです。

ミニの割には一丁前の幹模様です。
IMGP7107.jpg
鉢上げ直後から付けた曲を休み休み絞り込んできました。
以前に彫った舎利も目立たなくなっています。

針金を外し舎利を彫っていたら鉢から抜けてしまいました。
IMGP7110.jpg
正面を調整して植え替えた方が良さそうです。

この樹を植えてから3年程経ちますが
新品だったこの鉢もテカリが取れ落ち着いて来ました。
このまま樹を太らせたり大きくせず時代を乗せるのが楽しみです。
IMGP7118.jpg
鉢 みさき圭 6.5×5.8×2.7㎝  

上根保護用の苔を張って植え替え終了。 樹高 8㎝
IMGP7136.jpg
針金整姿は来春以降に葉が充実してからにします。

このまま20年も持ち込めば良い樹になるゾォ~!。 シメシメ


バカめ!

盆栽の将来は見えても

自分の将来はマルッキリ読めぬようじゃのぉ!


(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ アキレテオラレマス



にほんブログ村

大野性杜松 今年最後の芽摘み

ブログで確認すると6月中旬に
古葉取りと芽摘みがしてありました。
IMGP7090.jpg
肥料も良く効いて新芽も元気です。

芽摘み後。
IMGP7098.jpg
この後に玉肥を四隅に乗せて手入れ終了。

全く面白味のない記事になってしまいました。

(;´д`) トホホ  スマンノォ!



にほんブログ村




ぶった切りキンズ 経過報告と・・・

朝の水やり時に発見!!。
IMGP7031.jpg
蝶?蛾?の幼虫?それともミニモスラ?。(笑)
IMGP7048.jpg
即捕殺!。

IMGP7056.jpg
柔らかい新芽の先端が被害に。

後枝用の新芽も枝元の曲を少しずつ曲げてきました。
IMGP7074.jpg
もう少し伸びたら左右への曲も付けなければイケマセン!。

先日、報告した挿し木キンズの新芽も更に伸びてきました。ホッ!。
IMGP7061.jpg
これも枝元がシッカリしてから曲を付けます。

そしていつものお約束の未来予想図を。
IMGP7079.jpg
欲しい所に盆栽の神様が吹かせて下さった?、二本の新芽です。
一本は主幹にもう一本は右最下枝に使いたいと思います。

実生りの未来予想図を描きたい所ですが
秋の整姿、植え替え等に追われています。


バカな絵なんぞは描かずとも!

これでよい!

素晴らしい構想じゃ!

他の盆栽の手入れに励め!

(*^_^*) オヨヨ ボンサイノカミサマノ ブタモオダテリャキニノボル サクセンカ?

バレて居るようじゃのぉ!

(;´д`) トホホ



にほんブログ村



アオツヅラフジ 植え替え

以前投稿のアオツヅラフジが色付いてきました。
IMGP7012.jpg
葡萄のように結実する性は継いでいるようです!。

対比する色の鉢を探してみましたが
合っているかどうか?。

前回投稿時の姿。
IMGP5980.jpg
数年前、長老と山採りして
根伏せした樹の内の一本です。



にほんブログ村



ミニ真柏 整姿

挿し木4~5年生のミニ真柏です。
IMGP6995.jpg

チャチャと整姿しハイ・ポーズ・カッシャ~ン。
IMGP7001.jpg


今日んとこはここまで!。
次回は舎利を広げ流れを決める事になりそうです。


にほんブログ村



ミニ真柏懸崖 整姿

挿し木6~7年程経っていますが
その半数近い年月をスギ葉に悩まされ続けています。 
IMGP6951.jpg
基本の曲や舎利芸が出来た時点でこの鉢に入れましたが
小さな鉢がどうやらお気に召さなかったようです。

左右の下枝のスギ葉数本を外し整姿。
IMGP6965.jpg
控え目に隠れていた幹の舎利芸も
八十日目(やっとかめ)にこんにちわぁ~
元気良く顔を出して挨拶してくれました。(笑)

更に輪郭線を乱す後枝のスギ葉を外し、
三脚の雲台の上でハイ・ポーズ・カッシャ~ン。
IMGP6982.jpg
整姿はしたもののまだ水やりの度に倒れそうな気配です。

そして少し正面がずれてしまったようです。 トホホ

倒れないように鉢の正面に合わせ絞り込んでおきました。
IMGP6990.jpg
盆栽の姿としては上の写真が勝るのでは?。



にほんブログ村






真柏 整姿

挿し木から順調に作って来ましたが
ここにきて樹勢を落としてしまい
「英明さんの素焼き鉢」で樹勢回復中の樹です。
IMGP6916.jpg
こんな姿で棚隅に置いておいても面白くありません。

プチ整姿後.
IMGP6940.jpg
まだ少しボンヤリとしていますが
右枝の充実を待ち、再整姿します。
今日んとこはこん位にしといたるわぁ~!。


PS
棚に返す時に気付きました。
裏面にも面白い景色がありそうだ!と
IMGP6934.jpg
数本の小枝に針金を掛け直しプチ整姿。
新しく舎利を彫ってこっち側を正面にしての改作もアリか!。 


(^∇^)ノ シメシメ



にほんブログ村



石化檜 整姿

立ち上がりの左側に嫌味な根がある樹です。
枯れた枝先もやっと回復したようです。
IMGP6853.jpg
持ち上がってしまった左右最下枝先端を調整中に
全体のプチ整姿をしてしまいました。
よって、整姿前の写真がありません。

サイズ感を出す為、手に持ってハイ・ポーズ・カッシャ~ン。
IMGP6859.jpg
素材の樹冠部を切り飛ばし
前枝を樹芯に立替えて
樹高を半減させた樹です。
当初は苦になっていた嫌味な立ち上がりも
いつの間にか気にならなくなり
この樹の個性と思えるようになりました。



個性は尊重しなければイケナイザンス!

全ては時間が解決するザンス  シェー!   by イヤミ


(;´д`) オヨヨ モットモザンス シェー!



にほんブログ村

杜松 整姿

前回の投稿で懸崖枝を外し改作した樹です。
挿し木後大懸崖構想で作っていましたが
ミニ盆栽には大きな懸崖枝が五月蠅さ過ぎるのではないか?と。
IMGP6827.jpg
改作後に役枝を配ってありましたが
それ以後の手入れがしてありません。

プチ整姿後。
IMGP6847.jpg
立ち上がりが一番太く見えるここを正面にしました。

改作当初の姿。
IMGP3137.jpg

未来予想図。
IMGP6848.jpg
この樹の特徴的な個性のジンを見せながら
更に小枝を充実させれば完成です。
三作もすれば作れるのでは?。



にほんブログ村



岡崎「春風会」さんの勉強会へ

今日は久しぶりに晴れ間が、
そして夏の暑さが戻って来たかのような!。
IMGP6878.jpg
業務用の大きな扇風機の前で手入れ中の春嘉さん。


来月展示会デビューの会員さん。
IMGP6867.jpg
IMGP6865.jpg
展示のリハーサルを店長さんと。

ベテラン会員さんも三点飾りで。
IMGP6894.jpg
展示会本番には相応しい卓を合わされます。

手入れされて居らず、間伸びしてしまっています。
左側の枝をジンにする構想とか。
IMGP6887.jpg

この樹を「見ているだけでは退屈だろう」からと、
IMGP6891.jpg
プチ整姿を手伝わさせて頂きました。(笑)
IMGP6899.jpg
数年掛け右側の棚を充実させれば完成域です。

もう一本遊ばせて貰いましたが写真を撮り忘れ!。トホホ

第三日曜日は私たちの会も勉強会ですが
今月は展示会リハーサルの為に二週間順延です。
チャンスとばかりに岡崎まで。



にほんブログ村



懸崖杜松 整姿

挿し木から作って来た樹です。
新芽が伸び樹形を乱しています。
IMGP6794.jpg
本性杜松の為手入れ時に痛いのが苦手で手入れが疎かになっています。トホホ


輪郭線に沿った切り込みだけを繰り返したので
新芽が団子状に吹いてしまっていました。
IMGP6824.jpg
胡麻化した整姿も可能でしたが
懐芽まで追い込み軽く整姿し今回はここまで。
但し、数年分後戻りしてしまいました。


ばかめ!

痛いだの!痒いだの!と

勝手な事ばかりを言い居って!

こんな簡単な手入れを怠るからじゃ!

時間がもったいないとは思わぬか!


(´・_・`) トホホ チコチャンニシカラレル デハナク ボンサイノカミサマニ シカラレタァ~!



にほんブログ村



寄せ植え真柏 経過報告

10本近く寄せた苗が一本も枯れず順調に伸びています。
IMGP6776.jpg
挿し木後3年程の苗を寄せて一年半経ちました。

幹模様をアップで。
IMGP6778.jpg
まだ針金は食い込んではいないようです。

全てを外して半年点検。
インシュロックで強く絞り込んだ中心部は癒着が始まっています。
IMGP6785.jpg
曲げてあった小枝も幹として絞り込めそうです。

幹の景色になりそうな小枝を絞り込みました。
IMGP6789.jpg

整姿後。
IMGP6786.jpg
左最下枝等不要な小枝も残っていますが
まだまだ骨を作る段階の苗です、
しばらくは樹勢維持の為に残します。

同じく徒長枝もそのまま残したい所ですが
余りブチャイクな写真をブログに残してもイケマセン。
最低限の整姿に留めてこの苗の備忘録としてアップします!。




これでいいのだぁ~! 

ワシも大賛成なのだぁ~!



(*^_^*) オヨヨ バカボンノパパモ ヨロコンデクレマシタ



にほんブログ村






衣替え杜松 整姿

この杜松も今年最後の整姿を!。
IMGP6761.jpg
記録としては 左欄 - カテゴリ - 杜松(62)から
2015/05/18投稿時まで遡れますが
2013~2014年に衣替えてあるようです。


整姿後。
鉢 行山 10.5×8.5×5㎝  樹高 14㎝  台木樹齢 実生30数年 衣替え4~5年程
IMGP6770.jpg
輪郭線に沿って新芽を揃えただけの
面白味のない手入れの記事です。

幹や太枝の針金掛けそして改作等の
盆栽手入れの醍醐味をもうこの樹では楽しめません。
今後はこんなつまらない手入れを続けて持ち込む事になります。

(;´д`) ウレシイヨウナ!サミシイヨウナ!



にほんブログ村

衣替え杜松 今年最後の整姿

大野性に衣替えた杜松の苗です。
IMGP6739.jpg
接ぎ木後僅かに曲が付けてありましたが伸び放題です。

後方に伸びる本性杜松の枝です。
IMGP6749.jpg
葉性の違いが歴然としています。

チョッキン!.
IMGP6752.jpg
何ともブチャイクな姿ですが欲しいのは、
立ち上がりから数本の枝元だけです。

立ち上がりの曲を太らせる為に
本性の枝は来年一年間犠牲枝として走らせます。
IMGP6759.jpg

未来予想図。
IMGP6756.jpg
こんな姿はいつの事やら!。


(;´д`) フゥ~~




にほんブログ村

ヤフオク真柏 整姿

入手後二年程経ち、ほぼ骨も出来上がりました、
本格的な整姿をしてみる事にします。
IMGP6165.jpg

2016/07/18 入手時の姿(裏面より〉
bonsai2002center-img450x600-1467517377tcvuei25238[1] (390x409)

同日、ラフィアで保護し初めての針金掛け。
IMGP4024 (640x427)
樹冠部を落とし樹芯を立て替え、右最下枝が枯れたのが現在の姿です。


芸のないジンはこのままでは使えません!。
IMGP6173.jpg

左最下枝もピンセットで押さえた部分が不要です。
IMGP6178.jpg

針金マキマキ、クネクネ! そしてチョッキン、ムキムキ。
IMGP6193.jpg

樹勢を落とさぬように
軽く透かして整姿終了。
IMGP6218.jpg

完成域までにはまだ数回の針金整姿が必要です。

今日んとこはこん位にしといたるわぁ!



にほんブログ村


2016年実生山もみじ 寄せ植えの癒着経過報告

苗を寄せ癒着用にインシュロックで絞り込んであります。
IMGP6476.jpg
無用なキズを付けてもイケマセン。

上はセーフだったものの下段は「危険が危なかった」かも?。(笑)
IMGP6488.jpg
幹の癒着もイマイチのようです。

同じように寄せた同級生の苗。
IMGP6479.jpg
立ち上がりの一曲付近は完全に癒着しています。

仮正面側。
IMGP6482.jpg
アルミ缶上の立ち上がりが更に座が太り、
取り木の要領で発根させる頃には
上部の癒着も更に進む筈です。

二本の苗の上部を再度ラフィアとインシュロックで絞り込みました。
IMGP6546.jpg
IMGP6550.jpg
癒着後にこの付近の小枝で将来の役枝を作ります。

我が家に山もみじの完成樹は一本もありません。
ブログでもたった5本の投稿歴があるだけです。
節間を短く作らなければならないこの樹種は
私と最も相性の悪い手入れだからです。

この樹達も短期間で太幹素材が作れる事が分かった以上
すでに興味も半減してしまっています。(笑)
この先どこまでこのモチベーションが続くやら!。



にほんブログ村

挿し木キンズ 発芽

8月21日、朝の水やり後の点検時に気付きました。
6月に挿したキンズの断面に生気が感じられます。
IMGP6569.jpg
ここに新芽が吹くのではないでしょうか?。


9月8日小さな発芽を確認。

イモト風に 私はどこでしょう~か?
IMGP6723.jpg

ここです ここでぇ~す!
IMGP6717.jpg
半ば諦めていましたが待ちに待った挿し木キンズの発芽です。

矢印が今回の発芽で上部の白丸に吹くのでは?と思っていました。
右の白線で囲った形成層部分にも生気が感じられます。
ここにも発芽してくれるのではないでしょうか?。
IMGP6722.jpg

ヤフオク、ワンコインキンズの赤線範囲内を挿してありました。
写真では分かりませんが親指以上の太さがあります。
s-IMGP7067.jpg
先日(9/5)投稿した素材の上部です。
根の状態の確認は来年6月以降の植え替え時になりますが
今度は八方根張りを盆栽の神様にお願いしよう!。


お神酒のレベル次第じゃ!

安酒はイカン!


(;´д`) オヨヨ



にほんブログ村

マユミ 雄木の取り木と未来予想図

数年前に実生したマユミの雄木に取り木が掛けてあります。
今春の花で雄木と確認しました。
IMGP6426.jpg
雄木と言えども盆栽としての姿を出してみたい?と。
将来に衣替えするも良し!
雄木として持つも良し!として。

表面の用土を退けると十分に発根しています。
IMGP6429.jpg

立ち上がりに雄木の新芽も。
IMGP6434.jpg

チョッキン。
IMGP6438.jpg

取り敢えず植え替えて。
IMGP6444.jpg
交配用の雄木として持つなら問題ありませんが
中間の直線部分が盆栽としてはイケマセン。


こんな角度で植え替え、雌木を接いで衣替えた未来予想図。
IMGP6437.jpg
数年後のおもちゃ用素材として!。



にほんブログ村




キンズ 更に新芽が吹く

欲しかった位置に新芽が吹いて来ました。8/25
IMGP6514.jpg
上部の枝元はすでに盛り上がっています。

以前の新芽にはすでに曲付けしてあります。
IMGP6518.jpg

このままではイケマセン。
IMGP6691.jpg

まだ強い曲付けは出来ません、少しづつ曲げるつもりです。
IMGP6696.jpg
これでこの切り飛ばしキズがヤケる事がなくなりました。メデタシメデタシ


盆栽の神様が願いを叶えて下さったようです。
お礼に美味しいお酒をお供えしましょうか。


うん うん 良い心掛けじゃ!

楽しみじゃのぉ!

おつまみも忘れぬでないぞ!

本当はおさがりの美味い酒を飲みたいだけであろうが!

お前の下心はミエミエじゃ!


(;´д`) トホホ  ボンサイノカミサマ スベテ オミトオシデス




にほんブログ村




姫美好 取り木外し

下段の取り木を外す事に。
IMGP6445.jpg

右の赤丸は、
IMGP6453.jpg

こんな状態を切り離した傷跡です。
IMGP6452.jpg

取り木成功。
IMGP6469.jpg
極端な立ち上がりの芸に比べ上部が面白くなく
又、切り離し部分のコブも嫌味です。

立ち上がりの芸だけを活かした改作素材として
樹形構想を立て直す必要がありそうです。

例えばこんな風とか。
IMGP6468.jpg
こんな風に。
IMGP6467.jpg
来春以降の話ですが!。



にほんブログ村

アオツヅラフジ 結実

数年前に長老と山採りした アオツズラフジが結実しています。(7/25)
IMGP5980.jpg
左側頂部の実はすでに青く色付いています。

同級生の苗。
IMGP6007.jpg
この苗はまだ少し小さいか?。

去年の山採り苗達。
IMGP6009.jpg
細い根に更に曲付けして、
数年間、畑(花壇)で根を太らせるつもりです。
\(^o^)/ ハヤク オオキクナァ~レ

アップで。
IMGP6025.jpg




今朝は北海道で大地震!。

日本列島で猛暑、豪雨、台風、地震と大災害が連発しています。

自然の驚異に人間はなすすべもありません。

もうこれ以上の災害がない事を願うのみです。






にほんブログ村




夏休みの自由研究その3 ワンコインキンズの新芽

ぶった切ったキンズに新芽が吹いて来ました。(2018/08/17)
IMGP6396.jpg

アップで。
IMGP6402.jpg
三芽吹いています。
出来れば手前側に一芽吹いて欲しいのですが。

白線部分から下が今回の発芽部分です。
s-IMGP7057.jpg


この構想で落札し、(2017/12/23)
s-IMGP7068.jpg
上部の赤矢印部分を6月中旬に挿し木しましたが
ここは未だ発芽していません、失敗かも?。トホホ
s-IMGP7071.jpg
入札時には赤矢印部分だけがが見え、
白矢印部分は用土の下に隠れて見えませんでした。

更に用土の下にもう一曲隠れて居そうです。 ワクワク

新芽が伸びたので針金を掛けておきました。2018/08/30
IMGP6685.jpg
コケ順を作る為思いっきり徒長させ、使うのは最初の一曲だけです。



台風21号の爪痕に言葉もありません。
被害に遭われた方々の一日も早い復旧を願うのみです。




にほんブログ村





夏休みの自由研究その2 縮緬葛葉刈り

少し大きくなり過ぎたようです。
IMGP5902.jpg


葉刈り後。(7/22)
IMGP5912.jpg
ここを正面に作っていましたが

鉢の二つの足が前に来るこの近くを正面にして整姿します。
IMGP5913.jpg
立ち上がりが少し細くなるものの奥行の景色が増える筈です。

鉢の足ではなく、左へ少しずらした面を正面に整姿しました。
IMGP5939.jpg
僅かながら細くなってしまったものの
奥行と懐が出来て景色が増したようです。(私感)
この鉢に植え替えるか?他の鉢を探すか?。
それが次の問題だ!。

2018/08/03
IMGP6277.jpg
新芽も順調に伸びています。

2018/08/13
IMGP6387.jpg
まだ新芽の吹き方に強弱があるようです。

2018/08/30
IMGP6682.jpg
鉢 常滑小町八角 8.5×8×3.5㎝ 


今期最強の台風21号が四国~紀伊半島に上陸し
日本列島を縦断するとの予報が出ています。
大きな被害が出ない事を願うのみです。



にほんブログ村




夏休みの自由研究その1 縮緬葛葉刈り 

国民的行事の夏休みも終り
今日からブログを再開させて頂きます。
当分の間はリアルタイムの手入れ記事ではなく
夏休み期間中に書き留めていた記事ですがアシカラズ!。

ここを正面として作ってきましたが
IMGP5874.jpg
こっちの方が良い所がありそうです。
IMGP5877.jpg

裏面だと思っていたここに針金を掛け正面変更の準備。
葉刈り日時。 2018/07/21
IMGP5899.jpg
三幹風の嫌味が消せる上に大木感が出るのではないでしょうか?。

2018/08/02
IMGP6271.jpg
新芽が吹き始めました。

2018/08/13
IMGP6383.jpg

2018/08/30
IMGP6680.jpg
九谷錦生 丸 9×4.2㎝

ほぼ新芽も出揃ったようです。
完成域まであと少しか?。


センスの無さを棚に上げ

勝手な事を言ってるザンス!

この樹の個性が無くなりとっても残念ザンス!

シェー!

(;´д`) トホホ イヤミニハ サンセイシテモラエナカッタザンス シェー




にほんブログ村

ぶった切り老爺柿 更に新芽が吹く

新芽が更に四芽吹いて来ました。
IMGP6410.jpg
しかも一番欲しかったぶった切りの頂点に!。
これ以上太らせ針金が効かなくなってしまってもイケマセン!。

立ち上がりの内側に吹いた
明らかに不要な芽を切り取り針金を掛けました。
IMGP6412.jpg
樹冠部用だった枝は後枝用に伏せておきました。

2018/05/20投稿。
IMGP2638.jpg
理想の位置に新芽が吹いた未来予想図でした。

盆栽の神様に私の願いを叶えて頂いたようです。

バカなブログを休んで
盆栽の手入れに励んだ褒美じゃ!
言わばワシからの「お盆玉」だと思うがよい!

近頃は正月の「お年玉」に加え「お盆玉」が
新しい国民的行事に加わりつつあるようです!。

我が家でも孫たちが思わぬ「お小遣い」に大喜びで
彼らの笑顔と引き換えに私のサイフが更に軽くなってしまいました!。 トホホ


お盆も過ぎ孫達も帰り,婆さんと二人だけの平穏な日常が帰って来ました。

(#^.^#) ウレシイヤラ
(´・_・`) サビシイヤラ


にほんブログ村




夏休み盆栽観察日誌 台湾醋甲藤(タイワンサッコウフジ)

台湾醋甲藤に花芽が出始めています。
IMGP6339.jpg

アップで。
IMGP6345.jpg

数年前の挿し木苗にも右先端に花芽が!。
IMGP6347.jpg
しかしこれでは「趣味の園芸」の域を出ません。

惜しいながらも赤線で切り取り、
丸印の花芽を生かせば
もう立派な「盆栽」へ仲間入りさせられます。
IMGP6352.jpg

チョッキン!、針金マキマキ。
IMGP6363.jpg
反対側。
IMGP6358.jpg
この樹の見頃は展示会の時期とズレています。
せめてこのブログで見て頂けたならと!、
2018年/08月/08日 
08時/08分/08秒に投稿(登校)してみました。(笑)



大変良く観察していますネ。

はなまる💮 💮 💮 みっつあげますネ。

残りの夏休みも他の盆栽をシッカリと管理してネ。

盆栽花組 担任 盆 美奈子(ビーナス)先生




にほんブログ村

挿し木四年程の縮緬葛色々  葉刈り

挿し木苗を7~8本寄せてあります。
IMGP5807.jpg
これまではバリカン刈り程度の手入れをしていただけです。
春からの新芽が伸びています。

立ち上がりのアップ。
IMGP5812.jpg
面白味のないお利口さんな立ち上がりですが
幹回りは既に8㎝程あります。

同級生で立ち上がりに曲を付けた苗です。
IMGP5815.jpg

この樹は挿し木でも寄せ植えでもありません。
2015/07/03の記事として縮緬葛の植え替え中に
根の中からコロッと出て来ました、
盆栽の神様からのプレゼントのように。(笑)
IMGP5833.jpg
以前、お前に対してそんな義理はない!と言われました。 
(*^_^*)

葉刈り後。
IMGP5859.jpg
春からの新芽を伸ばしたこんな樹形になりたいようです。
この樹の意志を尊重し左流れの個性的な樹姿にしましょうか?。

鉢  春嘉  6×2.9㎝
IMGP5864.jpg
あと少し小枝を充実させれば完成域か?。

葉刈り中に左一の枝を折ってしまいました。
このままでは何ともならないようです。
IMGP5865.jpg
再度針金を掛け、基本の樹形を作ってみました。
IMGP5872.jpg
未来予想図を。
IMGP5871.jpg
難しい事を考える樹種ではありません、
立ち上がりの芸だけを見せれば良い筈です。



連日の猛暑で盆栽の手入れも滞りがちです.。
勝手ながら国民的行事の夏休みを取らせて頂きます。
手入れ中に「盆栽の神様」や当ブログの「キャラクター達」が
話しかけて来た時には臨時の投稿日(登校日)を作るつもりです。(笑)


皆様にはくれぐれもご自愛ください。




にほんブログ村

超ミニ黒松の二番芽

芽切りしてあった超ミニ黒松に二番芽が吹いています。
IMGP5784.jpg

上から。
IMGP5789.jpg
四芽出ています。

不注意に触れれば二番芽を落とす危険性がある
この時期にこんな事をしてはいけませんが!。
IMGP5799.jpg

無事に外して、ハイ・ポーズ・カッシャ~ン。
IMGP5801.jpg


何ら内容のない記事でした チャン チャン。 

(;´д`) トホホ



にほんブログ村

黄金真柏 改作

挿し木から模様木を目指して作っていましたが
思うように作れなくなっていました。
ここから作り直すには時間が掛かり過ぎます。
IMGP5761.jpg

チョッキン!。
IMGP5767.jpg
この構想は前回投稿以後から考えており
残す部分を針金整姿とインシュロックで絞り込んでありました。


ジンにしたばかりなら多少は動かせます。
IMGP5771.jpg

更にインシュロックとラフィアで保護し曲を強調しておきました。
IMGP5778.jpg

真柏は天場に飾れるような模様木を目指して作っていますが
目標が達成できずこんな樹形になってしまう事もあります。

この樹はどんなアクシデントに見舞われたのでしょうか?盆栽の神様。


第一義的にはお前に挿された事じゃろうのぉ!

可哀想になぁ~


(;´д`) トホホ



にほんブログ村

衣替え真柏 プチ整姿

このグログによく登場する出たがりの真柏です。
IMGP5744.jpg
新芽が伸び樹形を崩し始めました。
立ち上がり位置は植え替え時に調整しましたが
葉張りの正面が少しズレているようです。

整姿後。
コケを外し、富士砂で表面を化粧して。
IMGP5758.jpg
もう少し左側を正面側へ伸ばしたいので数本の新芽は摘んでいません。
秋までにはそれなりの姿になる筈です。
その時にはこの「出たがり君」を再登場させましょうか。(笑)



にほんブログ村

直幹杜松 整姿その2

右最下枝をチョッキン!。
IMGP5728.jpg
昨日はこの枝を切る決断が出来なかったのです。


プチ整姿後。
IMGP5735.jpg
食い付き程度のジンに加工後正面を右側へ少し移動。

直幹としての立ち上がりを強調させながら
右枝下の空間を生かせたのではないでしょうか?。

樹冠部の少し嫌味な箇所もこの樹の個性としましょうか。


おフランスでは個性の無い事が嫌味ザンス シェー by イヤミ



にほんブログ村

直幹杜松 整姿

春からの新芽が伸び放題です。

ブログを確認すると去年6月の植え替え以降
一切の手入れがしてないようです。
IMGP5707.jpg

先ずは輪郭線まで追い込み、
内部の不要な小枝と古葉を掃除しました。
IMGP5709.jpg
整姿前に細部の検討。
樹形的に何かもの足りないような?。

さてこの後、私の一番苦手な杜松の針金掛けですが!。
 
 ・

 ・ 

 ・

 ・

 ・
 
 ・

 ・


 ...


明日にします




にほんブログ村




ニオイカエデ 頭部再立て替え

結構古くから我が家に居ますが、
一向に良くなる気配もありません!。フウー ヤレヤレ
ブログにも初出場の筈です?。

数年前に頭部を立て替えて、再生を試みましたが失敗でした。
IMGP5680.jpg

切り返しキズ。
IMGP5679.jpg

頭部用の小枝をラフィアで保護。
IMGP5683.jpg
こんな太枝は殆ど動きませんが、
一番力の掛かる枝の下部を重点にきつく巻きました。

チョッキン。
IMGP5688.jpg
幹の中心部は既にオガクズ状態で穴が空いています。
ムシでも入ったか?。

カルスメイト大盛りで保護。
IMGP5693.jpg

こんな位置で植え替えるなら
それ程動かす必要もありません。
IMGP5702.jpg

絵に描いた餅みたいですが、
こんな風にこの樹の骨が作れたら良いなぁ~と考えています。
IMGP5695.jpg

それを言うなら「絵に描いた盆栽」が正解じゃろうのぉ

下手なお前にどこまで作れるじゃろうか?

楽しみじゃのぉ

ワッハッハ~

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマモ タノシミニ サレテイマス



にほんブログ村

黄金真柏 追い込み

水遣り時どころか僅かな風でも倒れる真柏です。
IMGP5593.jpg
他にも鉢からこぼれ出るようなこんな樹が沢山あり
水遣りの度に直しています

上から。
IMGP5598.jpg

切り取った三本の小枝を
元の位置付近に配置して。
IMGP5601.jpg

葉を透かし軽く整姿してみました。
IMGP5620.jpg
鉢  庄八 釘彫り丸 11×4.3㎝

更に棚を割って。
これで暫くは倒れない筈です。 ヤレヤレ
IMGP5638.jpg
以前 強い曲を付け直した左下のジンも
ニュートンにあらがう事も出来ず少し垂れて来たか?。(笑)
直後の姿。
IMGP3407 (640x427)



プチ整姿後再度上から。
IMGP5629.jpg
切り取った三本の小枝も盆栽の神様には内緒で挿しておきました。



バカめ!


(;´д`) オヨヨ



にほんブログ村




キンズ 新芽が吹く

ぶった切ったキンズに新芽が吹いて来ました。
しかも思い通りの位置に!!。
IMGP5556.jpg
イモト風に「私はどこでしょぅ~か?」

「ここでぇす ここでぇ~す」
IMGP5561.jpg
同位置よりレンズを替えてアップで。

反対側から。
IMGP5570.jpg
願わくばこのキズ巻用にあと一芽だけでも
左端付近に吹いて欲しいものです。


欲の深い奴じゃのぉ!

願い通りの所に吹かしてやったものを!

二か所とは聞いて居らなんだぞ!

しかしお供え次第では聞いてやらぬ事もないがのぉ!

(^-^)/ ヨロシクオネガイシマ~ス ボンサイノカミサマ~

お前の飲んで居る安酒だけは御免蒙るぞ!

それと甘い物もじゃ!

(;´д`) オヨヨ




にほんブログ村


蔦葉刈り 経過報告

葉刈り日時 2018年6月24日
IMGP4669.jpg
痛み始めた大きな葉を切り取り
小さな葉で綺麗に紅葉させられないか?と。

確認撮影日時2018/07/07
IMGP5545.jpg
連日の雨も止み、チェックしてみました。

左上には新芽も吹き始めています。
IMGP5548.jpg
秋には小さな葉姿で楽しめそうです。

o(^▽^)o ニコニコ

07/11 再度チェック。
IMGP5657.jpg
三枚の新芽は無事に開いたようですが
先端部の芽はもう少し掛かりそうです。
IMGP5664.jpg
まさかアリがここまで来るとは!。
白バックならもっと映えたのにと残念!。

チョット ピンボケ トホホ
IMGP5663.jpg
アリも心配そうに新芽を覗き込んでいるようです。

ホンマかいな! (笑)




にほんブログ村

真柏 改作素材

立ち上がりと幹の流れが面白いのではないか?と入手。
IMGP5401.jpg
十分な枝がありこのまま針金を掛けても姿は出せますが
接ぎ木で追い込みをかけ、
小さく作り直して遊んでみたい!と。

こんな姿で接ぎ木適期まで棚の隅に置いておいても面白くありません。

今ある枝を最大限使い、針金を掛け姿を出してみました。
IMGP5484.jpg
初回の整姿でここまで姿が出れば不満はありませんが、
出来ればもう一回り小さく作りたいものです。
IMGP5460.jpg
樹冠部や役枝には追い込み用の懐枝もなく
立ち上がりの景色や主幹の太さから見ると
この葉張りではバランスが悪いのでは?。

入手時の構想通り適期を待って
追い込み用の小枝を数本接ぐ事にします。




にほんブログ村






ミニ黒松 芽切り終了と二番芽の発芽

このミニ黒松が今年最後の芽切りです。
IMGP5408.jpg
以前の構想(右枝を伸ばす)をスッカリ忘れ
全て切ってしまいました。 ヤレヤレ

バカめ!

アル中ハイマーが相当進んだようじゃなぁ


(´・_・`) トホホ ツイ ウッカリデス ボンサイノカミサマ



黒松の棚をチェックしていると、
IMGP5424.jpg
先月末に芽切りした黒松に、
二番芽が吹いています。 シメシメ
IMGP5422.jpg
右側の二つの芽は水平ではありませんが
針金で枝を時計回りと反対に捻れば胡麻化せます。



にほんブログ村




ミニバラ雅 ジベレリン散布効果報告

ローズヒップの現状です。※
IMGP5357.jpg

幹にヒゴケがのぼり過ぎたか?。
IMGP5365.jpg

反対側。
IMGP5355.jpg
こちらは異常ないようです。

100均のミストスプレーボトルにジベレリン一錠と
展着剤を入れて散布しましたが半分残りそうです。
IMGP5375.jpg

秋まで水切れを起こさぬよう
結実確認後二重鉢にしてありました。
上記写真でも分かるように、
まだ雑草は一本も生えていません。
IMGP5371.jpg
スリット鉢の特徴を無視した薔薇の生命力です。


前回2018/05/28投稿、開花時の姿
IMGP3020.jpg

※ ローズヒップ (果実)
ローズヒップは、バラ科バラ族の植物(いわゆる「バラ」)の果実である。
「ヒップ」は「尻」とは無関係で、本来は「ヒップ」だけでバラの果実を意味する単語である。
ウイキペディアより。


私の今までの勘違いが正された記事になりました
(*^_^*) ヨカッタ ヨカッタ

ワシも「薔薇の尻」とは変じゃと思って居ったワイ!

伴天連言葉は難しいのぉ!

(;´д`) オヨヨ ボンサイノカミサマモ カンチガイシテ オラレタヨウデス




にほんブログ村




春風会 臨時勉強会(黒松芽切り)へ

朝から久しぶりの猛暑でした。
早めに着いたので盆栽園の方で
クーラーの下「命を守る行動」でのんびりと休憩していました。

少し遅れて勉強会へ。
すでに若い人達の熱気が会場に溢れています。
IMGP5492.jpg

会員さんの黒松を手入れ中の春嘉さん。
IMGP5501.jpg

暑過ぎる会場でおやつのアイスクリーム片手に樹形構想検討中か?。
IMGP5524.jpg
マーシー盆栽園の園主さんです。

芽切り前の大懸崖黒松。
IMGP5490.jpg
手を添えていないと倒れます。

手入れ後。
IMGP5497.jpg
樹勢の乗り難い最下枝は枯れた小枝もあるそうで
今年は芽切りを見送り、中段だけの芽を切り、
強い樹冠部は一週間程後に切るとの事。

芽切り後。
IMGP5503.jpg
前の写真がありません。

芽切り前。
IMGP5506.jpg
先ずは枯れ葉を取り、
IMGP5510.jpg
新芽をチョッキン、
IMGP5515.jpg
芽切り後、
IMGP5519.jpg
もう少し右枝を伸ばしたいそうです。

この懸崖風黒松も、
IMGP5520.jpg
芽切り中、
IMGP5527.jpg
芽切り後。
IMGP5529.jpg

今日のお土産。
IMGP5539.jpg
盆栽園で鈴生りの岩ズルを発見、
涼しい作業場でゆっくりと整姿、実生りの枝を全周に配置。(下側が正面)
秋には不要枝と針金を外した姿で使えるか?。シメシメ

もう会場へ戻る気力も無くなってしまいました。



にほんブログ村

姫性ソナレ 整姿と未来予想図

格安での落札品です。
IMGP5304.jpg
現在の姿からは想像も出来ない形でしたが
ラフィアで保護し曲の方向を微妙に調整してありました。
(入手時の姿や改作時の写真は下記関連記事にあります)

内部の古葉が枯れています。
IMGP5315.jpg

針金が掛け易いようにピンセットで掃除。
IMGP5320.jpg
初めての樹種ですが杜松と同じように
懐芽に不自由する事はなさそうです。

伸びた小枝を奥の芽まで追い込み整姿前の写真。
IMGP5326.jpg

枝先だけを0.9ミリの銅線で整姿。
IMGP5328.jpg
何か物足りません!。

竹割箸を挟み込みリアルな樹形構想を。
IMGP5330.jpg
前出の真柏のように水やり時に倒れ
鉢合わせに悩まされそうです。(笑)

反対に更に幹を絞り込んで。
IMGP5345.jpg
この樹姿が私好みですが懸崖枝が長過ぎます。

そしていつもの未来予想図。
IMGP5349.jpg
入札時の樹形構想とは全く違う形になってしまいましたが
即決整姿するのではなく、あれこれ一年間悩んだ末の未来予想図です...



ところで、切り取った小枝の事は何ともゆうては居らぬが

どうせ挿し木にでもしたのであろ~のぉ!

(*^_^*) ピンポ~ンデス 

バカも~ん  いつも本能のままに行動し居って!

馬耳東風か麻婆豆腐かは知らぬが!

もう時間が足りぬわっ!

(´・_・`) トホホ ヤマダクーン ボンサイノカミサマニ ザブトンサシアゲテェ―



にほんブログ村


姫美好 発根

ビニール袋の中に一本だけ発根しています。2018/06/27
IMGP4798.jpg

10日程経ち昨日(7/06)再確認すると
細根が根分かれして更に伸びています。
IMGP5387.jpg

裏面を確認すると、ここにも一本発根が。
IMGP5392.jpg
最低限片根だけは避けられるか?。

日当たりの良い上部はすでに赤くなり始めました。
IMGP4806.jpg
発根して切り離せば即見られるか?。

立ち上がりの直線部分解消用に取り木を掛けたここには
まだ鉢底網を突き破るような発根は見られません。(6/27)
IMGP4805.jpg
ここにも実が残してあります。

前回は確認出来なかった、
鉢底網を突き抜ける発根も見られます。
IMGP5393.jpg
取り木が簡単な樹種とはいえ、発根の確認は嬉しいものです。

\(^o^)/ メデタシィ~ メデタシ





にほんブログ村





杉葉真柏を何とかする

何の取り柄も無い!オール杉葉の真柏です。 (´・_・`)  ヤレヤレ
IMGP5285.jpg
手の施しようもありませんが、
少し前に彫った舎利の外側が盛り上がってきました。
(矢印白線内部)
IMGP5273.jpg
今後、放置する数年間でさらに景色が作れないか?と。

景色が増すように上部の盛り上がりを残し舎利を広げました。
IMGP5297.jpg

垂れ下がった枝を切り取り、掛かっていた針金でプチ整姿。
IMGP5293.jpg

立ち上がりの振りから見ると反対側が正面となりそうです。
IMGP5303.jpg
ここも舎利を広げ針金が食い込むまで放っときます。


近頃は杉葉の記事が多いようじゃのぉ

どうじゃ!「サザンオールスターズ」をリスペクトして

「サンザンオールスギハーズ」なんぞの記事を投稿しては?

(;´д`) オヨヨ 盆栽の神様ご冗談がお好きです。

バカもん!

冗談はお前の顔と短い足だけで十分じゃ!

(~_~;) トホホ




にほんブログ村




「緑樹会ミニ盆栽展」 点描 その6

IMGP5008.jpg

IMGP5010.jpg

IMGP5011.jpg
IMGP5012.jpg

IMGP5016.jpg

IMGP5017.jpg

IMGP5027.jpg

IMGP5028.jpg

IMGP5032.jpg

IMGP5035.jpg

IMGP5038.jpg

IMGP5046.jpg

IMGP5057.jpg

IMGP5058.jpg

この席の詳細を撮り忘れましたが
みさきさんが「緑樹展その3」で
樹種と鉢作者を詳しく紹介されています。
IMGP4861.jpg
尚、私が撮り損なった「超ミニメダカ」も写っていますよ。

おしまい...

呼び接ぎ改作中の真柏 経過報告と杉葉考

呼び接ぎ箇所より上部の枝が枯れてしまいました。
IMGP4811.jpg
接ぐ時にこの枝への水みちを切ってしまったか?。
接いだ時に断ったのならもっと早く枯れていた筈では?。
枯れたものに拘っていても仕方ありませんが!。

枯れた枝と元気に伸びる呼び接いだ枝。
IMGP4819.jpg
使うのは丸印の範囲内の小枝です。
左側への徒長枝は癒着促進の為に更に走らせます。

今日の主題はこの呼び接ぎ苗の方です。
IMGP4828.jpg
殆どが杉葉になりかけています。

左へ伸びる枝は一本の杉葉も出ず、順調に伸びています。
IMGP4837.jpg

接ぎ木任務終了後に即使えるよう曲が付けてありました。
IMGP4829.jpg
中央付近の春から吹いた一年生の新芽も
ピッカピカの杉葉」なのです。

植え替えで根を弄った訳でも
大きく追い込みを掛けた訳でもありません。
形成層まで削られたにも関わらず真っ直ぐに伸ばされた小枝と
僅かばかりの曲を入れられただけの小枝の違いは何なのでしょうか?。

枯れた枝も白線の範囲内の筈で
この小枝達が日陰になる筈もなく、
置き場も我が家の棚の一等地で
日当たり最高の場所でした。
IMGP4840.jpg
何がいけなかったんでしょうか?、盆栽の神様。


バカもん!

ワシは盆栽の神様じゃ!

日本の神様は全知全能の神様ではないぞ!

難しい事はワシャ知らぬ!

植物学者にでも聞けば良かろうが!


(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ イソイデ オカエリ デス




にほんブログ村








「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その5

直接確認してはいませんが
以下の鉢はほぼ自作鉢又はコラボ鉢ではないでしょうか?。
壹興さんとみさきさんの席ですから!。(笑)

IMGP4999.jpg

IMGP5000.jpg

IMGP5001.jpg

IMGP5002.jpg

IMGP5004.jpg

IMGP4997.jpg



ブログで掃除と透かしを迷っていたようですが
綺麗に掃除されていました。
IMGP4982.jpg

IMGP4984.jpg

IMGP4985.jpg

IMGP4987.jpg

IMGP4988.jpg

IMGP4993.jpg

IMGP4995.jpg





その6へ続く



にほんブログ村




杜松 整姿

春から伸びていた新芽を切り取り
針金が掛け易いように古葉を抜き整姿。
IMGP4720.jpg
左最下枝が長過ぎるようです。

チョッキン、枝先を整姿し直して。
IMGP4771.jpg
鉢上げ時に立ち上がりと幹に細かい曲を付けてありました。

中々手入れの行き届かない樹ですが
そろそろ景色を出し始めたか?。

2016/08/26 投稿時の姿。
IMGP4605 (640x427)




にほんブログ村




懸崖真柏 幻の改作構想

水やりの度にひっくり返り,
追い込みを掛けようと樹姿の検討をしています。
IMGP4537.jpg
鉢 平安虹泉 6×6×6.5㎝

常識から外れた立ち上がりの景色ですが
こっち側が正面として作ってきました。
IMGP4544.jpg

裏面に面白い舎利芸が隠れています。
IMGP4541.jpg

コケを退かして根張りを確認。
IMGP4547.jpg
立ち上がりからもう一本舎利を入れれば正面として使えなくもないか!。

持ち上げてある裏面の枝を、
IMGP4558.jpg
数本下げてみました。
IMGP4564.jpg
枝棚も十分に割れそうですが、
楕円付近の小枝の長さが足りません!。
IMGP4566.jpg
この樹冠部を樹の頂点にある舎利付近まで移動できないのです。
ない袖は振れないのです
仮に数年間この枝達を伸ばしたとしても
下垂した幹が前へ突き出してしまい
植え付け角度では補正出来ない程です。
やはりこの樹の正面は現在が正解のようです。


バカもんが!

長い間苦労して作った樹ではないか!

気まぐれな思いつきで改作出来るほど

盆栽は甘くないぞ!

(;´д`) トホホ ゴモットモデス ボンサイノカミサマ


樹冠部を鉢側へ引き寄せ、
IMGP4699.jpg

内部の葉を透かし今回の手入れ終了。 IMGP4688.jpg
重心が移動し少しは倒れにくくなったか?。
今回は改作を断念し暫くこの姿で楽しむ事にします。

ギリギリの小さな鉢に押し込んであります。
バランスが崩れない程度に少し鉢を緩めても良いかも知れませんね。

(;´д`) フゥ~ ナンダカナ~


にほんブログ村