FC2ブログ

取り木唐楓 下部樹形構想

通し接いであった唐楓。
IMGP0067.jpg

入り口側。
IMGP0070.jpg

取った樹です。
IMGP0065.jpg
鉢 春嘉 正方6.6×3.4㎝   樹高 7cm 取り木後約一年

いつも取り木やぶった切りで改作できる
見所が一か所ある素材を探しています。
全てが成功するとは限りませんが
その失敗経験も勉強だと考えています。

この樹も上部だけを活かし下部は捨てるつもりでしたが
実生苗も余っており立ち上がりを活かして遊んでみました。
IMGP0075.jpg
こんな姿になるのはいつの事になるのやら!!。
10年までは掛からないとは思うが!。 フゥ~。



それまで持つかのぉ?

この樹がですか盆栽の神様

バカも~ん!

お前がじゃ!

能天気な絵なんぞ書きおって!

たまには自分の未来予想図でも考えてみてはどうじゃ!


(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマノ ゴチュウコクデス



にほんブログ村



実物 棚のチェック

実の取り残しはないか?と素材棚周辺をチェック。 ウロウロ

ザクロ
IMGP0081.jpg
数年前に女性会員さんが挿した、貰い物です。
未だに爪楊枝程度の太さです。

コトネアスター
IMGP0085.jpg
ヤゴ芽か?、自根なら小さな鉢に入れましょうか。

白マユミ
IMGP0087.jpg
挿し木に曲が付けてあります。

下から。
IMGP0089.jpg
TPOにもよりますがこんなカメラアングルが許されるのは今や盆栽だけです。(笑)


小マユミ
IMGP0114.jpg
カマキリ君もチェックのお手伝いをしてくれています。
視線の先が赤い実を見つめているようです。



にほんブログ村



長老性の青ツヅラフジ

今年飾れないか?と鉢上げした青ツヅラフジ二本です。
IMGP0007.jpg

IMGP0008.jpg
数年前に長老と山採りした樹ですが
今年飾った長老のような実成りはありませんでした。

長老の青ツヅラフジ。
IMGP8879.jpg
まるで葡萄のような実成りです。

今年、根を太らせるために花壇へ10本程下ろしました。
鉢の中とは違い十分な養分がもらえ、葉も3倍程の大きさです。
IMGP0015.jpg
同じ場所での山採りですが葉の形に微妙な違いがあります。


葉の違いによる結実。
IMGP0023.jpg
IMGP0034.jpg

アップで。
IMGP0042.jpg
大差ないように見受けられます。


我が家から500メートル程離れているだけで
近辺の住環境や棚の環境もそれ程違わない筈です

なぜ長老と結実に差が出るのでしょうか?盆栽の神様

ワシャ知らぬ!

植物学者にでも聞けば良かろう!

(´・_・`) トホホ スゲナイ オコトバ デス



にほんブログ村



唐楓 樹形構想

先ずは樹形構想から。
IMGP9727.jpg
赤枝候補はありますが黒枝は呼び接がなくてはイケマセン。

仕立て中の唐楓で上記のような骨を考えています。
IMGP9726.jpg

明らかに不要な右側の枝を、(幹の流れとコケ順を消す)
IMGP9734.jpg

チョッキン。
IMGP9771.jpg
キズ巻用に小枝を残し癒合剤で保護。

後側のこの二本も切りたいところです。
IMGP9743.jpg

右側の太枝を切り、これも癒合剤で保護。
IMGP9768.jpg
白矢印の枝も切りたいのですが
以前の傷跡(赤矢印)がまだ巻ききっていません。
左右に傷跡を残したままこの枝を切りたくありません。
あと一年この枝を徒長させれば
両側のキズは完全に巻きそれ以後に切れば
幹にヤケが入る事なく安全です。


今日んとこはここまで!。
IMGP9994.jpg
二本の枝元に芽を吹かしてそこまで切り戻し
コケ順が出来ればやっと樹作りのスタートです。フゥ~


盆栽は!

アワテナイ!!

アワテナイ!!

by 一休



にほんブログ村


「春風会」さんの展示会へ その4

IMGP9920.jpg

IMGP9923.jpg

IMGP9925.jpg

IMGP9928.jpg

IMGP9929.jpg

IMGP9930.jpg

IMGP9932.jpg

IMGP9933.jpg

IMGP9934.jpg

IMGP9938.jpg

IMGP9940.jpg

IMGP9941.jpg

IMGP9943.jpg

IMGP9944.jpg

IMGP9945.jpg

IMGP9946.jpg

IMGP9948.jpg

IMGP9952.jpg

IMGP9955.jpg

IMGP9957.jpg

IMGP9960.jpg

IMGP9962.jpg

IMGP9963.jpg

IMGP9965.jpg

IMGP9966.jpg

IMGP9968.jpg

IMGP9969.jpg

IMGP9971.jpg

IMGP9975.jpg

IMGP9978.jpg

IMGP9980.jpg



「写真は引き算」
今回も私好みの「樹」だけを撮るために
会員さんにバックを消すお手伝いをして頂きました。 感謝!!。


そして12月1日(土)~2日(日)には岡崎園芸センター マーシーにて
「春風会」秋の盆栽展が開催されます。

なんと!!10月、11月、12月と三か月連続なのです。

若い会員さんの情熱と気力と体力が羨ましい限りです。w( ̄o ̄)w






にほんブログ村



常盤柿 呼び接ぎ成功

常盤柿の呼び接ぎに成功したようです。
IMGP9685.jpg

星印位置に接ぎ、
IMGP9676.jpg
白矢印は雄木本体の枝。

接いだ位置は完全に癒着しています。
IMGP9695.jpg
もういつ切っても大丈夫です。

2016/09/19投稿時の未来予想図。
IMGP5253 - コピー (3) (640x427)
翌春に接ぎ一年半経過しました。
そろそろ樹作りを始めなければイケマセン。

チョッキン!。
IMGP9701.jpg
こんなアングルではペケです。

未来予想図のように左へ傾けパチリ。
IMGP9702.jpg


二年前の未来予想図は絵空事でしたが
今回は成功した一番奥の小枝を元に描いてみました。
IMGP9703.jpg

タップリ水分と養分を供給してくれた自根を失くした樹です。
当分、僅かな接ぎ位置からの養分で生きていかなければいけません。
IMGP9723.jpg
この鉢に見合う葉量に減らし、
今日んとこはこん位にしといたるわぁ~


この樹が入っていた九谷焼の鉢が欲しくて入手した雄木でした。

この未来予想図のような樹姿で結実すれば元の鉢に戻せます。メデタシ メデタシ



にほんブログ村








「春風会」さんの展示会へ その3

IMGP9869.jpg

IMGP9870.jpg

IMGP9871.jpg

IMGP9873.jpg

IMGP9874.jpg

IMGP9878.jpg

IMGP9880.jpg

IMGP9882.jpg

IMGP9886.jpg

IMGP9888.jpg

IMGP9889.jpg

IMGP9890.jpg

IMGP9891.jpg

IMGP9902.jpg

IMGP9901.jpg
なんと!この根卓、自作で粘土製だそうです。 
細部までマジマジと見入ってしまいました。

IMGP9897.jpg
そしてこれも自作、木製の根卓。
真柏のジンや舎利を彫って欲しい程の腕前です。

IMGP9904.jpg

IMGP9905.jpg

IMGP9906.jpg

IMGP9907.jpg

IMGP9908.jpg

IMGP9911.jpg

IMGP9913.jpg

IMGP9916.jpg

IMGP9917.jpg

IMGP9918.jpg

先日アップした真柏の前で
見知らぬ老人からこんな風に突然話かけられました。

『人間の欲望の為にこんな風に曲げられ
 こんな小さな鉢に押し込まれてしまってこの木が可哀想だ!」


私の返答。
(ムカッ!!!としながらも大人の対応として) (笑)

・この盆栽は恐らく挿し木後40年以上経ってる
・初期にこれに近い曲を付けられ、今日まで水と愛情をタップリ注がれ続けて来た!
・挿してくれた人からは離れたものの、この姿に惚れた人に迎えられた!
・今日まで何人もの手を経て、ここで晴れの舞台に立っている!
・例えば同じ時に挿された樹でもこれほどの見所のない樹であれば
 誰からも見向きもされずに、もう存在すらしていないかも知れない!
・この先もこの姿に惚れた人に受け継がれる筈です!運が良ければ何百年も!
・この樹にとってこれ程嬉しい事はない

以上のような事を冷静沈着にお答えしておきました。
どこまで理解して貰えたかは分かりませんが!。

盆栽の素晴らしさに気付かず(日本の全ての文化も含めて)
ボーっと生きてる日本人のなんと多い事か!!

チコちゃんも嘆いています。


ヽ(#`_つ´)ノ


ボーっと 生きてんじゃねーよ!




その4、ラストへ。


にほんブログ村

展示会で使った石化ヒノキ

生産者直売の「憩いの農園」で入手した樹です。
IMGP9666.jpg
中心部に樹芯用の小枝がある苗を数本選び、
その上部を切り飛ばし樹高を半分程に改作した内の一本です。

「トホホな石化檜 その1」として2017年6月に
再度樹芯を立て替えてありましが
今年の展示会には異常なく出品できました。

しかし なんという事でしょう
所さんの『大改造‼劇的ビフォーアフター』のナレーションのように読んでね!(笑)IMGP9672.jpg
またまた内部が枯れ始めてしまいました。
「トホホな石化檜 Part2」の記事にならない事を願うのみです。


ただ単に古葉が枯れただけなら良いのですが
以前のように小枝まで枯れ込むと問題です!。


(;´д`) ナンダカナァ~


にほんブログ村






真柏 表裏変更改作構想

先日化粧した真柏です。
IMGP9590.jpg
化粧時にこっちの方が舎利に動きがあり面白いのではないか?と感じました。

ジンにもこの枝が生きていた時に彫った舎利芸が僅かに残ってます。
IMGP9599.jpg
ここも反対側より勝っているようです。

後枝だった赤丸部分が不要です。
IMGP9612.jpg

この部分を隠すと後には樹冠部を構成する枝達も既に準備完了のようです。
IMGP9613.jpg
が、即落としてしまっては面白くありません。

丸幹のまま即、ジンにしたのではイケマセン。
IMGP9626.jpg
小枝といえども纏わり付くように入れます。

後ろ枝用に以前の樹冠部を絞り込み
IMGP9633.jpg

親指部分に舎利芸が出るのを待ち
ジンにして整姿すればこの樹の完成です。
IMGP9632.jpg
2~3年かかるか?。



それまで持つかのぉ?

この樹がですか?盆栽の神様

バカもん!

お前の忍耐力がじゃ!

本能のまま生きて来たお前が

計画通りに行動するとはとても思えぬわっ!!

いつも行き当たりばったりじゃった!


(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ ヨク ゴゾンジ デスゥ~



にほんブログ村


黒松 古葉取り

樹形作りに失敗した樹です。トホホ
捨てる訳にもいかず!。

手入れ前。
IMGP9575.jpg

手入れ後。
IMGP9586.jpg
本格的な樹形とは程遠い樹ですが
これはこれで良しとしましょうか。




にほんブログ村

寄せ植え真柏 経過報告

寄せた一本が枯れました。
IMGP9639.jpg

アップで。
IMGP9644.jpg
調子が悪くなりかけた時には
枯れても景色を出してくれるのではないかと考えていましたが
それ程の曲が付いていませんでした。 ザンネン

掛かっている針金と右枝を鉢底から引っ張り微調整。
IMGP9665.jpg
今年5月の投稿時に比べ樹勢を落としているようです。
一度培養鉢で休ませた方が良いかも知れませんネ。

5~6年程前に曲を付けた3年生苗を寄せた樹です。
正統派の樹造りではありませんが何でもアリの真柏です。
天地をひっくり返して作った超有名な真柏もあり
毎年こんな寄せ植えを作って遊んでいます。



バカめ!

「登竜の舞」の事を言ぅて居ると思うが

余りにも桁が違い過ぎるわっ!!

イカン!

イカン!

血圧が上がって来た!

これ以上アイツに関わるとワシの命に係わる!

そっと帰るか!



|д゚)チラッ アㇾッ ボンサイノカミサマ ノ ケハイガ シタヨウダガ




にほんブログ村


真柏 プライスレス

朝の水やり後,掛かっている針金を微調整しハイ・ポーズ・カッシャーン。
逆光のハレーションを黒バックの中に入れてみました。
親指付近にも思いもよらぬリング状のハレーションが!。
IMGP8947.jpg
盆栽を始めた頃に挿した樹で
なんのトラブルもなく順調に持ち込んで来れました。

この樹の鉢で昔入手した鉢です。
間もなく平成も終わろうとしています。
IMGP8948.jpg
昔、良く通ったマーシー盆栽園のおやじさんが
「息子が造った鉢だよ」と持って来てくれました。
その頃は春嘉さんとは全く面識もなく、
相当後になって有名な鉢作家だと知りました。
今では私にとって入手の叶わない鉢ばかりです。トホホ

どんな樹が植わっていたのか?、
もう忘れましたが長い間我が家の棚にあります。

園主も代わりましたが未だに楽しく通わせて貰い
会員の皆さんとの知り合いも増え
会費も払わずに!好き勝手な事を言っています、
ご迷惑でしょうが!!。(;^ω^)


今週末には二回目の会場で展示会が開かれます。

隣の立体駐車場へ車を止め、
会場へのエスカレーターを下りる途中から
まるでワンダーランドへ向かうワンシーンのように
盆栽の飾りがドラマチックに登場しユックリと近づいて来ます。
このままスーッと小人になってしまい
「盆栽の森」へ入り込んで遊べるようなワクワク感です。

どんなに大きく有名な盆栽展でもこんな体験をした事がありません!!!。
騙されたと思って是非とも体験して頂きたいものです。

ただボーっと乗っていると 
エスカレーターで降りた先に展示があるというだけの話です!。
どう感じるかはあなた次第です!。
チコちゃんに叱られないように覚悟して乗ってくださいネ!。 (笑)

これはあくまでも私が前回経験した感覚に過ぎません。
今回はどんな会場レイアウトで飾られるのか?は知りません。
IMGP8959.jpg
今回も会員さんが「散々腐心された飾り」を完全に無視した写真を撮ってやるぞぉ!。
10月の展示会でカードが故障して全てが消えてしまった写真のように!。 
(;´д`) トホホ



にほんブログ村


黒松 古葉取り

この黒松の
IMGP8636.jpg

樹冠部に掛けた針金が食い込んでいます。トホホ
IMGP8643.jpg

大したキズにもならず無事に外せました。
IMGP8648.jpg
盆栽の神様に見つからぬ内にそっと棚へ帰しておこうか?。

バカも~~ん!

この時期一番大事な手入れがある

ボーっと 生きてんじゃねえよ!!!

チコちゃんのように神様に叱られてしまいました。トホホ


古葉を透かし針金掛け後。
IMGP8649.jpg
なんだかなぁ~。

間延びした樹芯部が面白くありません。
樹冠部下に切り戻せる良い芽があります。
IMGP8656.jpg
この小枝で樹芯を立て替えれば
小さく作り直せ更にコケ順も良くなります。


如何でしょうか盆栽の神様。


ワシャ知らぬ!

お前の樹じゃ!

好きに致せ!

何事も自己責任じゃ!

例え失敗しても泣くのはお前じゃ!

ワッハッハー!!!

(´・_・`) オヨヨ


チョッキン!。
IMGP8658.jpg

しばらく植え替えていません。
IMGP8662.jpg
あれこれいじっているうちに鉢からスッポリ。

根は一切弄らず立ち上がりの一曲が強調できるように
また樹芯用の枝を右に返して
緊急避難として一時的に植え替えておきました。
IMGP8680.jpg
来春本格的な植え替え時に
右側の用土を掻き出し根張りを見せれば
多少は良くなるかも?。





にほんブログ村


真柏 舎利化粧

しばらく放ったらかしで舎利芸が目立たなくなっています。
IMGP9208.jpg
英明さんの素焼き鉢で療養中です。
小さな鉢に押し込み過ぎたせいです。トホホ

アップで。
IMGP9213.jpg
挿し木後に曲を休み休み絞り込んできました。
もうビクともしません。

幹を洗い舎利を広げました。
IMGP9275.jpg
今は過剰のように見えますが幹の太りに伴いすぐに塞がります。
こんな事を繰り返し舎利芸にも古色が出るのでは?。

サービスで裏面を、
IMGP9278.jpg

更に大サービスで側面も。
IMGP9279.jpg
正面からは舎利芸が樹冠部まで連続して
立ち昇っているように見えますが
ご覧のように全然繋がっていません。

これで良いのです!。
繋げる必要はありません!
繋がっているかのように見えれば良いのです!。

この幹への化粧は一か月程待ってから行います。
もう少し早くても安全だとは思いますが!。

昨日、幹を洗ってあった真柏二本に化粧。
IMGP9261.jpg
上部ジンの枝を幹に呼び接いで
樹高短縮の改作をした樹です。
「杉葉の出ない真柏」として入手後、
一本の杉葉も出たことがありません。

左側のジンの景色にもう少し舎利芸が欲しい所です。
枝元付近に舎利を彫って2~3年程放置すべきだったか?。
IMGP9266.jpg

みさきさんの鉢に入ったミニ真柏にも石灰硫黄合剤を。
IMGP9288.jpg
舎利を広げたのは9/25日のブログです。
実際にはその数日前の手入れです。

化粧はバッチリ済みました!。
そろそろドレスアップしてみたいところですが
この時スッポリと鉢から抜け、同時に植え替えた筈で、
まだ根が十分に回っていない可能性があります。
針金を掛ける時に根に余分な負荷を掛け、樹勢を落としてもイケマセン。
もう少し時間を置いた方が良さそうです。




にほんブログ村


黒松 古葉取り

どれくらい前に種を蒔いたか確かな記憶も記録もありません。
IMGP8688.jpg

太く.大きくしないように小さな鉢で持ち込んだ樹です。
IMGP8689.jpg
実生樹は肌が荒れるまでその樹の個性が分かりませんが
この樹は成功の部類ではないでしょうか。
IMGP8695.jpg

その割に全然出来ては居らぬのぉ!

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマノ スルドイゴシテキデス


幹に針金を掛け一番大切な皮を剥いでしまってはイケマセン。
IMGP9304.jpg
鉢底から絞ったり、役枝だけ針金を掛け輪郭を整えました。


先日の展示会で太らせて作る秘技の数々を教えて貰いました。
この樹とは対極の作り方です。
もうこの樹にそんな手入れを施すは出来ません!。

欠点も沢山ある樹ですが
幹肌の古色を楽しみながらジックリと持ち込みましょうか。





にほんブログ村


常滑「フル盆展」へ その2

昨日は以下の盆栽の中から私のイメージを膨らませ遊ばせて頂きました。
今回はオーソドックスな写真をアップします...
IMGP9338.jpg

IMGP9334.jpg

IMGP9332.jpg

IMGP9331.jpg

IMGP9329.jpg

IMGP9328.jpg

IMGP9322.jpg

IMGP9321.jpg

IMGP9320.jpg

IMGP9318.jpg

IMGP9316.jpg

IMGP9314.jpg

IMGP9313.jpg

IMGP9312.jpg

IMGP9311.jpg

IMGP9310.jpg

IMGP9308.jpg



小さすぎる画像で樹々の個性が表現できませんでした。 ザンネン
 


にほんブログ村


黒松実生苗 再度の針金掛け その2

こんな苗を
IMGP8510.jpg

針金を掛け直してこんな姿に。
IMGP8526.jpg
左の犠牲枝を走らせ下の小さな一芽だけで作ります。


こんな何の変哲もない苗が
IMGP8519.jpg

個性的な根と立ち上がりを持っていました。
IMGP8521.jpg

ラフィアで嫌味な直角の立ち上がりを更に絞り込み、
根の芸を強調するように緩く丸め込んで
IMGP8527.jpg

何事も無かったかのように以前の姿で植え替えました。
IMGP8532.jpg
腐る頃には自然な芸が付いている筈です。
立ち上がりの根芸の直近には小さな胴吹き芽があります。
先端の芽を犠牲枝として走らせこの数本を役枝に配りながら
面白い根上がりの樹が作れそうです。
こんな風に!。
IMGP8523.jpg

(*^_^*) シメシメ

上の苗の未来予想図。
IMGP8525.jpg
針金を掛けるといつも同じような形になってしまいます。
その人の個性が現れるのではないでしょうか?。

一見すれば「ピカソ」だの「ゴーギャン」だのと誰でも分かったり
一聴すれば「モーツアルト」と「ベートーベン」の違いが分かるようなものでは?。

バカも~~~~~ん!!!!!

お前なんぞとは桁が違いすぎるぅ~~~~!!!!!

バカも休み休み言え~~~ぇ!!!


イカン!!

怒り過ぎて血圧が上がり過ぎた!!

救急車を呼んでくれ!!

ピィーポー ピィーポー  ピィーポー  ピィーポー  ピィー

サイレンが遠ざかって行きます。

盆栽の神様ぁ~お大事にぃ~。

ハテ?いつかどこかで見たような!。


バカも~~ん!


(´・_・`) トホホ







尚 これは10月初旬の写真です。
もう今はここまで根を弄るのは
「危険が危ない」かも知れません?。
良い子はマネをしないでね!。


にほんブログ村







常滑「フル盆展」へ

ウェルカムボードに迎えられ
IMGP9482.jpg
右隅には黒猫もお出迎えしています

庭の大木の五葉松の
IMGP9526.jpg

根元には赤い実が
IMGP9351.jpg


茅舎に迎えられ
IMGP9503.jpg

手水鉢を過ぎ
IMGP9498.jpg

座敷の床の間を拝見
IMGP9484.jpg

鶴の遊ぶ庭の横には
IMGP9467.jpg

赤とんぼがハネを休め
IMGP9398.jpg

池から上がった蟹も紅葉を楽しんでいるのか?
IMGP9528.jpg

枯山水の滝の両脇にはピンクと
IMGP9518.jpg

赤い実が色を添え
IMGP9507.jpg

手前の庭にはリンゴの木が二本
IMGP9430.jpg
IMGP9521.jpg

クチナシの横では黒猫の親子が遊んでいます
IMGP9437.jpg
秋の風情満載の庭から

借景の真柏越しに海に目を遣ると
IMGP9390.jpg

のどかな磯には太公望が竿を出し
IMGP9475.jpg

蟹たちも波と戯れているようです。
IMGP9387.jpg

反対側の山には熊の母娘が冬眠に備えて
IMGP9458.jpg
「危険が危ない!」逃げなくっちゃ!!!(笑)

空想世界の大庭園に遊び 
IMGP9473.jpg
楽しい時間を過ごさせて頂きました。 感謝‼



あなたもこんな小さな盆栽の世界に入り込んで遊んでみませんか?。

展示会は明日までです。



にほんブログ村

真柏苗 舎利を彫る

前枝候補だった小枝が枯れています。
IMGP8961.jpg

挿し木後まだ舎利が入れてありません。
IMGP8972.jpg
そろそろ彫っても良いか?。

チョッキン。(白矢印)
こんな細い芸のない小枝は使い道がありません。
IMGP8988.jpg
舎利の景色をチョークでリハーサル。
こんな事は普段はしません。
ブログ用のサービスショットです。(笑)

初回の舎利として完全に木質層までは削っていません。
木質部の周囲には形成層も少し残っています。
IMGP8993.jpg
この時期はガイドライン程度の目印になるだけで十分です。


切り取った空間へ樹冠部候補の枝を被せ
左右の役枝を下げておきました。
IMGP9001.jpg
今回できた樹冠部のヘアピンカーブにも
纏わり付くような舎利を入れようか?。

まだまだ太らせるつもりの苗です。
全ての小枝もこの時期までに曲を付けなければイケマセン。
真柏の小品盆栽に直線は絶対に不要ですから!!。


知らんけど!(笑)




にほんブログ村








頂き物の真柏

展示会の二日目に素晴らしい真柏を頂きました。
IMGP9084.jpg
拙い写真ではこの樹の凄さは伝わりません!。

腰の低い位置に見事な曲が付いています。
IMGP9093.jpg
小品盆栽は立ち上がりの一曲で決まります。
この一曲だけですでに樹は出来たも同然です。

挿してから10年~15年は経っているのではないでしょうか?。
骨作りはここまでが大変なのです!。

すでに骨格は出来ています、
最下枝と樹芯部の役枝数本に針金を掛けました。
完成域までにそれ程時間は掛かりません。


もう一本黒松を頂きましたが
この写真は企業秘密という事で!。

樹高7cm程で親指と中指で作った輪以上の太さなのに
一番太い役枝でもまだ爪楊枝と遜色ない太さです。

さらにこの樹の秘技を色々教えて頂いて
完成まで作り込まなければイケマセン!。
10㎝以下の樹姿も十分に可能ではないでしょうか!。
これまでの時間を無駄にしないよう失敗は許されないのです!!。




私が今まで作っていた黒松は一体何だったんだろうか!!。トホホ


おそ松ばかりじゃ!


兄弟樹にはカラ松やトド松、チョロ松などが居るのぉ!


後は思い出せぬわ!


話は変わるが


明日からは常滑の「フル盆展」じゃ


参考になる黒松も沢山あった!!!


下手な写真は程々にして


ジックリと勉強してくるが良い!


(´・_・`)オヨヨ ボンサイノカミサマ ジクウヲコエテ スデニ ゴランニナラレタヨウデス



にほんブログ村


収穫の秋

コーナーに飾ったアケビが色付いています。
IMGP9121.jpg
シティーボーイだった私には食感が合いませんでした。(笑)
去年の事がトラウマです。

展示の予備として控えていた樹達も見頃を迎えていますが
何時までもこのままではイケマセン!。

チョッキン!。
IMGP9188.jpg
木守りの実を一つ残し全て外しました。





可哀想じゃが樹の為だ!


キンズの実が見当たらぬが如何致した?


もう少ししたら採り蒔こうかと!。


お前の病気はもう治らぬようじゃ!


可哀想にのぉ!


(´・_・`) ボンサイノカミサマ アキレテオラレマス




にほんブログ村



展示会で使った主木二本

大きい飾りの主木真柏。
IMGP9032.jpg
PC版のプロフィール写真で使っている樹です。

丸幹の箇所に二本の小枝を呼び接いで改作した樹です。
このブログでは「悪戦苦闘の楽しかった日々」を数回アップしています。


先日の真柏の主木です。
女房の名義で出品しました。
IMGP9025.jpg
実生挿しから10年程作った樹です。

まだ展示会に使えるような樹ではありませんが
昨日の真柏を使いたいがために
サイズと流れが合うというだけで強制的に連行され
ベテラン愛好家の厳しい目に晒され可哀想な事をしました。(笑)

私と同じく写真映りの悪い樹ですが
手にするとカワイイ樹ですよ!!。



バカも~~ん

昔の国民的CMを忘れたか!

美しい人はより美しく!

そうでない人はそれなりにしか写らん!

この樹はともかくとしてもな!!


(´・_・`) トホホ カミサマ ボンサイダケニハ ヤサシイ ノデス




にほんブログ村


展示会で使った懸崖真柏

ハネ出しで使った真柏です。
IMGP9009.jpg
これはこれで個性ある樹になっており
お気に入りの一本ではあります。

真柏の下枝は樹勢が乗り難く
数年に一度鉢を緩める事もあり
この枝もそろそろ危険水域に入っているようです。
IMGP9004.jpg
もう少し枝棚を割りたいのですが
やむを得ず一塊の姿で我慢して来ました。

展示会初日に壹興さんやみさきさんと一緒に来て頂いた
N師匠よりこの角度でどうか?とアドバイスがあり
一瞬で目から鱗が落ちました。
植え付け角度を少し変えるだけで
今まで悩んでいた全てが解消するのですから!。
IMGP9007.jpg
挿し木後主木の模様木を目指して作っていましたが
右最下枝をジンとして改作した樹です。

この姿なら下枝にも樹勢が付き長く持ち込め
尚且つ私の欲しい枝棚が三段程作れ
脇役ではなく主木と成り得ます。

天ジン懸崖構想以外一切思い浮かばず
この姿にこだわり続けてきましたが
懸崖姿でなくとも右からの強風に長い年月耐えた樹姿を表現でき
樹格もよりいっそう上がるのではないでしょうか。



鉢の作者が思い出せず
少しでも多く用土を入れられるように細工した
鉢底網ならぬ鉢下網をめくって確認。(笑)
IMGP9014.jpg
改作以後植わって居たこの鉢も来春には卒業です。
この鉢にはサイズの合う黒松でも探しましょうか!。



♪ 春~よ来い 早~く来い ♪




未来予想図。
IMGP9008.jpg
立ち上がりの一曲にも舎利を彫りたいものです。


にほんブログ村




十月桜 開花

もう五日程早く咲いてくれたら君が主役だったのに!!。 ザンネン
IMGP9078.jpg
蕾も数個ありまだまだ楽しませてくれそうです。

何年も丹精した松柏類もこの一輪の花には勝てないのです。

今年は飾れると思った真っ赤に染まった蔦は
展示会三日前の朝からポトリ、ポトリと!。
この花のように五日遅れで見所を発揮したりと
雑木は気まぐれ過ぎて私の手に負えません。トホホ


私にとって盆栽は真柏に限るようです!。(笑)


PS
私のチョンボを「みさきさん」のブログでカバーして頂きました。
(*^_^*) 感謝!。




にほんブログ村


展示会 使った樹と使えなかった樹

姫美好 今年取り木で作った樹です。
IMGP8920.jpg
鉢 英明 8×3.5㎝

数年前に立ち上がりの上の一枝だけを残し追い込んだマユミ。
ピンクの実が弾け始め、中の赤い実がチラッと見えます。
その後に吹いた奥の小枝まで追い込み小さく維持できます。 シメシメ
IMGP8999.jpg
彦山人 六角 7.5×7×2.5㎝


この流れで使いたかった、挿し木で作ったつる梅もどき。
IMGP8928.jpg
春嘉 丸 6×3.5㎝

この樹はこちら側を正面として作っています。
IMGP8930.jpg
「迷木に表裏なし」で使えない事もなかったのですが
半分だけ枯れたような葉が姫美好の赤い実の魅力に負けました。


こんな小さな雑木達は古さにこだわる事なく、
飾りの流れと雰囲気さえ合えば良しとしましょうか?。

  
過去ブログから。
取り木切り離し直後。(裏面)2018/04/24投稿
IMGP1830.jpg
この写真後すぐに下段の実を全て落とし
上段も展示会前に調整し、
仮植えの駄鉢を卒業させ
英明さんの鉢に合わせました。

取り木時。(左)2018/02/18投稿
くどい曲の即売品を入手し
立ち上がりの芸が出る位置で取り木。
s-IMGP9513.jpg
よせばいいのに廃品のゴム手袋を再利用したので
まだまだ水ゴケはどんだけでも入ります。(笑)

PS
前回の岡崎「春風会」さんのSD故障に続き
自分たちの展示会の写真もWB設定を間違え失敗してしまいました。
今回は無理にアップ出来ない事もありませんが
私がこのブログで今日まで営々と築いてきた
写真の腕前の化けの皮が剥がれてしまいます。(笑)

今週末の常滑「フル盆展」は大丈夫だろうか?  フゥ~ ドキドキ。




にほんブログ村



石化檜 整姿

苦手の展示会も無事に終わり
今日からまた盆栽三昧の毎日です。

先ずはブログのメインテーマでもあるBeforeの写真を。
IMGP8563.jpg
こんな写真を撮り忘れボツになったり
内容を胡麻化した記事のなんと多い事か!。 トホホ

挿し木のか細い苗を寄せて3~4年程です。

After。
この日は雲が少ないマジックアワーでした。 ザンネン
IMGP8613.jpg
樹高 14㎝  鉢  泥珠  8×2㎝


同じ挿し木床の同級生です。
IMGP8621.jpg
樹高 10㎝  鉢 春嘉 6.4×2.5㎝

「春風会」展示会の即売で入手した鉢です。
IMGP8623.jpg
真夏の水切れ対策の二重鉢で
鉢底穴が塞がってしまいました。
来春には植え替えなければイケマセン。

上の寄せ植えのように針金を掛け過ぎ
素材段階の姿に戻してしまっても面白くありません。
IMGP8632.jpg
葉を透かし、樹芯と右最下枝だけ針金を掛け
この樹の自然な感じを残しました。
二本とも太らせずこのままの姿で持ち込みたいものです。


「松柏類=泥鉢」と盆栽の教科書には書いてありますが
「教科書を信じるな!」とノーベル賞の本庶先生の金言もあります。
チョット前から時々こんなコーディネートで遊んでいます。


ウソをつくでない!

昔からと言え!

お前はいつもテストには

教科書と違う回答ばかりじゃった!


(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ コジンジョウホウハ ゴナイミツニ オネガイシマス





にほんブログ村


展示会無事終了 

長老の山採り青ツヅラフジは今年も満艦飾です。
IMGP8879.jpg
我が家にも一緒に取りに行った樹がありますが相変わらず不作です。
私の手入れの何がイケナイのでしょうか?。トホホ


右から春嘉さん、若き愛好家、マーシー盆栽園主、会長。
IMGP8774.jpg

右から会長、春風会会員さん、会員、お客様。
IMGP8918.jpg
今日も一日中沢山のお客様にお起こし頂き
楽しい展示会になりました。

ありがとうございました。


昼食休憩から帰ると受付で
ブログだとかインターネットだとかの声が。
最初は何気なく聞いていたものの
ブログで知多市「梅の館」での展示会を知ってお見えになったとか。

それも関東地方にお住まいの息子さんに
見て来て欲しいと頼まれたとの事。

前日のブログでここの展示会を発信しているのは「みさきさん」と私だけです。
詳しくお聞きすると真柏がお好きで私の拙いブログを見て頂いているとか。

もし、あと少し時間がズレていたなら
極普通のお客様としてすれ違っていて
こんなにも素晴らしい出会いも無かったのではないでしょうか!。

いつも無責任で出鱈目な記事を発信していますが
こうして現実にお話をお聞きすると身が引き締まる思いです。

これも盆栽の神様のお引き合わせではないでしょうか?。


勿論そうじゃ!

心して記事を書くがよい!

感謝の気持ちのお供えを期待しておるぞ!

お下がりを楽しみに致せ!

安酒はイカンぞ!!


(*^_^*) ワァ~オォ~ オイシイオサケヲ オトモサセテイタダキマス ボンサイノカミサマ




にほんブログ村










黒松 古葉取り

古葉取り中に葉量の確認
IMGP8551.jpg
混んだ芽とボサボサの葉を半分程に
透かしましたがまだ古葉が残っています。

立ち上がり。
IMGP8555.jpg
か細い立ち上がりと何ともグロテスクに癒着し始めた幹。
嫌味だらけの姿です。



「グロテスク!」だとか

「嫌味!」だとかは

盆栽では使ってはいけない言葉ザンス!

おフランスではポジティブに「個性的」だと言うザンス!!


シェー!! by イヤミ



((´・ω・`;)) オヨヨ




にほんブログ村


展示会初日終了

会員(中央)と談笑中の壹興さんとみさきさん。
IMGP8746.jpg


お気に入りサイズ(会長の席)を撮影中のみさきさん。
IMGP8747.jpg
この大きさからは想像もできないような
持ち込みの古い樹がズラリと並んでいます。
この席を楽しみにご来場いただく愛好家のなんと多い事か!。

近隣の愛好家の皆様と盆栽談義に花を咲かせ
楽しい一日を過ごさせて頂きました。

又、私の真柏の植え付け角度について
思ってもいなかったようなアドバイスを頂き
一段と樹格が上がりそうです。
早速来春に植え替えるつもりです。

明日はどんな出会いがあるだろうか?。




にほんブログ村


唐楓再生計画

十分なコケ順を持った唐楓があります。(裏面より)
IMGP8571.jpg

しかし残念ながらこっち側に根張りがありません。
IMGP8575.jpg
楓の「取り木あるある」の片根発根です。
根を数本接げば改善できますがそれでは面白くない!。

先日投稿した「寄せ植え唐楓」のように
さらに座を作ってから取り木の要領で発根させては!と。
IMGP8576.jpg
柔らかい缶ビールのプルトップ側で試作。
サイズが合わないようです。

プルトップを型紙にして鮭缶の底を切り抜きました。
IMGP8581.jpg
我ながら上出来です。 シメシメ

周りに実生苗を挿す穴を開けて準備完了。
IMGP8585.jpg
この手入れは来春の植え替え適期を待って行うつもりです。



それまで持つかのぉ?


この樹がですか?盆栽の神様


バカも~ん!


お前の記憶回路と思考回路がじゃ!


アル中ハイマーが悪化してきた!


ブログも変換ミスのままアップして居るではないか!!


それに鮭缶は錆びる!


アルミ缶で作り直すが良い!!


(;´д`) トホホ ソレハ キズキマセンデシタ



にほんブログ村



展示会 準備完了

展示会場全景。
IMGP8733.jpg

IMGP8718.jpg

IMGP8716.jpg
午後から展示会の準備。
レイアウトが少し変わり、戸惑い気味ながらも
会員一同老骨にムチ打ち無事に飾り終えました。(笑)


明日からどんな出会いがあるでしょうか?。

会場にてお待ちして居ります。



にほんブログ村


荒皮マユミ 呼び接ぎ改作構想

先日の岡崎「春風会」さんの展示会帰りに園に立ち寄り貰ってきました。
(展示会場では即売が不許可)
IMGP8464.jpg
立ち上がりに一曲あるものの
コケ順のない幹味とこの直線部分がイケマセン!。
IMGP8467.jpg
この太さではもう何ともなりません。
ここに一曲あればもう少し価値が上がった筈です

数年前に挿しておいた荒皮マユミの苗。
IMGP8474.jpg
徒長枝が順調に伸びています。

すでに一丁前の座を持っていますが、
もう少し下から曲を付けなければイケマセンでした。
IMGP8477.jpg
この直線部分は将来の嫌味候補か?。トホホ

この二本を呼び接いでこんな構想でどうでしょうか?。
IMGP8483.jpg
いつもこんな遊べる素材ばかりを探しています。

この曲だけを活かしたぶった切り構想で入手したものの
何処へ吹くか分からないやり方は好みではなく
思い通りの位置へ接げる苗があった筈だと探しました。



ワシに頼めば余計な手間を掛けずとも!

最適な位置に吹かしてやったものを!

残念じゃ!


盆栽の神様、この件ではお神酒がお供えされそうもなく少し不満の御様子です。


バカも~~~ん!


(;´д`) トホホ




にほんブログ村


黒松実生苗 再度の針金掛け

実生3年生程の苗の
IMGP8414.jpg

古葉を取り、根を束ねて
IMGP8415.jpg

こんな根上がり懸崖風も良し
IMGP8420.jpg

立ち上がりに大きな曲を持った模様木か
IMGP8418.jpg

斜幹風か
IMGP8421.jpg

この苗もこのままでは面白くありません
IMGP8430.jpg

ラフィアで保護し
IMGP8434.jpg

こんな風に曲げ
IMGP8440.jpg

植え替えておきました。
IMGP8449.jpg
上部は犠牲枝として走らせ、下段の小さな一芽で作ります。


さてどんな樹を作ろうかなぁ~?。


50年も経てばよい樹になるじゃろう!

お前の構想だけでも残しておくが良い!

次の持ち主以降に完成するまで

順次ワシが伝えておいてやる!


((((;゚Д゚))))))) ワア~オォ~


最初の苗の未来予想図A.
IMGP8424.jpg
幹を鉢の外へ流して半懸崖風に。

同、未来予想図B。
IMGP8425.jpg
幹を左へ返して模様木に。

そしてもう一本も。
IMGP8455.jpg
この樹も模様木として。

恐らくここからはもう吹かない右最下枝を接いで。
IMGP8457.jpg


こんなチンケな構想で良いのじゃな!

これなら誰でも簡単に作れる!

安心して任せておけ!!


(;´д`) トホホ ヨロシクオネガイシマス ボンサイノカミサマ



にほんブログ村


真柏 プチ整姿

挿してから10年近く経っていると思いますが
ずっとこんな小さな鉢の中で過ごしています。
IMGP8347.jpg
立ち上がり模様からみて昨日の兄弟樹です。
同じく未だに真面な姿を出してはくれません。

根張りをとやかく言わない真柏ですが
それなりの景色を持っているのでは?。
IMGP8349.jpg

鉢底から針金で更に絞り込み
立ち上がりの芸を強調してみました。
IMGP8355.jpg

一度ザルか駄温鉢に下ろし、作り直してみるか!。
IMGP8352.jpg
何か物足りないような!!!。

手順を間違えました!

樹冠部下、螺旋状内部、立ち上がり部分と
将来はジンにする可能性が高い
左最下枝の舎利を広げておきました。
IMGP8356.jpg



バカめ!


(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ タッタヒトコト



にほんブログ村

真柏 整姿

模様木を諦め右枝をジンとして改作した樹です。
IMGP8311.jpg

樹芯部用の枝が前へ被さり過ぎています(白矢印)。
IMGP8314.jpg

樹冠部を持ち上げ、隠れていた三本の小枝を
左右の役枝と後枝用として針金を掛けました。
IMGP8336.jpg
再度、天場に飾れる主木を目指して培養すれば
ボンヤリとしたジンも息を吹き返す筈です。


今日んとこはここまで!



PS
2017/10/27過去ブログから。

この樹の、
s-IMGP5172.jpg

裏面のここをジンにして、
s-IMGP5177.jpg

こうなった樹を、
s-IMGP5187.jpg

こんな風に植え替えてありました。
s-IMGP5204.jpg
懸崖樹として作れない事もありませんが
こんな芸のないジンでは
景色の主役としては荷が重過ぎます。




もう一丁おまけでPS  WWW 

毎朝8時ジャストに予約投稿してありますが
昨日の記事「真柏 植え替えの準備」が
PC版では新着記事蘭等に一切表示されませんでした。

未だにサーバーの通信障害が続いているのでしょうか?。

一刻も早く予告のように「全面リニューアル」して欲しいものです。

「チコちゃんに叱られる」風にサーバーを

ボーっと 送受信してんじゃねーよ!」 って叱っておきます。 

かと言ってランキングには不参加なので何の差し障りもありませんが!! (笑)



にほんブログ村



真柏 植え替えの準備

以前投稿の真柏です。
未来予想図は投稿済みですが
今回はリアルな手入れをします。
IMGP8277.jpg
こんな姿では面白くありません!。

ゴムチューブで枝を保護し
鉢底穴に通した針金で絞って、
IMGP8289.jpg

軽く小枝を整理してこんな姿にしてみました。
IMGP8284.jpg

来春植え替えて天場に飾れる
こんな樹姿にするつもりです。
IMGP8281.jpg

相も変わらず構想だけは立派じゃのう!

「絵に描いた真柏」にならぬよう

しっかりと精進致すがよい!

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ モチノハズデスガ



にほんブログ村



展示会リハーサル

来週、27(土)28(日)は展示会です。
今日は午後からリハーサルでした。
IMGP8401.jpg

飾りを前に長老(右)と準長老(笑)
IMGP8384.jpg

今年は会場レイアウトが少し変更だとか。
IMGP8388.jpg

案内状。
IMGP8404.jpg
尚 盆栽展示会最大の楽しみの即売はありません。



にほんブログ村

衣替え真柏で遊ぶ 

爪楊枝のような小枝を一本接いで作った樹です。
樹勢を落として、英明さんの素焼き鉢で培養していましたが
約一年で回復しもう少しで本鉢に上げられます。
駄温鉢 とは違い見た目に違和感もなく、
この勢いなら根も順調に育っている筈です。
IMGP8219.jpg
汚れたジンと舎利を洗い、掛かっていた針金だけを調整し
枝棚下にはみ出た葉をチョッキンしてハイ・ポーズ。

2017/11/16投稿時の姿。
s-IMGP5699.jpg
この時には見えていた右側や樹冠部下のジンも隠れてしまいました。
出来ればこれくらいの樹姿まで追い込みたいものです。

接いだ位置。
IMGP8227.jpg
左右の枝の間に接ぎ、活着後ジンに加工しました。
上部に彫った舎利も水吸いが太っています。

ここを彫り直し、ジンの上部と右枝にも新しい舎利を。
IMGP8232.jpg

レジ袋で養生し石灰硫黄合剤原液で化粧。
IMGP8249.jpg
新しく彫り直した舎利以外を塗り終えると「パンが焼けたよ~」と。

朝食後に三階建てトンガリ屋根を少し入れ日中シンクロ「カッシャ~ン・ピカッ!」。
IMGP8251.jpg
以前のように天ジンと前枝だったジンが少し覗くように軽く透かし、
枝棚が明確になるように微調整。


こんな手入れは「朝飯前」なのです。


バカも~ん!

意味を取り違えて居る!


(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ オイカリデス



PS
昼間の空の色がイマイチだったので
日没を待ちいつもの写真を!。
IMGP8299.jpg
ASA感度12800 絞りF5.6 シャッタースピード1/60秒 ストロボ同調 

設定を変えながら十数枚撮った中から
正面が少しズレたものの気に入ったこの一枚を選びました。

ASA感度を上げたからか?
以前同じように撮った何枚かの写真とは違い
良い感じの雲が夜空にグラデーションを作り
この樹を一層引き立たせてくれているようです。


(*^_^*) メデタシ メデタシ



にほんブログ村

黒松 古葉取りと改作案

黒松の姿が乱れています。
IMGP8195.jpg

古葉と不要な芽を透かし樹姿のチェック。
IMGP8199.jpg
樹冠部が「双頭の鷲」のような状態です。
どちらかを落としスッキリさせるか?。

コケ順をなくした右小枝は落とすべきですが
枝棚用に下げて輪郭線を維持出来るように胡麻化しました。
IMGP8201.jpg

・頭部右枝の作り直し

・樹芯部用の枝の間延び

・右最下枝もコケ順がない

上部、全ての枝は欠点だらけです。
対症療法もこの樹にはもう限界のようです。


今日んとこはこん位にしといたるわぁ!


未来予想図。
IMGP8203.jpg
根本的な解決策としては
個性的な立ち上がりと曲だけ残し
一本接いで作り直した方が早い!。


こっちの方が思い通りの樹が作れます。


知らんけど! www





にほんブログ村







寄せ植え楓 経過報告

全体図。
IMGP8264.jpg
こんな写真では何ともなりません。(笑)

立ち上がり部分のアップ。
IMGP8267.jpg
残念ながら手前にあった一本が枯れてしまいましたが
(僅かにアルミに穴の跡が残っています)
左端の苗は完全に癒着しています。

裏面のアップ。
IMGP8269.jpg
癒着し始めています。


いつもの未来予想図。
中心に植えた曲のある苗だけ残し
こんな座を持った樹を作りたいものです。
もう少し強い曲を持った苗を入れるべきでした。ザンネン!
IMGP8272.jpg
思い通りの座が広がった時点でここに用土を被せれば
取り木の要領で発根します。


知らんけど! (笑)




にほんブログ村



荒皮イボタ 犠牲枝の切り落とし

立ち上がりを太らせる為に犠牲枝が走らせてあります。
IMGP8146.jpg

上から見ると相応の曲を付けてありますが
IMGP8155.jpg
チョッキン、正面側からは中間部の直線模様が面白くありません。
IMGP8152.jpg


赤線付近に新芽が吹けば良し!
吹かなければここでぶった切るか!。
IMGP8153.jpg
挿し木活着後の爪楊枝のような苗を貰ったものです。

こんな苗の幹肌が荒れるまでに
これからどれ程の時間が必要だろうか!。
20年~30年?
先が長過ぎる!!




にほんブログ村


ミニ黒松を作る

実生5~6年生?の苗です。
IMGP7868.jpg

チョッキン、
IMGP7866.jpg
切り口の下にコブがありここは正面に出来ません。

古葉や不要な芽を取り整姿します。
IMGP7864.jpg

英明さんのこの小さな鉢に入れて、
IMGP7872.jpg
6.2×5.2×2.5㎝

植え替え終了。
IMGP7876.jpg
右奥の根が切れずこれ以上中心部へ寄せれません。

完成予想図。
IMGP7873.jpg
樹高7~8㎝程の樹が作れないものだろうか?。



にほんブログ村

真柏 再整姿

チョット姿の乱れた仕立て中の真柏の、
IMGP7791.jpg

針金が食い込んでいます。
IMGP7794.jpg

数年前に彫った舎利も水吸いが太り始めました。
IMGP7801.jpg

舎利を彫り直し、
IMGP7802.jpg

正面から少しズレたここもサービスで。(笑)、
IMGP7803.jpg

軽く整姿しておきました。
IMGP7805.jpg


♪  ただぁ~ それだけぇ~  ♪ 
    (石原 裕次郎 「俺はお前に弱いんだ」のメロディーで!)


バカもん!

そんな古い歌、若いもんは誰も知らん!

ワシもじゃ!


((((;゚Д゚))))))) オヨヨ ボンサイノカミサマ ソンナハズアリマセン



にほんブログ村




黒松 久しぶりの手入れ

現代風な盆栽としての魅力に欠けた樹です。
IMGP7812.jpg
先月末、名古屋有数のショッピングモールに姿を変えた
昔の勤務地、工場正門横のロータリーのシンボルツリーから
35年近く前に挿した苗の最後の一本です。

盆栽として必要な初期の手入れも知らぬまま
盆栽とは程遠い姿にしてしまい
興味も無くし小さな鉢の中で肥料も殆ど与えられず
未だに小指程度の太さしかありません。
近頃でも忘れた頃に枝を追い込む程度の手入れで
長い間、棚隅で放置された存在でした。

たった一度の整姿で真面な姿など望むべくもありません。
IMGP7840.jpg
欠点だらけの樹幹部ですがこれも個性と見る事にします。

裏面からアップで。
IMGP7853.jpg
親木の幹の荒れ方が魅力で挿した樹です。
僅かながらもその個性を見せ始めています。

ここだけを見所に接ぐなどして
作り直せないものだろうか?。


バカも~~ん!

今更下手に弄るな!

長い間放ったらかしたくせに!

もうこの樹の成りたいようにさせてやれ!

それがお前の罪滅ぼしじゃ!


(;´д`) オヨヨ ボンサイノカミサマノ オボシメシデス





にほんブログ村



老爺柿 根伏せ苗の鉢上げ

根伏せが発芽してきました。
IMGP7726.jpg

鉢から抜いて、
IMGP7731.jpg

ラフィアで保護し、
IMGP7735.jpg
思い通りの曲が付いたのはこの苗だけ。

他の苗は立ち上がりの一曲を
強めに付けて植え替えましたが
根までの距離があり過ぎます。
IMGP7739.jpg
こんな立ち上がりの位置で取り木を掛けなければ
盆栽としては面白くありません。


このワンコイン老爺柿の植え替え時に出た不要な根でした。
IMGP7746.jpg
この範囲で小さな樹を作りたいものです。




にほんブログ村




黒松 鉢合わせ

昨日の黒松を植え替えました。
IMGP7719.jpg
樹高 10㎝   鉢 旭清 9.8×7.6×4.2㎝  

中国製の「高級的駄鉢」ではなく
同じような大きさの鉢があった筈だ!と
常滑製のこの鉢に決めました。
IMGP7703.jpg
実生から10年程小さな鉢で作ってきた樹です。
現在小品盆栽で主流の「チビでデブな樹」とは違い
金額的な価値は必ずしも大きくないものの
私にとってはプライスレスな一本になる筈です。
この鉢なら手に取って楽しめるのではなかろうか?と。




PS
昨日は春風会さんの展示会へ。
いつものように会員さんの「丹精込めた席飾り」を完全に無視して
私の好きなように個別にどアップで撮ってきました。

ブログ用にトリミングやリサイズしていたら
突然!写真が消えてしまいSDカードを挿し直すと
「メモリーカードにアクセスできません」
「フォーマットしてください」との表示が!!!!。

素人ではこんなメモリーカードの写真を取り出す事が出来ません。
このカードは以前にもこんな症状が出た事があり
撮り溜めた数千枚の写真が消えてしまった前歴があります。

CDやDVDのように機械的に動いて記録する媒体ではなく
電気的に記録するカードの故障原因が全く理解できません!。


(*`へ´*)

ボーっと 生きてんじゃねーよ!!


NHKの「チコちゃんに叱られる!」のチコちゃんに𠮟られてもイケマセン。(笑)


ググってみました。
書き込み中に電源が切れると
正常な書き込みが終了出来ずに
カードには異常な状態で記録が残るので
これが壊れる一番の原因なのだとの事。

このカードはスロットに差し込んでも
PCが認識しない事が時々あり
差し込み直すと表示される事がありました。
PCとの接触不良を起こしていたのかも知れません?。

デスクトップPCの独立したキーボードとは違い
ノートパソコンでの作業の為に
キーボードの打ち込み時の僅かなショックや
膝の動きのこれもほんの僅かなショックが接合部に伝わり
この電気的な接続が切れてしまったのかも?。


以前、デスクトップPC用外付けハードディスクを
誤って落としてしまい1テラバイト近くの記録を失くした事もあります。


お前の脳味噌の記憶も消えかけて居るぞ!

失くしてからでは遅い!!

充分に注意致すがよい!


(´・_・`) オヨヨ ボンサイノカミサマノ セツジツナ ゴチュウコクデス 




にほんブログ村





黒松 整姿と・・・

少し早めに切った二番芽が伸び過ぎています。
IMGP7646.jpg
チョット早すぎたか?,毎年悩む所です。

枝先のみ針金を掛け整姿。
IMGP7700.jpg
出来れば本鉢に植え替えたいものですが
さて、合う鉢があったかどうか?。

中国産の高級的駄鉢がありました。
こんな駄木にはお似合いではないでしょうか!。
IMGP7644.jpg
ハテ何と読むのか?。
今日はここまで!。



バカもんが!

鉢まで探しておきながらこれで終りとは!


トホホ 盆栽の神様のお怒りは御尤もですが
「晩御飯だよ~!」との至上命令が出ています。
私には逆らう勇気がありません。


可哀想にのぉ!

あいつにワシより怖い存在があったとは!


(´・_・`) トホホ




にほんブログ村









真柏 再調整

駄温鉢で仕立て中の真柏です。
IMGP7600.jpg

枝元から一回転させてある左最下枝用の枝。
IMGP7607.jpg
後の枝を曲げたかったのですが
この太さではもう大した曲は付けれません。
芸のない直線的なジンにするよりなさそうです。
ミニ盆栽に直線部分は極力避けたいのですが…


立ち上がりの曲を強調する為に
鉢底穴から絞り込んだ針金。
IMGP7611.jpg
付近のラフィアも腐りかけており
幹に食い込み初めているかも知れません。

外してみるとラフィアだけの保護では効果なし!。
こんなキズを付けてしまってはペケです。
思い通りの舎利を彫れなくなります。
IMGP7626.jpg
ラフィアの上に小さく切った鉢底網などを挿み、
更に銅線にゴムチューブを被せ絞り込むべきでした。

この部分の、
IMGP7618.jpg
(チョットピンボケ。トホホ)

多少なりとも景色になるように舎利を広げ、
IMGP7627.jpg
この枝は幹を太らせる為にも犠牲枝として走らせます。

針金を掛け直し、
IMGP7631.jpg
休み休み更に絞り込み最下枝に相応しい景色を作りたいものです。

100均で見つけた絞り直せるインシュロックで、
IMGP7635.jpg
掛け合わせた位置が悪く
思ったように絞り込めない事等があり
切り捨てしまう事もありましたが
これなら何度も調整して掛け直す事が出来ます。シメシメ


樹高を抑えて今日の手入れはここまで!。
IMGP7634.jpg
この樹の骨格が出来るまでもう少し掛かります。

 (*^_^*) ソワソワ マチドオシイナァ~

いつものバーチャルな未来予想図で
盆栽の神様のヒンシュクを買ってもイケマセン。
IMGP7693.jpg
軽く輪郭を整えて...



バカも~ん!

ヒンシュクはお前の顔だけで充分じゃ!


ところで話は変わるがのぉ~

近頃は写真や記事が表示されぬではないか!

ワシの盆栽布教活動にも支障が出て居る!

「ネットの神様」はたるんで居るようじゃ!

ネットにも神様が居られるのですか?。

当り前じゃ!!!

日本は「八百万の神様」の国じゃぞ!

お前とは相性抜群の「貧乏神様」を始めとして

ちょっと前の流行歌に「トイレの神様」が居たり

この頃「バイトの神様」までテレビコマーシャルに

リアルガチで出演して居るではないか!!


「ネットの神様」にはワシが喝を入れておく!

「ぼ~っと 生きてんじゃねぇ~よ!」と

今売り出し中の「チコちゃん」のようにな!!!!


((((;゚Д゚))))))) オヨヨ



にほんブログ村