黒松5年生苗 特殊任務からの帰還

極秘任務を遂行し無事帰還した黒松苗です。
特殊工作員として密かに活動し初期の目的は達成しました。

任務終了前の春先に足元の特性を生かすべく接ぎ木がしてありました
IMGP5113 (640x427)
帰還後の環境変化に適合させる為、
チャック付きビニール袋を少し開けてあり
順調に適応しているようです。

彼の二年間の任務地です。
切り取った跡地に松ヤニが出ています。
IMGP5114 (640x427)
水みちが塞がれ膨らみ過ぎてしまいました。
戦略は良かったものの戦術を間違えたようです。
全ては総指揮官の私の判断ミスで弁解の余地は全くありません。


右側には同期の工作員が作った後枝が付いています。
ここも同じように接ぎ位置が膨らんでしまいました。
IMGP5117 - コピー (640x427)
赤線で切り取れば“黒松ぶった切り素材”の出来上がりです。
持ち崩した黒松を再生させようと
工作員を潜伏させましたがこれでは何ともならないようです。
この樹に対してはもう新しい作戦を考えるつもりもありません。


「バカもんが、相変わらずバカを言い居って


(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ アキレテオラレマス

PS
梅雨が明けました、
このブログも夏季休暇という事で当分休ませて頂きます。
長い間お付き合い頂きましてありがとうございました。

    

にほんブログ村
スポンサーサイト

唐楓 葉刈り

取り木で作った唐楓です。
IMGP4801 (640x427)
大きすぎる葉もなく順調ですが
所々の葉が痛んでいます。
IMGP5082 (640x427)
IMGP5084 (640x427)

全葉刈り完了。 鉢 春嘉
IMGP5087 (640x427)
充実した葉姿で秋を迎えたいものです。7/14葉刈り

取り木切り離し直後。
3月8日投稿時の写真
IMGP0168 (640x427)



にほんブログ村

呼び接ぎ仕立て中の真柏 鉢合わせ考 その2

「もしもし、何か忘れちゃ居ませんか」と棚隅から聞こえた様な!。
IMGP5002 (640x427)
この樹の鉢も検討し忘れていました。
完成までにはまだまだ時間が掛かりますが。

以前、五葉松用に検討した泥珠鉢
IMGP5005 (640x427)


柴勝鉢。
IMGP4997 (640x427)
斜幹風に大きく右へ流した場合はこの正方鉢が良さそうです、
上の丸鉢では水やりの度にひっくり返る可能性があります。

模様木として作るならこんな鉢も有りか。
IMGP5010 (640x427)
中国製高級的駄鉢。(笑)


にほんブログ村

荒皮イボタ 取り木外し

立ち上がりを太らせる為の徒長枝に取り木が掛けてあります。
IMGP5013 (640x427)
IMGP5062 (640x427)
手前の二本の小枝を残し、
切り外す予定の徒長枝付近と先端部分に。

十分に発根しています。
IMGP5017 (640x427)

先端付近の取り木。
本当はここから先だけが欲しいのですが
未だ一本の発根もありません。トホホ
IMGP5018 (640x427)
取り木成功後即一曲付くように曲げてあります。

先端部分。
ビニールを外し水苔も外してみると、
IMGP5022 (640x426)
カルスも形成されています、間もなく発根する筈です。

徒長枝根元より切り取り 植え替えました。
IMGP5073 (640x427)

個性的な立ち上がりの樹になる筈ですが
IMGP5071 (640x427)
幹中間部の直線(矢印)が気に入りません。
ここに新芽が吹くのを待って作り直しか?。

何処へどんな風に吹くか 神のみぞ知る新芽をアテにしてもイケマセン。
IMGP5078 - コピー (640x427)
植え付け角度を変え、欠点を葉張りで隠し こんな未来予想図でどうでしょうか?。

「バカもんが、またまた誤魔化し居って!
     ワシに頼めば最適な位置に新芽を吹かしてやったものを!」

「但し、お供えのお神酒にもよるがのぉ!」

(´・_・`) オヨヨ サイテキナイチニ ヒトメダケ オネガイシマス ボンサイノカミサマ



にほんブログ村

黒松 二度芽切り

守備範囲を離れて大きくなってしまった樹です。
但しこの樹達に責任はありません!、
私が移動してしまったからです。(笑)
IMGP5033 (640x427)
7月1日に下枝等の小さな芽が切ってあります。

芽切り後。
IMGP5040 (640x427)
そろそろ駄温鉢を卒業させたいと考えていますが。

以前にアップした、小枝を全て接いで作り直している樹です。
IMGP5042 (640x427)
この樹は小さな芽は多くはありませんでした。

芽切りと古葉を整理しスッキリと。
IMGP5057 (640x426)
あと数年で使えそう?。


「ブログなんぞ それ位にしておいてはどうじゃ?
    まだ二度芽切りの必要な樹が沢山残って居ろうが!」

(;´д`) トホホ

盆栽の神様にやんわりと教育的指導を頂いてしまいました。



にほんブログ村

長老のアオツヅラフジ開花

今春 長老と山採り根伏せしたアオツヅラフジが開花しています。
IMGP5103 (640x427)

根伏せ時の姿。
IMGP1042 (640x427)

アップで。
IMGP5106 (640x427)

去年の根伏せ苗です。
IMGP5093 (640x427)
二本とも蔓が伸びず葡萄の房のように結実する性を確実に受け継いでいます。

多分数年前に盆栽園で入手した雄木。
IMGP5099 (427x640)
仮に雌木だとしても長老のアオツヅラフジとは様子が違います。

他にも蕾のある苗や開花中の苗を寄せ集めておきました。

結実が楽しみです。


o(^▽^)o ニコニコ



にほんブログ村

手付かずの黒松実生苗二鉢

近くの海岸から採取した種を蒔いたものの
数が多すぎて「実生挿し」していない苗が二鉢残っていました。
IMGP4894 (640x427)
IMGP4895 (640x427)

このまま軸が伸び腰高の苗が出来ても使い物になりません。
IMGP4898 (640x427)
IMGP4897 (640x427)
取り敢えず芽切りを!。作業日時 2017/7/1

観察日時 2017/7/13
IMGP5032 (640x427)
二番芽が旺盛に吹いて来ています。

どんな樹を作れば良いか?残念ながら未来予想図は全然浮かびません

駄木レースのスタートラインに並んでしまったかも。

(´・_・`)フゥー ヤレヤレ



にほんブログ村

呼び接ぎ仕立て中の真柏 鉢合わせ考

秋の植え替えに備え鉢の候補を考えておいても良い頃か。

この鉢を本命に考えていますが、少し小さいかも。
IMGP4981 (640x427)
壱興

ならばと少し大きいこの鉢では?
IMGP4989 (640x426)
壱興

重ねてみても大した違いはないようですが
IMGP4992 (640x427)
どちらかに入れてみたいものです。

他の鉢も検討する事に。
少し大きめのこの鉢か?、
IMGP4979 (640x427)
美芸

同じく深めのこの鉢か?、
IMGP4983 (640x427)
柴勝

チョット大きいか?、
IMGP4985 (640x427)
美芸

サイズ的には「ぴったしカンカン」か?、
IMGP4984 (640x427)
山秋

鉢合わせは毎回悩み半分楽しみ半分です。


にほんブログ村

黒松 二番芽が吹く

7月1日に使えそうな樹は小さな芽だけを、
それ以外の樹は一発芽切りしてありました。

若い黒松に二番芽が吹いて来ました。
IMGP5026 (640x427)
矢印に二芽づつ。

ここは一芽だけ。
IMGP5029 (640x427)

ここには三芽あります。
IMGP5028 (640x427)
水平に出た二芽を残し、上の芽を欠いておきました。

そろそろ二度芽切りの時期ですが
この夏はどんな天気になるでしょうか?、気になります。


にほんブログ村

ツタ 葉刈りと新芽の観察日誌

作業日時 2017/06/24
葉刈り前後。
IMGP4643 (640x427)
IMGP4646 (640x427)

葉刈り前後。
IMGP4640 (640x427)
IMGP4648 (640x427)

7月11日現在の姿。
IMGP4972 (640x427)
新芽が吹いています。

アップで。
IMGP4973 (640x427)

この樹は変化なしです。
IMGP4970 (640x427)
イヤ、古葉が少し大きくなっているだけのようです。トホホ


にほんブログ村

ニオイカエデ取り木外し

2016年秋入手時の改作構想。
IMGP5058 - コピー (427x640)
足元に呼び接ぎを、赤線付近に取り木を掛ける。

春先に掛けた取り木も十分に発根しています。
IMGP4941 (640x427)

取り木を外し、
IMGP4955 (640x427)

植え替え終了。
IMGP4960 (640x427)
数年スリット鉢で根張りを充実させます。



にほんブログ村

杜松の衣替え

去年、取り木で取った本性の杜松です。
IMGP2031 (640x427)
手入れ時に葉が指先に刺さる性で
出来れば避けたいと言う事で衣替えを!。

取り木構想は懸崖でした。
IMGP2037 (640x427)

反対側から。
IMGP2038 (640x427)

どっちを正面にするにしても左右の小枝は前へ被さりすぎるようです。
IMGP2039 (640x427)

真ん中の枝に大野性の杜松を接いで衣替えです。
IMGP2041 (640x427)
左右の芸の無い枝をジンにして針金を掛け、少し曲げておきました。

成功時の確認照会用に小枝をアップで。
IMGP2043 (640x427)
作業日時 2017/04/28
苗木ドームで保護します。

観察日時 5/19。
少しは伸びたでしょうか?。
IMGP2589 (640x427)

観察日時 7/6
順調に伸びています。
IMGP4908 (640x427)

接ぎ木に比べ元枝の方が元気が良いようです。
IMGP4907 (640x427)

本性の枝先をチョッキン!。
IMGP4912 (640x427)
これで養分が接ぎ木側へ送られ易くなる筈です。



にほんブログ村

キンズ実生苗の癒着構想 その2

先日投稿の二本目です。
IMGP4917 (640x427)

鉢から抜いて、
IMGP4920 (640x427)
やはり根にも針金が、

チョットアップで。
IMGP4922 (640x427)

根上りの景色も付いています、
IMGP4923 (640x426)

結束バンドでもう少し絞り込み、
IMGP4925 (640x427)

露出した根に長いままの水苔をマフラーのように巻いて保護。
IMGP4936 (640x427)
再度絞り込んだ結束バンドは
用土の上から切る事が出来るので
次回は根捌きする必要がありません。
数年間はこのままで根の景色を造る事に専念できます。シメシメ


にほんブログ村

キンズ実生苗の癒着構想

先日投稿の兄弟樹が二鉢あり、
IMGP4915 (640x427)
IMGP4917 (640x427)
同じ様に幹の癒着を目的として絞り込んであります.。

上の苗を抜いてみると、(反対側から)
IMGP4929 (640x427)
根にまで針金が掛けてあります。

順調に癒着しています。
IMGP4932 (640x427)

植え替え完了。
IMGP4934 (640x427)
分厚く巻いたラフィアが針金の強い圧力を均等に幹へ逃がし
幹に食い込みキズを作らなかったようです。
念の為再度最上部のみ結束バンドで縛りました。


にほんブログ村

実生花梨 皮がむけた!

実生後、小さな鉢の中で肥培させずに育てて来ました。
IMGP4904 (640x427)
表皮が一枚剥がれかかっています。

アップで。
IMGP4903 (640x427)
もうそろそろ、中学生位の樹齢になると思います。

そんな時節の現象ですかネ?
男の子なら遠い昔の記憶にある筈です。(笑)


にほんブログ村

キンズ 寄せ植えの癒着

実生キンズ苗を三本寄せてあります。
(去年10月に結束バンドで再度絞り込んでありました)
IMGP4845 (640x427)
ラフィアが腐り結束バンドが食い込み始めているかも?。

全て外し確認を。
IMGP4853 (640x427)
食い込んではいないようです。ホッ
チョットアップで
IMGP4852 (426x640)
針金付近も癒着し始めてしています。

癒着が進めば一本で作った幹とは違い
独特な景色になるのではないでしょうか?。

実験のつもりで寄せてみましたが
これなら太らせる事と景色を作る事が両立できそうです。

今年も実生苗が順調に伸びています。
5本、7本と多めに寄せればもっと面白いのでは?。
IMGP4889 (640x427)
癒着が進んだこんな幹肌が作れるのではないか?と。


にほんブログ村

ワンコイン真柏Ⅰ 呼び接ぎ完了

この樹も来春衣替えする予定でしたが
良い呼び接ぎ素材が入手出来たので!。

接ぎ位置を確認し。
IMGP4864 (640x426)

溝を彫り。
IMGP4868 (640x427)

小枝をピッタリとはめ込み。
IMGP4870 (640x427)
小枝は削らず表面の薄皮だけを剥いでみました。

どれ程の効果があるかどうかは知りませんが!。

釘で固定しカットパスタで防水。
IMGP4884 (640x427)

呼び接ぎ作業終了。
IMGP4877 (640x427)
このあと、念の為に接ぎ木テープで縛っておきました。

一本立ちさせたのはこの苗だけです。
IMGP4883 (640x427)

他の二本の苗は呼び接ぎ任務終了後に
再度幹を絞り込んで作るつもりです。

そしていつもの未来予想図。
IMGP1984 - コピー (2) (640x427)
左へ少し傾け、ジンやシャリが彫れたら理想的ですが!。



にほんブログ村

ワンコイン真柏Ⅰ 舎利幹構想

入手後アリャコリャ弄り過ぎて,樹勢が落ちた真柏ですが
性懲りもなく今度は舎利幹構想を立ててしまいました。
IMGP4606 (640x427)
白マーカーで幹に描いて構想の確認を。

シャリを入れた箇所。
IMGP4856 (640x427)

別の角度から。
IMGP4861 (640x427)

中央に芯を抜いたドリルの穴があります。
IMGP4857 (640x427)

同、別な箇所の穴
IMGP4859 (640x427)
生きた水吸いはこの穴の反対側の
構想で描いた白線の下にあります。
ウッカリ切ってしまってはペケです。
シャリはこの穴のある方に彫り出さなければイケマセン!。

今日んとこはこれ位にしといたるわぁ~

もう一度 舎利幹構想を立て直します。トホホ


にほんブログ村

真柏 呼び接ぎ完了

昨日投稿の左端の苗を使います。
呼び接ぎ位置を確認し、
IMGP4818 (640x427)

幹に印を付け、
IMGP4829 (640x427)

ノコギリの幅と小枝の太さの差を確認し、
IMGP4826 (640x427)

小枝がスッポリ入る溝を切り込み、
(ノコギリで溝を切った後、私の名刀 菊 正宗で幅を調整)
IMGP4831 (640x426)
釘を打ち固定し、(溝の写真を取り忘れ!トホホ)

IMGP4834 (640x427)
カットパスタで防水処置をし、

IMGP4838 (640x427)
念の為に接ぎ木テープで再固定。

IMGP4836 (640x427)
このあとで用土を軽くほぐし、

IMGP4837 (640x427)
根を充実させるスリット鉢に植え替え
高さ調整用に2×4材に乗せて呼び接ぎ作業無事完了。

立ち上がりに強い一曲を付けたこの苗の下部は
接ぎ木成功後に切り捨てられる事もなく
もう一度遊ばせて貰えます。シメシメ

未来予想図。
IMGP4796 - コピー (640x427)

こんな未来予想図で宜しいでしょうか、盆栽の神様。

「バカもん、最初からこれ位の構想を書いておけ!」

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

真柏 呼び接ぎ構想

来春、数か所に接ぎ木して改作するつもりでしたが
待ち切れず(笑)星印に挿し木3年程の苗を呼び接ぐ事にしました。
IMGP4796 (640x427)

呼び接ぎ用として入手した三本の真柏苗。
IMGP4804 (640x427)
左端の苗には元気そうな小枝が有り
この苗を呼び接ぎとして使えそうです。
右端の苗は既に絞り込んでしまいました。

中央の苗をラフィアで保護し、
IMGP4809 (640x427)
負荷が幹に均等にかかるように
針金二本を 等間隔に巻き曲げておきました。
IMGP4810 (640x427)
もう、この苗は呼び接ぎには使えません。

右端の苗、白矢印の小枝をバックアップ候補とします。
IMGP4807 (640x427)

左端の苗の立ち上がりを更に絞り込んでおきました。
IMGP4816 (640x427)
呼び接ぎ接ぎ成功時までに
更に良い景色になるのでは?。
しかしこのままではイケマセン、
もう一曲欲しい所です。

真柏苗を見ると無性に曲げたくなります。
最早DNAに刻み込まれたか?
ネズミを見つけた猫のように!!
本能の赴くままに。(笑)

「バカも~ん、今回は構想倒れか!
   てっきり接ぐものと期待して居ったではないか!
      それに中途半端な構想図を書きおって
         最近は未来予想図にも熱意が無くなったようじゃなぁ!」 

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ マズハ シタジュンビカラ゙デス



にほんブログ村

縮緬蔓 葉刈り

姿の乱れた縮緬蔓を
IMGP4724 (640x427)

大まかにバリカン刈りしたあとで、
IMGP4729 (640x427)

葉刈りし、
IMGP4733 (640x427)

もう一段追い込んでおきました。
IMGP4737 (640x427)
右側の小枝に針金を緩く掛け
ここを充実させ右流れの樹にしたいと考えています。


にほんブログ村

「ボランティア葉刈り請負生命体」の来襲

一本だけ新芽まで丸裸にされています。
IMGP4742 (640x427)
数日前に第二オオスカシバを見ましたがそれにやられたようです。

他の苗も葉刈り整枝する事にしました。
IMGP4755 - コピー (640x426)

立ち上がりに大きな曲が。
IMGP4760 (640x427)

強調すべく絞り込んでおきました。
IMGP4768 (640x426)
此処を見所に大きく切り戻す事になりそうです。

一見、一丁前の姿をしているようですが
IMGP4773 (640x427)
赤丸の頭部付近にコケ順がありません、
将来、必ず嫌味になります。
白矢印の枝に切り替えて頭部を作り直します。

チョッキン⁉ そして未来予想図。
IMGP4777 (640x427)

その他の苗。
IMGP4786 (640x427)
IMGP4783 (640x427)

手入れ前の写真がありません、
整枝に夢中だったようです。
IMGP4771 (640x427)
前出の苗達より数年古い挿し木です。

幸いにも大きな被害はありませんでしたが
若い樹数本に少し被害が出ました。

一寸の虫といえども「クチナシ夫人」の丸裸は見たくなかったようです?。
その五分の魂も分からなくもありませんが。(笑)

「あ~ぁ~た⁉」

(´・_・`) ヤベー キコエタカ


にほんブログ村

杉葉にならない真柏 針金外しとプチ整枝 

挿し木3年生です。
IMGP4607 (640x427)
挿した直後に出た杉葉もすでに消えています。
親木には入手以来一度も出た事がありません。

中央付近の針金が食い込んでいます。
IMGP4608 (640x427)
連続した螺旋状のキズを付けてしまっては
将来舎利を彫る時不自然になる可能性もあり、早めに外す事に。

針金を全て外しました、それ程の食い込みは無いようです。
IMGP4627 - コピー (640x427)
曲の景色を消す、白矢印の枝は不要のようです。

上記の枝を外しブログ記事用に整枝。
IMGP4716 (640x427)
まだ流れを決める段階の樹ではありません。
左右最下枝を走らせ幹の太りを得たいと考えています。



にほんブログ村

実生挿し黒松苗 再度の針金掛け

針金の食い込みに気付き、外してあった苗達です。
再度絞り込む事に。
IMGP4681 (640x427)
一本では効かず、二本掛けに。
IMGP4708 (640x427)
その他の苗にも針金を。
IMGP4706 (640x427)
IMGP4712 (640x427)
上の三本は変わり木になりそうです。
強すぎると思われる曲も
幹の太りと供に消えてしまいます、
僅かな痕跡の景色を残して!。
但しこんな曲も今しか付ける事が出来ません。
来年では不可能なのです。

IMGP4711 (640x427)
まだどんな樹姿になるかは分かりませんが
盆栽として一番重要な立ち上がりの一曲はこれで出来た筈です。

針金掛け前。
IMGP4686 (640x427)
全ての苗は写真のように根付近まで
用土を退かし直近から曲を付け直しました。

前回の曲付けは爪楊枝のような一本の苗でしたが
小さいながらも将来の役枝候補の芽も準備されています、
これらを落とさないように数倍の注意が必要でした。


にほんブログ村

「背取り」取り木失敗樹の手入れ

昔、大きな素材に「背取り」を掛け、
充分な発根が得られず興味も無くし
適時の手入れも殆んどせずに放置してありました。
IMGP4545 (640x427) (640x427)
これ以上に小枝を太らせてはイケマセン、 プチ整枝する事に。

ザックリ切り込みミストスプレーでプチ化粧。
IMGP4552 (640x427)

葉刈りして全姿の確認。
IMGP4555 (640x427)

時代の付いたこんな薄鉢に入れてみたいものですが(一弘鉢)
IMGP4582 (640x427)
(追い込めば入らない事もないか?)

少し大きめサイズの鉢を探し(山秋鉢)
IMGP4590 (640x426)


権山の鉢に植え替え終了。
IMGP4595 (640x427)
今回はカミングアウトしませんが(笑)
大きな改作が不可能な樹なのです。

輪郭線上に葉が茂れば良しとします。

太枝を絞っておきました。
IMGP4599 (640x427)
少しは盆栽らしくなったのでは?。



知らんけど!(笑)



(*^_^*) コノフレーズニ ハマッテシマイマシタ ナゼダカ シランケド


にほんブログ村

改作中の「梅もどき」更に呼び接ぐ

幹中間部に大きなヤケがあり、コケ順も殆んど無く、
「もう手に負えん 何とかしてやってくれ」と
以前改作した真柏のように長老がサジを投げた樹です。
IMGP4371 (640x427)
呼び接いでの樹高短縮改作に取り掛かって3年目です。

新芽を呼び接ぐ位置へ誘導し一年間徒長させましたが、
これ以上小枝が堅くなると隙間にノコギリが入らなくなり
短い距離ながらも自由に移動させる事も出来なくなります。(赤丸)
IMGP4375 - コピー (640x427)
左枝用の呼び接ぎ枝と去年樹芯用に通し接いだ小枝。

ヤケ防止用に黒線との交差地点に接ぐ予定の小枝。
IMGP4378 (640x427)
右横には今春通し継いだ枝がカットパスタで保護されています。

IMGP4376 - コピー (640x427)
樹芯用入口に吹いた新芽と右横の今春通し接いだ枝。

「能書きはもう沢山じゃ!、早く手入れを致せ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ オイソギデス

小枝がスッポリ収まる幅と深さの溝を彫り、
IMGP4386 (640x427)

小枝を入れ
IMGP4388 (640x427)

両側に釘を打ち小枝を固定。
IMGP4391 (640x427)

もう少し太らせたかった右枝用小枝も接いでおきました。
IMGP4392 (640x427)

右枝の方向が不自然だったので
負担を掛けないように緩く針金で矯正。
IMGP4393 (640x427)
トップジンペーストで防水工事を完了させて今日の作業は終了。

全ての接ぎ木が成功すれば
来春、切り飛ばす予定の幹回りに
自然に吹いた小枝を含めて前後左右に5本の枝が出来ます。
これだけあればヤケ防止効果も万全では?。

左右最下枝を含め7本の役枝で
樹高も半減出来、太幹梅もどきの骨の完成です。

こんな完成域の裸樹の姿まで10年程か?。
IMGP4398 (640x427)

(´・_・`) フゥー  ヤレヤレ サキガナガイナァ


にほんブログ村

実生挿し黒松 食い込んだ針金を外す

去年の実生苗です。
水やり時に針金の食い込みに気付きました
IMGP4405 (640x427)

シメシメ良い所に芽吹いたようです。
更に腰の低い苗が作れます。
IMGP4404 (640x427)
この針金部分はもう不要です、
犠牲枝として走らせる事になります。

この針金を外してみると、
IMGP4407 (640x427)
下部に食い込みが見られるもののまだ大した食い込みではありません。
IMGP4409 (640x427)

この苗は大きく食い込んでいるようです。
IMGP4402 (640x427)
外すと、
IMGP4413 (640x427)
この位置からは不明ですが
根上り樹形を目指して根にも細工がしてあります。
更にこの針金キズが強調されれば景色の一部になり
より個性的な幹の樹になるかも知れません。

今日は針金外しがメインの手入れになりそうです
余り「好きくない心」の手入れなのです。(笑)
効きの悪い苗には再度針金を掛けておきます。
こっちは大好きな手入れですが!。

「バカもん、盆栽の手入れに好きも嫌いもあるか!   
    この苗達の将来の樹形がほぼ決まる重要な手入れじゃ 心して取り組め!」 

「以前に置いた肥料ももう効果がなくなる頃じゃ、
   お前の用土なら梅雨時でも肥当たりは起こすまい、替えておくが良い!
     写真では上手く誤魔化しておったが雑草も抜いておけ!よいな!」

「そうじゃ、忘れるとこじゃったぁ、
    玉肥が効くまで暫く掛かる!それまでは薄い液肥でカバーするようにな!」

(´・_・`)  トホホ ボンサイノカミサマ ナニモカモゴゾンシナノ゙デス



にほんブログ村

呼び接ぎ中の梅もどき

IMGP4432 (427x640)
コントのギャグ「♪親亀の背中に子亀を乗せて♪」の状態です。

細部を。
IMGP4442 (640x427)
左端だけが雄木の枝です。

接ぎ木テープを外して。
IMGP4446 (640x427)
活着しているようです。

幹回りの形成層まで綺麗に削り出し
IMGP4455 (640x427)

トップジンペーストで保護。
IMGP4458 (640x427)
雄木の枝はこのキズを巻かせる為に犠牲枝として走らせ
このままで棚隅にでも放っときます。


反対側。
IMGP4461 (640x427)
こっち側で作りたいと考えています。



にほんブログ村

岡崎「春風会勉強会」のお土産

勉強会場に隣接する盆栽園で遊べる素材を探していたら
「こんなのもあるよ」と千寿丸の接ぎ木素材を教えてくれました。
IMGP4528 (640x427)
既に会員さん数人も「キープマーク」を付けて確保してあります、
遅かったか、どうしても隣の芝生は青く見えてしまうようです。(笑)

ペット鉢から抜くと何やら黄色い山砂で植えられているようです。
IMGP4531 (640x427)

親木をカットし根を解すと鉢底にトグロを巻いた走り根が!。
IMGP4538 (427x640)

親木の曲が一曲あります。
このまま作るか?
IMGP4539 - コピー (640x427)
人差し指付近の周囲に良い根張りになりそうな根のラインがあります。
(足りなければ接げば良い)

スリット鉢底にゴロ土と当地の黒松御用達の矢作砂を入れ
IMGP4542 (640x427)

植え替えておきました
IMGP4543 (640x427)
この鉢で数年間小根を充実させ、
ザルで太らせ大きくするか?、このまま小さく持ち込むか?、
樹形構想はその後のお楽しみとしておきます。

朧気ながらも現時点での構想を。
千寿丸 (640x458)
上の枝を樹芯への幹とし、下にある小枝を右への効き枝として
こんな樹形でどうでしょうか?。
備忘録として残しておきます。

「この未来予想図には大賛成じゃ!樹形は兎も角もな! 
  靴ひもを結ぶのが面倒だとスリッポンを履いたつもりで
    ランニングシューズを履いて行った事も忘れおって!
      帰りに玄関口で靴が無いと大騒ぎした事を忘れたか! バカもんが
「間もなく何もかも思い出せなくなるぞ

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ ボンサイカンケイシャ スウニンイガイ シラナイコトハ ゴナイミツニ オネガイシマス



にほんブログ村
 

ザクロ 開花

女性会員の挿し木苗を貰ったものです。
IMGP4422 (640x427)

爪楊枝程の太さですが針金を掛けてありました。
IMGP4423 (640x426)

全体図。
IMGP4428 (640x427)
個性的な花と実を楽しめますが、主要な展示会時期とズレて
愛好家は飾る機会に恵まれず、プロは作っても売れないので
盆栽としては余り注目されない樹種ではないでしょうか。
 
知らんけど!。(笑)


にほんブログ村

唐楓 取り木掛け

何の取り柄もないこの樹に、
IMGP4314 (640x427)

上部を針金で縛り、下部に呼び接ぎを掛けてありました。
IMGP4309 (640x427)

針金効果ですでに段差が付いています。
IMGP4315 (640x427)
レシピ通りの手順で、
取り木を掛けました。
IMGP4327 (640x427)
両方が成功したとしても何の取り柄もない樹になりそうです。

と言う訳で「何の取り柄もない記事」になりましたとさ。 チャンチャン。



にほんブログ村

緑樹会即売品 楓石付き植え替え

こんな樹形構想で入手しました。
IMGP3783 (640x427)

大きな走り根もなく処理されていました。
IMGP4318 (640x427)
僅かな角度の違いで一曲目が消えてしまいます。

達磨大師の描かれた鉢に植え替えました。
IMGP4320 (640x427)
九年間座禅を組んで悟りに達した達磨大師の鉢に
石に付けて九年程の樹を植えてみました。

上部が内側方向に絞り込まれています。
IMGP4329 (640x427)
根鉢をギリギリ押し込みました。
この鉢で長くは持ち込めそうもありません。
鉢から抜けなくなります。
ほんの暫くの間のコラボレーションになりそうです。

鉢をアップで。
IMGP4321 (640x427)
IMGP4324 (640x427)
入手後20年程経ちますが未だに作者名を知りません。トホホ
IMEパッドへ手書き入力して
表示された多くの候補を組み合わせてみました。
悰悦か? 



にほんブログ村

私達の勉強会のハズが岡崎「春風会」さんへ

今日は朝から曇天、一雨欲しい所ですが
盆栽人にとっては最適な外出日和。
私達の勉強会は公民館が借りられず来週になってしまいました。

「愛知健康の森」交流センターのレコードコンサートへ。

「盆栽」「カメラ」「オーディオ」と私の三大趣味の内の一つです。

KT88真空管を使ったマッキントッシュ風自作パワーアンプ
IMGP4473 (640x427)

ちょっと昔のダイヤトーンスリーウェイスピーカーをメインに。
IMGP4483 (640x427)
これ以上大きいスピーカーは簡単には移動させられませんから。

針を落とす瞬間の緊張感がたまらないレコードプレーヤー。
(プリンセスプリンセスの「DIAMONDS」のような事を言っています)w
IMGP4463 (640x427)
機材は違いますがほぼ私と同じような構成です。
アナログ時代の人間にはアナログ機材が一番心地良いのです!。
レコードとCDを持込み数曲聞かせて頂きました。
広いホールでは我家のオーディオルームとは違う音が聞けました。


そのまま午後からは岡崎「春風会」さんの勉強会へ。

会員さんの樹を手入れ中の春嘉さん。
IMGP4499 (640x427)
今日はカメラを忘れて来たとの事、
私が臨時広報担当になるからと他の写真を撮らせて頂きました。(笑)

IMGP4501 (640x427)
手入れに夢中の女性会員さん
痩せて見えるようにPCで処理して欲しいとのリクエストですが
私にはそんな高等テクニックはありません。トホホ

幹に割りを入れ
IMGP4504 (640x427)

針金を添え、
IMGP4498 (640x427)
その上にラフィアを巻き、保護。

ジャッキを掛け替える途中。
IMGP4505 (640x427)

直線的だった太幹が曲がりました。
IMGP4522 (640x427)
写真上部の小枝を右側へプチ整枝すれば完成です。

もう少し曲げたいようですが今日はここまで。

IMGP4517 (640x427)
他の会員さんも改作後の樹を見て驚いています。


にほんブログ村

大野性杜松 小枝の追い込み

IMGP4332 (640x427)
入手時より役枝も太り針金が効き 位置も決まりました。

IMGP4356 (640x427)
左最下枝をチェックすると赤い線の内側に懐芽も充分に準備されています。
シメシメここまで追い込めます。

ほぼ全ての懐芽を輪郭線まで追い込み、  記念写真、ハイ・ポーズ・パチリ。
IMGP4360 (640x427)
もう少しこの鉢で培養し、植え付け位置の検討をします。

IMGP4366 (640x427)
切り取った不要な小枝、捨てません、最適期です、挿します!。


私が遊ばせて貰っているこの杜松も
その昔に誰かが挿したものです。
私が挿すこの小枝達も遠い将来誰かの天場に並んで欲しいものです。


盆栽は挿し木をもって尊しとなす

盆栽は盆栽の上に盆栽を作らず盆栽の下に盆栽を作らず

たしか昔、学校で学んだような!。

「バカも~~ん、誰もそんな風に教えておらん!
   お前の記憶回路は混線して居るようじゃ!、
     イカン、ワシの思考回路までもが過熱して来た!救急車を呼んでくれ!」

ピーポー  ピーポー  ピーポー ピー 

盆栽の神様~ぁ お大事にぃ~

「バカも~~~ん」

(;´д`) トホホ 


にほんブログ村

山採り杜松 鉢合わせ考 その2

先日検討した杜松を植え替えました。

その前に将来的に植えたい鉢合わせの検討を。
IMGP3802 (470x640)
もう少し薄くしたいところですが今日はここまでにしておきます。

一弘鉢(壱興さん)。
IMGP3809 (620x640)
以下、三鉢とも用土は全然入っていません。
全ての鉢に言える事ですがもう少し薄くしないと無理のようです。

丹鏡鉢。
IMGP3812 (640x624)

陶雀鉢。
IMGP3811 (640x585)

少し大きめの柴勝鉢。
IMGP3818 (640x620)
やや左流れの樹ですが培養第一を考え中心へ植え付けました。

残念ながらご高齢の為に現在は休会状態です。
ご自身で山採りされたプライスレスな
思い出深いこの樹を私に託された!と 勝手に推察し
大切に持ち込んで行きたいと考えています。



にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その7

IMGP3502 (640x524)
太らせずに作った黒松の幹がこれ程荒れるまでに
実生からどれ程の時間が必要だったでしょうか。
やはり盆栽は鉢古さ以上に勝るものは無いようですね。

IMGP3699 (640x422)

IMGP3703 (402x640) (402x640)

IMGP3705 (640x427) (640x427)

IMGP3700 (640x479) (640x479)

IMGP3701 (640x492) (640x492)

IMGP3572 (640x427)

IMGP3756 (640x427)

IMGP3758 (427x640)

IMGP3748 (640x427)

IMGP3745 (640x427)

IMGP3746 (640x427)

展示会二日目のお土産。
N師匠作の楓石付き、これも付けてから9年程か?、プチ整枝しました。
IMGP3823 (640x427)
石の両側に根芸を見せ、少し傾けこんな樹形でどうでしょうか?。

いつもは遊べる改作素材ばかりを探していますが
この角度で鉢を替えて飾る準備をします、
大きなカテゴリーではこれも改作といえるかも。(笑)
やはり掘り出し物はまだまだ残っていました。
IMGP3785 (640x427)
鉢底にも針金の先端でケガをしないよう細心の配慮がなされています。

反対側から女性のバックパッカーが。
IMGP3674 (640x427)
昨日のバックパッカーとのドラマが始まるかも?。(笑)

おしまい



にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 お土産黒松の樹形構想

展示会初日に入手した黒松です。
役枝を数本下げてみました。
IMGP3789 (640x427)
小さいながらも十分な曲と役枝候補も残されています。

樹冠部にある切り残しの幹跡。
IMGP3788 (640x427)

切り取ってから即売品としても良かったが
大きなキズが残る可能性があり
購入者の判断に任せたとの事で
こちら側を正面として作られて来た樹のようです。
IMGP3795 (640x427)
切り取り後 樹芯部数本の枝にも針金を掛けてみましたが
正面をもう少し左側に移動させればそれ程目立つキズにはならず
芽数を増やせば隠れてしまい 早く完成させられるのでは?。

入手時の樹形構想。
IMGP3791 (640x427)
切り飛ばしキズも完全に後側に隠れ
コケ順も良くなり、より小さく作れる筈です。
但し、間延びした樹芯部が追い込めなければ
接ぎ木が必要になり、完成までには時間が掛りますが。

どっちを選ぶかは私次第です。
しばらく悩む事にします。

この決断するまでが盆栽で一番楽しい時間なのです、
いつも正解が出せるとは限りませんが!。(笑)

ある日突然、この樹も話しかけてくれる筈です。
「いつまで迷って居る!こっちにしろ!」と。

「バカもんが、いつもワシの手を煩わせ居って!
    そんな歳になってもまだ優柔不断で決断力の無い男じゃのぉ!」

(;´д`) オヨヨ イツモ タナバデキク アノコエガ ボンサイノカミサマノ オコトバダッタトハ


にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その6

IMGP3539 (640x427)

IMGP3602 (640x427)

IMGP3604 (640x427)

IMGP3607 (640x427)

IMGP3760 (640x427)

二日目のクチナシの花。
IMGP3763 (640x427)
右側の花は開花直後ですね。
即売品のクチナシの花とあわせて会場を甘い香りで包んでいました。

山石鉢(盆 裁男さん作)
IMGP3709 (640x427)

IMGP3750 (640x427)

昨日の楓石付けの詳細を
IMGP3611 (640x427)
IMGP3612 (640x427)
IMGP3609 (640x427)
IMGP3615 (640x427)
IMGP3613 (640x427)


何を見ているのでしょうか?
もう一人のバックパッカーが立ち止まっています。
IMGP3678 - コピー (640x427)


つづく


にほんブログ村

挿し木床のクチナシ開花

花芽のある不要枝を挿してありました。
IMGP3798 (640x427)
活着したのか?枝の養分だけで咲いたのか?。

赤矢印の蕾は枯れたようです。
IMGP3798 - コピー (640x427)
白矢印の蕾はまだ生気が見られます。
この花も咲くかも知れません。

本来は花芽を取ってから挿すのですが
結実すれば超ミニクチナシ盆栽が作れるのでは?
との下心満載の挿し木でした。

結実後に取り木を掛けた方が良かったか?。



にほんブログ村

海棠 結実と開花 そして「しょうべいさん」のライブへ

結実しながらも蕾が膨らんで来ました。
IMGP3454 (640x427)

翌日の開花です。
IMGP3492 (640x427)
春の満開時の勢いもなく
申し訳なさそうにひっそりと咲いているようです。


しょうべいさんのブログで昨日ライブがある事を知る。
私が通う「愛知健康の森プール」近くの交流センター1Fとの事。

開演前の練習をしています、2Fからのショット。
この時はまだ私がここに居る事に気づいていません。
IMGP3835 (640x427)

熱演中。
IMGP4307 (640x427)

トークも盛り上がっています。
IMGP3973 (640x427)

楽しそうです。
IMGP4250 (640x427)

思いっきり!のカメラ目線を
IMGP4285 (640x427)
思いっきり!のアップで。(笑)
IMGP4162 - コピー (2) (640x427)

お会いするのは年に数回程度ですが
その場の雰囲気を一気に明るくさせてくれる方です。
昨日そのパワーの源を見た思いです。


「バカもんが! “通う ”とは一週間に数回は行く事じゃ!
   数か月前に買った回数券もまだ殆んど残って居るではないか!
      持って居るだけで痩せるとでも思って居るのではなかろうのぉ?」

「それはさて置き、健康に留意する事は良いことじゃ!
      これを良い機会に心を入れ替え 精を出して通うが良い!」

お心遣いありがとうございます、盆栽の神様。

「お前の事など心配して居らぬといつも言って居るではないか!
   お前が体調を崩し盆栽達への手入れが滞っても困るからのぉ
      お前は盆栽の召使いのようなもんじゃて ワッハッハ~~!」

(*^_^*) ボンサイノカミサマハ シャイ ナノデス ホンシンヲ オッシャラナイノデス


「バカも~~ん」


(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

しょうべいさんのブログ

上記のリンクをクリックしてもけっして如何わしいサイトへは飛びません、ご安心を。(笑)


「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その4

IMGP3563 (640x427)

IMGP3561 (640x427)

IMGP3562 (640x427)

IMGP3565 (640x427)

チョットピンぼけ、トホホ。
IMGP3566 (640x427)


「ボケて居るのはお前の方ではないのか!」

(´・_・`) ワァヲー マサカ コンナトコロニ ボンサイノカミサマガ オデマシニナルトハ


IMGP3567 (475x640)

IMGP3649 (640x427)


IMGP3641 (640x427)
この飾りの短冊をアップで。+
IMGP3642 (427x640)


散歩道を歩き疲れてチョット休憩中?。
IMGP3684 (640x427)
これもピンぼけ!、トホホ。


つづく



にほんブログ村

山採り杜松 鉢合わせ考

90歳近い女性長老会員さんからの頂き物です。
40年程前に所有する知多の山から採って来た樹だそうです。
小さな鉢の中でジックリと育てられて来たようです
新芽を摘み取りプチ整枝しました。
IMGP3483 (640x427)
30年程前の一弘鉢(壱興さん)です。
それなりの時代が付いてはいますが殆んど使っていません。

IMGP3474 (640x427)
右端に蟹が昇っている陶雀鉢です。ヤフオクの戦利品です(笑)

IMGP3480 (640x427)
カミソリ丹鏡と言われたロクロの達人、月香さんのお父さんの鉢です。
丹鏡さんが亡くなられた時に盆栽愛好家のためにと
月香さんが「近盆」読者へのプレゼントとして提供された鉢です。(二鉢頂きました)
これも送られて来てから30年近く経ちますが
一度も樹を植えた事が無く言わば「チョット古い新品」なのです。

IMGP3478 (640x427)
柴勝鉢です。

樹形的には丹鏡さんの鉢が合うと思いますが
遊び心を満載にして壱興さんか陶雀さんの鉢が面白いのでは!。

駄温鉢に入ったこの樹を一気にこれらの薄鉢に絞め込んで
樹勢を落としてもイケマセン。

飾るには少し早いこの樹の為には
大きめの柴勝鉢で数年持込み培養し
時期をみて上記の鉢のいずれかに入れても
遅くはないのでは?と考えています。


「考えているだけで植え替えはまだ済んでおらぬようじゃなぁ
    ゛下手の考え休むに似たり"との言葉もあるぞ!」

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ ナニモカモ オミトオシデス


にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その3

IMGP3707 (640x427)

上の小さな茶器だけをアップで。
IMGP3513 (640x427)

真っ赤な桑の実です。
IMGP3514 (640x427)

流石に地元です、ここにも水上義介鉢が!。
IMGP3516 (640x427) 



IMGP3574 (640x427)



地元FM局でDJやウクレレ演奏と歌で施設慰問等で大活躍の「しょうべいさん」です。
忙しすぎて水やりの時間が取れるのか心配になります。
肖像権フリー(笑)だからとブログ掲載の許可を頂いています。
IMGP3739 (640x427)
ご自身の飾りの前で満面の笑顔を頂きましたが
愛樹達が隠れてしまいました、細部を。
IMGP3549 (640x427)
IMGP3545 (640x427)
IMGP3556 (640x427)
IMGP3546 (640x427)
IMGP3547 (640x427)
IMGP3551 (640x427)


犬達も仲良しの散歩友達か?。
IMGP3681 (640x427)

つづく



にほんブログ村

トホホな石化檜 その2

この樹も小枝が枯れています。
IMGP3447 (640x427)

樹冠部。
IMGP3448 (640x427)

枯葉を切り取り整枝。
IMGP3450 (640x427)
針金を幹の後ろから回さなければイケマセンでした、失敗。トホホ

上から。
IMGP3451 (640x427)
水が辛かったのか多すぎたのか?
他の樹にも小枝の枯れが目立ちます。 


にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その2

展示会二日目は開場前に到着。
会員の皆さんと一緒にモーニンングコーヒーを頂きました。アリガトウゴザイマシタ
IMGP3691 (640x427)

先ずは私の大好きな真柏から。
IMGP3523 (640x427)

IMGP3711 (640x427)

IMGP3524 (640x427)

IMGP3518 (640x427)

IMGP3525 (640x427)

IMGP3585 (640x427)

IMGP3588 (640x427)

IMGP3570 (640x427)

IMGP3553 (640x427)

IMGP3554 (640x520)

IMGP3555 (577x640)

常滑の幻の鉢作家 水上義介の 辰砂釉鉢。
IMGP3558 (640x427)
半世紀以上前の作だとか。

草をアップで。
IMGP3560 (640x427)

「常滑焼き物散歩道」のマスコット招き猫「とこニャン」の前を歩くバックパッカー。
IMGP3688 (640x427)

再訪の目的はこのフィギュアを撮る事だとブログには書いておこう。
(本当はミニ盆栽の写真も露出ミスや手ぶれの写真が沢山あったのです トホホ)

つづく



にほんブログ村

トホホな石化檜 その1

頭部を切り飛ばし、前枝を立てて樹芯とした樹です。
一見問題無さそうな樹姿ですが!。
IMGP3438 (640x427)

樹冠部を覗き込むと小枝が枯れています。
IMGP3441 (640x427)

枯れ枝を処理し、記念写真をハイ・パチリ
IMGP3443 (640x427)
ナントモハヤ、このままの姿では水やりの気分も萎えてしまいます。

樹冠部を構成させるべく2本の小枝を立てておきました。
IMGP3445 (640x427)
元の姿に戻るまでどれ位時間が掛かるやら!。

(;´д`) フゥー ヤレヤレ



にほんブログ村

常滑 壱興さんの「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その1

今日は薄曇り、盆栽人にとっては絶好の外出日和!。
常滑での壱興さんの「緑樹会ミニ盆栽展」へ

みさきさんのPRコーナー。
IMGP3663 (640x427)

下段の「招き猫がある常滑散歩道」風景。
IMGP3665 (640x427)

虫メガネが置いてあるものの
私の下手な写真では人形の表情が写らない!。
IMGP3617 (640x427)
よぉーしぃ!
 こうなったら明日はマクロレンズを持って行ってやるぅ!



この飾り、左下の石付け唐楓を
IMGP3655 (640x427)
アップで。
IMGP3498 - コピー (640x426)
ハンドモデルはみさきさん。

即売コーナーにあった9年前のこの樹の作業時の写真。
IMGP3636 (640x427)
表裏反対の写真ですが
下の写真は石に付けた時、上は少し後の姿。

大賑わいの即売コーナー。
IMGP3629 (640x427)
展示会は明日まで、まだまだ掘り出し物も沢山ありますよ!。

尚 「緑樹会ミニ盆栽展」点描は今後数回に分けてアップする予定です。

PS
今日のお土産。
IMGP3666 (640x427)
赤い線で切り返すのも良いとは思いますが
ぶった切りの傷が目立つのでは?。
反対側に樹芯用の良い枝があり、より小さく作れます。

反対側から。
IMGP3673 (640x427)
主要な枝に針金を掛け。

芯を立て、右枝用に伏せて未来予想図。
IMGP3669 (640x427)
反対側の後枝を芯として立てれば
キズも後側に隠せてコケ順の景色もこっちの方が勝るのでは?。



にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。