FC2ブログ

闘病日誌 入院点描

私の10日間の秘密基地。(笑)
IMG_20190626_080436.jpg
奥のドアはトイレ、その左に小さな(本当に小さな)窓があります。

雨上がりの窓からの景色。
IMG_20190628_095320.jpg
遠くに臨海工業地帯の工場群の煙突が見えます。

理学療法、作業療法はリハビリセンターで 
ゆっくりと手足を動かす運動療法を受け、
IMG_20190628_112248.jpg
この部屋では言語療法を受けました。

左側に水の入った容器、蓋には小さな穴が開いています。
右側にはアクリルの筒の底にコルク栓が入っています。
手前にはアクリルの筒と蓋と二か所折れ曲がった金具が。
IMG_20190628_112345.jpg
「黒い台の上の器具だけには一切手を触れずコルクを私にください」
たったそれだけの言葉で何を質問しても一切答えてくれません。
脳梗塞で手が不自由な患者さんには難しい問題かも?。

他には100から7を順番に引いていく計算や
複数の絵を見せられ他の質問を挿んだあとで答えたり
後期高齢者の免許更新時の認知症検査のようです。

こんな問題も記憶に残りました。
下の字を組み合わせ漢字一文字を完成させなさい
十+月+十+日=?
日+心+人+立=?
大+心+口=?

他にも色々ありましたがPCで再現出来ないような図形問題もあり
知能指数を調べられているようだと怒りだす患者もいるとか。


白丸の最初の点滴から血液が漏れ、
赤丸に針を刺し直すものの途中までしか入らず
緑丸では奥行が足らず、最後の手段とばかりに手の甲にプスリ!
神経は体の先端へ行く程敏感になるとか。
点滴用の注射針とはいえ逆らう事も出来ず「プチ拷問」でした。(笑)
IMG_20190628_182245.jpg
数日後赤丸の注射跡は皮下出血してアザのような状態になりました。トホホ


何はともあれ一切の後遺症も残らず
無事に退院できた事を感謝しなければイケマセンね。

異変に気付き一刻も早く病院へ駆けつけたのが良かったようです。

「ちょっと様子を見て」とか「明日の朝一番に」等、悠長な事を言っていたら
取り返しのつかないような後遺症が残ってしまい
「こんなつまらないブログ」を書き続ける事も出来なかったかもしれません。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

闘病日誌 入院点描

病室の医療機器。
IMG_20190625_130356.jpg
200ml容量の点滴を一時間に100ml落下させ現在は144mlが点滴済み。
一袋の点滴で終了まで二時間掛かります。

枕元の心電図計。
IMG_20190625_130727.jpg
一分間52回の脈拍数と18回の呼吸数。

私の心拍数は平素から50前後です。
緊急病棟に宿泊中は頻繁に警報が鳴り
看護師さんが急いで駆けつけてくれました。
時々30後半まで脈拍数が落ちるからです。
一般病棟に移ってからは警報がナースセンターだけで鳴るように設定を変えて貰いました。
それだけ下がっても本人はケロッとしていましたが。(笑)


或る日のメニュー。
IMG_20190630_074452.jpg
これで一日塩分6グラム、2000キロカロリーのメニューです。
牛乳とメロンのデザートまで付いています。

病院食は不味いとのイメージがありますが
それは一昔前までの事ではないでしょうか。
今は温かい料理は温かいまま病室まで運ばれてきて
毎食美味しくいただきました、ごちそうさまでした。

普段、如何に過剰な塩分とカロリーを取り過ぎていたか!。トホホ

そして朝食後のセカンドデザート。
IMG_20190626_075129.jpg
100均の整理箱で薬の管理をしてます。
薬の包装を夕食時まで残しておけば飲み忘れの確認ができます。
夕食後に朝の包装を捨て替えて翌朝まで残しておきます。
この管理法で薬の飲み忘れが無くなりました。

お酒をタップリ飲んだ日の夕食後の薬を除いての話ですが!。
翌朝までこのままの状態ですから。(笑)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

闘病日誌 

ここ数日間ブログの更新が出来ませんでした。

6月24日(月)17時に緊急入院し
7月3日(水)に無事退院しました。
IMG_20190626_101412.jpg
6月の最終投稿「縮緬葛三本の植え替え」までの記事を予約投稿し
16時頃、唐楓の葉刈りと植え替えを済ませた直後に
左足の感覚が一気に薄れて行き
まるで鉛を巻きつけられたように重くなり
自由に動かす事が出来なくなってしまいました。

これは一大事と即病院へ。

CT検査、MRI検査で脳梗塞と診断され
点滴治療とリハビリ治療で10日間の入院生活を過ごしました。


お前が脳検査を受けると知り

ワシも脳ミソの具合を調べてみたくなり

CTの磁気回路に侵入してみたんじゃ!


面白くてあちこち探検していたら

何やら封鎖されている場所があるではないか!


神様をも通行止めにするとはケシカラン!と

神通力でバリケードを蹴散らして進んでみたが

やっぱりお前の脳ミソは空っぽじゃったぁ!ワッハッハー

(;´д`)トホホ

CT検査時には動かなかった左足も
数十分後に受けたMRI検査時には僅かな麻痺が残るものの
以前と同じように動かす事ができるようになりました。

これは盆栽の神様が脳血栓を
蹴散らして下さったからではないでしょうか!。
お礼にお神酒をお供えしなければイケマセン!。

安酒はイカンぞ!

((((;゚Д゚)))))))ワァ~オ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村



謹賀新年

s-IMGP7762.jpg

盆栽の神様 あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます

うん うん 正月じゃ めでたいのぉ

今年こそしっかりと盆栽の手入れを致すがよい!


ところで、神棚横の一升瓶に入った赤と白のジュース

あれはなんじゃ?

お神酒なら見た事もあるがのぉ


毎年 山梨の親戚が醸造所から送ってくれる紅白のワインです


なるほど伴天連のメデタイお酒じゃな!

どれ どれ ・ ・ ・これは美味しいのぉ!

それぞれに個性がまるで違うではないか!


毎年こんなにも沢山の美味しいお酒を

ワシに内緒で飲んでおったとは!

ケシカラン奴じゃ!


今度からはチーズと生ハムも一緒にお供えするがよいぞ!
イベリコ豚ならなお嬉しいのぉ~!


w( ̄o ̄)w オヨヨ カミサマ グルメナノデス


話は変わるがこの黒松は種を蒔いた樹であろうが!

神様良くご存じで!。

手入れさえ怠らなければ立派に飾れる!

今後も精進致せ!よいな!


(*^_^*)ボンサイノカミサマ ハジメテノワインニ ホロヨイカゲンデ オカエリデス  メデタシメデタシ
                                 


にほんブログ村


壱興窯「展示室オープン記念イベント」点描その3

イベント開始前、嵐の前の静けさ。
s-IMGP7075.jpg
しょうべいさんに樹種を書いて頂いています。
雑木の名前は複雑です、
念のためにスマホで確認中。

入口すぐ横のみさきさんの超ミニ盆栽軍団。
s-IMGP7088.jpg
この樹達を数本づつアップすれば
半月ほどブログ記事には困らないのでは!。
どアップで撮り忘れた。
(´・_・`) ザンネン

壹興鉢展示棚。
s-IMGP7089.jpg
銘木テーブルの上にはしっかりと時代の乗った非売品の壹興鉢と
ご自身の桐箱入り、月香さん、春嘉さん、壷堂さん他とのコラボ鉢
普段は滅多にお目に掛れないコレクション級の鉢がズラリと!。


みさきさんの席、      
s-IMGP7092.jpg
詳細を。
s-IMGP7280.jpg
s-IMGP7306.jpg
s-IMGP7278.jpg
今日の最初の失敗に気付く。トホホ
いつもならばここで釈放される筈の私の目ですが(笑)
隣には更に「清香会」N村さんの飾りが!。ハズキルーペを忘れたあ!!。
s-IMGP7294.jpg
精巧に彫られた七福神の個性的なお顔が見えない!。
ならばとカメラのレンズを交換して再挑戦!。
s-IMGP7261.jpg

まだ少し秋の気配が残る        (アケビと草)   
s-IMGP7099.jpg

冬枯れの樹々の森の中から       (龍神蔦と遠くには石化ヒノキ)
s-IMGP7272.jpg

今日のお祝いに七福神様が御出座しになったとか?。


黒松と花梨。 「植治園」 石井さんの席。
s-IMGP7105.jpg
s-IMGP7108.jpg
黒松の高台下に草を置いて十分な空間を使った三点飾りです。

一席として一枚の写真に収めてしまうと
私の拙い写真では樹達の個性が写らないのでは?と考え
なるべく樹を一本づつ撮る事にしています。

例えばこの席も。 白樹会会長 T中さんの席。
s-IMGP7111.jpg
一枚に収めてしまうとこんな感じです。
細部がつぶれてしまい樹種不明な樹があるかも知れません。
更に光線の具合によっては目障りな影も写ってしまいます。

プロは別室へ運び入れスクリーンの前で
ストロボを3~4灯発光させ写真を撮ります。
私達にそんな事は許されないのです。
(そんな高度な技術は当然持ち合わせていませんが)

主木の黒松。
s-IMGP7119.jpg

中段の唐楓と姫りんご。
s-IMGP7118.jpg

下段のキンズとクチナシ。
s-IMGP7117.jpg

ハネ出しの根上り五葉松と草。
s-IMGP7120.jpg
このように大きく撮った方が飾りの雰囲気は伝わり難いものの
樹々の個性や鉢写りのバランスが参考になるのではと考えています。

私達「松寿小品盆栽会」のS園さん、会長、私の席。
s-IMGP7378.jpg

S園さんの三点席飾りの主木の真柏
s-IMGP7121.jpg

寒グミと草。
s-IMGP7124.jpg

会長の席。
s-IMGP7383.jpg
今回はいつになく大き目の飾りでした。

私の席。
s-IMGP7384.jpg
何処かで見たような真柏ばかりです、
全て挿し木から作ってきました。

緑樹会N野さんの席。
s-IMGP7290.jpg
障子からの光線でシルエットになってしまいました。

壹興さんの席。
s-IMGP7291.jpg
カメラアングルが悪過ぎます、これも失敗か!。トホホ


全てが常滑周辺で
昔から壹興さんと知り合いの
盆栽愛好家ばかりの展示会でした。

壹興さんとはお互い紅顔の美青年の頃からの(笑)
お付き合いですが月日の流れは早いものですね。
こんなにも晴れがましい席にお誘い頂き嬉しい限りです。

尚、二つ目の失敗は会長以下の個別の樹々の写真を撮り忘れた事です。
交流会が始まるよ~と隣の部屋へ呼ばれ、
後で撮り直せば良いかと思いながらも
あまりの楽しさと撮るべきショットの多さにすっかり忘れてしまいました。トホホ

バカもんが!
盆栽写真のアップを遅らせたのは
この失敗を少しでも隠そうとした為のようじゃのぉ!!


(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマハ スベテ オミトオシダッタトハ



にほんブログ村


壹興窯「展示室オープン記念イベント」点描その2

交流会開始直後、愛好家の皆さんと歓談の壹興さんとみさきさん。
s-IMGP7245.jpg
東海三県は勿論の事、
静岡、大阪、京都、奈良からも、
少し遅れて日本で働くスリランカの方もお見えでした。

鉢作り当初の思い出話をされる壹興さん。
s-IMGP7186.jpg
写真手前、近代盆栽でお馴染みの「植治園」石井さんとの最初の頃の出会い話を。
s-IMGP7217.jpg
この後、インチキではない本当の鉢への時代の付け方と
塗り鉢や絵付け鉢の管理方法の詳細についての鉢談義を。

挨拶される白樹会会長。
s-IMGP7235.jpg

初期の一弘鉢を手に。
s-IMGP7236.jpg

会員のしょうべいさんも楽しそうです。
s-IMGP7197.jpg

な、な、なんと案内状にはなかった鉢の抽選会!。
s-IMGP7323.jpg
大盛り上がりです。

「当たったぞぉ~!」
s-IMGP7325.jpg

この皿には
s-IMGP7349.jpg
素晴らしい「打ち出の小鎚」の絵が!。
s-IMGP7350.jpg
元三さん米寿と。

壹興鉢も
s-IMGP7353.jpg
みさきさんの手から当選者へ。

最後に九谷の鉢ではなかったかなぁ?。
s-IMGP7373.jpg
満面の可愛い笑顔にこの写真だけはボツに出来ないな!と
悩みながらもアップしてしまいました。
ごめんね!ユ○ちゃん。

ここからは壹興さんの鉢作り実演です。

タタラ作りを実演中の壹興さん。
s-IMGP7407.jpg

愛好家の皆さんはスマホで動画を。
s-IMGP7462.jpg

ほぼ原形が。
s-IMGP7477.jpg

今度は角鉢の型作りを。
s-IMGP7515.jpg
鉢穴を開けて確認。

足四個を同時に作れるそうです。
s-IMGP7518.jpg

これは丸い鉢を。
s-IMGP7557.jpg
右手に絡めた丸い棒状の粘土が
まるで生きているかのようにスルスルと
石膏型の中へ入っていきます。

前掛けもたたまれ実演終了。
s-IMGP7580.jpg
足も二個付いていますが
本来は粘土の乾き具合を見て
翌日付けると話されていたような?。
実演の為にわざわざ付けられたのかな?。

あっという間の楽しい一日でした。

盆栽の写真はまだか!

(´・_・`)トホホ ワスレテイマシタ


現場に居た七福神さまから内密の情報も入って居り

カメラのSDカードに忍び込んで確かめておいた!

失敗は失敗じゃ!認めざるを得まい!!


((((;゚Д゚)))))))ワアオ~ ボンサイノカミマ スベテ ゴゾンジデス オソルベシ カミサマノ ネットワーク



にほんブログ村


壹興窯「展示室オープン記念イベント」点描その1

階段横の招き猫に迎えられて
s-IMGP7560.jpg

展示室に入ると
s-IMGP7078.jpg

正山さんへの賞状と瑞宝単光章の勲章額が。
s-IMGP7286.jpg

コーナー飾りには故・小口健一翁(号 寉竜庵)の色紙「心」が。
s-IMGP7274.jpg

隣の部屋には正山さん作の急須と常滑伝統工芸士 山田 元三さんの絵皿
s-IMGP7153.jpg
写真ではこの大きさが伝わりません。トホホ
席飾りに参加された清香会のN村さんにご協力頂きました。
s-IMGP7151.jpg
一体、何百人分のお茶が入れられるんだろうか?。

バカもん!ディスプレイ用じゃ!クレーンが要る

(*^_^*)カミサマ バテレンコトバヲ マスター サレタヨウデス


正山さん作の狸君達と壹興さんの落款各種。
s-IMGP7132.jpg

アップで。
s-IMGP7234.jpg

企業秘密の鉢型?。
s-IMGP7137.jpg
同、下段には足型も?。
s-IMGP7148.jpg
こんな写真を撮っても良かったんだろうか?。ソワソワ

この絵皿も壹興さんとのコラボ鉢もある元三さん画。
s-IMGP7314.jpg

ミニサイズがメインの陳列棚とネット通販「いっすんぼうし」のロゴ。
s-IMGP7387.jpg

15センチ程の小品鉢と右側にはもう少し大きな鉢が。
s-IMGP7080.jpg

休憩コーナーに何気なく置いてあったティッシュケース。
s-IMGP7157.jpg
ちょっと異質な感覚がして
勝手に分解(笑)してみると
s-IMGP7159.jpg
な、な、なんとこれも正山さんの作品でした。
s-IMGP7161.jpg
下にあるのが本体、焼き物でこんな暖かい質感が出せる物だろうか!。

元三さんとのコラボコーヒーカップ。
s-IMGP7315.jpg
マグカップ、
s-IMGP7316.jpg
徳利。
s-IMGP7317.jpg

こんな徳利でお神酒を飲んだら一層美味かろうのぉ!

次には頼んだぞ!

(*゚Q゚*)オヨヨ

ところで盆栽の写真が一枚も無いではないか!

ワンダーランドのような楽しさにすっかり撮り忘れてしまいました。
・・・・・
・・・・・・
ウッソ ピョーン。

バカもんが!
冗談はお前の顔と不細工な体型だけで十分じゃ!

盆栽の神様 本当に怒られたんだろうか?。クワバラクワバラ

ワッハッハァー お神酒次第では許してやっても良いぞ!

(;´д`) フゥー ヤレヤレ



にほんブログ村