FC2ブログ

「春風会」さんの展示会へ その4

IMGP9920.jpg

IMGP9923.jpg

IMGP9925.jpg

IMGP9928.jpg

IMGP9929.jpg

IMGP9930.jpg

IMGP9932.jpg

IMGP9933.jpg

IMGP9934.jpg

IMGP9938.jpg

IMGP9940.jpg

IMGP9941.jpg

IMGP9943.jpg

IMGP9944.jpg

IMGP9945.jpg

IMGP9946.jpg

IMGP9948.jpg

IMGP9952.jpg

IMGP9955.jpg

IMGP9957.jpg

IMGP9960.jpg

IMGP9962.jpg

IMGP9963.jpg

IMGP9965.jpg

IMGP9966.jpg

IMGP9968.jpg

IMGP9969.jpg

IMGP9971.jpg

IMGP9975.jpg

IMGP9978.jpg

IMGP9980.jpg



「写真は引き算」
今回も私好みの「樹」だけを撮るために
会員さんにバックを消すお手伝いをして頂きました。 感謝!!。


そして12月1日(土)~2日(日)には岡崎園芸センター マーシーにて
「春風会」秋の盆栽展が開催されます。

なんと!!10月、11月、12月と三か月連続なのです。

若い会員さんの情熱と気力と体力が羨ましい限りです。w( ̄o ̄)w






にほんブログ村



「春風会」さんの展示会へ その3

IMGP9869.jpg

IMGP9870.jpg

IMGP9871.jpg

IMGP9873.jpg

IMGP9874.jpg

IMGP9878.jpg

IMGP9880.jpg

IMGP9882.jpg

IMGP9886.jpg

IMGP9888.jpg

IMGP9889.jpg

IMGP9890.jpg

IMGP9891.jpg

IMGP9902.jpg

IMGP9901.jpg
なんと!この根卓、自作で粘土製だそうです。 
細部までマジマジと見入ってしまいました。

IMGP9897.jpg
そしてこれも自作、木製の根卓。
真柏のジンや舎利を彫って欲しい程の腕前です。

IMGP9904.jpg

IMGP9905.jpg

IMGP9906.jpg

IMGP9907.jpg

IMGP9908.jpg

IMGP9911.jpg

IMGP9913.jpg

IMGP9916.jpg

IMGP9917.jpg

IMGP9918.jpg

先日アップした真柏の前で
見知らぬ老人からこんな風に突然話かけられました。

『人間の欲望の為にこんな風に曲げられ
 こんな小さな鉢に押し込まれてしまってこの木が可哀想だ!」


私の返答。
(ムカッ!!!としながらも大人の対応として) (笑)

・この盆栽は恐らく挿し木後40年以上経ってる
・初期にこれに近い曲を付けられ、今日まで水と愛情をタップリ注がれ続けて来た!
・挿してくれた人からは離れたものの、この姿に惚れた人に迎えられた!
・今日まで何人もの手を経て、ここで晴れの舞台に立っている!
・例えば同じ時に挿された樹でもこれほどの見所のない樹であれば
 誰からも見向きもされずに、もう存在すらしていないかも知れない!
・この先もこの姿に惚れた人に受け継がれる筈です!運が良ければ何百年も!
・この樹にとってこれ程嬉しい事はない

以上のような事を冷静沈着にお答えしておきました。
どこまで理解して貰えたかは分かりませんが!。

盆栽の素晴らしさに気付かず(日本の全ての文化も含めて)
ボーっと生きてる日本人のなんと多い事か!!

チコちゃんも嘆いています。


ヽ(#`_つ´)ノ


ボーっと 生きてんじゃねーよ!




その4、ラストへ。


にほんブログ村

常滑「フル盆展」へ その2

昨日は以下の盆栽の中から私のイメージを膨らませ遊ばせて頂きました。
今回はオーソドックスな写真をアップします...
IMGP9338.jpg

IMGP9334.jpg

IMGP9332.jpg

IMGP9331.jpg

IMGP9329.jpg

IMGP9328.jpg

IMGP9322.jpg

IMGP9321.jpg

IMGP9320.jpg

IMGP9318.jpg

IMGP9316.jpg

IMGP9314.jpg

IMGP9313.jpg

IMGP9312.jpg

IMGP9311.jpg

IMGP9310.jpg

IMGP9308.jpg



小さすぎる画像で樹々の個性が表現できませんでした。 ザンネン
 


にほんブログ村


常滑「フル盆展」へ

ウェルカムボードに迎えられ
IMGP9482.jpg
右隅には黒猫もお出迎えしています

庭の大木の五葉松の
IMGP9526.jpg

根元には赤い実が
IMGP9351.jpg


茅舎に迎えられ
IMGP9503.jpg

手水鉢を過ぎ
IMGP9498.jpg

座敷の床の間を拝見
IMGP9484.jpg

鶴の遊ぶ庭の横には
IMGP9467.jpg

赤とんぼがハネを休め
IMGP9398.jpg

池から上がった蟹も紅葉を楽しんでいるのか?
IMGP9528.jpg

枯山水の滝の両脇にはピンクと
IMGP9518.jpg

赤い実が色を添え
IMGP9507.jpg

手前の庭にはリンゴの木が二本
IMGP9430.jpg
IMGP9521.jpg

クチナシの横では黒猫の親子が遊んでいます
IMGP9437.jpg
秋の風情満載の庭から

借景の真柏越しに海に目を遣ると
IMGP9390.jpg

のどかな磯には太公望が竿を出し
IMGP9475.jpg

蟹たちも波と戯れているようです。
IMGP9387.jpg

反対側の山には熊の母娘が冬眠に備えて
IMGP9458.jpg
「危険が危ない!」逃げなくっちゃ!!!(笑)

空想世界の大庭園に遊び 
IMGP9473.jpg
楽しい時間を過ごさせて頂きました。 感謝‼



あなたもこんな小さな盆栽の世界に入り込んで遊んでみませんか?。

展示会は明日までです。



にほんブログ村

収穫の秋

コーナーに飾ったアケビが色付いています。
IMGP9121.jpg
シティーボーイだった私には食感が合いませんでした。(笑)
去年の事がトラウマです。

展示の予備として控えていた樹達も見頃を迎えていますが
何時までもこのままではイケマセン!。

チョッキン!。
IMGP9188.jpg
木守りの実を一つ残し全て外しました。





可哀想じゃが樹の為だ!


キンズの実が見当たらぬが如何致した?


もう少ししたら採り蒔こうかと!。


お前の病気はもう治らぬようじゃ!


可哀想にのぉ!


(´・_・`) ボンサイノカミサマ アキレテオラレマス




にほんブログ村



展示会無事終了 

長老の山採り青ツヅラフジは今年も満艦飾です。
IMGP8879.jpg
我が家にも一緒に取りに行った樹がありますが相変わらず不作です。
私の手入れの何がイケナイのでしょうか?。トホホ


右から春嘉さん、若き愛好家、マーシー盆栽園主、会長。
IMGP8774.jpg

右から会長、春風会会員さん、会員、お客様。
IMGP8918.jpg
今日も一日中沢山のお客様にお起こし頂き
楽しい展示会になりました。

ありがとうございました。


昼食休憩から帰ると受付で
ブログだとかインターネットだとかの声が。
最初は何気なく聞いていたものの
ブログで知多市「梅の館」での展示会を知ってお見えになったとか。

それも関東地方にお住まいの息子さんに
見て来て欲しいと頼まれたとの事。

前日のブログでここの展示会を発信しているのは「みさきさん」と私だけです。
詳しくお聞きすると真柏がお好きで私の拙いブログを見て頂いているとか。

もし、あと少し時間がズレていたなら
極普通のお客様としてすれ違っていて
こんなにも素晴らしい出会いも無かったのではないでしょうか!。

いつも無責任で出鱈目な記事を発信していますが
こうして現実にお話をお聞きすると身が引き締まる思いです。

これも盆栽の神様のお引き合わせではないでしょうか?。


勿論そうじゃ!

心して記事を書くがよい!

感謝の気持ちのお供えを期待しておるぞ!

お下がりを楽しみに致せ!

安酒はイカンぞ!!


(*^_^*) ワァ~オォ~ オイシイオサケヲ オトモサセテイタダキマス ボンサイノカミサマ




にほんブログ村










展示会初日終了

会員(中央)と談笑中の壹興さんとみさきさん。
IMGP8746.jpg


お気に入りサイズ(会長の席)を撮影中のみさきさん。
IMGP8747.jpg
この大きさからは想像もできないような
持ち込みの古い樹がズラリと並んでいます。
この席を楽しみにご来場いただく愛好家のなんと多い事か!。

近隣の愛好家の皆様と盆栽談義に花を咲かせ
楽しい一日を過ごさせて頂きました。

又、私の真柏の植え付け角度について
思ってもいなかったようなアドバイスを頂き
一段と樹格が上がりそうです。
早速来春に植え替えるつもりです。

明日はどんな出会いがあるだろうか?。




にほんブログ村


展示会 準備完了

展示会場全景。
IMGP8733.jpg

IMGP8718.jpg

IMGP8716.jpg
午後から展示会の準備。
レイアウトが少し変わり、戸惑い気味ながらも
会員一同老骨にムチ打ち無事に飾り終えました。(笑)


明日からどんな出会いがあるでしょうか?。

会場にてお待ちして居ります。



にほんブログ村


岡崎「春風会」さんの勉強会へ

今日は久しぶりに晴れ間が、
そして夏の暑さが戻って来たかのような!。
IMGP6878.jpg
業務用の大きな扇風機の前で手入れ中の春嘉さん。


来月展示会デビューの会員さん。
IMGP6867.jpg
IMGP6865.jpg
展示のリハーサルを店長さんと。

ベテラン会員さんも三点飾りで。
IMGP6894.jpg
展示会本番には相応しい卓を合わされます。

手入れされて居らず、間伸びしてしまっています。
左側の枝をジンにする構想とか。
IMGP6887.jpg

この樹を「見ているだけでは退屈だろう」からと、
IMGP6891.jpg
プチ整姿を手伝わさせて頂きました。(笑)
IMGP6899.jpg
数年掛け右側の棚を充実させれば完成域です。

もう一本遊ばせて貰いましたが写真を撮り忘れ!。トホホ

第三日曜日は私たちの会も勉強会ですが
今月は展示会リハーサルの為に二週間順延です。
チャンスとばかりに岡崎まで。



にほんブログ村



春風会 臨時勉強会(黒松芽切り)へ

朝から久しぶりの猛暑でした。
早めに着いたので盆栽園の方で
クーラーの下「命を守る行動」でのんびりと休憩していました。

少し遅れて勉強会へ。
すでに若い人達の熱気が会場に溢れています。
IMGP5492.jpg

会員さんの黒松を手入れ中の春嘉さん。
IMGP5501.jpg

暑過ぎる会場でおやつのアイスクリーム片手に樹形構想検討中か?。
IMGP5524.jpg
マーシー盆栽園の園主さんです。

芽切り前の大懸崖黒松。
IMGP5490.jpg
手を添えていないと倒れます。

手入れ後。
IMGP5497.jpg
樹勢の乗り難い最下枝は枯れた小枝もあるそうで
今年は芽切りを見送り、中段だけの芽を切り、
強い樹冠部は一週間程後に切るとの事。

芽切り後。
IMGP5503.jpg
前の写真がありません。

芽切り前。
IMGP5506.jpg
先ずは枯れ葉を取り、
IMGP5510.jpg
新芽をチョッキン、
IMGP5515.jpg
芽切り後、
IMGP5519.jpg
もう少し右枝を伸ばしたいそうです。

この懸崖風黒松も、
IMGP5520.jpg
芽切り中、
IMGP5527.jpg
芽切り後。
IMGP5529.jpg

今日のお土産。
IMGP5539.jpg
盆栽園で鈴生りの岩ズルを発見、
涼しい作業場でゆっくりと整姿、実生りの枝を全周に配置。(下側が正面)
秋には不要枝と針金を外した姿で使えるか?。シメシメ

もう会場へ戻る気力も無くなってしまいました。



にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描 その6

IMGP5008.jpg

IMGP5010.jpg

IMGP5011.jpg
IMGP5012.jpg

IMGP5016.jpg

IMGP5017.jpg

IMGP5027.jpg

IMGP5028.jpg

IMGP5032.jpg

IMGP5035.jpg

IMGP5038.jpg

IMGP5046.jpg

IMGP5057.jpg

IMGP5058.jpg

この席の詳細を撮り忘れましたが
みさきさんが「緑樹展その3」で
樹種と鉢作者を詳しく紹介されています。
IMGP4861.jpg
尚、私が撮り損なった「超ミニメダカ」も写っていますよ。

おしまい...

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その5

直接確認してはいませんが
以下の鉢はほぼ自作鉢又はコラボ鉢ではないでしょうか?。
壹興さんとみさきさんの席ですから!。(笑)

IMGP4999.jpg

IMGP5000.jpg

IMGP5001.jpg

IMGP5002.jpg

IMGP5004.jpg

IMGP4997.jpg



ブログで掃除と透かしを迷っていたようですが
綺麗に掃除されていました。
IMGP4982.jpg

IMGP4984.jpg

IMGP4985.jpg

IMGP4987.jpg

IMGP4988.jpg

IMGP4993.jpg

IMGP4995.jpg





その6へ続く



にほんブログ村




「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その3

先日投稿のレンズでは表現出来なかった景色を探しに再度展示会へ。

超ミニ盆栽の上段をアップで。
IMGP5082.jpg



「春」
IMGP5169.jpg
遠景に花霞。

「夏」
IMGP5175.jpg
水面の波紋。

「秋」
IMGP5176.jpg
満天の星?。

「冬」
IMGP5183.jpg
雪空。

まだまだ寄りが足りない!。
更にマクロレンズで超アップを。

「春」 花見だんご
IMGP5227.jpg

「夏」 蚊遣り豚とうちわ、縁台の下に黒猫
IMGP5215.jpg
そして右上には風鈴が。
IMGP5235.jpg

「秋」 ススキと月見だんご 
IMGP5212.jpg
猫がだんごを狙っているのか?、目がランランと輝いているような。W

「冬」 カマクラと白うさぎ?
IMGP5210.jpg
金網の上の餅が膨らみ始めています。

全て手造りの超ミニ盆栽の添配です。
比較対象物を写してはいませんが
私の衰えた肉眼には過酷過ぎる精巧さです。
(;´д`)フゥ~

ここからは下段のみさきさんの飾りを。
IMGP5093.jpg

左側 上段の茅舍。
IMGP5241.jpg

中段左。
IMGP5244.jpg
草は極姫雪の下か?。

中段右…
IMGP5245.jpg
草はセキショウ?。

下段。
IMGP5194.jpg

右側 上段の滝石。
IMGP5256.jpg

中段左。
IMGP5252.jpg
実が生っています。

同 右
IMGP5249.jpg
蕾があるようです。

IMGP5248.jpg
左はツメレンゲ?。

時節柄にこやかなカエル達が迎えてくれました。
IMGP5268.jpg

IMGP5266.jpg

中にメダカが居るとの事ですが写真では確認できません。
IMGP5262.jpg
当然です。
メダカも超ミニなのです!。(笑)

IMGP5258.jpg
超ミニ盆栽遊び byみさき とのタイトル及び作者名がアウトフォーカスしてしまいました。

展示会初日に見逃した景色をやっと探し出す事が出来ましたが
私のつぶらな瞳(笑)やポンコツカメラには過酷な展示でした。


バカもんが!

下手なストロボで影まで出しおって!

露出の合って居らぬ写真もあるではないか!

ポンコツなのはお前の腕前だけじゃ!

(;´д`) トホホ ゴモットモデス ボンサイノカミサマ


その4へ続く


にほんブログ村






常滑 「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その1

今までは会員さんが腐心された飾りを完全に無視した
ブログをアップしていましたが今回は全体の席飾りから。
IMGP4862.jpg
ポンコツ標準ズームレンズでは詳細が写しきれない!。
よぉ~し、こうなったら明日は望遠マクロレンズを持って行ってやるぅ~!。
三脚も要るかぁ~?。

IMGP4844.jpg

IMGP4848.jpg

IMGP4849.jpg

IMGP4850.jpg

IMGP4851.jpg

IMGP4853.jpg

IMGP4854.jpg

IMGP4855.jpg

IMGP4856.jpg

IMGP4857.jpg

IMGP4858.jpg

IMGP4859.jpg

IMGP4860.jpg

IMGP4861.jpg

七夕の織姫と彦星のように私にとってはここがお約束の地なのです。(笑)
IMGP5117.jpg
「ウクレレしょうべい」の名前で地元FM局のDJやライブ、
施設慰問、書等で超多忙な日々をお過ごしです。
その中でこんなにも小さな盆栽を維持されています。
脱帽!。

明日 7月1日(日)も午前9時~午後4時まで
常滑市多屋公民館 0569-35-5349
常滑市大和町6-75 
で開催中です。

「緑樹会ミニ盆栽展」その2へ続く。


にほんブログ村




春風会「山野草とミニ盆栽展」点描その1

6/2(土)は一日中晴天で暑くなるとの天気予報。
出かける直前に丁寧な水やりをして
小さな鉢が心配ながらも岡崎へ。


個性的な真柏と掛け軸。
IMGP3518.jpg
分福茶釜と下部の紐が
IMGP3530.jpg
自作短冊の木と繋がっています。
IMGP3519.jpg
「狸の綱渡りの恩返し」の席です。
IMGP3534.jpg
席飾りの古い固定観念に囚われない楽しい席でした。
「雅風展」で分福茶釜を入手した時からの構想だったそうです。

自作短冊, 奥さんの飾り。
IMGP3548.jpg
細部を。
IMGP3540.jpg

IMGP3542.jpg

IMGP3545.jpg
いつもお二人仲良く展示されています。


急須を壁に掛けた山野草らしい飾り。
IMGP3515.jpg

IMGP3511.jpg

IMGP3507.jpg



黒松を実生から、真柏を挿し木から作る磯貝さんの席。
IMGP3549.jpg

駄温鉢、スリット鉢、三重のザルと太らせる順に入っています。
IMGP3562.jpg

上記用土9対1で梅雨時もタップリと施肥をされるそうです。
IMGP3560.jpg

後に隠れていたミニ杜松。
IMGP3566.jpg
写り難いからと前へ出してハイ・ポーズ・カッシャーン。

他にも無理を言って撮影させて貰いました。

いつも「勝手知ったる他人の家」のように楽しませて頂いています。

「春風会」の皆さんにとってはご迷惑でしょうが!!。(笑)

その2へ続く。


にほんブログ村






「春風会 春の小品盆栽展」 点描 松柏編

昨日はDIY小屋の修理を中断して岡崎まで。

真柏大好き人間として先ずは真柏、松柏から。
s-resizedIMGP1062.jpg

s-resizedIMGP1044.jpg

s-resizedIMGP0974.jpg

s-resizedIMGP1038.jpg

s-resizedIMGP1061.jpg

s-resizedIMGP1029.jpg

s-resizedIMGP1058.jpg

s-resizedIMGP1050.jpg

s-resizedIMGP1024.jpg

s-resizedIMGP1007.jpg

s-resizedIMGP1001.jpg

s-resizedIMGP0995.jpg

s-resizedIMGP0984.jpg
いくら雑木が苦手と言えども
チョット松柏に偏り過ぎたか!。(笑)

口直しとしてお土産の「丹頂草」をアップ。
ISO400 1/4秒 F8 ストロボ同調、6時30分過ぎの夜空をバックに。
s-resizedIMGP1088.jpg
欲しかったのは鉢だけで、
草は時代の乗った「美豊鉢」のオマケのようなものです。




にほんブログ村

岡崎「春風会」さんの勉強会へ

先週の「東海雅展」とブッキング、一週間遅れの勉強会でした。
私達も第三日曜日が勉強会で普段は出席する事ができません。
年に数回程こんなチャンスがあります。

会員さんがまだ誰も来ていない会場に春嘉さんと磯🐚さんが。
IMG_20180225_142147.jpg
黒松を実生から、真柏を挿し木から作るベテラン会員さんです。
今回はザルで肥培を掛けていた樹を足元の鉢に植え替えるとか。

この真柏や黒松を見せて貰うのが毎回楽しみなのです。

会員さんも三々五々集まり、植え替えが始まりました。
IMG_20180225_142153.jpg
IMG_20180225_142133.jpg

石化ヒノキを取り木で二本作るために
カッターナイフ片手に検討中の女性会員さん。
IMG_20180225_142347.jpg

切り込みを入れたペット鉢を持って最終調整中の春嘉さん。
IMG_20180225_143747.jpg

お邪魔する度に若い会員さんが増えていて羨ましい限りです。

数年前に若い女性会員が一人入会して
やっと最年少を卒業した私がブービー賞を貰う、私達の会とは雲泥の差が。
(;´д`)トホホ



にほんブログ村


最後の石灰硫黄合剤消毒

今朝、温暖な当地でも庭のバケツに氷が張っていました。
各地で大雪の被害が出ています。
出来ればこれが最後の寒波となって欲しいものです。
s-IMGP9425.jpg
今日はたったこれだけの消毒です。

前回の消毒時には真夏の水切れ防止用のこの浅鉢に入っていました。
s-IMGP9419.jpg
もう一度くらい、寒波が来るのではないか?と
根を切っての消毒を控えていました。
植え替え適期を控えた今、早めに消毒をしておかなければイケマセン。

アップしてみると何やら数種類のヒコバエが出ています。
s-IMGP9421.jpg
写ってはいませんが芽が動き始めた雪柳もあります。

シメシメ、強めの曲を付けて鉢上げします。
一年生苗のこんな時期の曲が幹が太った時に「見所ある芸」になるのです。
今日、消毒したこんな樹達のように!。

上の写真のまま寄せ植え風に。
s-IMGP9430.jpg
絞り込み過ぎ上部が開いてしまいました。
植え付け後、直しておきます。

写真にはなかった雪柳。
s-IMGP9429.jpg
自然な風情をそのままに。(針金はかけません)

写真の後ろ側にあった??の苗二本。
s-IMGP9436.jpg
s-IMGP9433.jpg
一番太い苗はもう思ったような曲が付けれません、
太らせた後で良い立ち上がりを探して取り木か?。

1㎜のアルミ線と殆ど同じ太さの??の苗二本。
s-IMGP9442.jpg
s-IMGP9440.jpg
この二本が楽しみです。
??の苗は海棠の類では?。


にほんブログ村


春風会「秋の盆栽展Part2」点描そのⅢ

牡鹿が空を見上げています。
s-IMGP6601.jpg

寒樹越しに何かあるのでしょうか?。
s-IMGP6600.jpg

満月を見ているようです!。
s-IMGP6599.jpg

そう言えば昨夜は「スーパームーン」で6月9日の満月と比べて
一割以上大きく、約3割明るく今年一番月が大きく見える夜でした。
次の満月は1月2日、来年中で最も地球に近く、
1月31日の満月では皆既月食が全国で見られるそうです。
s-IMGP6677.jpg
我が家のポンコツ300mmではこれが限度です。

腕前の方がもっとポンコツだと思うがどうじゃろうのぉ?

(;´д`)トホホ ボンサイノカミサマ ピンポンデス


s-IMGP6604.jpg
s-IMGP6605.jpg
s-IMGP6611.jpg
s-IMGP6612.jpg
s-IMGP6614.jpg
s-IMGP6615.jpg
s-IMGP6616.jpg
s-IMGP6617.jpg
s-IMGP6624.jpg
s-IMGP6625.jpg
s-IMGP6630.jpg
s-IMGP6626.jpg
s-IMGP6619.jpg

お終いです。



にほんブログ村


2017実生床 紅葉

企業秘密が隠された実生床(笑)が紅葉しています。
s-IMGP5999.jpg
キンズの根上りを作るべく実生床が準備してありましたが
他の種もついつい蒔いてしまったようです。(笑)、

一番背が高いのは姫美好か姫リンゴか?、赤く色付いたのはマユミか?。
s-IMGP6011.jpg

足元には立派(笑)な曲がついていますが、これも姫美好か?。
s-IMGP6015.jpg
主目的はキンズの根に 自然な面白い曲を付ける事です。
あと数年間はこのままの状態で!。

ばかもんが! キンズだけなら分からぬでもないが
   本能の赴くままに行動し居って!
       もう何を蒔いたかも忘れたようじゃなぁ 
           そろそろ初期症状が現れたか?


(;´д`)  トホホ


昨日、散歩のお土産「ハゼの種」です。
s-IMGP6041.jpg
歩いて10分程の山の斜面からこのまんまの姿で垂れ下がっていました。
盆栽の神様には内緒にしておこう!。

バカも~~ん

((((;゚Д゚)))))))オヨヨ


にほんブログ村


盆栽棚 清掃と配置替えPart2

翌朝、松柏類を水やり前に移動させ
s-IMGP5913.jpg
s-IMGP5914.jpg

空いた棚を掃除後に
s-IMGP5917.jpg

雑木類を移動させました。
s-IMGP5918.jpg

落葉や葉刈りの終わった樹達。
s-IMGP5968.jpg

縮緬蔓や長寿梅等の葉刈りの必要な樹達が残っています。
s-IMGP5970.jpg
まだまだ棚を汚す候補生達です。
暇を見つけて葉刈りしなければイケマセン。

ばかもんが! 
  明日できる事は明日に伸ばすじゃと!
    とんでもない思い違いを致して居るようじゃなぁ
     お前のようなジジイに明日は来ないかも知れんぞ!
盆栽の手入れだけは怠るでないぞ! 良いな!



。゚(゚´Д`゚)゚。 トホホ  ボンサイノカミサマ ボンサイヲ シンパイサレテイマス




にほんブログ村
   

盆栽棚 清掃と配置換え

北側の雑木棚が落ち葉で汚れています。
s-IMGP5870.jpg

この実生花梨も間もなく棚を汚す候補No1です。
s-IMGP5889.jpg
この後、紅葉もせずに葉の残っていた唐楓と共に葉刈り。

外した肥料と棚の上の落ち葉。
s-IMGP5905.jpg

水洗い掃除後に、一晩置いて乾燥させ
s-IMGP5909.jpg

翌朝、この真柏達を移動して、
s-IMGP5868.jpg
空いたこの棚を掃除した後でここへ雑木を移動させます。
掃除の度にこんなやり方を繰り返しています。

これだけの清掃と移動を一日で終了させるには荷が重いのです。
疲労が疲れて体調を崩してもイケマセン。
毎日が日曜日なのです!
明日できる事は明日の為に残しておくのです。
明日を楽しむ為に!


ワシもそう思うのだぁ~ これでいいのだぁ~」 バカぼんのパパ

お掃除は疲れるのよねぇ~ レレレのレ~」  レレレのおじさん

おフランスでもそんな事は常識ザンス シェー」  イヤミ


\(^o^)/ サンセイ タスウ



にほんブログ村



「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その7

IMGP3502 (640x524)
太らせずに作った黒松の幹がこれ程荒れるまでに
実生からどれ程の時間が必要だったでしょうか。
やはり盆栽は鉢古さ以上に勝るものは無いようですね。

IMGP3699 (640x422)

IMGP3703 (402x640) (402x640)

IMGP3705 (640x427) (640x427)

IMGP3700 (640x479) (640x479)

IMGP3701 (640x492) (640x492)

IMGP3572 (640x427)

IMGP3756 (640x427)

IMGP3758 (427x640)

IMGP3748 (640x427)

IMGP3745 (640x427)

IMGP3746 (640x427)

展示会二日目のお土産。
N師匠作の楓石付き、これも付けてから9年程か?、プチ整枝しました。
IMGP3823 (640x427)
石の両側に根芸を見せ、少し傾けこんな樹形でどうでしょうか?。

いつもは遊べる改作素材ばかりを探していますが
この角度で鉢を替えて飾る準備をします、
大きなカテゴリーではこれも改作といえるかも。(笑)
やはり掘り出し物はまだまだ残っていました。
IMGP3785 (640x427)
鉢底にも針金の先端でケガをしないよう細心の配慮がなされています。

反対側から女性のバックパッカーが。
IMGP3674 (640x427)
昨日のバックパッカーとのドラマが始まるかも?。(笑)

おしまい



にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その6

IMGP3539 (640x427)

IMGP3602 (640x427)

IMGP3604 (640x427)

IMGP3607 (640x427)

IMGP3760 (640x427)

二日目のクチナシの花。
IMGP3763 (640x427)
右側の花は開花直後ですね。
即売品のクチナシの花とあわせて会場を甘い香りで包んでいました。

山石鉢(盆 裁男さん作)
IMGP3709 (640x427)

IMGP3750 (640x427)

昨日の楓石付けの詳細を
IMGP3611 (640x427)
IMGP3612 (640x427)
IMGP3609 (640x427)
IMGP3615 (640x427)
IMGP3613 (640x427)


何を見ているのでしょうか?
もう一人のバックパッカーが立ち止まっています。
IMGP3678 - コピー (640x427)


つづく


にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その4

IMGP3563 (640x427)

IMGP3561 (640x427)

IMGP3562 (640x427)

IMGP3565 (640x427)

チョットピンぼけ、トホホ。
IMGP3566 (640x427)


「ボケて居るのはお前の方ではないのか!」

(´・_・`) ワァヲー マサカ コンナトコロニ ボンサイノカミサマガ オデマシニナルトハ


IMGP3567 (475x640)

IMGP3649 (640x427)


IMGP3641 (640x427)
この飾りの短冊をアップで。+
IMGP3642 (427x640)


散歩道を歩き疲れてチョット休憩中?。
IMGP3684 (640x427)
これもピンぼけ!、トホホ。


つづく



にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その3

IMGP3707 (640x427)

上の小さな茶器だけをアップで。
IMGP3513 (640x427)

真っ赤な桑の実です。
IMGP3514 (640x427)

流石に地元です、ここにも水上義介鉢が!。
IMGP3516 (640x427) 



IMGP3574 (640x427)



地元FM局でDJやウクレレ演奏と歌で施設慰問等で大活躍の「しょうべいさん」です。
忙しすぎて水やりの時間が取れるのか心配になります。
肖像権フリー(笑)だからとブログ掲載の許可を頂いています。
IMGP3739 (640x427)
ご自身の飾りの前で満面の笑顔を頂きましたが
愛樹達が隠れてしまいました、細部を。
IMGP3549 (640x427)
IMGP3545 (640x427)
IMGP3556 (640x427)
IMGP3546 (640x427)
IMGP3547 (640x427)
IMGP3551 (640x427)


犬達も仲良しの散歩友達か?。
IMGP3681 (640x427)

つづく



にほんブログ村

「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その2

展示会二日目は開場前に到着。
会員の皆さんと一緒にモーニンングコーヒーを頂きました。アリガトウゴザイマシタ
IMGP3691 (640x427)

先ずは私の大好きな真柏から。
IMGP3523 (640x427)

IMGP3711 (640x427)

IMGP3524 (640x427)

IMGP3518 (640x427)

IMGP3525 (640x427)

IMGP3585 (640x427)

IMGP3588 (640x427)

IMGP3570 (640x427)

IMGP3553 (640x427)

IMGP3554 (640x520)

IMGP3555 (577x640)

常滑の幻の鉢作家 水上義介の 辰砂釉鉢。
IMGP3558 (640x427)
半世紀以上前の作だとか。

草をアップで。
IMGP3560 (640x427)

「常滑焼き物散歩道」のマスコット招き猫「とこニャン」の前を歩くバックパッカー。
IMGP3688 (640x427)

再訪の目的はこのフィギュアを撮る事だとブログには書いておこう。
(本当はミニ盆栽の写真も露出ミスや手ぶれの写真が沢山あったのです トホホ)

つづく



にほんブログ村

常滑 壱興さんの「緑樹会ミニ盆栽展」 点描その1

今日は薄曇り、盆栽人にとっては絶好の外出日和!。
常滑での壱興さんの「緑樹会ミニ盆栽展」へ

みさきさんのPRコーナー。
IMGP3663 (640x427)

下段の「招き猫がある常滑散歩道」風景。
IMGP3665 (640x427)

虫メガネが置いてあるものの
私の下手な写真では人形の表情が写らない!。
IMGP3617 (640x427)
よぉーしぃ!
 こうなったら明日はマクロレンズを持って行ってやるぅ!



この飾り、左下の石付け唐楓を
IMGP3655 (640x427)
アップで。
IMGP3498 - コピー (640x426)
ハンドモデルはみさきさん。

即売コーナーにあった9年前のこの樹の作業時の写真。
IMGP3636 (640x427)
表裏反対の写真ですが
下の写真は石に付けた時、上は少し後の姿。

大賑わいの即売コーナー。
IMGP3629 (640x427)
展示会は明日まで、まだまだ掘り出し物も沢山ありますよ!。

尚 「緑樹会ミニ盆栽展」点描は今後数回に分けてアップする予定です。

PS
今日のお土産。
IMGP3666 (640x427)
赤い線で切り返すのも良いとは思いますが
ぶった切りの傷が目立つのでは?。
反対側に樹芯用の良い枝があり、より小さく作れます。

反対側から。
IMGP3673 (640x427)
主要な枝に針金を掛け。

芯を立て、右枝用に伏せて未来予想図。
IMGP3669 (640x427)
反対側の後枝を芯として立てれば
キズも後側に隠せてコケ順の景色もこっちの方が勝るのでは?。



にほんブログ村

岡崎 春風会「ミニ盆栽と山野草展」点描その1

ウエルカム展示の一部。
IMGP3306 (640x427)
間もなく傘を差しても水やりをしなければいけない季節ですね。

昔は若かった人達で大賑わいです。(笑)
IMGP3328 (640x427)

私が釘付けになったコーナーです。
IMGP3323 (640x427)
挿し木から即展示可能な20年生程の樹がズラリと!。
少し前に黒松で同様の展示をされていました。

改作の検討中?。
IMGP3201 (640x427)
右端が春嘉さん。

こんなにも素晴らしいPOPが‼。
IMGP3335 (640x427)

遠慮なく頂いて来ました。アリガトウゴザイマシタ
IMGP3341 (640x427)

ご本人は明日のレースの検討に余念がありません。(笑)
IMGP3334 (640x427)

そして一人静かに五葉松に針金掛け。
IMGP3331 (640x427)


おっと!肝心な展示品の写真を忘れています。(笑)



にほんブログ村

注射器を持って棚の巡回を

ブログにアップするまでも無いような手入れがしてあった樹の巡回です。
IMGP2624 (640x427)
決して使い道の危険がアブナイ!注射器ではありません。(笑)
100均の化粧水などの詰め替え用です。

数か所に取り木を掛けてある姫ライラックの水苔に、
IMGP2625 (640x427)
潅水だけでは水が行き渡らない可能性も。

マユミに。
IMGP2629 (640x427)

ニオイ楓に。
IMGP2636 (640x427)
すでに発根しています、秋まで待って切り離します。 シメシメ

黒松の接ぎ木に。
IMGP2626 (640x427)

立ち上がりに皮の荒れる黒松の小枝を接ぎ。
IMGP2627 (427x640)
アップで! 、元気に伸びています、成功したようです。
IMGP2628 (640x427)
IMGP2630 (640x427)

残念ながら穂先の伸張が見られません。
IMGP2631 (640x427)

糸魚川真柏に衣替え中です。
IMGP2634 (640x427)
穂先は順調に伸びています。
(*^_^*) ホッ

しばらくは水やり後にこんな点検が続きます。


にほんブログ村

マザーローテの取り木と樹形構想変更

先日投稿のハイビャクシンの園芸品種たぶん「マザーローテ」です。
樹形構想を変更して取り木と接ぎ木で改作します。
IMGP2614 (640x427)
右枝が長過ぎて樹姿が作り難くなっています。

コピー用紙で隠し、樹形の検討。
IMGP2616 (640x427)
間延びした枝元に接ぎ木が必要か?。

環状剝離し、
IMGP2618 (640x427)

取り木の完了。
IMGP2621 (640x427)

そしていつもの未来予想図。
IMGP2616 - コピー (2) (640x427)
来春、効き枝の懐枝用として接ぎ木をし、
枝先が充実して枝元を隠せば模様木の完成です。 

取り木が成功したとして、
IMGP2612 (427x640)
取れたとしてもこの曲ではどうしょうもないのでは?
文人木風なこんな樹形でどうでしょうか?。
メデタシメデタシ!



にほんブログ村

檜系園芸品種 マザーローテの整姿

「真柏」として少し前に貰いましたが少し特徴が違うようです。
IMGP2555 (640x427)
先日、園芸センターで「マザーローズ」との表示の樹に出会いました。
この樹と同じような特徴をしています。
ググってみるとハイビャクシンの園芸種で「マザーローテ」ではないかと?。
品種名を重視する人達にとっては一大事です。(笑)
「マザーローズ」を検索すれば必ずバラが出ますから!。

閑話休題、整枝してみます。

効き枝をそのままの位置で整枝。
IMGP2561 (640x427)

同、大懸崖風に鉢底から絞って。
IMGP2562 (640x427)
少し弄りすぎたようです。
懸崖枝が目立ち過ぎ主幹が霞んでしまいます。

植え替え後。
IMGP2586 (640x427)
将来的には差し枝を半分ほどに短くした方が良さそうですが
今日の所はここまでに!。

主幹と差し枝の太さのバランスが逆転しています。
本来主幹だったはずの差し枝にシャリを入れ
細い水みちに加工して主幹とのバランスを取る必要がありそうです


にほんブログ村   

東海地方TV放送 「ミニ盆栽」のお知らせ

5/20(土) PM 3:30 ~ PM 4:00
地デジ 101  テレビ愛知

極上ライフ おとなの秘密基地 ♯56 「ミニ盆栽」

今回は「ミニ盆栽」。

手のひらサイズの盆栽を愛する世界とは?。

番組概要1
「車」や「カメラ」などの趣味を楽しむ大人たち。
その驚きの世界やこだわりの技、
好きだからこそ語り合える仲間が集う
「上質な空間」とその交流を紹介します。

番組概要2
人生の喜びを追求する、大人のための「知的好奇心」追求番組です。
毎回一つのテーマにまつわる歴史や
そのモノを通して、人生の豊かさや幸せを考えます。


以上地デジの番組表から。

楽しみです。早速録画予約しました。


にほんブログ村

廃品利用の接ぎ木 色々

実生黒松の立ち上がりに 皮が良く荒れる黒松を接いであります。
IMGP2524 (640x427)
穂先が元気にモッコリ!と立ち上がり始めました、接ぎ木の成功です。

私も昔はこれ位元気でしたが!。(笑)

保湿ドームの中には何やら秘密の気配が!。
IMGP2529 (640x427)
上部の穴は湿気が逃げないようにテープで塞いであります。

取り木黒松で不要になった根に これも皮が良く荒れる黒松の小枝を接ぎました。
IMGP2538 (640x427)
穂先が元気に伸びてきています。
実生と違い、確実に良い性を受け継ぐ事が出来ます。

「ワンコイン真柏Ⅰ」のM字開脚(笑)の根を切り取り
本体整枝後に急いで糸魚川性真柏を接ぎました。
IMGP2532 (640x427)
作業時より穂先が伸びているようですが。

挿し木真柏4、5年生の幹に大野性杜松を接ぎました
IMGP2535 (640x427)
星印中央の新芽が元気です。
まだ完全に成功したとは確信できませんが!。

杜松に真柏を接いで「杜松真柏」が実在するのなら
真柏に杜松を接いで「真柏杜松」が在っても良いのではないか!!と。
切り捨てられるはずの穂先を接ぎました。

「環境の為にもゴミを減らす心掛けは賛成ザンス シェー」
「私の仕事も減らせるのねぇー レレレのレー」
「ワシも賛成に反対しないのだ! これで良いのだぁ~!」

(´・_・`) オヨヨ


にほんブログ村

不明樹種を作者不明鉢へ

昨日投稿の樹種不明の樹です。
IMGP2424 (640x427)

駄温鉢から抜くと、何の芸もない小枝の上下に発根、発芽したようです。
IMGP2433 (640x427)
しかし、一体何の小枝を挿したのやら!。トホホ

チョークを擦り込みましたが何と読むのやら!。(真か?)
IMGP2429 (640x427)

立ち上がりを隠すようにコケを張り 植え替え終了。
IMGP2437 (640x427)
中心部がストロボで光ってしまいましたが面白い窯変です。

「入手経路不明で作者不明の鉢に樹種不明の樹を植え、
     意味不明の記事を存在すら不明のお前が書いたようじゃなぁ 
         ただ単に詳細を忘れただけの事じゃがのぉ 
             アル中ハイマーが相当進行中のようじゃ ワッハッハァ~」

(´・_・`) フゥー ボンサイノカミサマハ クワシイコトヲ スベテ ゴゾンジ ノ ヨウデス


にほんブログ村