FC2ブログ

黒松 芽切りほぼ終了

先日投稿した下枝の枯れた黒松です
IMGP5402.jpg

IMGP5409.jpg
中央にあるような弱い芽を残して一度芽切りにしました

反対側から
IMGP5411.jpg
迷木に表裏なし!
こっち側でも使えるように整姿したいものです

この黒松は30年程前にこの地方の展示即売品を入手したものです
先日「みさきさんのブログ」にアップされた
「N師匠の知多黒松」と同じように縦割れの幹肌を見せています
Web上の写真をコピーする術を知らず
ここへ並べる事も叶いませんが
この樹も「知多黒松」かもしれません

この地域で作られた黒松も扱う業者のブランド力によって
「三河黒松」として流通してしまったとの話を聞いた事があります
今となってはこの樹の素性を知る由もありませんが
今後も大切に持ち込みたいと思います

連日切った黒松の芽です。
42㎝径のポリバケツ七分目程か?
IMGP5379.jpg
ブログにアップ出来るような黒松はこれでほぼ終わりました ヤレヤレ

今年はどんな夏になるのか?
二番芽が順調に吹いてくれる事を願うのみです



にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 芽切り

八房の黒松だと思います。
IMGP5310.jpg
一見出来上がったように見えますが
単に団子状になっているだけで
基本のコケ順も枝棚もできていません。

裏面。
IMGP5312.jpg
中間部のジン付近が出っ腹になっており正面にはできません。

下から。
IMGP5311.jpg
無駄な芽が多く出ています。

主に枝の先端部の芽を残し、
IMGP5317.jpg

芽の強弱を一切無視して一度芽切りでチョッキン。
IMGP5318.jpg
裏面。
IMGP5320.jpg
さてどんな二番芽が吹いて来るでしょうか?。


こんな記事は何の参考にもなりません。

すまんのぉ~

笑えよ~

こんな芸風の漫才師さんも先月亡くなってしまい
昔楽しませて貰った芸人さん達も少なくなってきました

昭和も遠くなりにけり!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 芽切りと正面変更の樹形構想

実生10年程の樹です
IMGP5251.jpg
太らせる事を考えずジックリと小さな鉢で持ち込んでいます

足元のコケを掃除していて気付きました
IMGP5253.jpg
ここに良い立ち上がりの景色がある!と

左右最下枝を動かすと幹上部に更に景色が現れました
IMGP5257.jpg
現時点の樹高は約11㎝ですが秋に短葉を整姿すれば10㎝以内に収める事も可能か?

次回の植え付け角度構想
IMGP5266.jpg
もう少し左へ傾けるなら立ち上がってしまう幹を伏せ
僅かながらも樹高を抑えておいた方が良いか?

鉢底から幹上部を絞り込みました
もう少し絞り込みたいところですが
左側の用土が浮き上がってしまいました
IMGP5367.jpg
用土を押さえ右最下枝の小枝を一本外し

今日んとこはこん位にしといたるわぁ~
(´・_・`)トホホ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 芽切りと葉すぐり

懐付近の弱い芽だけを残し
IMGP5348.jpg
全ての芽を切りましたがこれからが大変です。
IMGP5344.jpg
芽切りだけなら超簡単な作業ですが
芽の強弱に合わせて葉を透かさなければイケマセン
これが結構面倒くさいのです フゥ~ ヤレヤレ

葉透かし手入れ後の樹姿。
IMGP5368.jpg
十分に透かしたつもりですがまだまだか?。

近くの公園でセミが鳴き始めました。
黒松を急いで仕上げなければ!!

先月末から一本ずつの樹形構想を考えながら
準備するべき時期でしたが黒松にとっては
この10日間の不在は痛かった!
(;´д`)トホホ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


超ミニ黒松 芽切りと未来予想図

実生から作ってきた根上がり黒松です。
IMGP5236.jpg
鉢 茶山丸 5×5㎝

チョッキン。
IMGP5237.jpg

反対側から。
IMGP5238.jpg
根芸はこっち側も面白いか?。

しかし曲の奥行はこのままの左流れが正解です。
IMGP5239.jpg
植え付け角度の調整や針金で胡麻化しましょうか。

幹の曲を強調してあった樹です。
IMGP5242.jpg
鉢 英明丸 5.5×2.5㎝

まだ効果が無かったか?。
IMGP5243.jpg

絞り込み調整が容易なアルミ線で。
IMGP5246.jpg
次回の植え付け角度は引き根を活かしたこれ位が面白いかも?。

未来予想図。
IMGP5329.jpg
軸を少し伸ばし幹芸を強調した方が良さそうです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 芽切り

黒松芽切り今年最初の一本です。
IMGP5205.jpg
樹冠部の数本以外樹勢は整っているようです。

芽切り後。
IMGP5219.jpg
左右最下枝の懐芽数本を残しましたが
まだ樹冠部が重いか?。

この枝が不要のようです。
IMGP5225.jpg
車枝状に出た一番太い枝です。
放置すればこの付近のコケ順を失くしてしまいます。

チョッキン。
IMGP5226.jpg
上の枝を被せればここはカバーできます。

切り取った小枝。
IMGP5229.jpg

再点検。
IMGP5230.jpg
展示会前に整姿すればこんな樹でも
「それなりの樹姿」を見せてくれる筈です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 下枝が枯れる

留守中に最下枝が枯れてしまいました。
以前から樹勢を落としており心配してはいましたが!
IMGP5174.jpg
入院中は女房殿に水やりを頼んでいましたが
梅雨時という事もあり一本の樹も枯れる事がありませんでした。(感謝)

枝元まで十分に荒れた小枝ですが
枯れたものはしょうがない。
IMGP5182.jpg

立ち上がりも十分に荒れてはいますが、
IMGP5179.jpg
向こう側が見える程に皮が浮き上がってしまいました。
IMGP5186.jpg
その内にポロリと剥がれるかもしれません。 オロオロ

チョッキン。
IMGP5190.jpg
ジンに削り出しました。
真柏のように舎利芸を入れる事も出来ない枝でした。
今となってはただの「芸のないバカジン」です。
いっそ枝元まで切るか!。

もう芽切りを始めなければならない時期です。
一度で切るか?二度に分けるか?
一本ずつの個性を確認しなければイケマセン。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松実生苗 超ミニ樹形構想

曲が付けてあった苗を更に絞り込みました。
全て手入れ前の写真がありません。
IMGP4836.jpg

IMGP4837.jpg

IMGP4843.jpg

この苗だけはまだ犠牲枝が残っています。
IMGP4845.jpg

立ち上がりが水ゴケで保護してあります。
IMGP4840.jpg
裏面。
IMGP4839.jpg
水ゴケを退けて。
IMGP4841.jpg
どんな根芸が隠れている事やら。

実生後数年掛けて付けてあった曲の可動部分を更に最大限絞り込みました。

勝算があって曲げた訳ではなく
植え替え時に骨に合わせて樹形構想を考えます。

植え替えが楽しみです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松実生苗 超ミニ樹形構想

立ち上がりだけは一丁前の黒松です。
IMGP4777.jpg
このままでは使い物にならなくなります。
いや、もうなってます(笑)

右側の枝二本をチョッキン。
IMGP4779.jpg

左側の枝をチョッキン。
IMGP4781.jpg

後枝もチョッキンしなければ。
IMGP4782.jpg

曲の内側へ垂れ下がった枝も,
IMGP4783.jpg
チョキン。
IMGP4784.jpg

邪魔な枝を全て外し再チェック。
IMGP4785.jpg
幹上部のコケ順がなく面白くありません。

奥の小枝まで追い込みましたが
これでは将来コブになり見苦しくなります。
IMGP4788.jpg

そして手入れ図。
IMGP4796.jpg
後枝用の小枝を誤って落としてしまいました。トホホ

未来夢想図。
IMGP4795.jpg
左枝を樹芯部に立替え、もう一段追い込む樹形構想もアリか?。







悩んでいます!













チョッキン!
IMGP4835.jpg
これでいいのだぁ~

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 実生苗 樹形構想その1

この実生苗が目に留まりました。
IMGP4757.jpg

表土を一段掻き出すとそれなりの根芸があります。
IMGP4760.jpg

左側から指で追い込んでみると更に景色が見えてきました。
IMGP4763.jpg

根の芸を消してしまってもイケマセン、
立ち上がりには緩く針金を掛けました。
IMGP4767.jpg

表土を戻して手入れ終了。
IMGP4768.jpg
矢印二本を走らせ太りを得た後に
赤丸内の数本の新芽を役枝として
「根上がり懸崖」が作れたらと考えています。
と、ここまで書いて樹姿の最終チェック。
面白くありません!。
厳しさが足りないのでは!。

最終図。
IMGP4773.jpg
絞り込みの邪魔になる下枝を外し
犠牲枝の小枝をスッキリさせ新芽への日照を確保。

嫌味と取られそうな幹に纏わり付く根も景色となるか?。


嫌味はファンタスティックな個性ザンス!  シェー!  

(;´д`)オヨヨ
久しぶりにイヤミに褒めて貰えました
ちょっと意味不明ですが(笑)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 害虫発見!

寄せた黒松苗を点検し樹形構想を考えていると
IMGP4225.jpg
反対側。
IMGP4252.jpg

松葉の中に害虫発見。
以下、閲覧注意!
IMGP4232.jpg
IMGP4233.jpg
IMGP4241.jpg
IMGP4242.jpg
ここには二匹も。
IMGP4248.jpg
写真撮影後に即ギロチンの刑に処しました。


IMGP4254.jpg
雨上がりには害虫も活発になります。

他の樹達も「殺虫消毒」しなければイケマセン。

夕方に散布出来るようにマラソン乳剤を1000倍に薄めてから
「三時のおやつ」と「お昼寝タイム」。(笑)

日中の炎天下で薬害が出てもイケマセンから。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松苗 樹形構想色々

今日も棚から一笊持ってきて将来の樹形を検討します。
IMGP3809.jpg

草ボーボーのこの苗は、
IMGP3821.jpg

犠牲枝を白印の位置で切るとキズが裏面に回り隠せます。
もう少し幹を太らせてからになりますが。
IMGP3824.jpg
立ち上がり強調用に鉢縁を切り取り絞り込んでおきました。
IMGP3825.jpg

この苗も、
IMGP3833.jpg
同じく立ち上がり強調用に絞り込みました
IMGP3834.jpg

樹芯候補の小枝が幹の下部から出ています。
IMGP3839.jpg
針金で幹を回転させ
上部へ少しだけ移動させました。
IMGP3842.jpg
植え替え時に角度を調整すれば樹芯候補として使えます。

二本の太根が出ていては模様木にはなりません。
IMGP3848.jpg
鉢から抜くと個性的な根が出てきました。
IMGP3849.jpg
ラフィアで縛りこんな角度で植え替えておきました
IMGP3855.jpg
根芸を見所にした懸崖樹形が作れそうです。

去年秋から鉢底より絞り込んであった苗も
IMGP3856.jpg
立ち上がり付近に将来の役枝候補が沢山出ています。
IMGP3859.jpg
この芽達が日陰になってもイケマセン。
上部の犠牲枝の脇芽を外し一本だけにしました。
IMGP3861.jpg

この苗は立ち上がり付近に芽がありません。
このままでは駄木街道一直線です。
かと言って もう細かな曲は付けられません。
IMGP3829.jpg
表面の用土を退かすと良い曲があります。
IMGP3830.jpg
来春、ここへ良く荒れる性の芽を継ぐことにします。

この苗の裏面の、
IMGP3815.jpg
ここに小さな芽が吹いてきました。
IMGP3816.jpg

この苗にも
IMGP3843.jpg
ここに爪楊枝に毛の生えたような胴吹き芽が。
IMGP3845.jpg
この小さな胴吹き芽で幹を作れば十分なコケ順を持った樹が作れる筈です。

ウソやろ~!

爪楊枝に毛ぇ~が生えたら使い難ぅ~てかなわんがなぁ~!

そんな奴おれへんでぇ~


(*^_^*)オヨヨ
盆栽の神様 上方漫才がお好きです 
発音がネイティブではありませんが


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

超ミニ黒松 その後

以前、消化不良のままにアップした黒松達です。

このままでは面白くありません。
IMGP3700.jpg
幹の下部から出た小枝を全て外し絞り込みました。
IMGP4006.jpg
幹芸がより強調されたのでは?。

なんとなく間延びした印象が。
IMGP4004.jpg

裏面より。
IMGP4009.jpg
中間部の曲を絞り込んで。
IMGP4008.jpg

更に鉢底から幹を絞り込んで。
IMGP4032.jpg
「こんなん出ましたぁ~」 チョット古いか!。(笑) 


この樹は幹芸が隠れてしまっています。
IMGP4014.jpg

プチ整姿後。
IMGP4016.jpg
これなら一丁前の姿では?。

この樹は、
IMGP3695.jpg
枝先に針金をかけ、
IMGP4034.jpg
幹を絞り込んでおきました。

超ミニなら僕らにも資格がある筈だから
仲間に入れてよぉ~!と下級生達が参戦。
IMGP4019.jpg
IMGP4013.jpg

二本とも鉢底から絞り込み、
幹の芸を強調しておきました!。 
IMGP4022.jpg
IMGP4028.jpg
小さな樹は鉢からこぼれ出るようなこんな樹形が面白い。


貴方ならこの樹達のどの枝をどう生かした
どんな未来予想図を描きますか?。

姿が出る直前のこんな段階が悩みながらも一番楽しい手入れです!



にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松苗 樹形構想色々

この黒松苗の針金が食い込み初めています。
IMGP3727.jpg
針金を外し、曲の内側から出た小枝を外しました。
IMGP3751.jpg
右側の樹冠部用の枝との距離が長すぎるか?。

立ち上がりとこの芽だけを活かすこんな構想が良いかも。
IMGP3758.jpg
太らせる為に犠牲枝として先端部を走らせましょうか。

この苗は中間部の直線が太り過ぎコケ順が無くなりました。
IMGP3754.jpg
ここが最大の欠点です。

チョッキン。
IMGP3898.jpg
後枝を立て替えカットパスタで保護。
片根状態に見えます、解消の為には
取り木か?根を接ぐ事も考えなければイケナイか?。

ここまで書いてスルー出来なくなり、
再度庭へ出て手入れの続きを!。

鉢から抜き前方の絡んだ根を丁寧に解し、
割り箸を挟み込んで根張りを矯正。
IMGP3918.jpg
更に後根も八方根張りになるように矯正。
IMGP3923.jpg
矢作砂主体の用土で植え替えて手入れ終了。
IMGP3927.jpg
取り木では立ち上がりの個性が消え、
根接ぎは未熟な腕前で失敗してもイケマセン。トホホ


去年の芽切以降の手入れが一切してありません。
IMGP3740.jpg
不要な芽を外し、
IMGP3743.jpg
立ち上がりからの芸を活かしこんな樹形か。
IMGP3745.jpg

雑草に花が咲いています。
IMGP3733.jpg
アップで。
IMGP3735.jpg
幹を絞り込んであった針金と団子状の小枝を外し、
IMGP3736.jpg
針金を掛け樹冠部と後枝用に配しておきました。
IMGP3739.jpg
幹への針金掛けはこれが最後では?。


バカめ!

草に花まで咲かすとは!

お花畑はお前の脳ミソの中だけで十分じゃ!

(;´д`)トホホ
申し訳ございません 盆栽の神様


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


黒松苗 懸崖構想

実生数年のこんな苗があります。
IMGP3711.jpg
ここを正面で作ってきました。

裏面。
IMGP3713.jpg

幹芸を隠すローソク芽をチョッキン。
IMGP3715.jpg

同じく左側の芽も。
IMGP3716.jpg

写真中央の小枝も前へ出過ぎています。
IMGP3718.jpg

チョッキン。
IMGP3719.jpg

流れと反対側へ出る小枝も切ります。
IMGP3720.jpg
コケ順を作る為の手入れです。


太く、大きくしたい樹はキズを厭わず犠牲枝を走らせますが
ミニ盆栽はこの時期の一番大切な手入れです。
コケ順のない枝は将来必ず外す事になり
少しでも早いに越した事はありません。

幹を鉢底から絞り込み未来予想図。
IMGP3721.jpg
枝葉が茂ると幹芸が隠れてしまうか?。 

表裏変更の未来予想図。
IMGP3723.jpg
最下枝だけを後枝用に配り
残り全ての枝を正面側に作れば幹芸も生きるのでは。

なんだか昨日の超ミニ真柏と同じような
超ミニ懸崖黒松になりそうです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 ローソク芽を折る

ローソク芽が伸びてきました。
IMGP3797.jpg
このまま伸ばして下枝とのバランスがこれ以上崩れてもイケマセン。

ポッキン。
IMGP3806.jpg
左最下枝の新芽に力がありません。
芽切り時期までに伸びて欲しいものです。


これだけでは記事としては寂しい!。
オマケとしてPS。 

香丁木が咲き始めました。
IMGP3783.jpg

アップで。
雑木とは思えないような舎利幹を持っていますが
この樹が15年近く掛け自然に作り上げたもので
真柏大好きの私が作ったのではありませんよ、念の為。(笑)
IMGP3788.jpg
ほぼ全ての枝先に花芽を持っていて
暫くの間楽しませてくれそうです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

超ミニ黒松 その2

「超ミニ盆栽鉢同好会WEB展示会」用に作った黒松で
昨日の樹達とは同級生です
早く姿が出たので鉢に上げてありましたが
残念ながら使う機会はありませんでした
IMGP3696.jpg
秀  丸 4.5×4㎝

IMGP3700.jpg
英明 丸 5.6×3㎝

IMGP3698.jpg
英明 丸 6×2.8㎝

IMGP3693.jpg
陶寿 丸 5×5㎝

IMGP3691.jpg
無銘 4×4×7.5㎝ 

IMGP3695.jpg
英明 5.5×5.5㎝

IMGP3694.jpg
春嘉 丸 5×4㎝

IMGP3699.jpg
東福寺(二代) 丸 6.5×4㎝

一番お気に入りの樹ですが幹芸が隠れてしまいます
IMGP3702.jpg

前後左右の振りが十分付いています
IMGP3706.jpg

裏面側から
ここを正面に作り直すか?
IMGP3708.jpg
茶山  丸 5.5×5.5㎝


一気に九本も投稿しては失敗だったか?
手入れや樹姿の詳細を一本づつアップすれば九日間伸ばせたのに!(笑)



にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松苗 樹形構想色々

草茫々の籠を持ってきました。
IMGP2538.jpg

草を取り、
IMGP2546.jpg
鉢上げ後掛けてある曲を確認すると、
IMGP2549.jpg
模様木としての曲が付いています。

同じく、
IMGP2550.jpg
反対の流れが付けてあります。
IMGP2551.jpg


数年先輩の樹達です。
IMGP2556.jpg
IMGP2559.jpg

根上がり懸崖風に作れそうか?。
IMGP2561.jpg

山モミジと同じように寄せてありますが果たして癒着するか?。
IMGP2570.jpg

籠に入れ棚へ戻しておきました。
IMGP2577.jpg


バカめ!

草なんぞ生しおって!

盆栽にとって良い事はなにもない!

(;´д`)トホホ
盆栽の神様 お怒りです


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村







黒松 接ぎ木失敗か?

右枝候補の枝元に接ぎ木がしてありましたが
袋内に穂の伸びが感じられません!失敗か?。
もうしばらく待ちます。
IMGP2507.jpg
他の枝元には立て替えられる新芽が準備されています。

植え付け角度変更構想。
IMGP2502.jpg

英明さんの素焼き鉢に植え替え後。
IMGP2512.jpg

幹中央部の膨らみが不自然か?。
太らせる事は可能ですが
盆栽にライザップはできません。
IMGP2509.jpg
再チャレンジするつもりですが再失敗時に
この枝を切り落とした場合のリカバリー構想です。(笑)


失敗なら袋を外せば良かろうに!

諦めの悪い奴よのぉ!

(;´д`)トホホ
御尤もです 盆栽の神様


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


黒松苗 更に絞り込む

実生挿し4~5年生の苗があります。
ちょっと変わった樹姿を目指して休み休み絞り込んできました。
IMGP2428.jpg
IMGP2433.jpg
この苗は用土の下に根芸が付けてあり
次回の植え替え時に確認するのが楽しみです.。
右側の空間に根芸を見せるには
幹を更に絞り込んだ方が良いかもしれません。

IMGP2425.jpg
IMGP2436.jpg
平行に絞り込んでも面白くありません。
一度幹の後ろへ絞り込み奥行を出しました。
幹が太り癒着すれば面白い景色になるのでは?。

ちょっとしまりがありません。
IMGP2431.jpg
IMGP2444.jpg

この苗は最初の写真がありません。トホホ
IMGP2439.jpg
幹への大きな曲付けはこれが最後で
この幹芸に合わせて役枝を配りながら持ち込みます。


「盆栽」としての曲付けは実生後3年生までに付けなければイケマセン。
電柱や床柱でも作るつもりなら別ですが!(笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


黒松 苗達の樹形構想色々

立ち上がりを絞り込んだこんな苗があります。
IMGP1731.jpg
上から
IMGP1734.jpg
根芸を前面に出し幹を一度後方へ逃がして奥行が作ってあります。

IMGP1736.jpg
個性的な立ち上がりを持った樹形になります。

幹肌の良く荒れる黒松の穂が接いであります。
IMGP1737.jpg
今年一年犠牲枝を走らせここで切る予定です。
IMGP1703.jpg
親木の特徴を確実に受け継いだ樹が作れます。

針金が食い込み始め、後枝候補が多すぎる?か。
IMGP1708.jpg
一番細い小枝と徒長枝の脇芽を外しスッキリ。
IMGP1727.jpg
右枝の枝元に将来の役枝になる新芽が吹いて欲しいものです。
右から二本目の枝は犠牲枝としては絶好の位置です。
ここなら切断後のキズが目立たない場所ですから。

曲の内側から小枝が出ています。
IMGP1711.jpg
チョッキン。
IMGP1719.jpg
左へ少し傾け懸崖構想で作ります。
良い所に小さな芽があり、これを懸崖枝として作ります。

未来予想図。
IMGP1718.jpg
小品盆栽の懸崖枝は鉢底以上に伸ばすとだらしなく見えるようです。
又、どんな樹形でも樹冠部は必ず作らなければイケナイと考えています。
あくまでも私感ですが。


未来予想図の樹冠部を手で隠して見比べてください。
だらしなく見えませんか?。

どう感じるかはあなたの感性次第ですが! (笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 頭部切断

強くなり過ぎた頭部をチョッキン。
IMGP8474.jpg

以前の樹姿。
IMGP1313.jpg
実生挿しから作ってきました。

立ち上がりを隠す間延びした枝も不要です。
IMGP8622.jpg

チョッキン。
IMGP8624.jpg
立ち上がりからの数曲が現れました。


IMGP8629.jpg
僅かに針金を掛けプチ整姿終了。

葉色が冴えない
今年芽切りが出来るか?
ちょっと心配。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

黒松 初めての曲付け

一昨年の芽切時期に「炎天下水挿し法」で挿してありました。
IMGP8313.jpg
温暖な当地では珍しく数回凍ったり、
霜柱が立ち用土から弾き出されこの3本だけが残りました。
冬季保護さえしていればもっと成功した筈です。


IMGP8335.jpg

IMGP8341.jpg

IMGP8343.jpg
30年程前に挿した苗と同じで豆のように膨れています。

針金掛け後

IMGP8347.jpg

IMGP8349.jpg

IMGP8345.jpg

挿し穂を取った親木です。
IMGP8330.jpg
枝までバリバリに荒れています。
黒松はこれ程荒れなければ「まだ若い樹」と評価されてしまいます。

苗達のこんな姿を見る事は叶いませんが
この遺伝子は確実に受け継いでいます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


黒松 種木を植え替える

去年秋の展示会の即売品です。
IMGP3060.jpg
不要な太枝を外し針金が掛けてあり、
英明さんの素焼き鉢に植え替えました。
IMGP3534.jpg
右側の根を抑え込むために強く絞りましたが
もう少し左へ傾けた方が以前の力強い雰囲気が出せるようです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


黒松 接ぎ木

こんな樹形構想でアップしてあった取り木素材です。
IMGP1494_20190212123409c33.jpg

取り木直後の姿。
IMGP1489_201902121250556fa.jpg

左右最下枝と後枝の枝元に同じ樹の穂先を接ぎました。
IMGP1726.jpg
去年までは使い慣れたチャック付きビニール袋を使っていましたが
今回初めて接ぎ木用テープ「メデール」を使いました。

念の為に苗木ドームで保護。
一本の樹に数か所接ぐ場合はこれが一番簡単です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村