ニューハーフ計画 実行

今日は綿密に練り上げた計画を実行する日です。 ♪(/・ω・)/ ♪ ウレシイナ タノシイナ

IMGP3164 (640x427)
再度、接ぎ木位置を確認、OKです。

確認位置の左にも最適な接点があります、ここも同時に接ぐか?。
IMGP3165 (640x427)

「ばかもん、二兎を追う者は一兎をも得ずのCMで
        袋叩きに遭った元アイドルを知らんか、無理をするな!」

盆栽の神様、民放のワイドショーがお好きのようです。

これとは少し意味が違うように思いますが!。

ノコギリで切込みを入れ、切れ味抜群のナイフで切込み幅を調整。
IMGP3170 (640x427)
接ぎ穂も上下の形成層を削り、ピッタリ合ったようです。

固定用のクギを打ち、防水の為にカットパスターを。
IMGP3177 (640x427)
枝作りの時間短縮に枝別れの基部を接ぎました。
数年分短縮できるのでは?。

確実に固定する為、接ぎ木テープでがっちり固定。
IMGP3187 (640x427)
クギ一本では接ぎ位置が動き失敗する可能性あり。

2×4材で専用固定台を作り、完璧に固定。
IMGP3190 (640x427)


神様、成功するでしょうか?

「ワシャ知らん、 いつも行き当たりバッタリのお前が
         珍しくも綿密な計画と準備をしたではないか!」

「これで失敗すれば、お前の腕前がまだまだ未熟だと言う事じゃ!」

「盆栽の神様に成功するように頼んでおいてやろう」

えっ あなたはまさかの貧乏神様?。

「ピンポーン 正解!」

「やっとかめだがやぁ たまにはワシも出したりゃぁ 退屈だでいかんわぁ~」

長期滞在で我家の会話を聞いて名古屋弁をマスターされたようです、

難しいイントネーションも完璧で、古い友人のような親しみを感じます。

((((;゚Д゚))))))) ハヤク ドコカヘ イッテ イタダクト ウレシイ ノデスガ



にほんブログ村

ニューハーフ計画 その2

前回に続きニューハーフ計画遂行の為の綿密な確認作業です。(#^.^#)

呼び接ぐ位置の確認。
IMGP3127 (640x427)
ラフィアで仮止め、確認OK。
・接ぐ位置を決め、
 相応しい位置にある枝の選別と確認。

棚上で保管する鉢の高さ調整。
IMGP3129 (640x427)
2×4材で調整、確認OK。
・長い時間保管する為、接ぎ木箇所への負担軽減。

使用するナイフの確認。
IMGP3119 (640x427)
微細な錆と挿し木苗を切った時のアクを発見。
・使用後の手入れ、保管状態が悪い、反省。

仕上げ砥石で研ぎだしへ。
IMGP3123 (640x427)
こちら側にもアクが付いている
・最高の切れ味で接合面の密着度向上を図らねば。

研ぎ終了。
IMGP3125 (640x427)
挿し木苗用小枝3本で切れ味を確認OK。
・日本刀と同じ玉鋼で作られたナイフは切れ味最高。



「また挿したじゃとぉ、やっぱり10日持たなかったのぉ
        小枝を手にすると挿したくなる病気のようじゃなぁ」

あくまでも、切れ味の確認です、イヤイヤです!。

「もっともらしい口実を付けおって、ばかもん」

盆栽の神様との意思の疎通「報・連・相」が欠けていたようです。

確認OK。 (^∇^)


そして最後の準備品の固定用釘。
IMGP3136 (640x427)
近くのホームセンターへ 
・準備万端整いました。

後は心の準備だけです。 (*´v`)

いつやるか? 

明日でしょう!

ちょっと違うか?。


にほんブログ村

ニューハーフ計画実現に向けて下準備 その1

新構想の下、樹形を変更。
IMGP3068 (640x427)
鉢底から絞り込ました。

入手時の樹形。
IMGP3011 (640x427)
半懸崖風な樹姿に実が生ればと
考えていましたが残念ながら雄木でした。
この樹形では納得できなくなり
樹形の変更を!。

ぶった切りで雌の枝が吹き,枝を選別しながら作るだけなら
こんな簡単な改作方法もありませんが,それは無理な注文!!。

数年前の挿し木苗床から
IMGP3071 (640x427)
左端に実が。

UPで。
IMGP3072 (640x427)
残念ながら葉性が違うようです。

他の樹と比較。
IMGP3075 (640x427)
左がこの樹。右は検討の樹。
この樹のラベルには照葉つる梅もどきとあります。
似たような葉を接ぎたいですね。
IMGP3076 (640x427)
少し休ませてあった雌木です
自然に結実しています。
この樹に決定です。
接ぎ位置の検討など
他に点検や確認事項があります。

とりあえず、今日はここまで。


にほんブログ村

照葉つる梅もどきは雄木だった

照葉つる梅もどきの最後の花です。
雌しべがありません、明らかに雄木です。
ひょっとしたら実が生るかもと期待していましたが。
IMGP3004 (640x427)
ググりました。間違いなく雄花です。

ラベルも本格的なものです。
盆栽生産者による作出と出荷だと考えられます。
これと同じような樹が5~6本盆栽園の棚に並んでいました。
IMGP3013 (640x427)

根上がりに作られており、樹姿からも素人の作とは考えられません。
IMGP3011 (640x427)
ここまで作ればオス、メスの判別は十分に可能です。
生産者のモラルが問われるのでは!。
展葉前の入手の為、確認は不可能でした。

入手時に今話題のDNA検査でもしろと言うのか

これを売った盆栽園も何の落ち度もありません。
やはり実姿を確認しての入手が必要のようです。


こうなれば私の大好きな「ニューハーフ計画」しかありません。
雌木の小枝は売る程あります。
怒りが納まったら計画を実行します。(笑)
この根芸だけの値段だったと思うことにします。
このブログねたが付いてきた事もオマケと考えましょうか。

オスギの役割だけは立派に果たしたかもしれません。
この樹のDNAが他の雌木に受け継がれているかも知れませんしネ。

神のみぞ知るですね。

「わしゃ 知らん、難しい事に巻き込むな
          ところでピーコは元気か?」

盆栽の神様、まだ勘違いされているようです。

W(`0`)W トホホ


にほんブログ村

ツルウメモドキ 呼び接ぎと取り木&挿し木の準備

去年つる梅もどきの雄木に雌枝を接ぎました。
(成功しています)
IMGP2366 (640x427)


今年の交配用としてはお役御免のようです。
他の雌木はすでに花が終わっています、(この木はまだ咲かない)
IMGP2367 (640x427)


本来は不要の枝ですが
雄木のバックアップ用として
右側2本の枝に取り木を掛けました。
IMGP2369 (640x427)
尚、もう一本は挿し木の準備として2本の針金で縛ってあります。
少し下を取り木したいところですが、ここから下には裏にヤケが入っています。

雄木と言えどもヤケは好みではありません、
立ち上がりを生かす為の呼び接ぎでもあります。


「来年はオスの部分を切り離すんじゃな!!」

「KAB☆ちゃん、オスがメスになる!、ニューハーフじゃな!!」

「オスギがピ☆コになるのじゃな!」

盆栽の神様、半分理解され、半分は誤解されています。(笑)


にほんブログ村

岩つる梅もどきの交配

岩ヅルの花が咲いています。
IMGP2221 (640x427)
IMGP2223 (640x427)
ツルウメモドキの雄木で交配できます。
朝の水やり前に雄花とチュッ、チュッと交配させ、
水がかからない場所に避難させます。

去年は樹を休ませる為に自然に任せましたが
結実を確認後外しました。

今年は期待していますがどうなることやら?。

秋の実姿が楽しみです。


にほんブログ村

つる梅もどき 植え替え

挿し木3年生のつる梅もどきです。
IMGP8888 (640x427)


植え替え後。
IMGP8894 (640x427)
棚下に小さな鉢が転がっていました。
合うような樹を探したら
この樹が良さげで植え替える事に。

引き根保護の為に
水ゴケを多めに乗せました。
飛ばないように木綿糸で縛って。


にほんブログ村

つる梅もどき

一纏めにされた籠の中に実を付けたつる梅もどきを発見。
IMGP7791 (640x427)
赤く弾ける事もなくひっそりと年を越したようです。

3~4個の種を期待していましたが
中身は一個だけです。
IMGP7796 (640x427)
前回取り蒔きした鉢の中へ埋めておきました。



にほんブログ村

蔓梅もどき 植え替え

今年は自然交配の蔓梅もどきです。
樹高 10cm   鉢 一弘 六角  角9cm 辺8cm 高5cm
IMGP3625 (640x427)
剪定、植え替えました。


3個だけの結実でした。この後外しました。
IMGP3601 (640x427)
しばらく樹を休ませます。

蔓梅もどき    鉢合わせ

樹高 3cm   鉢  初代祥石  丸9cm  高 5.4cm
IMGP3026 (640x427)
蔓梅もどきを植替えました。

常滑まで行く事も注文の必要もなく 手持ちの鉢で間に合わせました。

赤く爆ぜた実を引き立てる 落ち着いた色の鉢ですネ。

縁のある鉢で 立ち上りの空間をカバーしながら
以前より落ちる角度をつけ植え込みました。

将来のポイントにもなる引き根を保護するため
刻んだミズゴケをあて水遣り時に飛ばないよう
鉢底網で保護してあります。

大手術の後なので 四角い用土のコーナーだけを落とし
根の切り込みを極力控えてあります。


葉張りが増し 鉢とのバランスが取れるまで (引き根の充実も)
数年かかりますが実がたわわに実った姿を想像して
手入れを楽しみましょうか。

初めてご覧になり 記事内容が不明の方は
左の欄  [蔓梅もどき 表裏変更(4/30)] をご参照ください。

蔓梅もどき  表裏変更

IMGP2433 (640x427)
幹中央部の傷を除き 欠点の見受けられないような蔓梅もどき。
 
IMGP2239 (640x427)
欠点を隠す枝を移動させました。
コケ順のない(むしろコブで太い)頭部です。
実が生れば飾れる樹です。
雑木が少ないのでなんとか我慢して持って来ましたが
花芽の無い今年は改作を考えました。

IMGP2277 (640x427)
頭部を全て落とし 後ろ枝に切り替えてはどうかと!!。
安全を期しラフィアで保護 アルミ線で曲付け。

この枝に異常が無いか 一週間様子を観ました。
負担もなく新芽の伸長も確認されたので切断。
立ち上りから枝先までが自然なコケ順になり欠点の解消。

IMGP2538 (640x427)
あれぇ~っ 立ち上りの細さが次の欠点に、  一難去ってまた一難が。 ヤレヤレ!!。
・・?
・・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・???
・・
・??
・・・・・・・ ? ・・・?
(無い知恵を絞った時間の長さ ハハハ)
「切り立ち」の鉢ではなく「縁」のある鉢でこの空間を埋めましょうか?。

そんなに簡単に見つかるものか!、気軽に言うな!!。

いえいえ、隣町は常滑です。

町中に転がっています。(ウソです)

無ければ注文します。

[また大ボラを吹きおって 金もないくせに] (事実です) と 神様が。 

IMGP2541 (640x427)
捨てる前に長所はないかと検討。
竹ぐしで隠したところに発根すればシメシメ。


♪~ もう りっぱな ぼんさいだ もん ~♪
ハウスフルーチェのCMで・・・・・・・


[お前のギャグはクドイ それ以上言うな]と神様からダメだし!!!。