改作中の「梅もどき」更に呼び接ぐ

幹中間部に大きなヤケがあり、コケ順も殆んど無く、
「もう手に負えん 何とかしてやってくれ」と
以前改作した真柏のように長老がサジを投げた樹です。
IMGP4371 (640x427)
呼び接いでの樹高短縮改作に取り掛かって3年目です。

新芽を呼び接ぐ位置へ誘導し一年間徒長させましたが、
これ以上小枝が堅くなると隙間にノコギリが入らなくなり
短い距離ながらも自由に移動させる事も出来なくなります。(赤丸)
IMGP4375 - コピー (640x427)
左枝用の呼び接ぎ枝と去年樹芯用に通し接いだ小枝。

ヤケ防止用に黒線との交差地点に接ぐ予定の小枝。
IMGP4378 (640x427)
右横には今春通し継いだ枝がカットパスタで保護されています。

IMGP4376 - コピー (640x427)
樹芯用入口に吹いた新芽と右横の今春通し接いだ枝。

「能書きはもう沢山じゃ!、早く手入れを致せ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ オイソギデス

小枝がスッポリ収まる幅と深さの溝を彫り、
IMGP4386 (640x427)

小枝を入れ
IMGP4388 (640x427)

両側に釘を打ち小枝を固定。
IMGP4391 (640x427)

もう少し太らせたかった右枝用小枝も接いでおきました。
IMGP4392 (640x427)

右枝の方向が不自然だったので
負担を掛けないように緩く針金で矯正。
IMGP4393 (640x427)
トップジンペーストで防水工事を完了させて今日の作業は終了。

全ての接ぎ木が成功すれば
来春、切り飛ばす予定の幹回りに
自然に吹いた小枝を含めて前後左右に5本の枝が出来ます。
これだけあればヤケ防止効果も万全では?。

左右最下枝を含め7本の役枝で
樹高も半減出来、太幹梅もどきの骨の完成です。

こんな完成域の裸樹の姿まで10年程か?。
IMGP4398 (640x427)

(´・_・`) フゥー  ヤレヤレ サキガナガイナァ


にほんブログ村

呼び接ぎ中の梅もどき

IMGP4432 (427x640)
コントのギャグ「♪親亀の背中に子亀を乗せて♪」の状態です。

細部を。
IMGP4442 (640x427)
左端だけが雄木の枝です。

接ぎ木テープを外して。
IMGP4446 (640x427)
活着しているようです。

幹回りの形成層まで綺麗に削り出し
IMGP4455 (640x427)

トップジンペーストで保護。
IMGP4458 (640x427)
雄木の枝はこのキズを巻かせる為に犠牲枝として走らせ
このままで棚隅にでも放っときます。


反対側。
IMGP4461 (640x427)
こっち側で作りたいと考えています。



にほんブログ村

梅もどき ヤケ防止構想

先日アップした梅もどきの更なるヤケ防止策です。
左側。
後枝出口(白星)と二の枝を接ぐ位置(赤星)の間が長過ぎるのではないか?。
ヤケ防止用に青星にもう一枝あった方が良いのではないか?。
IMGP9471 (640x427)

右側。
同じく後枝と右二の枝(赤星)の間が広過ぎないか?。
青星位置にも一枝欲しくないか?。
IMGP9475 (640x427)

上部の徒長枝3本を通し接ぎ用に準備しました。
IMGP9481 (640x427)
現在は長さが足りません、これ以上無理に曲げれば折れてしまいます。
今年一年枝先を伸ばして、通し接ぎ作業は来年の今頃になります。
必要なのは二本ですが一本を予備として。

この樹は念には念を入れた手入れで、
ヤケのない樹姿で作りたいと考えています。
頭部を切り離し、ボディを作るだけでまだ3年程の時間が必要です。

まるでのような未来予想図です。(笑)
IMGP9400 (640x427)
(´・_・`)フゥ~ ヤレヤレ  ナントモハヤ



にほんブログ村

再生中の梅もどき 後枝の通し接ぎ完了

接ぎ木テープを巻き新芽の保護を。
IMGP9413 - コピー (640x427)
白星から差し込み,赤星に出します。

作業終了後の出入り口写真。
IMGP9420 - コピー (640x427)
IMGP9424 (640x427)

一番大切な出口付近の芽。
IMGP9434 (640x427)
これより先は犠牲枝として走らせこの芽に立て替えます。

これで頭部、右、左、後枝の役枝4本が接げました。
数か月後予定線上に左右の二の枝を接ぐつもりです。


そして未来予想図。
IMGP9400 (640x427)
左右二の枝の呼び継ぎが成功したとして。

「絵だけは立派に描けたようじゃが 何処まで作れるかのぉ、あいつの腕前で!」
                   
「絵を描く暇に盆栽の手入れをすれば良いものを!困ったもんじゃ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ オナゲキデス


にほんブログ村

再生中の梅もどき 頭部のヤケ防止構想

去年通し接いだ頭部と呼び接いた右枝、左枝の役枝三本です。
IMGP9399 (640x427)
このまま即、頭部を切り戻すとヤケ込む危険性があります。

以下は切り戻す予定の頭部幹回りに枝を接ぎ、
ヤケを作らない為に準備した枝です。

左二の枝用に誘引した赤矢印の枝。
IMGP9399 - コピー (640x427)

右二の枝用の小枝と後ろ枝出口の予定位置です。(星印)
IMGP9407 (640x427)

後ろ枝として準備した通し接ぎ用小枝(矢印)。
接ぐ予定 (640x427)
後ろ枝は芽が大きくなる前に通すつもりです。

溝を彫っての呼び接ぎは成長期なら何時でも可能です、
もう少し枝が太ってからで良いかも知れません?。


この樹の改作には基本の役枝作りだけでまだ数年必要です。
柔らかくほぐれた寒樹の姿までどれ位の時間が掛るやら!。
(´・_・`) フゥー ヤレヤレ



にほんブログ村

梅もどき 取り木成功&エトセトラ

取り木の発根を確認し切り離す事にしました。
IMGP5629 (640x427)

以前に登場した貰い物の梅もどきです。
IMGP5637 (640x427)
私のサイズではありませんが改作中です。

赤丸のグレー部分が全てヤケキズです、これ程のキズは梅もどきでは巻きません。
コケ順もなく改作を決意した最大の要因です。
IMGP5659 - コピー (640x427)
その上の赤線で来年、取り木を掛けます、(たいした樹にはなりませんが)
右に曲がりながら降りて行く枝は左枝用に呼び接いだ枝で、
右下の☆印は頭部用に通し接いだ入り口です。

取り敢えず取り木を外しました。
IMGP5640 (640x452)

通し継いだ頭部用の枝と左枝用に誘引している小枝。
IMGP5651 (427x640)
数年かけて図のように切断予定の周囲にヤケ防止用の小枝を数本接ぐ予定です。
図には書けませんが後にも数本予定しています。

幹に枝用として接いだ所。
IMGP5654 (640x427)

取り木切断前の樹姿、何とも複雑な後姿です。
IMGP5635 (640x427)
呼び接ぎの準備です、ここでは複雑すぎて説明できません。(笑)

そして、「レレレのおじさん」と記念撮影 ハイ・ポーズ・パチリ。
IMGP5668 (640x427)


「もうじき、落ち葉の季節だからぁ~、忙しくなるのよねぇ~
        ゴミにならなくて良かったよねぇ~、レレレのレ~」

「来年の取り木も成功させてねぇ~、レレレのレ~」

レレレのおじさんも成功を喜んでくれました。
来年の改作も、頑張るぞぉ~!。


「最後に何とも脳天気な写真を撮りおってバカもんが、
      ワシも出雲大社への旅立準備に忙しい、構っておれん!!」

「明日からの神無月の留守中にバカな事をしなければ良いがなぁ!」

・  ・  ・  ・

あれ、盆栽の神様の気配が!。


にほんブログ村

梅もどき 葉刈り

結実していた実も知らぬ間に落ちてしまいました。
IMGP3956 (640x427)

コケ順を消す三又の太枝を外しトップジンペーストを。
IMGP3960 (640x427)

頭部のこの小枝もコケ順を造る為にチョッキン。
IMGP3961 (640x427)

葉刈りし追い込んでおきました。
IMGP3959 (640x427)
春先から曲げていた頭部の枝も思い通りの位置に動きましたが
もう一段の追い込みが必要のようです。


にほんブログ村

梅もどき 改作作業色々

持ち崩された梅もどきです。
去年棚に仲間入りしました。
IMGP3714 (640x427)
立ち上がりの太さと曲、それなりの古さもあり、
何とかならないかと相談しましたが
プロも匙を投げた樹です。

好きなサイズではありませんが、
このままでは盆栽になりません。
私の出来る範囲で改作する事に。

この春、樹芯用に通し接ぎしてあります、
IMGP3706 (640x427)
ここから上の右側の枝(幹)は裏にヤケが入っており
左は芸のない枝です。

通し接ぎ後ろ側(入り口)。
IMGP3709 (640x427)

左枝用呼び接ぎ。
IMGP3705 (640x427)
懐枝のない真っ直ぐな枝は使えません。

右枝用呼び接ぎ。
IMGP3707 (640x427)

使えそうな枝を取り木。
IMGP3708 (640x427)
捨てるには惜しい曲の下で取り木。


樹冠部右枝用の枝。 
IMGP3710 (640x427)

同、左枝用。
IMGP3711 (640x427)

同、後ろ枝用。
IMGP3712 (640x427)
以上3本は呼び接ぎ予定位置に針金で誘引してあります。
来年春まで太りを待ち、時期を見て呼び継ぎます。
若木ならともかくこの頭部に出来るキズは巻かないのでは?、
下手をするとヤケ込むかも知れません。
これを予防する為の処置です。
頭部を切り戻すまでの間にしっかり樹勢を付けておきます。

誤魔化した樹はやがて飽きてしまいます。
改作を決意した以上は徹底的に嫌味部分を消しておくべきと考えました。

「近頃はミーの出番が多すぎるザンス、 シェー」 
(*`へ´*) プン プン   by イヤミ



にほんブログ村

結実したか?梅もどき

一月中旬より樹冠部を曲付けして来た梅もどきです。
IMGP3515 (640x427)
休み休み絞り込んだ頭部も希望の位置に移動出来ました。

UPで。 ラフィアで保護し、移動した枝。
IMGP3517 (640x427)
何やら花の跡が膨らんで来たような。

IMGP3518 (640x427)
IMGP3520 (640x427)
さらにUPで。
IMGP3522 (640x427)

作業前の写真。
IMGP7560 (640x427)
針金掛け後。
IMGP7567 (640x427)
ほんの少し動いています。
ここから今日の写真まで半年、あっと言う間でした。
新樹芯に出来そうな小枝も見られます、
切り返してコケ順と流れを作らなければいけません。


にほんブログ村

梅もどき 呼び接ぎ

取り木で取った梅もどきの雄木に雌木を呼び接ぎました。
IMGP3290 (640x427)
接ぎ位置と角度を調整したらこんな形になってしまいました。
置き場所も節約され移動も簡単です。

UPで。
IMGP3288 (640x427)
一本の樹を取り木で三分割し,この木は樹冠部でした。
中間部は雄木として、基部には雌木を接ぎ先日取り木をかけました。
樹としての出来はともかく、沢山遊ばせて貰った木です。



にほんブログ村

梅もどき 呼び接ぎ成功そして次のステップへ

交配用の雄木として入手し、立ち上がりに雌木を呼び接ぎをしてあったものです。
接いだ位置より上の枝が太っており、接ぎキズも完全に塞がっています。
尚 上部は雄木として取り木で独立しています。
IMGP3269 (640x427)


この位置で取り木を掛けます。
IMGP3267 (640x427)
中央の枝は取り木成功までの犠牲枝とし
左の枝で新しい樹を作る予定です。

基礎作業をこなし、
IMGP3277 (640x427)

刻んだ水ゴケをタップリ入れ、
IMGP3279 (640x427)
水コケが飛ばされないように鉢底用赤玉で保護。
雌木と繋がったままでは取り木は失敗?。
IMGP3303 (640x631)
雌木を切り離し独立。

盤根のような樹姿を目指し、
将来的には根接ぎが必要になるかも知れません。
その準備に挿し木の苗が必要になります。

「また もっともらしい口実を考えおったかぁ
  ワシヤもう匙を投げた,ダメだこりゃ フゥ~」

あれ 盆栽の神様の溜息が聞こえたような

後ろ姿が寂しそうです。


にほんブログ村

梅もどき満開、蟻は受粉に効果はあるのか?

アリが蜜を吸いに来ました。
IMGP3208 (640x427) (428x285)
素朴な疑問、蜜蜂や蝶等と同じように受粉効果は?。

あるとは聞いた事がないが暇つぶしにググってみると
アリとアブラムシは共生関係にあり
近くにアブラムシの発生の可能性もあるとか。

早速殺虫剤の準備、定期的な殺虫、殺菌が欠かせません。


にほんブログ村

梅もどき 頭部絞り込み経過報告

無事に発芽したようです。
IMGP1965 (640x427)

頭部のアップで。
IMGP1964 (640x427)
全ての枝に発芽しています。

改作以前の姿。
IMGP7560 (640x427)
樹芯が棒立ちでコケ順もありません。このまま一気に曲げると折れます。

ラフィアで保護し絞り込む前の姿。1/19投稿時の写真
IMGP7567 (640x427)
一気に絞らず、休み休み少しづつ絞って来ました。

現姿。
IMGP1966 (640x427)
頭部を切り飛ばす事なく無事に移動出来たようです。
まだ小枝の微調整は必要ですが!。
針金は暫くこのままです。

今度は秋の実姿が報告出来ると良いですね。


にほんブログ村

梅もどき 植え替え

なんの変哲もない棒立ちの樹を入手しました。
IMGP8580 (640x427)

反対側。
IMGP8579 (640x427)

右に傾け曲を強調して植え替えれば良くなるのではと。
樹高 10㎝      鉢 片岡美津江 7.5㎝×6.5㎝  3㎝ 
IMGP8655 (640x427)
樹形を乱す左一の枝はもう動きません、切るか?、待つか?。
願えば最適な場所に新芽が吹きます。 W(`0`)W ホンマカイナ。
盆栽の都市伝説です。
「信じるか、信じないかは、あなた次第です」 

枝下の曲に接ぐという最善の選択肢もありますが!。

駄温鉢で枝作りを済ませてから植え替えるか?
その樹の大きさに合わせた鉢でじっくり作るのが良いのか?
いつも迷っています。

そして、樹はいつまで経っても良くなりません!。
これだけは真実です! (´・_・`) トホホ 。


にほんブログ村

梅もどき 経過報告Part2

梅もどき経過報告の再投稿です。

2/13に経過報告としてUPしましたが
新着記事、新着画像とも表示せれず
ランキング表示の記事欄にも表示されていません。
(ブログ内の最新記事欄には
 梅もどき経過報告と表示されています)



作業前。 棒立の樹芯の移動。
IMGP7560 (640x427)
樹芯移動後。
IMGP8273 (640x427)
IMGP8272 (640x427)
最初の写真と比べると大分曲がったようです。

「ポッキン」盆栽人として一番厭な音で、聞きたくもない音です。  
投稿以後 5~6日の間隔を空けるようにして
「少し曲げては休み 少し曲げては休み」を繰り返してきました。

「なるほど、バカも休み休みと言うことじゃな」

盆栽の神様意味が違いますよ~。


もう少し曲げたい所ですがこの樹と相談しながらですね。
「ポッキン」と大嫌いな返事をされないように。 

暖かくなり「無事に新芽が出ましたよ~」と
良い結果が報告できる事を祈るのみです。(*´v`)


にほんブログ村

梅もどき 経過報告

1月19日に投稿した「樹芯が棒立ち」な梅もどきです
IMGP7560 (640x427)

ラフィアで保護し針金で絞り込んだ姿。
手入れ前。 正面の予定
IMGP7567 (640x427)

手入れ後
一度にここまで曲げれば必ず折れます。
IMGP8327 (640x427)


手入れ前 裏面の予定。
IMGP7568 (640x427)
手入れ後。 
上の写真で斜め直線の針金が下の写真ではS字状に曲がっています。
IMGP8328 (640x427)
最初の写真と比べると大分曲がったようです。

「ポッキン」盆栽人として一番厭な音で、聞きたくもない音です。  
投稿以後 5~6日の間隔を空けるようにして
「少し曲げては休み 少し曲げては休み」を繰り返してきました。

もう少し曲げたい所ですがこの樹と相談しながらですね。
「ポッキン」と大嫌いな返事をされないように。 

暖かくなり「無事に新芽が出ましたよ~」と
良い結果が報告できる事を祈るのみです。(*´v`)


にほんブログ村

梅もどき針金整枝

樹芯が棒立ちで不満。
樹芯中央部の枝に切り返す予定ですが
もう少し何とかならないものか?と ラフィアで保護し針金掛け。
この時期この作業が適期かどうかは不明。(恐らく最悪)

作業前(表)
IMGP7560 (640x427)
作業前(後)
IMGP7562 (640x427)
針金掛け後(前)
IMGP7567 (640x427)
針金掛け後(後)
IMGP7568 (640x427)
雑木の整枝で枝を折る事が多々ありました。

「よっしゃ 今日はこれぐらいにしといたるわ~」と

新芽が吹くまで少しづつ曲げていくつもりです

池乃めだか師匠のように!。www


にほんブログ村

梅もどき(雄木)取り木成功

交配用に入手した雄木を バックアップ用に増やしました。
梅もどきの二段取り木と、立ち上り部分に雌木が接いであります。
上部はビニール、中間部は鉢穴用ネットで。 
5/17に取り木をかけたブログ記事の結果報告です。
IMGP6268 (640x427)

親指の上下で二か所とも十分な発根が見られます。
IMGP6274 (640x427)

中間部の植え付け
IMGP6282 (640x427)

上部の植え付け
IMGP6281 (640x427)


雄木の立ち上りに雌木を呼び接いだ下部。
IMGP6285 (640x427)
久しぶりのニューハーフ計画です。

完全に癒着するまで数年間放置する予定。

呼び接ぎ部分より上部の枝を走らせ、
自然な繋ぎを作り 再度取り木で根張りを作ります。
この樹でもう一度遊べますね。

尚 これは10月末の作業でした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

梅もどき 整枝

暫く手入れをしていなかった梅もどきに針金を掛けました。
IMGP5826 (640x427)
使えそうな不要枝は挿し木用に水を吸わせてあります。
IMGP5829 (640x427)
あまりにも姿が乱れていたので 写真をとるのを忘れて整枝してしまいました。
作業前の証拠写真がありません、失敗!。

改作作業のように 切った張ったの派手さはありませんが
たいした整枝でもない こんな小さな作業の繰り返しで 少しづつ良くなるはずです。
落葉したら時期を見て 奥の枝まで少しづつ切り戻します。(枝のコケ順を作る為)
枝別れの基本はほぼ出来たのでは?、
今後は雑木らしくやさしく作りたいですね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

梅もどき雄木  取り木、接ぎ木作業

寝坊助の梅もどきも やっと開花。あったはずの雄木が行方不明。
花木センターへ探しに。
満開の雄木もあったが、今年の交配を諦め、遊べる樹を選択。
IMGP3389 - コピー (640x427)


この位置で取り木(ラベル位置)。 将来的に雌木を接ぎ木。
IMGP3390 (640x427)
芸のない後ろ枝は直幹の雄木として取り木。


立ち上がりに雌木を呼び接ぎ。
ニューハーフ計画を実施。
IMGP3398 (640x427) (640x427)
二か所取り木をかけ、三本の木を作り 雌木二本と直幹の雄木を作る構想。



IMGP3409 (640x427)
早速作業。二か所の取り木と立ち上りを無駄にしないよう雌木を呼び接ぎ。
鉢が動かないようガムテープで固定し育苗トレーに入れ管理。
まゆみを呼び接ぎした三鉢と秋まで同居。
IMGP3410 (640x427)
まゆみの呼び接ぎ作業の記録写真を撮り忘れ。
成功すれば秋にブログ投稿予定。