真柏 改作構想といつも通りの未来予想図

なにやら意味不明な樹姿の真柏です。
IMGP1692 (640x427)

現在の植え付け位置。
IMGP1689 (640x427)

背中にはお荷物も背負っています。
IMGP1691 (640x427)
写真中央部の鉢底網付近が呼び接ぎ位置です。
すでに半分程苗の根元を削りました。

不要部分をコピー用紙で隠しパチリ。
IMGP1694 (640x427)

展示会で黒松を主木にした場合は
五葉松や真柏の強い流れのある樹が似合うようです。
そんな真柏を作ろうか!と
腰高な幹の中央付近に呼び接ぎしてあります。

来春、接いだ位置より上に右枝用の小枝を接ぎ
成功を確認した後で現在の樹冠部を全てジンにして
こんな未来予想図でどうかと。
IMGP1740 - コピー (640x427)
もう少し右へ傾けて作っても良いかも?。


「絵に描いた餅の図は最初の頃に比べて少しは上手くなったようじゃのぉ」

盆栽の神様お褒めのお言葉ありがとうございます。

「バカもん、それに引き換え盆栽の手入れがちっとも上達して居らぬではないか!」

(´・_・`) トホホ ゴモットモデス


にほんブログ村

真柏 接ぎ木

2016/7月に入手し即刻強引な曲付けや取り木を掛け
思い通りに幹に曲は入りましたが
取り木を掛けた小枝が枯れ樹勢を落としていました。
この樹は懐枝がなく 追い込める状態ではありませんでした。
接ぎ木を前提にして小さく作るつもりで入手したものです。
真柏衣替え (640x427)
2017/3末に衣替え状態で他の樹の元気な小枝を接ぎました。
樹芯用(赤)、右枝用(青)、左枝用(白)、後枝用(黄)
接がなかった数本の元枝は 完成近くまで太らせてからジンにするつもりです。

保湿用に鉢底皿に水を張り、
鉢の底面に水が浸かる程度に木片で高さを調整し、
農業用ドームを被せ、スプレーで霧を吹いておきました。
IMGP1268 (640x427)
今回は棚下の地面に直接置いてあります。
地球からも直接水蒸気が供給されます!。(笑)
鉢への水やりは適時欠かせませんが、
それ以上にスプレーミストは一日数回は必要では?。


にほんブログ村

ヤフオク真柏の寄せ植え

ヤフオクで相応と思われる値段で入札しておいたら落札していました。
しかし、送料より安い値段で!。
誰も応札しなかったようです。
IMGP1290 (640x427)
面白い曲をしています、一本木でも作れそうです。

IMGP1289 (640x427)
見所を替えれば作れそうです。

IMGP1292 (640x427)
平凡な立ち上がりと中間部の極端な曲がアンバランスです。
このままでは何ともならないようです。

三本の根元を組み合わせて 見所のある足元になるように、
IMGP1296 (640x427)
左の根に小石を挟み込んで広げています。

先ずはラフィアで仮組を。
IMGP1297 (640x427)

立ち上がりの癒着を最優先させます。
IMGP1299 (640x427)
上部の動きそうな小枝をラフィアで絞り込むだけにします。

反対側から。
IMGP1301 (640x427)
駄温鉢に植え付けましたが 思っていた角度とはズレてしまいました。トホホ

よぉしぃ~ 今日んとこはこれ位にしといたるわぁ~!



にほんブログ村

黄金真柏 樹形構想

スリット鉢に葉張りだけが一丁前の 挿し木4年程の真柏があります。
IMGP1166 (640x427)

鉢から抜くと個性的な根が。
IMGP1168 (640x427)

この根を見所の一部となるように整枝し、
IMGP1171 (640x427)

まだ細い根を充実させるために再度スリット鉢へ。
IMGP1174 (640x427)
露出した上根を保護するため水苔を被せました。

将来図は根を露出させたこんな樹姿でどうでしょうか?。
IMGP1173 (640x426)
本鉢に上げる時はもう少し左へ傾けて整枝し直します。

この根を嫌味として切り取ってしまっては
面白味のない樹形になるのではないでしょうか。
この根芸が数年後には個性豊かな樹姿になる筈です!。

「チョット待って欲しいザンス!、
 強烈な個性はイヤミでもあるザンス!
 「個性豊か」ではなく「イヤミ豊か」とミィーをリスペクトして欲しいザンス!」 シェ~!

「ワシも賛成の反対の反対なのだぁ~」 バカぼんのパパ

(´・_・`) トホホ ソンナコトバガ アルンデショウカ


にほんブログ村

預かっている真柏の整姿

以前投稿の真柏です。
急遽整枝する事になりました。

もう少し残したかった前枝をジンに。
IMGP0755 (640x427)

多少の段差は出ていますが、やはりもう少し生かしておくべきだった!。
IMGP0766 (640x427)

左枝数本に針金を掛け終えてここで小休止、この間30分程。
近頃は集中力が維持できません。 トホホ
昼食に合わせて再度休憩。

整枝A。
IMGP0775 (640x427)

整枝B。
IMGP0779 (640x427)
右枝を少し下げて。

預かった時にはボンヤリした曲と杉葉の姿で
どうなるか心配でしたが何とか盆栽らしくなったのでは?。
この姿でお返しします。



にほんブログ村

黄金真柏  植え替え その他

植え付け角度を変更しました。
IMGP0835 (640x427)
立ち上がりの曲が強調されたのでは?。

植え替え前。
IMGP9277 (640x427)
曲を付け直したジンも まだそのままです。


去年の挿し木苗も、
IMGP0823 (640x427)
IMGP0822 (640x427)

寄せました。
IMGP0832 (640x427)
この樹も5年程で完成域まで作りたいものです。

去年の挿し木苗の中から一本立ちさせたのは二本だけとなりました。
こっちは10年程掛かりそうです。

(´・_・`) トホホ ナガイミチノリデス


にほんブログ村

真柏 挿し木後5年 寄せ植えの整姿

掛けてあった針金を全て外して ハイ・ポーズ  カッシャァ~ン。
IMGP0810 (640x427)
基本の樹形は出来ました、ほぼ枝先だけの整姿で良さそうです。

寄せた樹幹部のアップを。
IMGP0811 (640x427)

整枝後。
IMGP0819 (640x427)
挿し木後即強い曲を付けた3年生苗を寄せてから2年経ちました。
合計5年で天場に飾れそうな樹が出来たのではないでしょうか?。

そろそろ飾ってみたい気分です。

同級生の苗ばかりをを寄せるのではなく
主幹に年数違いの太い樹を寄せても面白いのではとも考えています。


にほんブログ村

真柏 整枝

枝先が乱れボンヤリした姿になっています。
IMGP0795 (640x427)

平成九年、三十郎との落款のある「春嘉鉢」です。
IMGP0808 (640x427)

挿し木後20数年  樹高 13cm 鉢 12×10×4㎝ 
IMGP0798 (640x427)
左最下枝を下げて整枝しましたが、特徴的なジンが隠れてしまいました。
これを切っての整姿も良いかも知れません。

再整枝後。
IMGP0802 (640x427)
切った枝は二度と元へは戻せません
後悔しない為にも再整枝してみました。
今回はこれで良しとします。

「お前は後悔ばかりの人生じゃった!可哀想にのぉ!」

(´・_・`) トホホ ハンロンデキマセン ボンサイノカミサマ



にほんブログ村

真柏 そのまんま春嘉鉢へ

真柏を植え替えました。
IMGP0644 (640x427)


入っていた春嘉鉢に。
IMGP0604 (640x427)

この植え付け角度のままで整枝し直した方が良かったか?。
IMGP0602 (640x427)

何事も色々な選択肢がありますが、最善を選ぶとは限りません!。

「特にお前の人生はそうじゃったのぉ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ  ピンポンデス


にほんブログ村

ミニ真柏 植え替え

水やり後この二本の真柏に呼び止められたような気がしました。
おい、鬼太郎 何とかしてくれ!」と目玉おやじのように。(笑)

Aの樹。
IMGP0526 (640x427) (640x427)
この樹は針金外しと本鉢に入れて欲しそうに!、

Bの樹。
IMGP0522 (640x427) (2)
この樹は乱れた姿で針金を掛けて欲しそうに。

整枝後。
IMGP0531 (640x427) (640x427)
立ち上がりの面白い半懸崖で作れそうです。

Aの樹を鉢から抜くと、
IMGP0541 (640x427)
真っ直ぐな立ち上がりが面白くありません。

中間部の上下に出た根が将来の根張りになるように強めに追い込んで、
IMGP0545 (640x427)

再度スリット鉢へ。
IMGP0548 (640x427)
数年ここで根張りを作ってから本鉢に上げる事にします。

Bの樹を抜くと、ナ、ナ、ナント!。
IMGP0534 (640x427)
直線の立ち上がりを消す為に
針金を巻いて鉢に固定してありました。
ここで取り木を掛ければ嫌味が消せます。

早速、環状剥皮して、
IMGP0538 (640x427)

「取り木中」とのラベルをスリット鉢につけて。
IMGP0539 (640x427)

あれは盆栽の神様のお声だったのか?。
挿し木3年生頃に最初の曲を付けましたが
太くて立ち上がりに強い曲を付ける事が出来ず、
“将来取り木でもすれば良いか?”と放置してあった樹達です。
あの声を聴くまでスッカリ忘れてしまっていました。

盆栽の神様ありがとうございます

お陰様で良い樹が作れそうです。

「ワシにはそんな覚えはないが、勘違いさせたままでも良いか!
   彼奴の下心で、お下がりを目当てにしてお神酒のお供えが増えるかも知れん?
       待ち遠しいのぉ!」

((((;゚Д゚))))))) オヨヨ!


にほんブログ村

黄金真柏  植え替え

植え替え時期のきた 黄金真柏を植え替えました。
IMGP0410 (640x427)

挿し木活着確認後、休み休み絞り込んで作って来た曲です。
IMGP0401 (640x427)

反対側。
IMGP0402 (640x427)

植え替え前。 鉢 谷 嵐山
IMGP0374 (640x427)
この鉢から植え替えました。


にほんブログ村

真柏  寄せ植えの制作

一昨年挿した真柏を寄せました。
IMGP0635 (640x427)
植え替え後。

将来の樹幹部をアップで。
IMGP0632 (640x427)
癒着が始まる前に、より良い景色が出るよう更に絞り込みます。


以下のような一本木として作るにはイマイチな苗木を6本集めました
IMGP0620 (640x427)
IMGP0619 (640x427)
IMGP0621 (640x427)
IMGP0622 (640x427)

仮に寄せて樹形の確認。
IMGP0627 (640x427)
バランスを考えながら苗木を足していきます。

上から、下が正面。
IMGP0631 (640x427)
挿し木に針金を掛けても、すべての苗が一本立ちできるような素材は作れません。
各苗の個性を見極め、主幹、右枝、左枝用の役枝として配置し
シャリやジンを作れば短期間で「個性ある樹」は作れます。

さぁ~、今年も頑張って真柏を挿すぞぉ~!。

「殆んど病気じゃのぉ、バカに付ける薬は無い!、
     放っとく以外無いか!ワシも もう匙を投げたわい!」

チャリーン!

あれっ、盆栽棚の隅で何か金属音がしたような?。


にほんブログ村

預かっている真柏の植え替え

杉葉だらけだった真柏を預かっています。
やっと本葉が吹いて来ました。
IMGP0416 (640x427)
立ち上がりを隠す前枝が何ともブチャイクな姿です。

図のようなジンにする為にシャリの景色を作っています。
尚、星印の曲はボンヤリした曲の内側の芯を抜き、
鉢底から強く絞り込んで曲を強調したものです。
IMGP0430 - コピー (640x427)
予想図を描いたものの長すぎるようです。

この樹はまだ杉葉が沢山残っています。
IMGP0422 (640x427)
ジンと立ち上がり上の小さなシャリは預かった時からあったものの、
今ある殆んどのシャリを彫りました。

先月の例会で預かって来た鉢に入れ。
IMGP0651 (640x427)
樹芯下のジンが隠れてしまいましたが、
丸見えより少し覗き込んで見えるくらいの方が男心をソソルのです。(笑)
杉葉さえ治れば即整枝して飾れるのですが!。

IMGP0646 (640x427)
前枝をジンにして、棚枝を割り 飾れるようにしてからお返しするつもりです。



にほんブログ村

ミニ真柏 取り木の切り離しと未来予想図

去年10月の確認時には思った程の発根がありませんでした。
IMGP0484 (640x427)

半年待ち、上部の赤玉土を退けてみると十分な発根が。
IMGP0486 (640x427)

切り離して水苔を洗い流す。
IMGP0487 (640x427)

切り離し下部の根。
IMGP0495 (640x427)
真柏にとってましてやミニ真柏にとって、
この立ち上がりの直線部分は致命傷です。

再度スリット鉢へ。
IMGP0499 (640x427)
この鉢で数年肥培すれば、将来が楽しみな素材の完成です。

そしていつもの未来予想図。
IMGP0492 (640x427)
はぁ~ぃ お待ちどうさまぁ~ ミニ真柏、一丁上がりぃ~。

「バカも~~ん、またまた脳天気な絵を書き居って!
            猫の手も借りたい、この忙しい植え替え時期に!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ ミライヨソウズニ オイカリデス


にほんブログ村

真柏 盆華鉢から佐太郎鉢へ

この真柏もそろそろ植え替え時です。
気分転換で鉢を替えます。
IMGP0308 (640x427)
林 盆華  丸 7.6×3cm

ちょっとアップで。
IMGP0314 (640x427)

先日投稿の全く時代の付いていない佐太郎鉢に。
IMGP0368 (640x640)
挿し木後ほぼ思い通りのシャリやジンが作れました、
後は葉張りの充実だけか?しかしこれが中々思い通りにはなりません。

この鉢に時代を乗せるにはどれ程の時間が掛るやら!。

(´・_・`) フゥー ヤレヤレ


にほんブログ村

真柏 壱興鉢へ植え替える

爪楊枝のような挿し木から作って来ましたが
葉張りの充実に伴い、鉢(佐太郎)が合わなくなった真柏です。
IMGP0316 (640x427)
三年程植え替えていません。

袋式の鉢の最大の欠点で根が回り切り抜けません。
IMGP0319 (640x427)
鉢底網を外し、鍛造で鍛えられたピンセットで用土を少しずつ掻き出す。
(ステンレスのピンセットでは歯が立ちませんでした)

今更、佐太郎さんにお願いする事は叶いませんが
手書き落款の位置までの大きさの穴があったら
もっと楽に作業が出来たのにと考えてしまいました。

これから袋式の鉢を作る方にお願いします。
鉢底穴は大きめに!(笑)

鉢にキズを付ける事もなく、無事((笑))に抜いて植え替えました。
IMGP0373 (640x427)
壱興作 白泥外縁隅入雲足長方 9.5×7.7×3.7cm  

できれば同サイズの朱泥鉢に植え替えたい所ですが,無い袖は振れない。

馬子にも衣裳で樹姿の変化はありませんが樹格は上がったような!。

「それを盆栽用語で親バカと言う!!」

(´・_・`)トホホ  ソンナ ボンサイヨウゴガ アルトハ シリマセンデシタ ボンサイノカミサマ




にほんブログ村

真柏 植え替え

衣替えした真柏を同じ鉢に植え替えました。
IMGP0277 (640x427)

植え替え前。
IMGP0276 (640x427)


2015/5 投稿時の写真。
IMGP3406 (640x427)
天ジンの流れはこの位置が最適なようです。
少しづつ作り直しましょうか?。


こんな風に!!。
しんぱく1 (640x427) (2)
植え替えてこのブログを書く前までは
これで枝葉を充実させれば完成だ!と思っていましたが
下枝をジンにして、樹冠部を作り直した方がより厳しさが表現できそうです。

現在は枝が真っ直ぐでこのままジンにしても面白くありません。
ラフィアを巻いて強い曲を付けておく事にします。


にほんブログ村

最古参真柏 再生構想3 呼び継ぎ完了

再生構想のように呼び継ぎを行いました。
IMGP9733 (640x427)
小さな穂先の接ぎ木と違い、それなりの苗を接ぐ事ができ、4~5年程短縮できます。

呼び継ぎ位置。
IMGP9730 (427x640)
上部の小枝も風で動かぬように、固定を兼ね役枝用に針金を掛けてあります。

ビニールポットが真横を向いてしまったので、上部だけ根を捌き植え替えました。
IMGP9736 (640x427)

接ぎ木位置に余分な負荷をかけないように、
高さを合わせた養生専用のベッド(笑)を作りました。
IMGP9745 (640x427)
下の板ごと移動させれば接ぎ木位置に負担が掛かりません。
完全に癒着するまで数年間は動かすつもりはありませんが。

くどいようですが、お気に入りの未来予想図を。
IMGP9723 - コピー (640x427)

「バカも~~ん、捕らぬ狸の皮算用図じゃぁ!まだ接ぎ木は成功しておらんぞ!」

(´・_・`) トホホ ドウカヒトツ コノキニ ボンサイノカミサマノ ゴカゴヲ


にほんブログ村

最古参真柏 再生構想その2

昨日の真柏の矢印に、
IMGP9710 - コピー (640x427)

この苗の矢印を接ぐと、
IMGP9711 (640x427)

こうなります。
IMGP9717 (640x427)
接ぎ木用の穂先を探していて、この苗に気付きました。


仮に固定して正面から。
IMGP9719 (640x427)
先日の再生構想のようになってしまいました。
まるで盆栽の神様が起こされた奇跡のようです。
今度、神様のお好きなお神酒をお供えして、お礼をしよう!。

「わしゃ知らんが、お神酒を供えてくれるなら否定する事もないか!
        ついでにアタリメも一緒に供えてくれれば有難い、すまんのぉ!」

((((;゚Д゚))))))) ワァオ~



にほんブログ村


最古参真柏 再生構想

盆栽を始めた頃に挿した最古参の真柏が
後ろ枝一本を残して枯れてしまいました。
IMGP9706 (640x427)
左側から
IMGP9708 (640x427)
この位置の懸崖風樹形も考えられなくもないが。

星印付近に小枝を接ぎ、再生出来ないかと思案中です。
IMGP9710 (640x427)

星印に接ぎ、幹の後ろ側に沿わせて伸ばす。
IMGP9707 - コピー (640x443)
現在の枯れた幹を透視して、
IMGP9706 - コピー (640x427)
ジンを背負わせるのではなく、懐側へ抱え込んだ樹姿として再生させられないか?と!

そして未来予想図。
IMGP9723 - コピー (640x427)


「作れぬ事もなかろうが、彼奴の持ち時間だけでは無理じゃろうのぉ
             何処までやれるか?、好きにやらせてみるのも良いかも知れぬ!」        

あれっ!盆栽の神様の気配がしたような!
お越しになられたのではなかったのかな?。

(*^_^*) サァー ガンバッテ ツクルゾー



にほんブログ村

真柏素材 接ぎ木

整枝すれば即、見られるように思える素材ですが
殆んどの枝に懐枝がありません。
小枝を手繰り、誤魔化して整枝したとしても
葉張りが大きくなり過ぎ、幹の太さとのバランスが取れません。
IMGP9761 (640x427)

模様木として十分な曲があります。
ミニサイズに作り直す事にします。
IMGP9763 (640x427)

樹高を縮小し未来予想図のようにならないかと。
IMGP9764 (427x640)
役枝として使えそうな枝の付け根付近に
この樹の先端の元気な穂を接ぎます。

作業後。
IMGP9773 (640x427)
これだけ接ぐと一本ずつ保湿用の袋を被せる事が出来ません。

農業用苗ドームをスッポリ被せて挿し穂の保湿を。
IMGP9776 (640x427)
直射日光で高温になるのを避け棚下で管理します。

ハテサテ、何本成功するでしょうか?盆栽の神様。

「お前が供えるお神酒次第じゃのぉ!」

((((;゚Д゚))))))) オヨヨ


にほんブログ村

ワンコイン真柏 近況報告

去年10月の入手以来、思いっきり遊ばせて貰っている真柏です。
IMGP9637 (640x427)
弄り過ぎて小枝が沢山枯れました。


欲しいのはこの範囲内だけです。
IMGP9642 - コピー (640x427)
まともに使える小枝はほとんどありません。
追い込むには遠すぎ、手繰るには太すぎるのです。
接ぎ木で作る以外ありません。
勿論、それを承知の上での入手と改作ですが。

曲の内側から出て真下に垂れ下がった嫌味な枝(上矢印)は
枝の欲しい位置(下矢印)近くに引き寄せる事も出来ます。
IMGP9649 (640x427)
ここへ呼び接ぐか?ラフィアを巻き移動させて,その位置の役枝!にするか
それが問題だ


結論 
・ラフィアを巻き移動させました。
IMGP9650 (640x427)

反対側から。
IMGP9651 (640x427)
付け根付近をもう少し動かせれば残る嫌味も解消します。

「ミイーの言葉の意味もやっと理解出来るまでになったようザンス、
              嫌味は個性に変えられると!
           ユゥーは気付くのがちょっと遅かったザンス シェー」 イヤミ

(´・_・`) トホホ ザンネン ナガラ  


にほんブログ村
   

真柏 呼び継ぎ

呼び継ぎ真柏ちゃんでぇ~す 私はどこでしょ~ぉか」 
(昔のイモトみたいです)
IMGP9658 (640x427)

ここです ここでぇ~す
IMGP9634 (640x427)

チョットアップで!。
IMGP9624 (640x427)
ついでにぃ 針金かけて貰っちゃたぁ~ 
        ど~ぉ あたしって かわいぃ~い



身体測定を。
何とかミニサイズだけはクリア出来そうです。
IMGP9627 (640x427)
残念ながらウエストのクビレ(曲)が足りませんが。
イヤァ~ン 失礼しちゃうわぁ~
   も~ぉ 絶対にぃ~ モデルになんかぁ なったげなぁ~い

怒らせてしまいました。
当分このブログには登場してくれないかも知れませんね。(笑)


ミニ真柏への改作を目的に入手した樹です。
接ぎ木箇所を検討していましたが、
最適な小枝が見つかり、呼び接ぐ事にしました。
普通に芽を接ぐのと違って
あとの管理が楽な上に成否の心配が要りません。
接ぐ小枝の太さと面一に埋め込み、数年放っとけば良いのです。
その間、不要になる太枝にシャリの景色を作り、最終的にジンにします。

挿し木や取り木を前提にして真っ直ぐな徒長枝に、針金を掛けてありました。
まだ効いていません、再度掛け直しておきます。
天ジンなどの景色になれるように!。
IMGP9624 - コピー (4) (640x427)
幹の両サイドにシャリを入れ、ウエストの曲(クビレ)を作れば完成か?。


にほんブログ村

黄金真柏 プチ整枝

整枝後。
IMGP9448 (640x427)

残念ながら鉢の正面とは少しズレたようです。
IMGP9459 (640x427)
鉢 平安虹泉   挿し木10年前後


整枝前。
IMGP9435 (640x427)
左最下枝の杉葉が治りません。
最初から無かったものとして切り取り整枝。
幹を絞り込んだ針金を外し、水アカで汚れたジン、シャリを掃除。


にほんブログ村

黄金真柏 整枝とジンの移動

挿し木から作っている樹です。
IMGP9258 (640x427)
鉢  庄八 丸 11×4.5cm

プチ整枝後。
IMGP9260 - コピー (640x427)

ジンが垂れ下がってしまいましたぁ
リンゴも落ちたんだよねぇ~
地面が引っ張っているのかなぁ~?

「何を携帯電話のCMのような事を言っておる、バカもん!
            気に入らねば直せば良いではないか!」



ジンの未来予想図、赤い位置まで移動させたいですね。
IMGP9260 - コピー (2) (640x427)

枝葉を保護し、
IMGP9265 (640x427)

熱湯に数分浸し、
IMGP9269 (640x427)

曲げました。
IMGP9273 (640x427)
チョット調子に乗って曲げ過ぎたか?。(笑)

最終整枝図。
IMGP9277 (640x427)
枝の針金が外せる頃までには、幹のシャリを広げ景色を作っておきたいですね。

(*^_^*)  コレナラ ボンサイノカミサマニモ キニイッテ イタダケルカモ


にほんブログ村

ミニ真柏 整枝

整枝後。
IMGP9251 (640x427)
樹高 9cm  樹幅 14cm 挿し木10年未満。

樹姿が乱れていました。
IMGP9231 (640x427)

落款。
IMGP9244 (640x427)
「陽茨仿古」か?
さっぱり読めませんが中国製の「高級的駄鉢」では?。(笑)




にほんブログ村

真柏 鉢合わせ(仮その2)

次回の植え替えに合わせて本鉢を準備しました。

権山 長方 8.4×6.8×2.3cm
2鉢合わせ (640x427)

泥珠 長方 9×6×2.5cm
3鉢合わせ (640x427)

泥珠 楕円 8.2×3.2cm
鉢合わせ (640x426)
サイズ的にはどの鉢でもオッケ~では?。

以前投稿の未来予想図。
IMGP8459 (640x427)
この樹は駄温鉢に移し
未来予想図のように培養してから植え替える事にします。

鉢はそれまでに他の樹に使用されてしまうかもしれませんが!。(笑)



にほんブログ村

広げてあったシャリと移動させたジンの化粧

シャリを広げてから2週間程経過しました。
そろそろ石灰硫黄合剤で化粧をする事に!。
IMGP9055 (640x427)
IMGP9056 (640x427)

下向きに出た嫌味なジンに熱湯を掛け移動させてありました。
IMGP9060 - コピー (640x427)

移動前。
IMGP6829 (640x427)
移動後
IMGP6837 (640x427)
思い通りの位置に移動出来ました、メデタシメデタシ!。


「オフランスでは嫌味とは言わないザンス、
       もっと個性を尊重して欲しいザンス! シェー!!」 イヤミ

(;´д`) トホホ クレームガ ハイリマシタ





にほんブログ村

真柏 整枝

樹姿が乱れています。
IMGP8958 (640x427)
真柏らしいスッキリとした樹形にしたいと!。

整枝後。
IMGP8981 (640x427)
スッキリと整枝出来ませんでした!、どうしたんだろう?。

こんにちわぁ~
今日はどうされましたぁ

最近、改作意欲が湧かない!
樹の欠点に気付かない!
整姿が思ったように上手く出来ない!と

イケマセンねぇ
先日処方した薬が効き過ぎたかもしれませんねぇ

目の前の盆栽が最高だと勘違いさせる成分で
盆栽に関する鑑賞能力を低減させ、
樹の欠点に気づかないようにするお薬でしたぁ~

この成分が効き過ぎたようですねぇ

「慢性盆栽改作依存症候群」への移行予防成分も含まれていますからぁ
全て服用を止めてしまうのも危険ですのでぇ~
成分を半減させた新薬を出しておきますぅ

お大事にぃ~


にほんブログ村

真柏 鉢合わせ(仮)

先日投稿の真柏に合いそうな鉢を合成しました。
IMGP8888 (640x456)
位置や角度等の微妙な調整が必要ですがサイズ的にはピッタシでは?。

「これでいいのだぁ~ ワシも賛成なのだぁ~!」

「この鉢にするのだぁ~ これで決定なのだぁ~!」

バカぼんのパパには賛成して貰えましたが、

「おフランスでは朱泥の鉢に合わせるザンス シェー!」

イヤミのお眼鏡には適わなかったようです。


(;´д`)  トホホ


にほんブログ村


 

自立出来なくなってしまった真柏の整姿

手で持つ時は異常ありませんが
IMGP8855 (640x427)
棚上では石を噛ませないと自立できません。(赤矢印)
IMGP8868 (640x427)
鉢を大きくするか、右最下枝を切れば解決しますが
整枝で調整できないか?と。

整枝後。 鉢 林 盆華 丸6.5×5.8cm  樹高 6cm
IMGP8873 (640x426)
丸鉢なので鉢を回し足を移動させて自立完了。
植え替えまではこれで良いですが
もうこの鉢では小さ過ぎるようです。

必要のない整枝でした。
(;´д`) トホホ


にほんブログ村

真柏 整枝と植え替え角度の検討

真柏の点検をしていたら、
IMGP8796 (640x427)

アルミ線が食い込んでいます。
IMGP8807 (640x427)

軽く整枝、鉢正面ともズレています。
IMGP8810 (640x427)

植え替え角度はこの辺でどうか?と
IMGP8824 (640x427)
微調整が必要ですが、今日はここまで。

去年5月の投稿写真
IMGP3408 (640x427)
ジンが大きすぎると感じていましたがそれ程でもないようです。



にほんブログ村

石灰硫黄合剤塗りたて注意!

お気に入りの真柏のジンとシャリが汚れています。
IMGP8729 (640x427)

前日綺麗に掃除し、
IMGP8734 (640x427)

石灰硫黄合剤で化粧を。
IMGP8745 (640x427)
鉢 壱興 木瓜 11×9×3.8cm  樹高 10cm 挿し木15年生程


「記事の内容は分かった!、タイトルの“石灰硫黄合剤塗りたて注意!”とはなんじゃ?」

小さな虫達への立て看板です

「虫に文字は読めぬであろうに、バカもんが!」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ メルヘンノ セカイガ オキライノ ヨウデス



にほんブログ村

真柏 整枝荒がけ

樹勢を落としスリット鉢で養生中の真柏です。
こんな姿で持っていても面白くありませんが、
強い曲を付け樹に負担を掛けすぎてもイケマセン。
IMGP8675 (640x427)


太枝だけの移動で整姿を済ませ、今日はここまで。
IMGP8681 - コピー (640x427)
樹勢の回復後本格的な整枝をするつもりです。

挿し木から20年以上作ってきた
この樹の同級生を二本も枯らしてしまいました。
何とか回復して欲しいものです。
なにがいけなかったんだろう? (´・_・`) トホホ


にほんブログ村

真柏 整枝と未来予想図

全ての針金を外されボンヤリした樹姿です。
IMGP8637 (640x427)

整枝し、
IMGP8642 (640x427)

彫ってあったシャリを広げ、
IMGP8647 (640x427)

最終樹姿。 樹高 12cm  鉢 佐太郎丸 7.5×4.5cm  
IMGP8650 - コピー (640x427)
もうこの樹姿にこの鉢は合いません。

そして、新しい樹形構想を。
IMGP8651 (640x374)
パソコンソフトで6度程起こし、朱泥長方鉢に植え替えの未来予想図。
芸の無い白矢印の左最下枝は不要では?。

、ここまで書いてきて再整枝。
IMGP8660 (640x456)
最下枝にラフィアを巻いて、不要時にはジンにしても良いような曲を付けました。

再確認の写真。
IMGP8664 (640x427)
挿し木10年生程で「添えの樹形」から「天場に飾れる樹形」に出世しました、
メデタシィ メデタシー

「バカもん、
    単なる絵に描いた餅でメデタシメデタシとはお前の方がよっぽどおメデタイ!!」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ ゴモットモデス


にほんブログ村

ミニ真柏 シャリ入れと整枝

寄せた樹のように見えますが正真正銘の一本木です。
IMGP8630 (640x427)
樹高 8㎝  鉢 泥珠 丸6.5×3.5cm   挿し木6年程

そろそろ幹にシャリを入れて見所を増やしたい頃です。

「バカもん、何も手入れせずにこれで終わりか!
        シャリを入れるなり、整枝するなり何とかせぬか!」

(´・_・`) トホホ スコシ サボリタカッタ ノニ
1真柏 (640x427)
針金を外した後、シャリを入れ再整枝しました。
石灰硫黄合剤での化粧は少し先にします。


にほんブログ村

真柏 今年初めての整枝と樹形構想

葉が茂り、樹姿が重くなってしまいました。 
IMGP8428 (640x427)
横から見ると、
IMGP8434 (640x427)
樹冠部が前へ被り過ぎています。

前枝をジンにして。
IMGP8439 (640x427)


葉透かし、整枝後。
後ろ側へ少し寝かせて、次回の植え替え位置。
IMGP8458 - コピー (640x427)
この位置の方が伸びやかな姿になるようです。


そして
お絵描きソフトの書き初めで。
IMGP8459 (640x427)
この姿になれば今の丸鉢では合いません。
春先に尚古堂形のような長方鉢に植え替える事にします。
さて、合う鉢があったかどうか?。


にほんブログ村

真柏 今年最後の整枝

一度は整枝して、展示会で飾ったこともありましたが
針金を外され、のんびりと過ごしていました。
IMGP8322 (640x427)
この樹の個性、ジンが隠れてしまっています。
IMGP8321 (640x427)
このジンの枝元に糸魚川性を一本接いで作ってきた樹です。
整枝後。
樹高 13cm  鉢 正山木瓜 壷堂彫り  11×9×3.5cm  接ぎ木後12~13年程
IMGP8370 (640x427)
やっと元の姿に戻ったようです。

(^^♪ぼ~んさいはワンツ~パンチ 三歩進んで二歩下がるぅ~🎶。

「バカも~ん お前の盆栽はいつも三歩進んで四歩下がって居るではないか!」

「一歩づつ確実に!、来年こそしっかりと手入れを致すが良い!」

「ワシも正月の準備に忙しい!、大手の神社では盆栽の神様の手も借りたいそうじゃ!」

盆栽の神様、急いでお帰りになられました。

正月はヘルプのお仕事だそうです。 ホンマカイナ?


皆様も良いお正月をお迎えください。

来年もよろしくお願いします。


にほんブログ村

真柏 寄せ植えの整姿

整枝されておらず姿が乱れています。
IMGP8349 - コピー (640x427)


整枝後。
次回の整姿時には樹冠部を丸め、両最下枝をもう少し下げて棚を割りましょうか。
IMGP8357 (640x427)
鉢 壱興 木瓜式  9×8×3cm  樹高 8㎝  挿し木5年生程の寄せ植え

棚の上にはこの種の真柏が数本あります。
挿し木から「盆栽と呼ばれるような樹」を作るには
途方もない時間が掛ってしまいます。
試しに寄せてみましたが短時間で「それなりの個性がある樹」は作れるようです。



にほんブログ村

ワンコイン真柏 改作その3

「改作その2」の投稿後にも幹を休み休み絞り込んでありました。
今度はほぼ直角に曲がった立ち上がりが不満です。

比較の為に写真を並べて。
IMGP8258 (640x427)
IMGP7175 (640x427)
前回投稿時の未来予想図。

ノコギリで幹の半分程に切り込みを入れ、
IMGP8261 (640x427)

日本刀と同じ材料、玉鋼のナイフで切り口をV字型に綺麗に広げ、
IMGP8263 (640x427)

ラフィアで保護して曲げましたが、
芯を抜き反対側に曲げてあった樹冠部が元の位置付近に戻ってしまいました。(赤矢印)
(;´д`) ヤレヤレ 元の木阿弥です。
コケ順もない為ここは天ジンにする事にして、樹形構想を考え直します。
IMGP8264 (640x427)
幸いにも近くに良い枝があります。(白矢印)
枝元に接いで樹冠部を作り直し、
かつ全ての役枝にも元気な枝を接ぎ(追い込める小枝がない為)
この写真範囲に収まる程の大きさで作り直すつもりです。


さてとこの辺で未来予想図を描く事にしましょうか。

「バカもん、時間を無駄にするな!
    絵に描いた餅のような事はもう止めろ!
          お前の頭の中にあるだけで良い!」

(´・_・`) トホホ

盆栽の神様に反対されてしまいました、
ならばとリアルな整枝で。
IMGP8271 (640x427)
「ワンコイン真柏、改作終了の図」と行きたいところですが
立体を表現出来ない写真ならではの「ウソの樹姿」です。

上から、親指付近が樹芯。
IMGP8276 (640x427)
間延びして使い物にならない小枝を
輪郭線に沿わせて手繰り、整枝しただけの姿です。
やはり根本的に解決しなければイケマセン。

ワンコイン真柏が入手後3か月程で飾れるような姿になるわけがありません。
これで幹本体は完成ですが、この樹を本鉢に入れて
飾れるようにするにはまだ4~5年の時間が必要です。


にほんブログ村

挿し木から作ってきた真柏 プチ整枝

霜焼けで変色しています。
IMGP8240 (640x427)

「斎藤さんだゾ!」状態の樹芯部です。(オデコ丸出し)w
IMGP8241 (640x427)

樹冠部下のジンを隠さない程度に整枝後、石灰硫黄合剤で化粧。
これ以上は葉が伸びるのを待つ以外ありません。
IMGP8301 (640x427) (640x427)
少し左上からのここがこの樹の正面のようです。

全体図を。
IMGP8315 (640x427)
樹高  10cm  鉢  春嘉  9.5×7.8×3.5cm   

珍しい春嘉さんの泥鉢ですが植え付け位置と角度がズレています。
適期を待ち再度この鉢に植え替えるつもりですが鉢が少し大きいか?。


にほんブログ村

真柏 改作の失敗と新たな樹形構想

以前に「素材真柏その3」としてアップした素材です。
8月に入手し即日曲げてしまい、
「枯れてその4の記事は書けないかも知れんぞ!」と
盆栽の神様からご忠告を受けていた樹です。
IMGP8202 (640x427)

アップで。
IMGP8204 (640x427)
幹が雁字搦めに絞り込んであります。

取り木が掛けてあった小枝です、完全に枯れています。
IMGP8207 (640x427)

同じく、先端は枯れましたが白矢印の小枝が生きています。
IMGP8209 (640x427)
新たな樹形構想でこの樹を作り直さなければイケマセンが、
さて、どうしたものか?。

「バカも~ん、ワシが言ぅたとおりになったではないか!時期も考えず弄るからじゃ!、
  
(´・_・`)トホホ 


主木として天場に飾る樹を目指した未来予想図。
星印に接ぎ幹にシャリを入れます。
IMGP8277 (640x427)
全てが間延びし懐枝がありません、追い込むより接いだ方が早いです。

この樹の頂部の枝は接ぎ木成功後も伸ばして太らせ
樹の完成域までシャリ幹として作りながら景色が作れた時点で
ジンに改作して見所の一つにと考えています。


こんにちわぁ~
今日はどうされましたぁ
改作が失敗してしまい、新しい樹形構想を立てたが成功するか心配だ!と
いけませんねぇ~ お辛いでしょう~

急性盆栽改作依存症候群」ですぅ
盆栽を見ると常に改作したいとの欲求が沸いて来ますよぉ
自分の実力以上の改作に挑戦したくなるみたいですねぇ
当然、失敗も増えますぅ
盆栽にとっては迷惑ですよねぇ~

お薬出しておきますねぇ
盆栽のお手入れ30分以上前に必ずお飲みくださいねえ
目の前の盆栽が最高だと勘違いさせる成分も入っていますからぁ~
盆栽に関する鑑賞能力を低減させ、欠点に気づかないようにするお薬ですぅ

慢性期に移行してしまうと改作可能な樹だけをを探すようになりますぅ
お気を付けくださいねぇ~
 
お大事にぃ~



にほんブログ村

衣替え真柏 プチ整枝

枝棚がボンヤリした姿になっています。
IMGP8211 (640x429)

樹冠部を少し持ち上げてはどうか?と木片を差し込み検討。
IMGP8213 (640x474)

整枝後。
IMGP8237 (640x489)

接いだ跡も癒え、ジンもすでに朽ちかけています。
朽ちていく風情も見所の一つでは?。
IMGP8239 (640x427)

20年程前に模様樹の最下枝の後ろに糸魚川性を接ぎ、ジンにした樹です。

すでに以前の本体より太ってしまいました

この樹の制作過程はもう僅かな記憶が残るのみです。

「アル中ハイマーじゃのぉ!酒を控えろ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマノ スルドイ ゴシテキデス



にほんブログ村

真柏 最下枝のジン構想と整枝

以前投稿の真柏です。
細部を検討し更なる絞り込みをする事にします。
IMGP8074 (640x427)
樹冠部が間延びしています。
右最下枝も後方へ逃げていて使い物になりません。

樹冠部を絞り込み、右二の枝を下げ
最下枝に新しくラフィアを巻き直し、
曲を強く付け正面側へ移動させました。
IMGP8124 (640x427)

まだ骨作り段階の素材ですが役枝に拘る必要はありません。
どこからどのように手繰っても良いのが真柏の特権です。
IMGP8125 (640x427)
最下枝は更に絞り込みながら強い曲を付け、
シャリの景色を作り太らせ、将来はジンにする予定です。

そして未来予想図。
IMGP8124 - コピー (640x427) (529x352) (529x352)


ヴァーチャルな世界で遊んでばかりいてもイケマセン。
IMGP8218 (640x427)
ジンに改作する右最下枝だけはそのままで、
未来予想図のように整枝してみました。

入手後まだ二度目の整姿です
不要な枝や混んだ箇所も多くみられますが
樹勢を付ける為にしばらくの間は伸ばします。

曲を付けておいて、挿し木素材にしても良いかも!。

活着後即遊べます!。

「バカもん、いい加減にしろ!挿し木はもう止めろ!置き場所が無くなる!」

(´Д`*) トホホ  ボンサイノカミサマ オイカリ デス



にほんブログ村

真柏 針金外し

黒松の手入れに追われていましたが、やっと真柏に取り掛かれます。
チクチク痛い黒松や杜松と違い、白魚のような私の指先に優しい真柏がお気に入りです。 (笑)
IMGP8063 (640x427)
7月中旬に掛けた針金も効いているはず,針金を外事に。

左端の針金は左枝に緩やかに掛かっていたものです。
これなら小枝を巻き込む事なく外せると。
IMGP8065 (640x421)
主に幹の移動に使った針金です、それ程多くはありません。

全ての針金を外しスッキリと。
IMGP8074 (640x427)

幹の流れをアップで。
IMGP8075 (640x427)
この後、細部を検討して再整枝を行い、この素材の骨を完成させたいと考えています。

入手時の姿。
bonsai2002center-img450x600-1467517377tcvuei25238[1] (390x409)
反対側を正面にして絞り込みました。


こんにちわぁ~
今日はどうされましたぁ

黒松に追われ、真柏の手入れが出来なかったと!
それはいけませんねぇ お辛かったですねぇ~
急性真柏ホルモン欠乏ストレス症候群」ですぅ
盆栽の手入れ意欲を半減させてしまう合併症も報告されていますよぉ
良かったですぅ早めにお気付きになられてぇ

お薬出しておきますぅ
盆栽の水やり後に必ずお飲みくださいねぇ
だんだん寒くなりますぅ 夕方の水やりはもう要りませんねぇ
朝の分だけ出しておきますねぇ~

これからは真柏の手入れも増えると思いますぅ
ホルモンも十分に補給されますからぁ
もう症状の悪化は考えられませんよぉ
ご心配はいりませ~ん

お大事にぃ~


にほんブログ村

真柏 整枝と未来予想図

「捕らぬ狸の皮算用」の図。 (笑)
IMGP7761 - コピー (640x427)


整枝後。
IMGP7758 (640x427)
左右どちらかの枝を追い込んで
幹の流れを強調した樹姿にしなければいけませんが
本鉢に上げるまで以下の構想で作って行くつもりです。

樹形構想。
IMGP7760 (640x427)
1 今あるシャリを広げ,樹冠部のジン近くまで彫る
2 白矢印のシャリを広げ景色を作っておく(2~3年間)
3 景色が出た時点でこの枝をジンにする
4 赤矢印の枝を下げ左枝にする

整枝前。
IMGP7725 (640x427)
果たしてこんな樹が樹形構想どおりに作れるものかどうか疑わしい限りです。


「いやいや!君の夢と情熱と努力を持ってすれば立派な樹が作れる筈じゃ!期待して居るぞ!」

((((;゚Д゚))))))) ヤッター ボンサイノカミサマニ ハジメテ ホメラレタァー ガンバルゾォー
            シカシ カミサマ イツモト チガイマス ドウサレタノデショウカ?

「あいつはお調子者ゆえ!煽てればその気になるはず! 
      大きな声では言えんが バカも煽てりゃ樹を作るって事じゃ!」 



にほんブログ村
 

         

真柏 プチ整姿

立ち上がりの角度矯正用として
鉢底から引っ張ってあった針金も効いています。
IMGP7657 (640x427)
姿も乱れ気味で、右枝の先端が見せ場を少し隠しているようです。

ここを隠さない程度のプチ整枝を考えています。
IMGP7659 (640x427)

整姿終了。
IMGP7665 (640x427)
樹冠部を透かし、小枝にも細い針金を。

そして、以前に彫ってあったシャリも肉巻きし始めていた為、少し広げておきました。
IMGP7929 (640x426)

ちょっとアップで。
IMGP7668 (640x427)
すでに彫刻刀が入り難い箇所も出来ています。

しばらく真柏の手入れをサボっているうちに 葉が霜焼けで変色し始めています。
石灰硫黄合剤の消毒とこのシャリへの化粧はどっちが先になるでしょうか。


にほんブログ村

ワンコイン真柏の改作 その2 樹冠部の移動

樹冠部の移動を考えています。
写真では分かりませんが前へ被り過ぎています。
IMGP7154 (640x427)
この位置で作る場合には、一度右へ反した方が良いのではないか?、
一曲目も更に絞り込むつもりです、
今のままでは左へ流れ過ぎるようです。

考えているだけで曲がってしまいました。ホンマカイナ?
IMGP7170 (640x427)
ウソです。(笑)

電動ドリルで芯を抜き、
IMGP7168 (640x427)

ラフィアで保護、針金をかけ、絞り込み。
IMGP7171 (640x427)

上から。
IMGP7169 (640x427)
60度程の移動です。

そして今や恒例になってしまった未来予想図です。(笑)
とてもこれがワンコインだったとは思えません。
IMGP7175 (640x427)
しかし間延びした役枝には追い込む懐枝がなく
手繰れる距離でも太さでもありません。

「ワンコイン真柏の改作 その3」は
“一曲目の更なる絞り込み”か、
“役枝の懐への接ぎ木”記事のどちらかになりそうです。

今のところ「・・・その7」ぐらいまでの改作構想があります。
来春以降の作業ですが!。

まだまだ遊ばせてくれる樹です。

「来年じゃとぉ!、携帯電話のCMでも鬼が笑って居るではないか!
   改作構想がその7まであるとは聞き捨てならぬぞ!
      あまりにも笑わせ過ぎて鬼を苦しませるではないぞ!可哀想にのぉ!」

(´・_・`) トホホ オニサン ゴメンナサイ



にほんブログ村