ネジカンザクロ 整枝

葉刈りをして小枝を追い込む事に。
IMGP6901 (640x427)
安全な芽のあるところまで戻って切っています。

後枝。
IMGP6897 - コピー (640x427)
芸の無い赤矢印の枝を赤線部分から切りたいところですが
黒矢印付近から下に芽が吹く事を期待して
今日の所はここで止めておきます。
(今切っても左側の枝二本がカバーしてくれるとは思いますが)

太枝を切ると根まで枯れる可能性のある樹種です。
他にも切りたい所はありますが我慢しました。

根まで枯れ込んだ痕。
IMGP6902 (640x427)
前蔵者が太枝を切ったようです、
私の失敗ではありません、念の為。(笑)

枝の枯れた痕。
IMGP6905 (640x427)
恐らくここにあった太枝を切ったようです?。(白矢印)
IMGP6906 (640x427)
樹の正面?の幹筋の景色を覆い隠すように出た枝だったのか?。
芸もなく一直線に出た太い枝だったのか?。
今となっては想像する以外ありませんが!。

どっちにしても枯れた根に一直線で繫がっています!。

雑木は細かい事にあまり拘らず、
作り過ぎない自然な姿が良いかも知れません?、
樹の為にも!。



にほんブログ村

捩幹ザクロ 植え替え

小枝を切り戻してあったネジカンザクロを植え替えました。 鉢 燿山 9×9㎝ 高 5㎝
IMGP8578 (640x427)
思いがけず入手した燿山の鉢にピッタリ合いました。
少し大きい鉢も候補になりましたが、
少しでも小さい方が小品盆栽には良いです。

裏面
IMGP8577 (640x427)
立ち上がりに手前へ突き出た太枝がありますが
安易には切れません、捩幹ザクロは根まで枯れる危険性があります。
この樹にも太い根の枯れた空洞が立ち上がり上部にあります。

突き出た太い枝の追い込み、
これが出来れば根の景色はこちら側が勝ります。
ゆっくり追い込めれば正面になる可能性があります。

欠点のある樹を少しずつ誤魔化しながら作って行く事も
「盆栽貧乏録」の楽しみ方の一つです。

「またぁ 負け惜しみを言いおって アホちゃうか~」

あっ 貧乏神のキツ~イ 一声が。 (*`へ´*)



にほんブログ村

ネジカンザクロの切り込み

寒樹のネジカンザクロ。
優しい枝別れには程遠い姿です。
IMGP6786 (640x427)

反対側から
IMGP6787 (640x427)


柔らかい枝別れを目指し枝先を切り込みました。
IMGP6979 (640x427)


IMGP6978 (640x427)
まだ切り込み不足ですが太枝に 奥の芽が見当たりません。
春以降の芽吹きを見て 太枝の奥の芽に合わせて追い込みましょうか。
今無理に追い込み、枝枯れを起こしてもつまりません。
この樹も根まで枯れた形跡があります。(立ち上がりとその上にある空洞)
ネジカンザクロは太枝を切るとそのまま水吸いを伝い根まで枯れます。
クワバラ、クワバラ。
細かい枝配りに拘らず
飾りに重宝するように 両方から見られるような半懸崖で作りましょう。
柔らかくこんもりと作れれば良しとします。



にほんブログ村