FC2ブログ

ワンコイン老爺柿 ぶった切りに吹いた新芽

昨年秋の老爺柿展の即売品で
用土に隠れたお宝を予想して入手した素材です。
IMGP2639.jpg
上部に吹いた新芽付近から下は用土に隠れていました。

赤★上部に新芽が欲しかったのですが
「無い物ねだり」をしてもイケマセン。
IMGP2638.jpg
右側の大きな新芽を走らせ
後側から赤★付近に樹冠部への枝として
回し接ぎを掛けて上記構想のような樹でも作りましょうか!。


オマケとして上部を双幹構想で取り木を掛けていましたが
大した素材は作れないだろうと切り捨てました。
s-IMGP9661.jpg

用土下の芸だけを期待して入手した素材です
期待したところには吹いてくれませんでしたが
その内に吹くかも知れません。

これでいいのだぁ~

と、バカぼんのパパも申して居ります。(笑)




にほんブログ村




ワンコイン老爺柿 Part2

取り木成功まで待つ事もないか!と
入手時から知りたかった根の確認を。
s-IMGP9683.jpg
用土下に更に一曲が!、期待通りにお宝は隠れていました。


ヤゴ芽や根を外し更に検討すると反対側にもう一曲あります。 \(^o^)/ラッキィー
s-IMGP9693.jpg
この立ち上がりで星印付近から
新芽が吹けばこれだけでミニ老爺柿「一丁上がり」です。

立ち上がり角度を調整して植え替えておきましたが、
s-IMGP9717.jpg
こんなにも面白い根の芸があるなら
上部は切り捨ててここだけで作った方が良さそうです!。

左側にあったヤゴ芽。
s-IMGP9725.jpg
僅かなユスリがあるものの中間部は直線的に見えてしまいます。

立ち上がりを強調して
こんな樹姿で「陶翠鉢」に植え付けてみました。
s-IMGP9736.jpg
但し、ゴム印落款の「見たら分かるぅ 安っすい鉢ですぅ これっ!」

暫く植え替えられて居らず、
トグロを巻いた根のみでしたが
駄目元の根伏せで遊んでみました。
s-IMGP9740.jpg
盆栽の神様どうか新芽を良い所に吹かせてください。

了解じゃ! 任せておくがよい!
この中の一本は100年後には銘木になって居るぞ!
時空を超えて今確かめてきた
お前には知るすべもない事じゃがのぉ
当然このブログの読者の誰も確認出来ぬわ!
ワッハッハ~~

(;´д`) ワァオ~ 


にほんブログ村

PS 羽生結弦選手の金メダルは冬季五輪通算
  「1000個目の金メダル」(IOC 2/18発表)だそうですが
  私にとってはこれがブログ開始(2015/4/13)以来
  「記事番号1111番」です。メデタシ メデタシ



ワンコイン老爺柿 取り木

去年、秋の老爺柿展示会で入手したものです。
一直線の幹に曲を入れ取り木を掛ける構想で、
針金が掛けてありましたが、思っていた程の曲は付きませんでした。
s-IMGP9632.jpg
入手時は赤い線で取り木をかければ
小さな樹を作れるような気がしていましたが、
守備範囲から離れ大きくなってしまうものの、
もう一段下のこの図の方が樹としての景色が勝るのではないかと、
s-IMGP9656.jpg
再度、針金で曲を強調し、
取り木を掛けておきました。
s-IMGP9661.jpg

立ち上がりのこの曲が入手の主目的で
上部は「取れたら儲けもの」程度に考えていましたが
もう切り飛ばす事が出来ません。
s-IMGP9662.jpg
この根の先はどうなっているのか?、

鉢から抜き用土を落として確認だけしてみる手も有りか?。

正面さえ分かれば取り木の成功を待たずに接ぐ事もでき、

周辺から生えたヤゴ芽も独立させられますから!。




にほんブログ村


ワンコイン老爺柿 取り木構想

本体をぶった切っても 何処から芽が吹くか分かりません。
来春、立ち上がりの曲の上に 呼び接ぎを掛ける事にします。

呼び接ぎ成功までは 上部に取り木を掛け
この樹から二本の素材を作るつもりです。
たいした樹が作れない事だけは確実ですが!。トホホ
s-IMGP5922.jpg
赤線でも作れますが
緑線で取り木を掛け
小さな樹が作れないかと!。

針金掛け後。
s-IMGP5929.jpg
針金の掛け方を間違えました。
一曲目の枝の上下を確実に挟んで掛けなければイケマセンでした!。
これではこれ以上強く曲げる事が出来ません! 折れます!。トホホ

まっ いっか!

「バッカも~~ん!、
    盆栽の“一曲を笑う物は一曲に泣く”と言うではないか、
        やり直すが良かろう!」
               
盆栽の神様お怒りです。

針金を追加しましたが思った程は曲がりません。
こんな幹を曲げようと考える事自体が間違いかも。(笑)
s-IMGP5939.jpg
植え付け角度を少し傾け、
晩秋の木守の姿を青い鉢でコーディネートしてみました。

コーディネートはこーでねーと!  (ちょっと古いか?)


しかし、あんな格言は聞いた事がありません!。


ウッソピョ~ン


(´・_・`) トホホ  ボンサイノカミサマノ  ゴジョウダン ダッタトハ



にほんブログ村


ワンコイン老爺柿 改作素材入手

先週末の老爺柿展のお土産です。
s-IMGP5853.jpg
盆栽としての見所は一切ありません。
樹冠部を取り木すれば小さな盆栽が作れるかも知れませんが。

良さそうな立ち上がりですがまだコケ順が不満です。
しかし会場で立ち上がり付近の用土を退けるなど
即売品をこれ以上確かめるのはマナー違反です。
s-IMGP5845.jpg
連れて帰るや、帰らざるや、それが問題だ

帰宅後ワクワクしながら用土を穿ると、
s-IMGP5848.jpg
この下にもまだ「お宝」が眠って居そうです。シメシメ

斜線付近から下だけで作り直せそうです。
s-IMGP5849.jpg
奥の離れたヤゴ芽にも面白い根があると良いのですが!。

来場プレゼントとして30粒程の種も貰ってきました、
蒔くや、蒔かざるや、それが問題だ!

「雌木の確率は低いぞ! 
   “桃栗三年柿八年”と言うではないか!
      お前の待ち時間が足りぬ確率の方が高いぞ!

オヨヨ あとどれ位残っているんでしょうか神様?。

わしゃ 知らん! ワシは盆栽の神様じゃ! 
       人間の事なんぞ専門分野外じゃ!バカもん!

((((;゚Д゚))))))) ワァォ~



にほんブログ村

老爺柿の整枝

今年は結実しませんでした。
結実したとしても使える姿ではありませんが。
IMGP6635 (640x427)
不満の残る樹芯を矯正することに。

折れてはいけない大切な枝にラフィアを巻き、他の枝に針金を掛け渡しただけの姿。
IMGP6636 (640x427)
写真下部中央の切り飛ばしキズ、少しは巻き始めたか?。
他にもゴツイ枝があり、柔らかな枝別れの為にも切り戻さねば!。

少しだけ曲げた状態、「今日んとこはこれ位にしといたるわぁ~」と。
IMGP6643 (640x427)
これ以上無理をして「盆栽人として一番聞きたくない音」を聞いてもイケマセン。
来春までに時間を掛け少しずつ曲げていきます。

上から。
IMGP6644 (640x427)
針金を掛け渡した他の小枝も少し矯正。

入手時の姿。
入手時 (640x427)
入手時には斜上する幹の最下部に二本の小枝だけがあり(結実はしていました)
幹の僅かなユスリと右側の立ち上がりの根の姿に魅力を感じ
幹を切り飛ばせば作れるのではないかとヤフオクで開始価格で入札し、
他に入札する人もなく、格安での落札でした。

同じ頃、落札した鉢に「この樹の鉢」と決め
長い間入れてありますが鉢も落ち着いてきたようです。
IMGP6640 (640x427)
写真中央右に「彦山人」。


神様この樹が飾れるようになるにはあとどれ位の時間が掛かるでしょうか?。

「慌てるでない!、お前が飾れんでも他の人が何とかしてくれるじゃろう!」

((((;゚Д゚)))))))エエ~エッ モ モ モ モシカシテ?


にほんブログ村

老爺柿 正面検討

現正面。
IMGP9508 (640x427)
植替え前に正面の検討を。
立ち上がりに手前に突き出た幹が曲を弱めているような。

少し右からのアングル。
IMGP9509 (640x427)

◎立ち上がりに一曲増えて足元が太く見える。

×一の枝が後ろへ逃げる。
×枝の再配置が必要


植え替え後。作業日 3/25 鉢 一弘 12.5×10×3.3cm
IMGP9526 (640x427)
この位置で妥協する事に。
これ以上振ると斜上する幹が前へ突き出てしまいます。
尚、鉢も表裏変更しています。


にほんブログ村