実生かりん 針金外しと正面変更

去年の今頃、入手した樹です。
s-IMGP6812.jpg
入手後即針金が掛けてありましたが
まだ食い込みは見られません。

針金外し後。
s-IMGP6829.jpg
直線で間延びした樹冠部への幹模様が面白くありません。
他に正面候補がないか探します。


その他の立ち上がり模様。
45度左から。
s-IMGP6832.jpg

裏面。
s-IMGP6822.jpg

90度右側。
s-IMGP6828.jpg
ここが一番太く、幹芸や安定感もあり正面として最適では?。

再整枝後。
s-IMGP6837.jpg
このまま正面にするには手前に倒し
植え付け角度を変更しなければイケマセン。

ならばと後ろの幹を正面側へ更に絞り込んで最終整枝図。
s-IMGP6930.jpg

少し傾け、左へ振って右側の引き根を見せ、未来予想図。
s-IMGP6946.jpg
右側に不要枝が沢山残っていますが
この後、可能な限り奥の芽まで追い込んでおきました。

やっと盆栽としてのスタートラインに立てたのでは?。



にほんブログ村


実生花梨 皮がむけた!

実生後、小さな鉢の中で肥培させずに育てて来ました。
IMGP4904 (640x427)
表皮が一枚剥がれかかっています。

アップで。
IMGP4903 (640x427)
もうそろそろ、中学生位の樹齢になると思います。

そんな時節の現象ですかネ?
男の子なら遠い昔の記憶にある筈です。(笑)


にほんブログ村

実生花梨 改作構想

10年程前に作った実生花梨です。
中間の直線部分が気に入りません。
IMGP9574 (640x427)
取り木の準備で針金を巻いてあります。
発根が難い樹種です、果たして成功するかどうか?。
取れたとしても実姿は期待していませんが!。(まだ2倍近い時間が必要?)

立ち上がりに庭の唐花梨の小枝を呼び接いで作り直してはどうか?と。
A案
IMGP9577 - コピー (640x427)
B案
karinn (640x427)

枝を探したところ、B案に最適な場所がありました。
IMGP9587 (640x427)
鉢を3か所小枝に固定して呼び継ぎ完了。

この庭の花梨は何時も実姿を楽しませてくれます。
接ぎ木が成功すれば、この盆栽にも実姿が見られるのでは!。

「目立たぬ場所へ接いだのぉ、鉢への水やりを忘れるでないぞ!
      水やり注意の札を作り枝にぶら下げておくが良い!」

(*^_^*)ワァ~オ~ ボンサイノカミサマノ ヤサシイ オツゲデス



にほんブログ村

花梨  植え替え

新芽が動き始めました。
IMGP9330 - コピー (640x427)

全ての先端が色づいています。
IMGP9336 (640x427)

前回(1/19)の観察時よりほころんだようです。
IMGP9327 (640x427)

植え替えと未来予想図。
2花梨 (640x511)
鉢  谷 嵐山 10.5×10.5×5.8cm


数年この鉢で追い込みながら培養し、小枝がほぐれたらもう少し小さな鉢へ。

入手時に「実生花梨」だと聞いています、実成りは期待していません。

「そうじゃのぉ持ち込めば立派な実姿も見られるが、お前が見るのは無理かも知れんのぉ!」

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマニハ イッシュンノ ジカンデスガ



にほんブログ村

花梨 新芽の観察

早くも新芽が動き出したのではないか?と
観察を始め植え替えの準備をする事に。(1/19撮影)
IMGP9071 (640x427)
IMGP9067 (640x427)
IMGP9073 (640x427)


培養はこの鉢の時代付けを兼ねて,少し大きめの。 谷 嵐山。
IMGP9107 (640x446)

小枝が充実したら小さめのこの鉢か?、 少し前の春嘉鉢。
IMGP9105 (640x489)

「鉢が割れているから」と格安でゲット、ラッキー!(笑)
IMGP9098 (640x427)
入手後、即日整枝してありました。


去年「岡崎五万石展」の帰りに盆栽園を数軒ハシゴしてきました。
一軒で同展示会帰りと思しき高齢者グループ(後期?)に遭遇!。
そこの盆栽園から連れて来た樹です。

「お前もその中の一員と見られても、何の違和感も無いぞ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ イツマデモ ワカイ ツモリ デイマスガ

PS
IMGP9095 - コピー (640x476)
こんな風に作りたいと!。


にほんブログ村