杜松 新芽摘み

今年、春の勉強会の展示に使った樹で、
伸びていた新芽を思わず棚上で摘んでしまいました。
IMGP1670 (640x427)
手入れ前の単独の写真がありません。

辛うじて遠慮気味に右端に写るのみです。
柔らかな新芽のままの姿で飾りました
IMGP1621 (640x427)

持ち主の性格を反映するのでしょうか?、控え目な性格のようです。(笑)

「バカもん、お前はそう言う所が図々しい性格をしておる!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ アキレテオラレマス

PS
芽摘み前。
IMGP1671 (640x427)
芽摘み後。
IMGP1673 (640x427)
輪郭からはみ出る芽を摘み
残した新芽はもう少し伸ばし
樹形をカバーします。

伸ばしては摘み、摘んでは伸ばす、
九月頃までこんな手入れが続きます。


にほんブログ村

接ぎ木杜松の過程と鉢合わせ

植え替え後。
IMGP1398 (640x511)
樹高 12cm  鉢 行山 10.5×9×5cm

15/5/15
ブログに登場した最初の写真。
IMGP3372 (640x427)
接ぎ木3年程。

同植え替え後。
30年程前、庭に自然実生した台木に それぞれ違う性の小枝を接いだ二本の杜松。
IMGP3373 (640x427)

16/2/22
芽が伸びています。
IMGP8669 (640x427)

2/22。
コピー用紙で不要な枝を隠し樹姿の検討。
IMGP8666 (640x427)

16/2/29
追い込み後。
IMGP8906 (640x427)
右最下枝はコケ順を作るために最奥の芽まで追い込みました。

16/8/8
追い込んだ小枝が伸びて来ました。
IMGP4329 (640x427)


整枝後。
IMGP4416 (640x427)
ようやく盆栽らしい姿に!。

更に、右最下枝を絞り込んだ姿。
IMGP4423 (640x427)
枝棚?らしきものも出来、やっとスタートラインに!。

植え替え直前の姿。
IMGP1391 (640x427)
やっと盆栽としての骨は出来ました。
今後は鉢のサイズに合わせ枝葉を充実させたいと考えています。


にほんブログ村

ミニ杜松 樹形構想の落とし穴

昨日投稿のミニ真柏を植え替えましたが
元細の樹姿になってしまい失敗です。
IMGP1311 (640x427)
根張りより少し上の右側に根がありましたが
イヤミだと思い切り取ってしまいました。

「なんてバカな事をしたザンショ!、
  イヤミは個性だと言っているのに
     未だに理解出来ないとはミィーは残念ザンス!」 シェー 

「ワシも残念なのだぁ~!」 バカボンのパパ 

未来予想図時の植え付け位置と切り取った右根の場所。
IMGP1312 - コピー (640x426)
これならミニとはいえども立派な立ち上がりです。
この位置のままで上部の枝葉を整枝すべきでした。

こんな斜幹f風の模様樹として!。
IMGP1221 - コピー (2) (640x427)
これなら立ち上りの力強さも残せ、
シャリの幹模様も強調出来たのではないでしょうか!。

たった一本の根を切っただけで
挿し木から長い間作ってきた樹を台無しにしてしまいました。

(´・_・`) トホホ ワタシガイチバン  ザンネンナノデス


にほんブログ村

ミニ杜松 整枝と未来予想図

挿し木4~5年のミニ杜松のシャリを少し広げ整枝しました。
IMGP1221 (640x427)

この位置で植え替え、模様樹にならないかと。
IMGP1224 (640x427)

未来予想図。
IMGP1226 - コピー (640x427)
割り箸で押さえた右最下枝をジンにして
後枝で右空間をカバーし、樹芯部や枝先が充実すれば

(^^♪も~ぉ 🎶 立派な🎶盆栽だも~ぉん(^^♪

「呑気に鼻歌なんぞ歌いおって、
   お前には他に心配事が無いのか!
          ワシャそれが心配じゃ!」

(´・_・`) オヨヨ ゴシンパイヲ オカケシテオリマス ボンサイノカミサマ


にほんブログ村

杜松(大野性)の樹形構想

蕾が一杯付いています。
IMGP1158 (640x427)

チョットアップで。
IMGP1156 (640x427)
IMGP1153 (640x427)
入手時点では小枝が細く樹姿を維持出来ない程でした。
主要な小枝に針金を掛けてあり,
もう少し太らせるつもりです。
当然、不要になった小枝は挿し木です。(笑)


以下、未来予想図
少し傾けて斜幹風に。
IMGP1163 (640x427)

このままで模様樹を。
IMGP1147 - コピー (640x427)

懸崖から大懸崖へも。
IMGP1162 (640x427)

幹を左へ起こして。
新鉢 (640x427)
立ち上がりの真上に樹芯がある こんな模様樹が理想ですが。


杜松は芽吹きが良く 樹形維持管理が容易な樹種です。
まだ主要な枝も細く どんな樹形に作り変える事も可能です。
私の苦手な文人木以外は作れそうです。シメシメ


にほんブログ村

杜松 改作

挿し木から長い間作って来た杜松です。
IMGP4662 - コピー (640x427)

反対側、このシャリとその先の幹の太さが嫌味なのです。
IMGP4663 (640x427)
昔作ったシャリです、今ならもう少し景色を作れそうな気がしますが?。

新正面。
IMGP4667 (640x427)

コケ順を作る為、反対側を全て落としました。
IMGP4665 (640x427)

上から。
IMGP4666 (640x427)
小枝が全て正面側を向いています、

後ろ枝候補の小枝三本に針金を掛け、
IMGP4899 (640x427)
今日はここまで!。
また一から作り直しです、フゥー ヤレヤレ。


にほんブログ村

杜松 取り木発根と切り離し

取り木を掛けた杜松に、
IMGP4668 (640x427)
発根を確認しました。
IMGP4670 (640x427)
ビニールポットを外すと、
IMGP4893 (640x427)
十分に発根しています。

混んだ不要な枝を外しジンに、正面はこっちか?。
IMGP4896 (640x427)

反対側のここか?。
IMGP4897 (640x427)
幹の流れに動きが感じられます。

スリット鉢に用土を準備し、
IMGP4892 (640x427)

植え付けました。
IMGP4898 (640x427)
まずは、取り木成功と言う事でメデタシ、メデタシ。

来春の植え替え時に
ミニ杜松の懸崖樹形を目指し整枝します。


にほんブログ村

杜松 芽摘み

挿し木から10数年、
追い込んだ小枝に新芽が伸びて来ました。
IMGP4605 (640x427)

この樹にとっては今年最後の芽摘みか?。
IMGP4613 (640x427)

「大して代り映えせんようじゃのぅ」

盆栽の神様の感想です。

今年、培養の成果は残せなかったようです。

(;д;) トホホ


にほんブログ村

杜松 新芽の追い込み

切り込んであった小枝に新芽が吹いて、姿を乱しています。
IMGP4565 (640x427)

輪郭線の中へ追い込んでおきました。
IMGP4604 (640x427)
挿し木後右へ流れる懸崖樹形をジンに改作したものです、
やっと模様木らしくなって来たか?、それにしても手入れの苦手な樹です。

私の白魚のような指先に容赦なく刺さります。

「何が白魚じゃ!、干からびた丸干しのような指をしおって!」

(*゚Q゚*) トホホ  盆栽の神様のきついツッコミが入りました。



にほんブログ村

杜松 頭部のみ針金整枝

整枝後。挿し木から作って来た樹です。
IMGP4535 - コピー (640x427)
まだ輪郭からはみ出る小枝がありますが、
懐芽の伸長を待ち、追い込めれば整えられます。


整枝前。
IMGP4530 (640x427)
頭部がこんもりし過ぎ樹姿を重くしています、
掛けてあるアルミ線を外し、銅線で整枝しました。


にほんブログ村

杜松 芽摘み整枝

接ぎ木で作って来た杜松です。樹高 8㎝
IMGP4528 (640x427)
伸び放題の芽を摘む整枝をしてみました。
そろそろ完成域か?。

ブログ初登場の頃。去年5月2日
IMGP2585 (640x427)
接いだ部分を以前の幹部分(ジンに)に寄せている。

今年5月20日UPの写真。
IMGP3202 (640x427)
なんとか「竜の顔」のジン先端を見せる整枝を検討していた頃。


にほんブログ村

挿し木杜松 樹形検討とちょこっと整枝

新芽が伸び放題です、 挿し木5年程。
IMGP4406 (640x427)

役枝を伏せました、
太さの欲しい枝の先端の芽は摘んでいません。
IMGP4411 (640x427)
右最下枝がコケ順もなく真っ直ぐで面白くありません。
ジンにする以外なさそうです。
植え付け角度の変更などで誤魔化せれば良いのですが。

樹形案
・A案 このまま最下枝をジンにし、右へ大きく流れる半懸崖風な樹姿。
・B案 天場に飾れる模様樹を目指す。


B案で樹形検討
植え付け角度変更と右最下枝を抜いた、と想定しコピー用紙で隠しチェック。
IMGP4441 (640x427)
これでは腰高になってしまい使い物にならない!。

先ずは左最下枝の先端を追い込み パチリ。
IMGP4443 (640x427)

右最下枝の前側の小枝をジンに!。
IMGP4446 (640x427)
暫くはこのままで作り、
IMGP4450 (640x427)
後枝を充実させ、右枝二本の空間をカバーし、
右最下枝を追い込んで懐に新芽が吹いたらいいなぁ~♡、と
取らぬ狸の皮算用!チャンチャン。

確認の為A案の写真も撮ってみました。
IMGP4455 (640x427)
この方が早く作れるかも知れません、
水やりの度に倒れる面倒くさい樹になりますが(笑)。

「ごちゃごちゃ言わず!早く作れ!!、お前に残された時間はそれ程多くはないぞ!!」

((´・ω・`;))エ~ッ!!。

盆栽の神様相変わらずのキツイお言葉です。


にほんブログ村

杜松 プチ整枝

プチ整枝後。
IMGP4423 (640x427)
右枝はもう少し太るまで切らずに伸ばします。

整枝前。
IMGP4329 (640x427)
春に切り込んでおいた枝に新芽が吹いて姿が乱れてきました。
役枝を作るため、枝の柔らかいうちに基礎の針金かけを。

個性ある立ち上がりに小枝を接いで数年になります。
接ぎ位置も太り始め、間もなく違和感を感じられなくなります。


にほんブログ村

杜松 整枝

新芽が伸びて来ました。
IMGP3383 (640x427)

切り込み後。
IMGP3385 (640x427)
挿し木から長い間作っていますが
この樹に関してはちっとも良くなったとの実感がありません。
IMGP3513 (640x427)
針金を掛け、少し右側から、ここが正面か?。
茶の木畑に入ってしまったのか?。


にほんブログ村

杜松 植え替え

先日手入れした杜松を植え替えました。
IMGP3353 (640x427)

検討位置とは少しずれたようですが、まぁ良いっかぁ。
IMGP2987 (640x427)

「バカもん、ワシの留守中に何か仕出かしたようじゃなぁ?」

「自分の計画も実行出来ぬとは、相変わらずじゃ! まぁ良いっかぁ、」

「イカン イカン!アイツに毒されて来ている自分が怖い!」

盆栽の神様急いでお帰りです、何かあったんだろうか?。



にほんブログ村

接ぎ木杜松の整姿 

庭に自然実生した杜松に
痛くない杜松を立ち上がりに接いだ樹です。
IMGP2997 (640x427)
竜の顔のようなジンが見えるようにと作ってきましたが、
整枝してみると、隠さなければならないようです。
IMGP2998 (640x427)
明らかに不要な小枝を切り、棚を透かしてみました。
上から。
IMGP2999 (640x427)
展示会ではミニは上から見下ろすようになります。
右の枝を工夫すれば顔だけでも見えるように出来るかも知れません。
この写真を見ながら考えました。
「小枝を一本抜き、整枝し直しては?」と

このあたりが展示会の目線位置では。
IMGP3001 (640x427)

最終整姿図、ジンが見え隠れする微妙な位置です。 |д゚)チラッIMGP3202 (640x427)
ベテラン盆栽人は覗き込むのではないか?。

接いでから早々に姿の出た樹です。
手入れ時に痛くないのが幸いしています。
棚にある素材段階の杜松もこの性に衣替えしてみても面白いかも?。
検討の価値ありです。


にほんブログ村

挿し木杜松の手入れ 正面の決定

挿し木後5~6年程です。
シャリを広げ小枝の整理を。

以前に彫ったシャリも目立たなくなっています。
IMGP2988 (640x427)

腹巻のようなシャリの姿です、こちら側は正面にはなりません。
IMGP2990 (640x427)

手入れ後。
IMGP2993 (640x427)
小枝を追い込み、針金を掛け、彫ってあったシャリを広げました。
当分棚の隅で過ごす事になりそうです、放ったらかしで。
針金の食い込みだけには注意しなければいけませんが。                 


にほんブログ村

杜松 芽摘みと植え替え位置の検討 バックトゥザフューチャー編

挿し木から作ってきた杜松です。
いつ挿したか確かな記録も記憶もありません。
推定10年以上15年未満では?。


新芽が伸びボーボーになってしまいました。
IMGP2982 (640x427)

輪郭に沿って切込み、古葉を抜きました。
IMGP2984 (640x427)

次回の植え替え位置はここか?。
IMGP2983 (640x427)
前姿に比べて幹がリズム良く流れるように感じられます。
左枝を下げればなお動きが出るのでは。

IMGP2987 (640x427)
あれっ いつの間にか下がっています。w(゚o゚)w

これだけの太枝を動かすには相応の銅線が必要です。
また、枝にキッチリ沿わせて掛ける必要があり
昔ながらの手に刺さるような葉性です
私の白魚のような指先が傷付く恐れがあります。(#^.^#)
あまり好きな種類の杜松ではありません。
手入れが疎かになりがちです。

「バカもん、自分の挿した樹ではないか、責任を持って育てろ!!」

「数百年先の未来では、この種の杜松が盆栽絶滅危惧種に指定されておる!
     お前のような盆栽人が増え、手入れを怠ったからじゃ、ワシが今見て来た!」

「嘆かわしいのぉ、何とかせねばならん!」

本当ですか?神様。

BACK TO THE FUTUREのドクみたいですね。

「あのシチュエーションはワシのアイデアじゃ
     いまだにシナリオ代が振り込まれておらん!!
                 不愉快じゃ!!」

そっちかい!
怒りの矛先は!

盆栽の神様、いつになく近寄りがたい雰囲気が!。

(*゚Q゚*) クワバラ クワバラ


にほんブログ村

山採り杜松 軽い整枝

女性会員が30年以上前に山採りしたものです。(もちろん自分の山から)
整枝前。
IMGP9921 (640x427)


不要な枝を軽く整枝し、
太らせたい枝は針金をかけ,
伏せながら伸ばしています。
IMGP9925 (498x640)
自然体で持ち込まれていたようで
小枝の枝別れも矯正された形跡がありません
頭部に一本不自然な枝がありますが、
このまま残す事にしました。

右の最下枝を充実させる事が差し当たりの課題です。
この雰囲気を壊さないように持ち込まなければと。


にほんブログ村

杜松(大野性) 整枝

痛くない葉性の杜松です。
IMGP9421 (640x427)
立ち上がりは数本の根が癒着しており
その上から一回転した独特の幹です。

嫌味を消す取り木で作り直すか迷いましたが
個性と捉えこのまま整枝する事にしました。
将来、シャリ幹に出来れば面白そうです。

整枝後。
IMGP9423 (640x427)
左枝、右枝、樹芯へと数本だけ針金を掛けました。
引き根の効いた面白い樹になりそうです。

不要の小枝も見られますが、
枝棚の充実の為このまま伸ばし
枝が太った時点で輪郭に沿って切り戻します。


不要枝は挿し木にします。

「わしも大賛成なのだぁ~、挿し木は盆栽の基本なのだぁ~」      バカぼんのパパ

「ゴミにしないでねぇ~ お掃除が楽なのよねぇ~  レレレのレ~」  レレレのおじさん

「ミーの好きなおフランスでも不要枝は挿すザンス。 シェー」      イヤミ

久しぶりのキャラクター達にも賛成して貰えました、メデタシ メデタシ。


にほんブログ村

杜松 樹形構想

庭に自然実生した杜松に葉性の良い
痛くない小枝を接いだものです。
IMGP8669 (640x427)
接いだ部分も傷が癒え、十分な太さになりました。
これ以上 枝が太ってもいけません。
バランスが崩れてします。
そろそろ上部の犠牲枝を切り離して
枝作りに入りたいと考えています。

コピー用紙で不要個所を隠し構想の再確認。 
ハイ・ポーズ・パチリ。
IMGP8666 (640x427)

頭部に樹芯候補の芽と
新しい犠牲枝を残して切り込み。 
不要部分もジン用に少し残してあります。
IMGP8907 (640x427)

左右最下枝は枝のコケ順を作る為
奥の小枝まで追い込みました。
奥の新芽の伸びを見てもう一段切り戻します。

頭部予定の芽は太さを得る為 走らせた後に
同じようにコケ順を作りながら追い込んでいきます。

「ゴチャゴチャ言わずとも
      盆栽人ならそんな事は皆知っておる バカもん」

(#^.^#) イヤハヤ ナントモ。

「数年後にここが失敗だったと
        やり直しにならぬようしっかり検討しておけ!」

盆栽の神様の厳しいお言葉です。


にほんブログ村                    

杜松 整枝

挿し木20年程。
IMGP8754 (640x427)

右に流れる懸崖風に作っていましたが
模様樹を作りたいとジンにしました。
左へ流れる小枝に立て替え数年経ちます。
IMGP8756 (640x427)
枝も太ってきたようなので枝作りを進めることに。

針金を掛け整枝、剪定。
IMGP8788 (640x427)


長い間作っている割にまだ素材段階です。
手入れ時に葉が痛い事が遠因では?
どうしても後回しにされてしまいます。

「バカもん 自分の未熟さを棚に上げ樹のせいにするではない!」

「早く仕上げろ!」

盆栽の神様 的確なご指摘です。

((((;゚Д゚)))))))


にほんブログ村

杜松 初めての整枝

挿し木後 初の整枝です,右側が正面候補。
IMGP5520 (640x427) (2)

不要枝を切り。
IMGP5523 (640x427)

ラフィアを巻いて保護。
IMGP5525 (640x427)

針金で移動、おおまかにここまで。
IMGP5526 (640x427)

さらに上下に針金をかけ針金をゆっくり絞り込む。
(樹肌に直接針金が当たらないようにゴムチューブで保護)
IMGP5528 (640x427)
今回はここまで、少し間をあけ様子を見ます。 

上部3本の枝の途中に芽があり、これを大切に伸ばし切り替えて樹姿を追い込む予定。
IMGP5530 - コピー (640x427)
「これくらいの枝にラフィアは不要だ、なにをバカなことを!」と思われるかもしれませんが
強く曲げる時には保険の意味で巻いています。
但しこの時期この作業が適期だったかどうかは不明です。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

杜松 樹姿検討その2

昨日の杜松を鉢から抜いて検討、根元に変な曲が!。 嫌味と取るか個性とするか?。
IMGP5509 (640x427)

反対側から。座とするか?。
IMGP5510 (640x427)

全ての枝を追い込み。 立ち上りの個性としては?。
IMGP5515 (640x427)

植え替え終了、今のままでは物になりそうにない。
IMGP5516 (640x427)

[バカもん ここで諦めてどうする!]

[なんとかせい]   by 盆栽の神様。

なんともなりません!。

後は全て樹に任せます。

当分の間 ほっときます!。

元の自然樹形に戻しましょう。

どんな樹形になりたいか、この樹が意思表示するまで!。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

杜松 樹形検討1

挿し木鉢上げ後何も手入れされていない杜松です。
IMGP5503 (640x427)
古葉を抜き樹形の検討。

ここか?。
IMGP5507 (640x427)

ここ!。
IMGP5505 (640x427)
幸い足元に小枝がたくさん出ていて、充分に追い込めそうです。
幹が株立ち状に出ているが、一本樹?か株立ちか?不明。
掃除の為に根鉢を濡らしたので今日はここまで。
根鉢を乾かした後、立ち上りの確認は後日です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

杜松 整枝

新芽を切り込み樹姿の中へ追い込みました。
樹高 9cm 幅9cm  挿し木15年程
IMGP5269 (640x427)


新芽が伸び樹姿を乱していました。
IMGP5253 (640x427)

杜松 再取り木と樹形構想

今春、取り木で切り離した部分です。
欲しいのは右側の部分で こっち側は葉性が悪く捨てる以外無いと考えていた。
右側も葉性が悪いので接ぎ木で衣替えの予定です。(現在の枝はイボジンのようにする)
IMGP5210 (640x427)
環状剥離し。
IMGP5213 (640x427)
刻んだ水ゴケを巻き 風で飛ばないように土で保護。
IMGP5216 (640x427)
・取り木成功後、足元に葉性の良い杜松を接ぐ。
・双幹として作りながら、こちら側にシャリやジンの景色を作る。
・両方とも樹の姿をしっかりとつくる。
・姿が出来たらこちら側を全てジンにする。
○大きなジンに寄り添う小さな杜松の完成。

[のーてんきな事を考えおって、
        そんな樹を作るのにいつまで時間が掛かると思っておる]

あくまでこの取り木が成功すればの話ですが

最短でも10年以上必要かと?。

[お前が作ったおもちゃだと思って見守ってやろう、しょうがない]

宜しくお願いします、盆栽の神様。

杜松 植え替えとご対面

ブログデビューの「取り木杜松の下部」を植え替えました。
根の充実を図るためスリット鉢に。
IMGP3373 (640x427)
初めてのツーショットです。
同じ年に我家の庭に自然実生してから30年ほど。
両樹とも違う種類の杜松を 接ぎ木され再出発です。

熊と龍のような表情をジンに宿しながら
遠い未来を夢見るように!!。
IMGP3372 (640x427)
植え替え前

杜松  植替え

右に少し寝かせるようにして植え替えました。
IMGP3349 (800x533) (640x426)
IMGP3279 (640x427)
他は何一ついじらずそのままの植え替えです。
安定した姿になったと思います。

杜松 整枝

IMGP3109 (640x427)
頭部が枝枯れした杜松です。
ぽっかり穴の空いた部分です。
杜松はこれがあるから!!。


気を取り直して整枝。
IMGP3274 (640x427)

樹高 10cm  鉢  旭清  9.5cm×7.7cm 高 4cm
IMGP3279 (640x427)

[うまいこと隠したな]

神様、先日変な神様がお見えで?

[なにっ まさか お前の所まで来たか!]

何だったんでしょうか?

[あれは神様サギみたいなもんじゃ]

[お前の所にはカラスも来ぬと思っておったが]

山田く~ん 神様に座布団一枚差し上げて。
いえいえそうじゃなくて。

杜松  改作中

樹高 5cm 幅 9cm 鉢  光山 丸8.5cm 高4cm
IMGP3204 (640x427)
新芽を摘みこちら側を新正面として締め込み中の杜松です。


IMGP3239 (640x427)
挿し木からこちら側を正面に作り 一度は飾りました。
シャリの不自然さが嫌味に思われ表裏変更。

「嫌味、嫌味と嫌わないで欲しいざんす。シェー」  by イヤミ

杜松        整枝

庭に自生した杜松(当時あった杜松の実から)
樹高 6.5  鉢 龍禅 六角 8×6.4 高 6
IMGP2585 (640x427)
ブログデビュー時の「杜松の取り木」と同級生の杜松。
この樹も葉性が悪く手入れもされず放置。
4年前に立ち上りに接ぎ木、活着を確認後上部を切断。
幹をジンに添わせるため針金で結束、くいこみが見られたので外し同時に整枝。
IMGP2590 (640x427)
幹の上部にジンに添うよう再度絞り込みをかける

幹に針金のくいこみ傷あり(ゴムでカバーしてあったのにと残念)、
シャリにしてカバーできるかどうか。

ジンの部分が龍の顔に見えなくもないので「龍禅」の鉢を探し植え付け。
(このジンがもしも話題になった時に「実は・・・・」と)。

飾れるようになるまでに
龍の顔が見えやすいように整枝しなければ!!。

長い年月を「無為」に過ごさせてしまったこのジンのために。




杜松  改作構想

挿し木後20年程度の杜松。
IMGP2568 (640x427)

大懸崖構想で作っていましたが 数年前に外してジンとしました。
今回も左右の下枝2本を外し 懸崖風の模様木に変えようと
左右の最下枝をシャリにしてあります。

3月の勉強会で この構想を相談したところ、

樹格の向上にはそれが一番だが

・ 私の飾りを考えた時には このまま作った方が良いのでは。
・ この樹を天にした場合 添える松柏が難しく今は無いのでは。
  (反対の流れなら売るほどある)ウソです。
・ ハネ出し、3点飾りに使った場合は使い易いのでは。

これらを考慮し当分はこのままで。

一番の見所の立ち上りを隠す左一の枝は次回に飾る時外す予定。


長年会長を務める人だけに

会員全ての棚の状態を把握されていて納得です。


[お前はまだまだまだ修行が足らん]       by  盆栽の神様


神様せめて「まだ」をひとつ外して下さい、この樹の将来の左枝みたいに!! トホホ。

杜松の取木

http://flower.blogmura.com/ranking.html取り木の杜松

我が家の庭に自然実生した杜松です
葉性が悪く手入れする気にならず、立ち上がりに一曲入れたまま
鉢の中で30年近く過ごさせてしまいました
4年前に足元に接木をし去年取り木を掛けました.


杜松本体

取り木後の本体   (ジンが熊が口を開けたように見えませんか)
数年間は枝を走らせて接木部分を太らせる予定です
杜松は小枝の追い込みがしやすい樹です
ジャンジャンバリバリ伸ばします


取り木上部

切り離し後の上部
写真手前部分に枝が多く出ており再度接木を行い
今ある枝を全てをジンにします
既に半数以上の枝が取り木前に元を少し残して切ってあります
「イボジン」のようにしたいですね
これが接木と取り木をした目的でした
(足元の芸と「おりこうさん」な不要の中間部、そして何とか盆栽として独立させたい上部)
また一本挑戦しがいのある樹が増えました(笑)