「ボランティア葉刈り請負生命体」の来襲

一本だけ新芽まで丸裸にされています。
IMGP4742 (640x427)
数日前に第二オオスカシバを見ましたがそれにやられたようです。

他の苗も葉刈り整枝する事にしました。
IMGP4755 - コピー (640x426)

立ち上がりに大きな曲が。
IMGP4760 (640x427)

強調すべく絞り込んでおきました。
IMGP4768 (640x426)
此処を見所に大きく切り戻す事になりそうです。

一見、一丁前の姿をしているようですが
IMGP4773 (640x427)
赤丸の頭部付近にコケ順がありません、
将来、必ず嫌味になります。
白矢印の枝に切り替えて頭部を作り直します。

チョッキン⁉ そして未来予想図。
IMGP4777 (640x427)

その他の苗。
IMGP4786 (640x427)
IMGP4783 (640x427)

手入れ前の写真がありません、
整枝に夢中だったようです。
IMGP4771 (640x427)
前出の苗達より数年古い挿し木です。

幸いにも大きな被害はありませんでしたが
若い樹数本に少し被害が出ました。

一寸の虫といえども「クチナシ夫人」の丸裸は見たくなかったようです?。
その五分の魂も分からなくもありませんが。(笑)

「あ~ぁ~た⁉」

(´・_・`) ヤベー キコエタカ


にほんブログ村
スポンサーサイト

挿し木床のクチナシ開花

花芽のある不要枝を挿してありました。
IMGP3798 (640x427)
活着したのか?枝の養分だけで咲いたのか?。

赤矢印の蕾は枯れたようです。
IMGP3798 - コピー (640x427)
白矢印の蕾はまだ生気が見られます。
この花も咲くかも知れません。

本来は花芽を取ってから挿すのですが
結実すれば超ミニクチナシ盆栽が作れるのでは?
との下心満載の挿し木でした。

結実後に取り木を掛けた方が良かったか?。



にほんブログ村

オオスカシバ来襲

ブゥ~~ン」庭で聞きなれた羽音が!
しかし姿が確認できません。
急いでカメラに望遠レンズを付けて梔子の棚へ!。
IMGP3095 (640x427)
所さんの「第一村人発見」ならぬ「第一オオスカシバ」の発見です。(笑)
花の甘い香りに誘われてヤッパリここに居ました!。

「クチナシ夫人」を狙っているのでしょうか?。
IMGP3096 (640x427)
白丸で囲った中に!。

「あぁ~た すごく恐ろしかったザーマス! このケージのお陰で助かりましたワ!」

「これからも あたくしの一族を守ってくださいナ 頼りにしてましてヨ!」

(#^.^#) ニコニコ

こんなにも殊勝な言葉は今まで聞いた事がありません。

あぁ~~た!!」

(´・_・`) フゥー ヤレヤレ


にほんブログ村   

くちなし開花

今朝の水やり時には咲いていませんでしたが、
午後から乾いた鉢の点検中にこの梔子の開花に気付きました。
IMGP3087 (640x427)
やはり一才性が良いようです、
我家の古参梔子には花芽すらありません。
その割にオオスカシバ等の対策に手間がかかるのです。

「あぁ~た、またあたくしの悪口をおっしゃったようね!」

この際「くちなし夫人」は「くちあり夫人」とでも改名しましょうか!。

「あぁ~た、本気でおっしゃいましたわね、許せませんわ!」

(´・_・`) トホホ



にほんブログ村

梔子の新芽と花芽

葉刈りしてあった「クチナシ夫人」に新芽が吹いて来ました。
IMGP2301 (640x427)

落として折れた傷も木工用ボンドの応急処置で効果があったようです。
IMGP2306 (640x427)
まだ樹冠部を作れそうにありません。
しばらく駄温鉢で養生させる事になります。
他のクチナシのように花芽も準備出来ていませんし。
IMGP2307 (640x427)
この花芽に黒い害虫が一杯付いて居り
殺虫剤散布をしたばかりです。

幸いにもクチナシ夫人には虫は付いていませんでしたが!。

「あぁ~た あたくしには虫も付かないとでもおっしゃりたいの!
   それにしばらくこのままの鉢ですって! お約束が違いましてよ!
      お似合いの鉢を探すからとおっしゃったので我慢しているのに!」

ふぅ~ ┐(´д`)┌ ヤレヤレ 厄介な季節の始まりです。

これからイタチごっこが始まります。

「あぁ~た それじゃぁまるであたくしが厄介なイタチ!
   みたいなおっしゃり方じゃございませんこと!
     レディーに対して失礼ざます!許せませんわ!」

(´・_・`) トホホ サッキンショウドクノコトヲ イイタカッタノニ コトバタラズデシタ


にほんブログ村   

ミニくちなし樹形構想

一才性の実成りクチナシです。
恥ずかしがり屋なのか隠れています。(笑)

改作案A
2くちなし改作 (640x427) (640x427)
今ある最下枝だけで作り直す構想です。
但し、右最下枝と右二の枝は理想の位置のここに枝が欲しいとの願望です。
芽の吹き易い樹種です、可能性は無くもないですが。

改作案B
3くちなし改作 (640x427)
実現可能な改作案です。
前に突き出た右一の枝を針金で役枝に相応しい位置に移動させてあります。
樹冠部の小枝と左一の枝用の候補も写真では見えませんが小さな芽があります。

改作案C  やはり恥ずかしがり屋です、構想図に隠れています。(笑)
クチナシ改作1 (640x427)
反対側を正面にした樹形構想。
役枝用の小枝や小さな芽もあり実現可能な樹姿ですが
螺旋状の幹模様が嫌味か?。

盆栽を始めた頃からある「クチナシ夫人」と違い 将来の樹形はどうにでもなる素材です。
現時点ではA案で作り、上部を挿し木で遊ぶつもりです。


「あぁ~ら、聞き捨てなりませんわ!
  あたくしのバディーはもうどうにもならないとでもおっしゃりたいの!あぁ~たは!」

うわっ w(゚o゚)w ビックリシタァ~ シヌカト オモッタ!

温暖なこの地方では特別な冬季保護は必要ありませんが
寒がりなクチナシとキンズは多少の保護を考えています。
それまでは静かにお過ごし頂く予定でしたが
寝た子を起こしてしまったようです、しかも一番うるさい!。

「あぁ~た、また何かおっしゃたようね、許しませんわ!

(´・_・`)フゥ~ ヤレヤレ ナントモハヤ


にほんブログ村

クチナシ 久しぶりに食害に

昨日、水やり中にやけに葉の量が少ないのでは!と異常に気付く!。
IMGP5774 (640x427)

幼虫です。
IMGP5775 (640x427)

このクチナシも樹冠部を食われています。
IMGP5777 (640x427)

網目から入ったとは考えられず、すのこ状の隙間から侵入されたか?。
IMGP5778 (640x427)
全面に鉢底網を敷き詰める等の改善が必要です。


幸いにも口うるさい「クチナシ夫人」に被害はありません。
やっぱり虫も若い方が良いようです。(笑)

「あぁ~たぁ、何かアタクシの事をおっしゃったみたいね?」

地獄耳の持ち主です。

「今、なんておっしゃったの!」

(;゜0゜) クワバラ クワバラ サワラヌ カミニ タタリナシ 

この記事はこの辺で止めときます。

クチナシは鬼門です。

「また、なにかおっしゃったようね!」

(´・_・`) ヤレヤレ


にほんブログ村

クチナシ挿し木苗 葉刈りと整枝 その3

BBQ網の中のクチナシを点検すると何やら卵らしき物が!。
網を掻い潜って入られたか?。
早速殺虫消毒作業を。
同じ物がキンズの葉裏にも産み付けられており、そちらは鋭意観察中です。
ブログネタにならないかなぁ(笑)
IMGP4092 (640x427)

食い荒らされる前に葉刈りを。
IMGP4094 (640x427)

針金を掛け終了。
IMGP4095 (640x427)
左へ伸びる頭部は新芽の出具合をみて追い込むつもりです。


この樹は
IMGP4097 (640x427)
IMGP4098 (640x427)
針金を新しく掛け直して終了、
左下のクチナシ苗は切った枝をそのまま挿しておいたものです。
なんともお気軽な挿し木です、この苗にも葉刈りを掛け終了。


にほんブログ村

クチナシ 葉刈りと整枝 その2

挿し木後4~5年程のクチナシです
IMGP4085 (640x427)

葉刈り後、樹姿の確認。
IMGP4089 (640x427)
こんな面倒な事は「ボランティア葉刈請負生命体」に任せるのが得策か?(笑)。

最終整枝図。
IMGP4090 (640x427)
そろそろ面白味のない教科書的な骨の出来上がりか?。
来年以降は小枝を増やし、枝棚作りを始められそうです。
よって、花と実は遠い将来の事になります。

「お前は見られんかも知れんのぉ」

えぇ~っ!!
(;´д`) トホホ
盆栽の神様思わず本音をポロリと!。


にほんブログ村

クチナシ 挿し木苗の追い込み

犠牲枝が伸び、棚場を狭くしています。
小さな盆栽を作る為に切り込みを。
IMGP4078 (640x427)

先ずは大まかに切り込んで点検、
IMGP4081 (640x427)
樹冠部への枝の切込みをここで止めたのではコケ順が出来ません。


後ろに良い芽のある少し上でチョッキン。
IMGP4082 (640x427)
後ろから伸びる枝を前に被せることで幹に懐が作れます。

立ち上がった右枝を伏せ、今回はここまで。

左右の最下枝は新芽を更に伸ばし
次回の切込み時には今ある部分の半分も残さないで切込みます、
更なるコケ順を作る為に。


にほんブログ村

クチナシ 葉刈り

枝先の乱れたクチナシを葉刈り整枝しました。
IMGP4044 (640x427)


葉刈り後。
IMGP4050 - コピー (640x427)
切込みが少し遅いようです、これでこの樹は来年も花は咲きません。

(;´д`) トホホ

「これで良いのだぁ、樹作り優先なのだぁ」 バカぼんのパパなのだぁ。

「嫌味な箇所は少しずつ直して行けばよいザンス 」 
「でも、樹冠部に流れがナイザンス、オモシロクナイザンス、シェー」 イヤミ。
IMGP4074 (640x427)

針金整枝後。
IMGP4076 (640x427)
第三者の厳しい公正なご指摘を受け即時真摯に対応いたしました。

何処かで聞いたような、チョット古いか?。


にほんブログ村

オオスカシバ来襲!

盆栽の手入れ中に視線の片隅を横切る物体を発見。
「全自動葉刈請負飛翔生命体」、その名はオオスカシバです。
IMGP3743 (640x427)
クチナシは全てBBQ防空壕に避難した筈!。
飛んでいた付近の棚を探すと3鉢の挿し木苗と
以前に作った超ミニクチナシが。
IMGP3744 (640x427)

全ての苗を葉刈りし、
IMGP3747 (640x427)

超ミニクチナシは、
IMGP3749 (640x427)
最下枝を外し、針金を掛け、切り口にトップジンペーストを塗り手入れ終了。

こんな小さな樹に花でも咲けば、超ミニ盆栽鉢同好会のWeb展示会に出せるかも!。
o(^▽^)o シメシメ

「バカも~ん、取らぬ狸の皮算用じゃ、
         お前の棚ではクチナシの花など見た事がない
                    もっと手入れを勉強するが良い!」

盆栽の神様ご尤もです。

Web展示会公開中です。
超ミニ盆栽鉢同好会


にほんブログ村

オオスカシバ対策 ケージの改作

思い立ったが吉日と早速改作。
100円ショップのBBQ網を3列並べ、下段はクチナシ用に。
天部は落下防止の為に網目の3段下に固定し,ミニ専用置き場に。
中央の網はヒンジ部分のみ結束バンドで固定し、
クチナシの手入れ時の出し入れ口としました。
IMGP3340 (640x427)
上段には鉢底の保護も兼ねて
園芸店で「自由にお持ち帰り下さい」と
表示された籠底を切り取り乗せました。
棚板を乗せるのと違い太陽光も通り、
かつ夏場には鉢と併せ遮光も兼ねるのでは?。

軽いミニ真柏鉢を20鉢程置いてみました。
IMGP3344 (640x427)
中央の取り出し口付近は手入れ時に
盆栽を移動させなければいけませんが
この時だけは不便です。
33㎝×100㎝程の広さが確保でき、他の棚に余裕が出ました。
但し、鉢の乗せ過ぎには注意が必要です、
下の鉢への採光が妨げられてしまいます。
IMGP3351 (640x427)
この時期、クチナシへの採光を優先し鉢数を減らしました。


去年もキッチンパラソルで保護した事により、
全自動葉刈請負飛翔体の来襲を防ぐ事が出来、
今年は数本のクチナシに花芽が見られます。
我家では珍しい事です。


「良くやった、褒めてやろう、大した金額も掛けずにコスパが最高じゃ!」

あれっ、盆栽の神様がお褒めになるとは珍しい!。

「バカもん、お前の守護神の貧乏神じゃ、
         籠底のリユースが最高のアイデアではないか!」

「お前の貧乏生活もすっかり身に付いたようじゃなぁ、ワシも嬉しい!」

(´・_・`) トホホ ワタシハ カナシイ ドウカ シュゴシン ダケハ ゴカンベンヲ!



にほんブログ村

クチナシ用BBQ網ケージの追加

全自動葉刈請負飛翔体の来襲に備え、ケージを増やし二階建てとしました。
IMGP3299 (640x427)
BBQ網を継ぎ足せば自由なサイズで作れそうです。
今年はこれで良しとし、次回からは新しい構想で作り直そう!。

o(^▽^)o そぉだぁ!、三枚並べて上に棚を乗せれば盆栽置き場が増やせるぞ!シメシメ!。


「バカな考え休むに似たりじゃ、懲りんようじゃなぁ」

盆栽の神様に賛成して頂けませんでした。

(´・_・`) フゥ~


にほんブログ村

クチナシ開花と第一オオスカシバ産卵発見

クチナシが開花しました。
IMGP3239 (640x427)
この挿し木苗は去年も咲きました、我が家では珍しい事です。

水やり中にオオスカシバの産卵中の羽音が。
(ホバリング中はブーンと音がしました)

卵は何処でしょうか?。
IMGP3234 (640x427)
ズームアップして行くと。
IMGP3235 (640x427)

ここです、ここで~す、イモトアヤコのようです。
IMGP3232 (640x427)

更にアップで。
IMGP3233 (640x427)
なんと葉表に産んでいます。
こんな状態は初めて見ました。
直射日光や雨の加減で孵化は難しいのでは?。

まだ初心者のようです。
今度見かけたら教えてあげよう!。 (*´v`)
葉裏の方が良いと!。

「ばかもん クチナシの天敵ではないか、対策を考えろ!」

先日、BBQ用の網で作った防空壕(笑)の中は満杯です。
IMGP3249 (640x427)
IMGP3248 (640x427)
IMGP3250 (640x427)
挿し木3年程の苗は葉刈りで一時しのぎを、
ついでに針金で将来の骨作り。

新芽が出るまでには対策を考えねば!。

「置き場所に困っているであろう、だからもう増やすなと言っておるではないか!」

盆栽の神様 ご尤もです。 (´・_・`) トホホ




にほんブログ村

くちなし 駄鉢からの卒業

去年の植え替え時に
お似合いの鉢を他の樹に召し上げられ
駄鉢で一年過ごしたクチナシです。
IMGP2635 (640x427)

根は十分に張っています。
IMGP2637 (640x427)

中心を少し左に寄せ、植え替え完了。 鉢 鴻陽陶苑  9.8×7.8×3㎝ 
IMGP2638 (640x427)
この樹を持ってはるばる常滑まで探しに行っただけの事はあります。
ピッタシ カンカンです、(少し古いか?)。

「バカも~ん、はるばるは要らん!、お前の隣町ではないか
            植え替え途中でも探しに行ける程じゃ、ありがたいと思え!」

盆栽の神様冗談がお嫌いのようです。

p(*^-^*)q ドウモ スミマセン


にほんブログ村

オオスカシバ対策

昨日、水やり中に「第一村人」ならぬ、「第一オオスカシバ」発見。
IMGP2833 (640x427)
この日の為にと以前から準備してあった
100円ショップのBBQ用金網を結束バンドで組み立て!
最近ご機嫌ナナメの「クチナシ夫人」も安心して中央に鎮座しています。

定期的な殺虫剤散布は欠かす事はできませんが
このコストパフォーマンスでオオスカシバ対策が出来れば
盆栽貧乏録の面目躍如では!。

「とうとう自分で言いおった、
   自覚症状も改善して来ているようじゃのぉ!」

盆栽の神様ニンマリです。


にほんブログ村

「クチナシ夫人」の悲劇

「クチナシ夫人」を鉢から抜いて根の確認,状態は良好です。
IMGP2619 (640x427)
「あぁ~た、何をなさるの、アタクシ恥ずかしいですわ!」
「こんなあられもない姿を公衆の面前へ晒すなんて!」

植え付け角度を制限していた太根の処理。
しかしこれ以上は無理!。
IMGP2621 (640x427)
「およしになって、そんな下から!」


元の鉢に。 壱興鉢
IMGP2622 (640x427)
まだ思った角度には収まらないようです。

以下候補の鉢に。 服部鉢
IMGP2623 (640x427)

権山鉢
IMGP2624 (640x427)

松泉鉢
IMGP2625 (640x427)

柴勝鉢
IMGP2626 (640x427)
以上の鉢はサイズ、形とも合いそうですが
やはり太根の処理がまだ足りません。
理想の位置には少し無理があるようです。

上記の鉢サイズより一回り大きな鉢を合わせてみる事に。

少し大きいが彩色されており
樹作りに専念するならこんな鉢も良いか?
と思ったその瞬間!「クチナシ夫人」に悲劇が起きたのです。        中国鉢
IMGP2630 (640x427)
ギャァ~~~ 
ボロ雑巾を引き裂くような「クチナシ夫人」の悲鳴が

真っ逆さまに落下し、樹芯が折れてしまいました。
IMGP2639 (640x427)
急いで我が家の緊急用常備薬「木工用ボンド」をペタリ。

「万能集中治療用最高級駄鉢」の底へ
遅効性治療薬「マグアンプK」を
大盛にサービスして植え替え完了。
IMGP2631 (640x427)
「あぁ~た、何をなさるの!
  先ほどまでの鉢とは雲泥の差じゃございませんこと
                       訴えましてよ!」

「話が違うじゃありませんか、詐欺ですよ!こんな事!!」

良くお似合いですよ「クチナシ夫人」
「治療中は必ず駄鉢に入れる事」と
盆栽健康保険法の第一章にも規定されていますから!。

「アタクシに保険治療は失礼ざます、なに!、このボンドは?」

お怒りはごもっともですが
治るまでには最適な鉢を探しておくとの交換条件で
なだめすかして棚へお帰り頂きました。

(´・_・`)フゥ~ やはり苦手な樹です。


にほんブログ村

「クチナシ夫人」 植え替え位置の検討

「あぁ~た」

ドキッ

はい

あ~ぁ、とうとうその時が来たようです。
私の苦手な[クチナシ夫人」の植え替え時期が。
IMGP2579 (640x427)
「あぁ~た、アタクシ足元がキツイようでざぁ~ます」

「それに、新しい衣装に変えて頂けませんこと!」

良くお似合いだと思いますが!。

「あ・た・ら・し・い・の・が欲しいわ!」



前から気付いていましたが、ここが正面のようです。
IMGP2583 (640x427)
足元の力強さと幹の動きに軽快さが感じられます。

「あぁ~た、どう~して、お気づきの時に植え替えてくださらなかったの!」

時期が不適当でお体に負担が掛かるかと。

「なら、仕方がありませんわね」

ホッ。

「新しいのを探しておいてくださいな、ご機嫌よ~」

フゥ~ どうしましょうか。

今年も花芽がありません。

当分の間は実姿を諦め、樹作りに重点をおいて
大きめな鉢に植え替えてみるのも良いかも?。


にほんブログ村

くちなし

くちなし(一寸法師)の実が色づいて来ました。
展示会当日は緑色でしたが、この写真を撮りたくて残してあったものです。

樹高 6.5㎝  鉢 春嘉 丸6㎝×2㎝
IMGP6591 (640x427)


我が家のクチナシ一族は実はおろか花も殆んど咲いてくれません。

古参級の「くちなし夫人」の艶やかな花姿も一度は見てみたいものですが!。

「あ~~た」
どきっ!
うわっ!
 
しまったぁ~、

寝た子を起こしてしまったようです!!。

「あ~た なにを勝手な事をおっしゃって!
     あたくし達の都合も考えず
ご自由に剪定、葉刈りをなさったんじゃございませんこと」

「あたくし達に非のあるような仰り方は許せませんわ!」

「名誉棄損ざぁます!」

「訴えましてよ!」

今年のくちなし一族には
剪定と葉刈りを行いませんでした。
花芽も残っているはずです。
この方法で花が咲くのならばですが。

「来年もオオスカシバにはお気を付けあそばせ」

「ごきげんよぅ」

ヤレヤレ おとなしくしく帰られたようです。

ほっ。



にほんブログ村

久々のオオスカシバ来襲

棚の掃除中に聞きなれた羽音。
久しぶりにオオスカシバです。
くちなしはまだ避難中のため、キッチンパラソルには入っていません。
念のために 全てのくちなしをチェック 葉に産みつけられた卵を発見。
IMGP6106 (640x427)

以前の幼虫被害樹。 新芽は吹いたものの大事な枝が枯れたようです。
IMGP6109 (640x427)

以下はキッチンパラソルでの保護効果もあり順調です。
IMGP6116 (640x427)
IMGP6115 (640x427)
IMGP6113 (640x427)
IMGP6117 (640x427)

「くちなし夫人」にも出演依頼したところ、
「まだ出られるような状態ではございませんわ」と断られました。

樹姿はともかくまだ「心の傷」が癒えていないようなのです。

「くちなし夫人」との弥次喜多騒動は下記「関連記事」の中にあります。

「レディに対して弥次喜多とは失礼でございましょう、あーた!」

イヤハヤ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

くちなし オオスカシバ対策

「あーた、早く何とかして下さらないかしら!」
「あたくしの美貌はもう見る影もございませんわ!」
「来年の実はおろか花も見られません事よ!」
IMGP5646 (640x427)
「あたくしだけならまだしも この子をご覧あそばせ!」  
「かわいそーに!」
「全て あーたの責任で御座いましてよ!」。
IMGP5644 (640x427)
「くちなし夫人」よりキツイお叱りを受けました。
毎日 産み付けられた卵を点検していましたが見過ごしましたね。

各所に散らばっていた 我家のくちなしを全て集めました。
IMGP5641 (640x427)
ホームセンターで「卓上キッチンパラソル」なる物を購入。
IMGP5642 (640x427)
収納前に念のため再度 卵の有無を確認。ナント3個も発見!。
朝の水遣り時に数個見つけ処分したばかりなのに早くも!!。
数日の間は見落としが無いか確認し直さなければ!!。

「くちなし夫人」 申し訳ございませんでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

くちなし 開花

くちなしの花が咲き始めました。
IMGP5336 (640x427)
我家の棚では見た事がありません。
オオスカシバに新芽を全滅させられたり
花芽の分化時期等を一切考慮せずに切り込むからです。

挿し木3年生で花が咲いたという事は 3年間なにもしなければ良いって事?。
今後は何もせずほっときましょうか?。
IMGP5345 (640x427)
開花時にはみずみずしかった姿も 満開時には風情のない花の形ですね。

くちなし 整枝

挿し木くちなし3年生。
IMGP4626 (640x427)

立ち上りの不要枝を切り。
IMGP4629 (640x427)
針金で曲を強調。
IMGP4630 (640x427)
左側の枝(幹)は犠牲枝として伸ばします。
(犠牲枝に曲を付けておけば 切り離した時に挿し穂として利用できるが)
どのサイズに作るかは今後の検討次第です。

くちなし 樹形構想

オオスカシバの卵の点検中に気になった苗です。
挿し木くちなし3年目の整枝。
発根後駄鉢に移しての樹形です。
IMGP4639 (640x427)

立ち上り付近の不要枝を切り。
IMGP4640 (640x427)

針金で整枝。
IMGP4641 (640x427)

立ち上りの曲を強調するため この角度で植え替え予定。
IMGP4650 (640x427)
写真中央付近の針金の掛かった枝で頭部を作ります。
これより上の枝(幹)は犠牲枝として走らせ、立ち上りの太りを見て切ります。

くちなし ミニ盆栽第一号

先日のくちなしを植え替え。 鉢  秀  丸2.3cm 高 2cm  樹高 4cm
反対側を正面のつもりでしたが こちら側が良さそうなので。
IMGP5169 (640x427)
草物用の鉢に植えてみました、
超ミニとは言えないがミニ盆栽としてならなんとかなりそう?。
果たしてどれ程持ち込めるか?。

くちなし

一昨年、不要枝を挿したものです。(去年 挿し木床からポット鉢に移してありました)
針金を掛け。
IMGP4625 (640x427)

ポット鉢から抜き。
IMGP4632 (640x427)

スリット鉢に植え付け。
IMGP4634 (640x427)

オオスカシバの卵の点検中に 気になった苗木数本を整枝しておきました。
挿し木が容易なクチナシだからこれくらい根があれば大丈夫でしょう。

くちなし

挿し木3年目のくちなし。
使えそうな曲のある苗。
IMGP4653 (640x427)

長く間延びした頭部を切断。(再度挿し木に出来そうな曲)
IMGP4662 (640x427)

一の枝を伏せ 樹芯になる枝へ針金をかけ
これぐらいに植えつけて「超ミニ盆栽」にならないか?。
IMGP4657 (640x427)
去年7月から「超ミニ盆栽鉢同好会」に入れていただきました。

来年以降の「Web展示会」用の樹を作らねば!。

ウロ, ウロ、ウロ、

ミニ盆栽の作り方が分からない!。

小さな樹ほど難しい。

くちなし 害虫被害

「ぎゃぁ~~ぁ」 ボロ雑巾を引き裂くような悲鳴が聞こえます、 
「くちなし夫人」の声です。
「あーた 助けてちょうだい! 私の大嫌いな虫がいるわ!」
「何してらっしゃるの!」
「しっかり管理していただきたいわ!」
キツイお叱りをうけました。
IMGP4547 (640x427)
先日オオスカシバが飛んでいたので注意はしていたのですが。
他のくちなしに付いた卵は処分していたのですが、こちらは気づかずに。

念のために他の樹を点検。
IMGP4563 (640x427)
IMGP4558 (640x427)
今まで見た事が無いような小さな虫を発見。
こちらの樹はまだ間に合ったような。
記念撮影後即処分!!。
早速、殺虫剤を散布しておきましょう。
当分の間 気を抜けません!。

くちなし Ⅲ

030 (640x427)

左右どっち流れにも出来そうな樹です。
駄鉢に植えるような樹ではありませんが
大きさの合う鉢が無かったため
次回まで我慢してもらいます。

くちなし  Ⅱ

031 (640x427)
枝葉が充実するまでどれくらいの時間がかかるでしょうか。
枝棚造りが一向に進まなかった樹です。
気乗りがしない事も原因か?。

くちなし Ⅴ

入手時に正面として植えてあった。
IMGP2682 (640x427)
正面変更  入手時の左を正面として植替え
IMGP2677 (640x427)


左に伸びすぎた頭と枝を追い込みました。
IMGP2691 (640x427)
ここから どれだけ掛かるか!!。


くちなし Ⅳ

032 (640x427)
根張りが一丁前にあり奥行きのある鉢が必要でした。
高級駄鉢に植え替えておきました。
気乗りがしない樹です。

くちなし Ⅰ

樹高 12cm  鉢 一弘  隅入長方 10×8cm  3.7cm
028 (640x427)
駄鉢やスリット鉢に 入っていたくちなしを 全て塗鉢に植え替えました。
パートⅤまで続く予定です。

今後この鉢に 相応しい葉張りで持ち込みます。

クチナシ 植替え

樹高13cm  鉢  壱興 長方13×10 高4
IMGP2673 (640x427)

「あ~た」

久しぶりの雨で 傘を差しながら水遣りの時
聞きなれた口調で呼び止められました。

「そろそろ衣替の季節ですわ
         この鉢も もう飽きましたの
                早く着替えさせて頂けませんこと」
色も形も古さも 良くお似合いだと思いますが。

「少し太ったかしら、息苦しいわ」 
そういえば 暫く植え替えていません。

夫人に合いそうな鉢を探して相談です。

「赤い鉢が好きよ」
花の時期にはピッタリですが 黄色い実とケンカしませんか?。

「この楕円の 花の絵の鉢はどうかしら」
色は合うかと思いますが少し大きく派手かと。

「あ~ら わたくし大きいとか豪華とかが好きですわ」
お体にフィットしたお召し物の方がよろしいかと。

「あ~た わたくしの好みを無視なさるのネ」
いえいえあくまで夫人のために(汗)
こちらの鉢がちょうどお似合いかと。
形と、古さと、風格といい、花時にも
実姿でも夫人が醸し出される雰囲気にマッチしているかと!。

「あ~ら いいじゃ~ないの」
ホッ。

立ち上りの曲を強調するため 左を手前に振り 植え替えました。
もう少し寄せて植えたかったのですが 根張りが邪魔をしています。
次回には もう少し切り込みましょうか。


良くお似合いですよ 「くちなし夫人」。

「あ~た 良いファッションアドバイザーになれるわ 
               たくさんの知り合いを紹介して差し上げてよ」

ありがとうございます 宜しくおねがいします。
(本心はお断りしたいのですが)。

苦手なタイプの方々(樹)です。

この鉢の中で大きさに合わせて
柔らかな枝先が作れれば完成ですネ。

そして 花と実姿が鑑賞できれば!!!。



花芽を持たないクチナシ

盆栽を始めた頃 遠出の帰りに立ち寄った花木センターで素人オークションがあり
面白い雰囲気にのみ込まれ若気の至りで入手した「クチナシ」です。
以来一度も花芽を見た事がありません。
IMGP2346 (640x427)
「あ~た 失礼ねぇ わたくしの腰つきがお気に召され
  Getされたんじゃぁございませんの!
    そんな小さな事はおっしゃらないでいただきたいわ!!。」
とやんわりと反論されました。

そうなんです 立ち上りの魅力ある一曲と幹味に魅力を感じ
頭部はなんとかなる との甘い考えで
八重なのか一重なのかを セリのアンコに確認もしませんでした。
双幹として作られており現姿の後ろに子幹があり
これを分割し独立させました。

左一の枝の少し上で「叩いて」やりました。
(ひこさん 無断で使わせていただきました ご了承ください)

切り口にふいた枝で作った頭部と
数年前にふいた右の最下枝で樹形の基礎はできました。

今年も花芽がないのであきらめ 柔らかな樹形をめざし葉刈りと
ごつくなりかけた枝先の剪定をすませました。(切り込み不足!)


「あ~た もうよろしいんじゃぁありませんの 早く帰していただけませんこと。」

深いシワ(失礼 幹肌)にしみ込んだ汚れと鉢上をきれい掃除して お宅にお帰り頂きました。

フゥー  やれやれ。


昔の歌のような「花の咲かない枯れススキ」ならぬ

「花の咲かないクチナシ」などあるのでしょうか?。

当時は新品に近かった「柴勝」の鉢もそこそこ時代が乗りかけてきました。


「来年こそ花を 出来るなら実姿を鑑賞させてください お願いします」 クチナシ夫人。



業務連絡

みさきさんへ

あなたの憧れの言葉
「叩いてやったぜぇ~」を「使ってやったぜぇ~」どうだ「ワイルドだろう」

「ハハハ まぁ~た いつものようにすべってるわぁ~」と

軽~く無視しておいてネ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。