キンズ 樹形構想と挿し木

去年取り木で作ったキンズです。
IMGP2336 (640x427)
コケ順のない樹芯部が気に入りません。

後ろ側にある傷跡を削り直し、
IMGP2339 (640x427)

ノコギリで切っただけの傷を綺麗に削り直し、カットパスタで保護、
IMGP2349 (640x427)

不要な頭部を切り落とし、
IMGP2341 (640x427)

裏面と供にトップジンペーストで保護し、
IMGP2346 (640x427)
IMGP2344 (640x427)

樹芯用の枝に遠慮気味に針金を掛け、植え付けておきました。
IMGP2355 (640x427)

切り取った枝も、
IMGP2357 (640x427)

不要な箇所を削り、
IMGP2362 (640x427)
挿し木しておきました。
仮に発根したとしても駄木街道一直線ですが!。

(;´д`) トホホ


にほんブログ村

満艦飾だったキンズの樹形構想

昨秋の展示の即売で種蒔き用に入手した樹です。
白線の上の乾いた部分だけが用土の上に出ていました。
IMGP2136 - コピー (640x427)
取り木後の台木に芽吹いたようです。

以下色々な角度から。
IMGP2139 (640x427)
IMGP2140 (640x427)
IMGP2138 (640x427)
太いだけで芸がありません、何ともならないようです。(笑)

ここか?。
IMGP2141 (640x427)

少し角度を変えてここか?
IMGP2145 (640x427)
再度丸坊主にして吹かし直させるなら また別の話になりますが
極力今ある枝を生かすとなると 大きなキズの外周部には後枝用として最適な小枝もあります。
キンズ (640x426)
今ならまだ針金が効きます、役枝用三本に掛けて こんな樹形でどうでしょうか?。
短幹太幹のキンズが作れそうです。

ちなみにこれがこの樹のDNAを受け継いだ今年の実生苗です。
IMGP2148 (640x427)
我家にあった樹の種も入っていますが
今となってはDNA検査でもしない限り親子関係は不明です。(笑)


にほんブログ村

キンズ  根接ぎ

先日投稿の左側に根張りのないキンズです。
投稿時より新芽が伸びています。
IMGP2003 (640x427)

ここに根接ぎします。
IMGP2004 (640x427)

棚の上にあった何の芸も無い苗です。
IMGP2005 (640x427)

丁度良い具合に片根です。
IMGP2008 (427x640)

幹にミゾを掘り、
IMGP2009 (640x427)

苗の両側をミゾに合わせて適度な幅に削り、
IMGP2010 (640x427)
IMGP2011 (640x427)

埋め込んで釘で固定。
IMGP2013 (640x427)
こんな植え付け位置なら引き根として十分ではないでしょうか。

作業終了です。
IMGP2015 (640x427)
キンズのお約束事の「水はけの良い用土に植え」て
「雨の当たらない場所」へ置きました。

なぜこんなにも芸の無い3年生程の苗があったんだろうか?。
我家の実生苗はそれなりに弄られ続けている筈
しかも根接ぎに最適な片根で
更にこのキンズが我家に来る前からある苗なのに。

これは盆栽の神様がこの日の出会いの為に
残しておいて下さったに違いありません。
お礼のご挨拶をしなければイケマセン。
美味しいお神酒をお供えして!。

「ワシにはそんな事をした覚えはないが
     美味しいお神酒を供えてくれるなら
         無下に否定する事もないか!待ち遠しいのぉ!」

(´・_・`) ワァオー


PS
IMGP2018 (640x427)
挿し木の下準備として曲をつけておきました。w



にほんブログ村   

取り木キンズの切り離し

葉色の悪い 取り木を掛けたキンズがあります。
IMGP2073 (640x427)

上に乗せた用土や刻んだ水苔を外すと数本の発根が確認できます。
IMGP2076 (640x427)

左側の本来の根はもう活動していないような色です。
IMGP2078 (640x427)

下側に出ていた不要な小枝を切り ナイフで削り植え替えておきました。
IMGP2082 (640x427)

間違えて指先も切ってしまいました。
IMGP2084 (640x427)
指の向こう側は大量出血しています。
命が死ぬかもしれません。(笑)

心臓の血管にステントが入っているので「バイアスピリン」を飲んでいます。
これは血液の流れを良くする薬で、出血も止まり難くなる薬です。

「ビックリしたではないか!
     “バイア・・” まで聞いて未だにそんな薬を飲んで居るのかと!
         それにしても指先を切っただけで大袈裟な事を言い居って、バカも~ん!」

(#^.^#) ポッ モウシワケゴザイマセン ボンサイノカミサマ


にほんブログ村

キンズ 新芽

葉刈りしてあったキンズに新芽が吹いて来ました。
IMGP1821 (640x427)
去年 頭部を切り飛ばしたものです。

後ろの切り飛ばしキズ。
IMGP1822 (640x427)

赤丸三か所の芽吹き位置。
どうにもならない所へ吹いたようです。トホホ
IMGP1813 - コピー (640x426)
右下に根張りがありません。
片根の苗を接いで図のような引き根にしたいと考えていますが
適当な苗があるかどうか?
今年の実生苗ではまだまだ細すぎますから。


にほんブログ村

網伏せ、採り蒔きキンズの発芽を確認しました

去年、樹に負担を掛けるのも良くない!と早めに採り蒔き、
IMGP0549 (640x427)
棚下でこぼれた水が自然に掛かるような場所に置いて越冬させました。(乾燥は厳禁)

見づらいので網戸用の網を外して。
IMGP0550 (640x427)

自然な曲が。
IMGP0553 (640x427)

上の芽をアップで見ると。
IMGP0554 (640x427)

右へ曲がった双葉の先が左へ大きく切り返して伸びています。ニッコリ
IMGP0557 (640x427) (2)

この芽にも腰の低い曲が。シメシメ
IMGP0558 (640x427)

これから沢山の芽が吹いて来ます、負けないように重石代わりのザルを被せて。
IMGP0565 (640x427)
不自然な長い鉢の中の用土には企業秘密の細工がしてあります。(笑)

御存知ない方は下記関連記事
「キンズ実生床の準備」と「キンズ採り蒔き」をご覧ください。


にほんブログ村

金豆 左枝用呼び継ぎの小枝

去年上部を切り離したキンズの下部です。
ヤケ防止用として左側に接ぐ予定で誘引してあります。
IMGP9529 (640x427)
取り木後不要になる下部に呼び継ぎをした小枝でした。


切り離し作業(2016/7/30)
IMGP4284 (640x427)


取り木上部。
IMGP4286 (640x427)


取り木下部
IMGP4293 (640x427)

取り木前の呼び継ぎ中の写真(2015/5/18)
IMGP3439 (640x427)

そして未来予想図。
IMGP9528 (640x427)


にほんブログ村

キンズ 採り蒔き

採り蒔き用のキンズの種を一晩水に浸け。
IMGP7722 (640x427)

以前のブログで準備してあった苗床のペットボトルの窪んだ部分に種を乗せ。 
IMGP7867 (640x427)
ここで根が真っ直ぐに下へ伸びられず第一関門になるのでは。

種が移動しないように隙間を用土で埋めて。
IMGP7869 (640x427)

再度用土を被せ、水コケを細かく裁断し保湿用に。
この被せた網が網伏せ実生を兼ねます。
IMGP7877 (640x427)

鉢底皿を敷き、底から水分を補給し根の成長を助ける事に。
棚下で盆栽と同じように管理し来春に発芽するまで待ちます。
IMGP7878 (427x640)


「パリジェンヌもお肌の保湿には苦労しているザンス
       無事に発芽するのを祈っているザンス シェー!」 イヤミ

「ワシも賛成なのだぁ これでいいのだぁ~」 バカぼんのパパなのだぁ~



にほんブログ村

キンズ 実生床の準備

キンズの実が大きくなり、色づき始めています。
早めに取り蒔き床の準備をする事に。
IMGP7141 (640x427)

CDケースの中心部を切り抜き、
IMGP6823 (640x427)

園芸用ポットにスッポリとはめ込み、
IMGP6824 (640x427)
ポットの外周部に伸びた根がそのまま真っ直ぐ下まで伸びないように。

用土の上にプラポット鉢を切って並べ、
IMGP6842 (640x427)
根にとっての二番めの関所、ここに当たり真っ直ぐに下へ伸びられない。


更に用土を入れ、
IMGP6839 (640x427)



もう一段プラペットを並べ、
IMGP6838 (640x427)
最初の関所、ここで最初の曲が付く筈。


用土を大盛に。
IMGP6844 (640x427)
上部の幹部分も直線では面白くありません、「網伏せ」をします。
種まき後に網戸用の網を被せ、幹の最初の関門です。

途中の写真を撮り忘れました。
「かっぱえびせん状態」の為に。(ヤメラレナイ トマラナイ)
用土 (640x360) (2)
数年後にこんな風に自然の曲が付けば良いなぁ~と。

赤点は用土、黒点は陶片と小石、黒線は写真のプラ鉢を切ったもの、
鉢に接続する部分は当初写真のCDケースと鉢底皿を切りサイズを合わせた物、
その上下の長い黒線は不要になったCD。


去年、キンズの実生に失敗しました。(ほぼ直線状の根になってしまった)
自然の曲を求めて再度挑戦します。
これで失敗したら実生はもう止めます。
(多分、恐らく、もしかしたら、約束はできませんが!)

「ハッキリせぬか!バカもんが!、
         止めるつもりなんぞこれっぽっちもないくせに!」

「お前の実生、挿し木好きには困ったもんじゃ!」

「“猫にネズミを追うな”と言うより難しい!
              何とかならぬものかのぉ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ モウシワケゴザイマセン ゴシンパイヲ オカケシテ オリマス


にほんブログ村

放置してあったキンズ小枝の起承転結

棚下の端に何やら見覚えのある苗が。
IMGP6648 (640x427)
未だに枯れていないと言うことは発根したか?。

以前の姿。
IMGP4041 (640x427)
キンズの枝先に害虫が卵を産み付けたのを発見。
このままでは葉が全滅させられる、と枝先を切り取り挿しておいたものです。

夏場のオオスカシバ対策に右往左往していた頃です。

あわよくば、孵化、毛虫、さなぎ、蝶(蛾)の経過をブログにアップ出来ないか?
との考えもありました。

小学校の宿題のような「夏休みの観察日誌」として。(笑)

その辺に転がっていた鉢穴のない鉢です。
IMGP6766 (640x427)

駄鉢ではありますが本物の盆栽用の鉢です。(笑)
IMGP6768 (640x427)
この時期この樹のこの作業は適期とはいえませんが
根の多湿を嫌う樹種です、鉢穴のない器からそっと移動させておきました。


棚下の隅に置いた為?か、日当たりが悪く適温にならず孵化する事なく現在の姿です。

この鉢を見た時、当時の卵が付いた写真があったはずだと、

外付けハードディスク内の写真検索に悪戦苦闘しました。


「お前は以前から整理整頓がまったく出来ぬ男じゃった!」

「もう、直らぬであろうのぉ!」

「お前の作った樹なぞは高が知れておるが、有名作家の鉢も少しは有ろう!」

「駄鉢と同様に廃棄処分されては勿体無い!!
    お前の家族が遺品整理に迷わぬよう個々の鉢の身辺整理をしておくが良い!」

「開運なんでも鑑定団を見て見ろ!本人以外にとってはゴミ同然じゃ!」

((((;゚Д゚)))))))トホホ モウ ソンナ ジキデスカ ボンサイノカミサマ


にほんブログ村

キンズ 立ち上がりの更なる絞り込み

実生3年生です。
IMGP6216 (640x427)
螺旋状に曲げてあったものを針金できつく絞り込んでありました。

右横から、二本の根はすでに癒着しています。
IMGP6215 (640x427)

ここはまだ癒着していません。
IMGP6214 (640x427)

スリット鉢に植え替える時、用土内の根にも大きな曲が付けてあったはずです。
IMGP6219 (640x427)
次回の植え替えまでの間、更に幹(根)を曲げておきます。

鉢の外から。
IMGP6220 (640x427)
鉢縁が邪魔をして思い通りに曲げられず、
用土の高さまで切込みを入れ、絞り込んでおきました。

以前は取り木構想で作っていたようですが変更し
用土内の根の具合により、更なる絞り込み作業があるかも知れません。

上部の役枝配置はそれからです。


にほんブログ村

キンズ 寄せ植えの整枝と未来予想図

去年の実生苗を今春の植え替えで、三本寄せてありました。
IMGP5983 (640x427)

アップで。
IMGP5985 (640x427)
水ゴケを巻いて幹を保護し
その上からラフィアで縛ってありましたが
ラフィアはすでに腐ったようです。

針金で基本の整枝。
IMGP5986 (640x427)

そして未来予想図。
IMGP5988 (640x427)
枝元にもう少し強い曲を付けたいところですが始めての曲です、今回はここまで!、
更に休み休み強く曲を付けていきます。

今、立ち上がり部の癒着を確認できませんが
来春ゴールデンウイーク前後の植え替え時に水ゴケを外しチェックします。

癒着加減によっては再度の締め込みが必要になるかもしれません。



と、ここまで書き進めてハタと気付いたのです!
来春まで待つ必要などない!
以前、オオスカシバ対策でBBQ網用に買った100均インシロックが残っていたはずだ!と。


早速、庭に出て手入れの再開!
IMGP5989 (640x427)
癒着して欲しい幹をぐるっと絞り込み、
分かりづらいので上からも。
IMGP5990 - コピー (640x612)
針金より幹肌との接地面積が広く効果がありそうです。
初めて試みる実験です。
後日、良い報告ができる事を!。


にほんブログ村

先日投稿の寄せ植えキンズの整枝と未来予想図

数本の実生キンズを寄せてあったものです。
再度用土の上までラフィアで絞り込み、加えて役枝用に整枝しました。
IMGP6048 (640x427)
右流れの模様樹に。

IMGP6047 (640x427)
左流れの模様樹に。

以前投稿時の写真。
IMGP5975 (640x427)
どっちの木がどうなったのかは「歴史の闇」に紛れて不明です。(笑)

「こんな事も記憶に残らなくなってしまったとは、可愛そうにのぉ」

あれっ神様のお声が聞こえたような?。

IMGP5974 (640x427)
これ以上太ると針金は効きません、最後のチャンスです。

用土の中の根には束ねて大きな曲が付けてあります。
この未来予想図はあくまでも現時点で考えられる範囲の姿です。

次回の植え替えを乞うご期待!。


「根を曲げて植え替えた事は覚えておるようじゃのぉ
      昔の事は昨日の事のように覚えておるが、
         昨日の夕飯のメニューを思い出せんのと同じじゃわい!」

「そう言えばスイーツをアテに吞んだお神酒は不味かったぞ!!
    ワシの未来永劫消えぬ心的外傷後ストレス障害になってしもうた」

神様 難し過ぎますが。

「トラウマじゃ!」

(´・_・`) トホホ モウシワケゴザイマセン ボンサイノカミサマ


にほんブログ村

キンズ 樹姿検討

この樹は前出のキンズと同級生です。
IMGP5971 (640x427)
やはり実生苗をS字状に曲げて持ち込んできたものです。
幹の太りにより癒着してしまいました。

反対側より。
IMGP5972 (640x427)
こっちの方が分かりやすいのでは?。

全体図。
IMGP5973 (640x427)
元細の立ち上がりを解消しなければイケマセン。
IMGP5973 - コピー (640x427)
赤線部分からの取り木も考えられますが
根張りになるように数本の根を接いだ方が早そうです。

どんな樹形にするか?なんの勝算もなく、
実生苗の立ち上がりをラフィアで絞り寄せてあります。
IMGP5975 (640x427)

これは一本枯れました。
IMGP5974 (640x427)
立ち上がりが癒着すれば、太らせる為のショートカット栽培が可能です。


「お主も悪よのぅ、いえいえお代官様程では、えっへっへ~ と、
         悪徳代官と越後屋のワンシーンのようではないか!」

神様意味が不明ですが。

「癒着体質がしみ込んでおる、そんな事も分からぬか?バカもんが!」

((((;゚Д゚))))))) オヨヨ ボンサイノカミサマ ジダイゲキガ オスキノヨウデス


にほんブログ村



キンズ 実姿と未来予想図

キンズが満遍なく結実しました。(実生10年前後)
IMGP5966 (640x427)
まだ種木状態の樹ですが。

実生苗をS字状に曲げ、癒着を待ち幹の景色を作っています。
IMGP5967 - コピー (640x427)
この部分はほぼ思い通りに。

正面から。
IMGP5968 - コピー (2) (640x427)
今後は上部の☆印部分の癒着が欲しい所です

全体図。
IMGP5970 (640x427)
駄鉢で速成するのではなく、鉢(九谷)に古色を付けつつ
全体の姿を楽しみながらユックリと作っていくつもりです。


にほんブログ村

実生キンズ3年生の再絞り込み

盆栽達を点検中に針金の食い込んだキンズを見つけました。
IMGP4236 (640x427)
春の植え替え時に立ち上がりを絞り込み、
幹にも強い曲を付けてありました。

ラフィアを外すとまだ根は癒着していないようです。
IMGP4238 (640x427)

反対側から。
IMGP4239 (640x427)
ここにも食い込んだ痕が。

再度ラフィアを巻き、結束バンドで強く締めこんでおきました。
IMGP4240 (640x427)
三本の根の癒着を待ち、最適な場所(結束バンド付近)で取り木を掛ける予定です。

「お前は強く縛ったり、女王様にムチを持たせたり、
盆栽以外にも多彩な趣味があるようじゃなぁ?」

「そっち方面の愛好会からのお誘いは無いのか?」

((((;゚Д゚))))))) ザンネンナガラ マダ(笑) イエイエ ソンナシュミハ アリマセンカラ


にほんブログ村

キンズ 取り木切り離し

樹勢を落としていたキンズも元気を取り戻し、やっと取り木を掛けられるまでに。
去年から切り離し予定下部に呼び継ぎが掛けてありました。

5月19日
取り木作業。
IMGP3199 (640x427)

7月24日
発根を確認。
IMGP4210 (640x427)

IMGP4213 (640x427)

7月30日 切り離しの準備。
日本刀と同じ材料「玉鋼」の切り出しナイフ。
IMGP4280 (640x427)
汚れています、

砥石で研いで、ピッカピッカに。
IMGP4282 (640x427)
抜けば玉散る氷のヤイバ! 名刀「菊正宗」もかくや?。
「バカもん、それは日本酒の名前じゃぁ、正宗だけで良い!」

用土と鋸と切り出しナイフ。
IMGP4283 (640x427)
準備完了。

切り離し作業中、
IMGP4284 (640x427)
呼び継ぎ中の元枝を切るのを忘れていました。

切り離し完了。
IMGP4286 (640x427)

充分に発根しています。
IMGP4288 (640x427)

切り口をナイフで綺麗に削りトップジンで保護、
呼び接いだ枝に針金を掛け、幹としての基礎を。
傷口の肉巻き用に犠牲枝として走らせます。
IMGP4293 (640x427)
傷口のヤケ防止に周囲に呼び接ぎを掛けたいですね。

準備したスリット鉢には大きすぎて入りませんでした。
IMGP4295 (640x427)
急いで棚下の鉢を探す事に。

盆栽健康保険法の第1条を忘れていました。
・改作時、緊急時、樹勢回復時等の保護には必ず駄温鉢を用いる事。
・違反者は盆人の資格を剥奪する。

この行為は「××時等の保護」に該当します、
        もう少しで盆栽法に違反する行為をしてしまう所でした。(笑)


「いつも訳の分からない事ばかり言いおって、お前の脳味噌はどうなっておる?」

「八丁味噌だの信州味噌などは聞き飽きた!、言うでないぞ!」

(´・_・`) ボンサイノカミサマ ニ サイダイノ タノシミヲ ウバワレマシタ トホホ


にほんブログ村

ぶった切りキンズに吹いた新芽

改作として上部を切ってあったキンズが
ほぼ狙い通りの場所に芽吹いてきました
IMGP3589 (640x427)

これ以上早いと新芽がポロリと付け根から取れる事もあり
遅いと思い通りに曲がってくれません。
IMGP3590 (640x427)
左枝は付け根から曲げたいところですが(少し遅かったようです)
無理をせず今日はこれぐらいで。

後ろ枝も最適な場所に!。
IMGP3655 (640x427)



「お~いWeb展示会を見て来たぞぉ!、素晴らしい作品が集まっておったぁ!」

神様公開は明日からですが?。

「バカもん、ワシに不可能な事なぞないわ、Webに入り込みタイマー設定を解除したんじゃ」

映画のマトリックスみたいですね。

「あのシチュエーションもワシのアイデアじゃ」

もしや、いまだにシナリオ代金が振り込まれていないのでは?。

「お~ぉそうじゃたぁ~、忘れておったぁ、不愉快じゃぁ!」

盆栽の神様怒って帰られました。

しまったぁ、どんな作品が集まったか、聞き忘れた!。

 (;´д`) トホホ シッパイ




にほんブログ村

金豆 実生苗の試作

キンズの根上樹形を目指した実生2年生の鉢です。
陶器の欠片や砂利を入れた鉢に種を蒔きました。
IMGP3130 (640x427)
発芽時に網伏せもどきがしてあり、
自然で小さな曲が付いています。

キンズの植え替え時期です。
どんな根が出るか楽しみです。


がっかりし過ぎて写真を撮り忘れました。(笑)
昔、黒松も砂利床の実生をした事がありましたが
同じ失敗を繰り返したようです、反省。
IMGP3132 (640x427)
IMGP3133 (640x427)
癒着を促す為立ち上がり付近を
ラフィアでしっかり絞り込んでおきました。
いわばつかみ寄せのようになります。
かといって寄せ植え構想は全くありません。

根に針金で曲を付けて植え替えました。
根上り樹形を目指します。

数年先の鉢上げが楽しみです。

吉と出るか凶と出るか?。


にほんブログ村

懸崖金豆 植え替え

スリット鉢から抜いて、
IMGP2674 (640x427) (2)
鉢の効果か?、走り根もなく満遍なく出ています。

仮に合わせてみる、
IMGP2675 (640x427)

植え替え後。
IMGP2679 (640x427)
上根保護の為にミズゴケをタップリと乗せました。
ヤフオクで思い掛けない値段で落ちた、ペアの鉢です。

実生から10年以上経ち
幹に縦縞が出てきました
実が生るのが楽しみです。

鉢合わせか?植え付け角度か?
この図には再考の余地がありそうです。


にほんブログ村

金豆の改作

改作前の樹姿。
このまま作ってもこの樹の将来が見えません。
90度ずつカメラアングルを移動して、
IMGP2705 (640x427)
IMGP2706 (640x427)
IMGP2707 (640x427)
IMGP2704 (640x427)
右に徒長した最下枝で作れそうです。

不要な上部の枝を全て外した姿。
IMGP2722 (640x427)

傷口をトップジンで保護し棚へ。
IMGP2723 (640x427)

「あぁ~た」

ドキッ

はい、

「この差はなんざます?。
      こちらはトップジンでアタクシは木工用ボンド
           余りにもひど過ぎませんこと?理解できませんわ!」

昨日の事故を教訓に、今後に備えて!、
用意して!、準備して!、まわしして(ついうっかり名古屋弁が)・・・・・

「ンまあぁ~、アタクシにマワシをしろとは失礼ざます!」

あのぉ~、事故の緊急処置と予定されたオペとの違いで・・・・・・・

あわわと何とかこの場を取り繕って。

(´・_・`) フゥ~ ヤレヤレ


にほんブログ村

実生金豆3年生の整枝 B

昨日投稿の写真。
今回は右側5本の苗で作ります。
IMGP0611 (640x457)

同じような曲が重なるように2本を寄せて。
IMGP0614 (640x427)

同じく3本目を。
IMGP0615 (640x427)

同4本目を。
IMGP0616 (640x427)

最後の5本目を寄せ、
IMGP0617 (640x427)

ラフィアでキツク絞り込みます。
IMGP0622 (640x427)

植え付けて終了。
IMGP0624 (640x427) (640x427)
一本幹では作り得ない幹の景色を期待して。

「吉と出るか凶と出るか?」

金豆を弄るにはまだ少し早かったか?。

と後悔!。


「お前は後悔ばかりの人生じゃったのぉ
        よく考えてから行動せんからじゃ
      今更なんともならんがのぉ かわいそうに!」

。゚(゚´Д`゚)゚。 ボンサイノ カミサマニ カエス コトバガ アリマセン。



にほんブログ村

実生金豆3年生の整枝 A

実生3年生の金豆です。
鉢上げ後強い曲が付けてありますが
金豆は太り難い樹です、
このままでは時間が掛かり過ぎます。

IMGP0358 (640x427)
IMGP0359 (640x427)
IMGP0360 (640x427)
IMGP0361 (640x427)
IMGP0362 (640x427)
IMGP0363 (640x427)

全ての苗を鉢から抜き、パチリ。
IMGP0611 (640x457)

左端の苗のスキマが無くなるようにラフィアで絞り込み、
IMGP0620 (640x427)

植え付け完了。
IMGP0623 (640x427)

幹を太らせ癒着を待ちます、
数年後には景色のある幹になるのでは?。



にほんブログ村

きんず 樹形構想

実生きんず12年程。
根上がりに作り、幹を絞り込み癒着させています。
IMGP7785 (640x427)

幹中央の隙間から後側の針金が見えます。
あと少しでここも癒着するはずです。
IMGP7786 (640x427)

これぐらいの植え付け角度で植え替えようかと。
IMGP7787 (640x427)
植え替え(5月頃)までにこの樹に合う鉢を探しに行きましょうか。
隣町の常滑へ。


にほんブログ村

キンズ

取り木を前提に入手したキンズ。
IMGP3437 (640x427)
きんず君 調子はどう?。
「大分良くなってきたよ」
取り木を掛けたいけど。
「えっ」
まだ ダメかい?。
「出来ればもう一年ぐらいは様子を見てくれないかなぁ」
じゃあ 足元に呼び接ぎだけさせてくれない?。
「それくらいならいいよ」
IMGP3439 (640x427)
立ち上りに呼び接ぎをしました。
横から。
IMGP3438 (640x427)
地元の展示会の即売品です。
前蔵者に取り木の是非を尋ねたら
「立ち上りに捨てがたいものがあるからもったいないよ」との返事。
躊躇しているうちに取り木時期を逃し 樹勢も落としてしまいました。
棚が変わり水遣り、日照、雨等の差があったのか?。
きんずは雨に当ててはいけないとか。

取れれば小品に出来そう、
足元にも芽吹き次第では
接ぎ木をして作れそうです。
来年以降の作業ですけど。

キンズ  挿木苗の植え替え

挿木苗を曲付けし 植えてあったものです。
IMGP3087 (640x427)
使えそうな曲とぼんやりした曲があり
IMGP3088 (640x427)
ラフィアで保護し強く曲付け、今度はスリット鉢へ。
IMGP3131 (640x427)
根の充実を図ります。
ラフィアが腐るまで針金との隙間が幹を守ってくれ
ある程度はほったらかしに!。
先端に白根を発見、そろそろ他のキンズもいじってみましょうか?。

きんず 発芽確認

3/15(日)の勉強会で 女性会員さんが持って来たきんずに たわわに実が付いていました。
「ダメだよ、こんな時期まで実をつけといちゃ」
「玄関の下駄箱の上にちょうど良いんだもん」
「それも盆栽の楽しみ方の一つかぁ」と 納得!。
実を摘みながら「食べる?」「要らない」「貰って良い」「いいよ」

帰宅後早速の種蒔。
今朝の水遣り時に鉢の土の中に緑色を発見!。(ワクワク)
少し土を除けてみると発芽を確認。IMGP2269 (640x427)
IMGP2270 (640x427)
種蒔時に鉢土を小高くしてあり 網戸用の網を鉢の大きさに切り フルイを載せて作業終了。 

姫美好も万全の準備と注意深く観察さえしていれば

ブログ掲載のどたばた作業は しなくても良かったのに!!。


姫美好の「網伏せ実生もどき」作業は今も悪戦苦闘中。
(何かが同じ鉢中に発芽あり  何を蒔いたんだろう?)


それはそれで楽しい!。


「まだやっとるのか ワシャもう匙投げたわい」     by 盆栽の神様


 

「同級生だョ!全員集合」Ⅱ

実生きんずの12年生程の同級生を集めて来ました。IMGP2295 (640x427)
左の樹は幹と根の癒着を促すため さらに絞り込んでおきました。
中央の樹は幹をS字に曲を付けておいたものです。
癒着が進み扁平な幹模様になってしまい
奥行きがでるよう もう少し立体的に 幹模様を付けておくべきでした。
このまま枝の充実を図ります。
去年10月頃までは中央に小さな穴がありましたが みるみるうちに塞がって行きました。
この穴から中秋の名月を鑑賞したものです。(ウソです)
右の樹は針金で曲を強調するように絞っておきました。
個性的な面白い樹になりそうです。
IMGP2300 (640x427)


左の樹は癒着が始まりかけています、この後立ち上り付近を絞っておきます。
今日の作業は以上です。
IMGP2297 (640x427)
お~~い 俺はどうした。忘れてんじゃん!!。と 右の樹。

このまま当分の間ほっときます。
今の所 この樹に対する「盆栽樹形のボキャブラリー」の引き出しがありません。
接ぎ木、取り木、切り飛ばす等の構想が湧くまで
当分の間この樹は自由気ままに過ごしてもらいます。

あわてない あわてない

PS
 前回の全員集合と違い クレームを言うきんずの同級生は もう在籍していません。

 ほっ!!。