杜松  改作構想

挿し木後20年程度の杜松。
IMGP2568 (640x427)

大懸崖構想で作っていましたが 数年前に外してジンとしました。
今回も左右の下枝2本を外し 懸崖風の模様木に変えようと
左右の最下枝をシャリにしてあります。

3月の勉強会で この構想を相談したところ、

樹格の向上にはそれが一番だが

・ 私の飾りを考えた時には このまま作った方が良いのでは。
・ この樹を天にした場合 添える松柏が難しく今は無いのでは。
  (反対の流れなら売るほどある)ウソです。
・ ハネ出し、3点飾りに使った場合は使い易いのでは。

これらを考慮し当分はこのままで。

一番の見所の立ち上りを隠す左一の枝は次回に飾る時外す予定。


長年会長を務める人だけに

会員全ての棚の状態を把握されていて納得です。


[お前はまだまだまだ修行が足らん]       by  盆栽の神様


神様せめて「まだ」をひとつ外して下さい、この樹の将来の左枝みたいに!! トホホ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。