真柏 

挿し木4~5年生の真柏です。 樹高 5cm 幅 10cm
IMGP4095 (640x427)
「♪ もう りっぱな ぼんさいだも~ん ♪」
スリット鉢は卒業させ小さな鉢で持ち込みましょうか。

真柏  

整枝しておきました。  鉢 泥壽 丸5.5cm 高5cm         挿し木10年未満
IMGP4071 (640x427)


整枝前
IMGP2657 (640x427)
整枝前
IMGP2658 (640x427)

ミニバラ雅 結実か?

ミニバラ雅の花びらが散った後も子房が膨れているような?。 結実したのでしょうか?。
IMGP4039 (640x427)

アリも来ています。
IMGP3863 (640x427)
他のブログで見た 何かの薬をスプレーすると
結実し易いとの記事を見て
ググッてジベレリンを散布してあります。

今や検索は「ぐぐる」ですね。
「パソコン通信」と言っていた
私がPCを始めた頃とは隔世の感です。


黄金真柏 今日の手入れ 8

黄金真柏  樹高10cm  鉢 庄八 丸 11cm 高4cm  挿し木 20年程
IMGP3813 (640x427)
挿し木古樹の内の一本です。
枝打ちが荒く 密には作り難い樹ではないでしょうか?。
これまで殆ど整枝してきませんでした。
久しぶりの針金掛けです。

姫美好 実生

網伏せもどきの手入れをしたその後の報告。(4/22の投稿)


P1050342 (640x427)
発芽に気づかず直幹状態でした。このまま大きくなってしまっては盆栽にはなりません。

IMGP4057 (640x427)
全ての実生苗に曲が付きました。盆栽としての第一歩です。

IMGP4054 (640x427)
この後自然に任せ伸びるままにします。
来春以降に鉢上げし 樹の個性を見極めながら育てます。
人口的な曲になっていますネ。
網伏せには勝てません!。あくまで もどきですから!。

真柏 今日の手入れ 6

幹の清掃と針金を掛けました。
樹高 13cm  鉢 山秋  12cm 9cm 高 4cm      挿し木20年以上
IMGP3768 (640x427)
挿し木古樹の一本です。
少し樹勢を落としているようです。
透かす程の葉の密生がありません。
整枝も躊躇いましたが数本の枝と
その他の枝先だけ掛けておきました。

唐楓 葉刈り

手で触れるとカサカサと音が変わり始めました。
葉刈り時期の知らせです。
樹高 8cm  鉢 みさき 8cm 6.5cm 高2.3cm
IMGP3821 (640x427)
葉刈り後
IMGP3833 (640x427)

たかい、たか~い、はやく、おおきくな~~れぇ

「ミニ盆栽は大きくなってはいけないのだぁ~」 

「これで いいのだ」 

バカぼんのパパなのだ

真柏 

呼び接ぎで作った真柏です。
樹高 14cm 鉢 渡辺 正山  13cm 10cm 高 4cm
IMGP3694 (640x427)
幹の上部に二本のジンがあります。
上のジンの部分から誘引し幹との接点に呼び接ぎしました。
現在の枝は全て頭部の枝でした。
活着を確認後も数年間はそのままで何もしませんでした。

下のジンの所から取り木。
再度取り木が掛けてあります。 他は芽つみせず挿し木素材用にしましょうか。
IMGP3697 (640x427)
よく遊びに行く盆栽園で真柏の杉葉の悩み事を相談していると
「これは杉葉の出ない真柏だよ」と言って持って来てくれました。
以来今日まで一度も杉葉は出ていません。(10年以上)
岡崎のマーシー盆栽園のお父さんから入手しました。
ここです、↓ 如何わしいサイトへは飛びませんご安心を!!。(笑)
http://www.mcbonsai.jp
樹種紹介スライドショーの最後におとうさんも登場します。

呼び接ぎ構想からこの樹姿まで長い時間が掛かりましたが
もう少しで飾れる姿になると思います。

明日はゴミの日

捨てていた根から発根。
IMGP3805 (640x427) 
一才ズミ?


IMGP3800 (640x427) 
つるうめもどき? まゆみ?。



IMGP3798 (640x427)
 一才ズミ?。これ程になるまで気づかぬとは!。立ち上りが不安定のため針金で補強。
IMGP3807 (640x427)


明日はゴミの日、
植え替え時の根を捨てている
ビニール袋を整理していたら
何かが生えているのを発見。
草の中に木質が数本あり掘り出す。
根伏せ発根状態の3本をスリット鉢に
植え付けておきました。

真柏 葉透かし

衣替え真柏。
IMGP3718 (640x427)
我家の衣替え真柏第一号。
紀州真柏に糸魚川性を接いで20年程です。
僅かにジンとして残る一の枝の上に接いであります。

葉を透かしておきました。
半逆光で細部から光が漏れて葉の様子が見易くなったのでは?。

ジンをもっと長く残しておくべきでした。
接いだ後数年は釣り合いが取れていたのに
葉張りの充実と共にバランスが崩れましたネ。

唐楓 植え替え

葉刈り後の芽動きが見られたので植え替えました。
IMGP3792 - コピー (640x427)
樹高 7cm    鉢  春嘉  7.5cm 6.5cm 高 2.5cm
IMGP3794 (640x427)

葉刈り前
IMGP3006 (640x427)
唐楓の植え替えは 葉刈り後新芽が吹いた事を確認し
不要枝を剪定後に 植え替えています。
このやり方の良し悪しは知りません。

参考にはなりません。

真柏  今日の手入れ 5

全ての針金を外してから3日経った姿です。
IMGP3629 (640x427)
整枝の必要がないような?。

樹高 13cm  鉢 渡辺正山 木瓜  彫 壷堂  10.5cm×9cm 高3cm 
 接ぎ木 12年程
IMGP3765 (640x427)
現在の天ジン?の基部に糸魚川性の枝を一本だけ接いで作りました。
整枝の必要性を感じませんでしたが、枝が暴れてもいけないので念のため。

蔓梅もどき 植え替え

今年は自然交配の蔓梅もどきです。
樹高 10cm   鉢 一弘 六角  角9cm 辺8cm 高5cm
IMGP3625 (640x427)
剪定、植え替えました。


3個だけの結実でした。この後外しました。
IMGP3601 (640x427)
しばらく樹を休ませます。

まゆみの呼び接ぎ

実生まゆみ雄木に呼び接ぎを掛けました。
IMGP3701 (640x427)
手前の樹から2本の樹へ接いでいます。(写真上部テープで固定個所)
実生から木姿を作って来たまゆみです。
雄木として使えば良いとの考えから。
今年の結実成果が見られた事からニューハーフ計画の対象樹になりました。

真柏 整枝

数年前、1000円均一の篭の中から入手した真柏です。樹高 9cm
IMGP3685 (640x427)


極平凡な曲が右へ流れているだけでした。
一番強い曲の所は 電動ドリルで芯を抜き曲を強調したものです。
傷も癒えたのでシャリを削り針金を掛け整枝しました。

[りっぱなもんじゃ、これなら1200円ぐらいにはなるじゃろぅ]

ハ ハ ハ トホホ。

神様もう少しなんとかなりませんか?。.

[バカもん、お前はこの樹で十分に楽しんだ、それだけで良いではないか!]

唐楓 植え替え

葉刈りした唐楓に新芽が吹いてきました。
IMGP3591 (640x427)

葉刈り直後
IMGP3539 (640x427)

反対側より
IMGP3538 (640x427)
「迷木に裏表なし」どちらでも使えそうな樹です。


新芽を確認したので植え替える事にしました。


樹高 10cm  鉢 壱興 木瓜 9.5cm 8cm 高 3cm
IMGP3594 (640x427)

五葉松 明星

接ぎ木五葉松です。

樹高 7cm   鉢 堂下 豊生  7cm×6cm 高 3cm
IMGP3585 (640x427)
去年黒松の親木から切り離し鉢上げしたものです。
立ち上りにある傷も順調に巻いてきています。

黒松  再生中

黒松を再生中です。
IMGP2995 - コピー (640x427)
下記の要領で接ぎ木に成功した頭部用の枝です。
・黒松苗をヘアピン状に曲げる。
・本体に電動ドリルで苗より小さめに穴を開ける。
・穴の中の形成層をよく切れるナイフで削る。
・苗の上下の形成層を穴の大きさに削る。
・本体の穴にそっと入れる・
・ヘアピン状の中心部へ薄く削った串などを押し込み形成層を本体と密着させる。
・穴の周りをカットパスター等で覆い水の浸入を防ぐ。
・根鉢に隙間を作り、根を鉢の中へ納める。
去年の春の作業です。
上部が根の部分より太ったので成功か?。

IMGP2997 - コピー (640x427)
今年右側とヤケ防止のため後ろ側へ上記の要領で接ぎ木。
後ろの苗の伸長がみられない、失敗か?。

IMGP2996 (640x427)
反対側より。
こちら側を正面にした場合の利点と欠点
・頭部の切り返し傷が小さく作れる。(傷は2cm程)
・頭部用に成功した枝が後ろ枝と左枝に利用できる。
・作りたい大きさより大きくなる。
・写真では分からない傷が正面にある。

当初の計画どおり作った場合の利点と欠点
・頭部の切り返し傷が大きくなる(傷は5センチ以上)
(ぶったぎり盆栽になる)
・思い通りのサイズに収まる。

さあ どうする?。
どう なりたい?。
樹にとっての最善策はどっち?
樹と相談。

真柏 挿し木と整枝

前記、真柏呼び接ぎ用に入手した残りの2本です。
茫々に茂った枝先を整理し挿し木にしておきました。
新梢のみ挿しました。
太い枝は必要ありません、
根付いた時に強い曲を付けるため。
IMGP3564 (640x427)

基礎の針金をかけておきました。
IMGP3566 (640x427)

数年は様子を見ながら、、
幹を絞り込んだり、
シャリを入れたり、
ジンになりそうな枝は 強い曲を入れ
徒長させたり 色々遊ばせてもらいましょう。
IMGP3565 (640x427)
このままの樹姿では終わりません。
10年、15年後には別の姿になっているでしょう!!。

[あくまで、お前がそれまで生きていればの話じゃがなぁ~] by盆栽の神様

真柏 呼び接ぎ

呼び接ぎをしました。
IMGP3560 (640x427)

幹にミゾを掘り苗木を差し込み固定。
接ぎ口に水が入らないようにカットパスターで保護。
IMGP3561 (640x427)
接ぎ木位置より先が太れば成功です。
これだけの小枝があれば、即整枝できます。
活着確認後も当分はこのまま維持します。
完全に一体化するまで!。

IMGP3562 (640x427)
専用の台を作りました。
接ぎ位置の固定と
作業場から棚への移動時の安全のために。

縮緬葛 鉢合わせ

縮緬葛を植え替えました。
IMGP3557 (640x427)


駄鉢に入っていたものをスタンバイOKの状態にしておきます。
枝が充実すれば使いたいですネ。

真柏

明日にでも飾れそうな真柏ですが。
IMGP3552 (640x427)

右の後ろ枝付近の一枝がすっぽりと枯れました。
残った枝先も黄みがかっており時間の問題です。

針金が食い込んだ形跡もありません。
大きな枝の移動もしていません。
IMGP3553 (640x427)
済んだ事は仕方ありません、対処方を考えます。

A 何処かの枝を徒長させ空間をカバーする。

B 右側全てをジンにする。

C 呼び接ぎで作る。

A案  徒長させ空間をカバー
・枝を徒長させるのに二年。
・棚を割るのに一年。
・枝が落ち着くのに一年
 最低でも四年。(長いなぁ~)

B案   全てをジン
・下枝二本は芸がなく使い物にならない。
・追い込む小枝もない。
・ジンにするにしてもおりこうさんすぎて使い物にならない。
・腰が高い樹になり 使いづらくなる。
 主木にはならない。(最重要事項)

C案   呼び接ぎで   
・一番手っ取り早い!!。
 盆栽園へ苗木が有るか確認のTEL。
 有る、との返事即予約。

我家の挿し木最古参の一本です。
なんとしても再生させねば。








黒松 懸崖

実生黒松4,5年生です。
実生挿しを行わず根の面白い樹で作っています。
根元の細根を守るためミズゴケで保護してあります。
IMGP3519 (640x427)
実生4,5年ともなれば相当な太さにする事ができますが
無意味な太さは必要ないと思っていますので
肥培はかけていません。
小さな鉢でジックリと作りたいです。
根の芸に期待しています。

針金が食い込み始めた個所を見つけたので外す前の写真です。
幹に食い込みは見られませんが 枝の基部が食い込んでいます。
注意深く作業しないと枝が枯れます。
IMGP3517 (640x427)

黒松 根上がり

実生黒松で根上がりを作っています。
再度絞り込んだ姿です。
ダンゴ状ではなく 枝棚が割れたらと思っています。
IMGP3516 (640x427)


5年生程の苗を根上がりに作り絞り込んであります。
下部に針金の食い込みが見られたので一度外してみました。
IMGP3512 (640x427)
まだ空間が埋まっていないようなので再度絞り込みを。
IMGP3515 (640x427)
役枝が出来、小枝を作り、見られるようになるまでまだ相当の時間が掛かりますネ。
早く出来上がって欲しいような、この時間をもっと楽しみたいような。

石化檜 整枝

前出の三幹石化檜と同じ時に作った樹です。
小さい双幹に単幹を寄せて作りました。
IMGP3525 (640x427)
四幹風で嫌味に見える幹のどれを外そうか思案中に
気がついたら前枝が二本枯れていました。
ジンに削り双幹に改作しました。

[ワシが枯らしたのじゃ!]
[ウソ ピョン]  by 盆栽の神様

僅かに残る寄せた痕です。(双幹に単幹を添わせてある)
IMGP3524 (640x427)
その他 後ろ枝(欲しかった枝)も自然に枯れて 現在の姿です。
私が手入れする事もなくこの樹は出来てしまいました。
以前の単幹もそうでしたが 苦労をしない樹種です。

にほんブログ村

真柏 今日の手入れ 4

衣替えで作った真柏です。
頭部用に一本、左枝用に一本を糸魚川性に接ぎ換えました。
樹高 14cm  鉢 旭清 正方 8.5cm 高 5cm   接ぎ木 12~3年?
IMGP3510 (640x427)



展示会の即売品だったと思います。
左枝の裏と頭部への幹の下へ接ぎました。
元の枝が今のジンです。
接ぎ傷も癒え判別できません。
IMGP3454 (640x427)
ダンゴ状の枝葉で糸魚川の良さが無くなっています。
鋏で透かし、掛けてあった針金だけで枝先の微調整を済ませました。
去年使っており 今年の出番は回ってこないかも?。

真柏 葉透かし3

水遣りの度にお辞儀をしてくれる三兄弟の最後です。
ダンゴ状で重苦しかった姿も久しぶりにスッキリしました。
樹高 6cm 鉢 美芸 丸 7.5 高 3.5cm  挿し木 15年程?。
IMGP3427 (640x427)
立ち上りを隠す左側をもう少し軽くしなければいけませんネ。

IMGP3426 (640x427)
作業前。


「私、後ろの方が好きなんです」と何やら意味深な声が!。
IMGP3520 (640x427)
なるほど、挿し木後古いだけあって 表側と違いそれなりの動きとシャリがあります。
なぜここを前に作らなかったのか?。
何かあった筈!。
立ち上りを変え、板幹になるようシャリを少しづつ削り直し、こちら側を前に作り直せるか?。
枝を数本徒長させ 手繰り寄せるか?。
このままか?。

次回植え替え予定位置
IMGP3529 (640x427)
細い枝を操作し表裏変更しました。
見所のシャリも広げたり、新しく作っておきました。

キンズ

取り木を前提に入手したキンズ。
IMGP3437 (640x427)
きんず君 調子はどう?。
「大分良くなってきたよ」
取り木を掛けたいけど。
「えっ」
まだ ダメかい?。
「出来ればもう一年ぐらいは様子を見てくれないかなぁ」
じゃあ 足元に呼び接ぎだけさせてくれない?。
「それくらいならいいよ」
IMGP3439 (640x427)
立ち上りに呼び接ぎをしました。
横から。
IMGP3438 (640x427)
地元の展示会の即売品です。
前蔵者に取り木の是非を尋ねたら
「立ち上りに捨てがたいものがあるからもったいないよ」との返事。
躊躇しているうちに取り木時期を逃し 樹勢も落としてしまいました。
棚が変わり水遣り、日照、雨等の差があったのか?。
きんずは雨に当ててはいけないとか。

取れれば小品に出来そう、
足元にも芽吹き次第では
接ぎ木をして作れそうです。
来年以降の作業ですけど。

イワウメヅル 結実

イワウメヅルが結実しました。
今年は休ませるつもりの樹です。 この後 実を外してあります。
          樹高 15cm  鉢 嘉六 11cm 9cm 高 3.5cm
IMGP3445 (640x427)


雄木を寄せておいたら自然に結実しました。
展示用雑木の予備軍としてこのままで管理します。
          樹高 3.5cm 幅 10cm  鉢 平安艸草 丸 7.5cm 高 3.5cm
IMGP3447 (640x427)
イワウメヅルは蔓ウメモドキの雄木で交配できます。
自然交配ではこの程度です。
去年は雄木(蔓ウメモドキ)の開花中は
毎朝、水遣り前にチュッ、チュッ、チュッと大忙し。
(当然 樹に水、雨はかけない)
上の樹は満艦飾で飾れました。

石化檜  葉透かし

挿し木15年程の石化檜です。
挿し木鉢の中の弱々しい三本を寄せたものです。
太らせないようにしてきました。
樹高 左より 13 19 14cm     鉢 充信 楕円 12cm×9.5cm 高2.3cm
IMGP3435 (640x427)
鬱蒼とした枝を透かしました。
三幹模様の柔らかさが戻ったのでは?。

手入れ前。
IMGP3040 (640x427)


にほんブログ村

真柏 葉透かし 2

水遣りの度に転がる真柏2です。
IMGP3431 (640x427)
見た目にも重苦しくなりジンを隠す葉を透かしました。
IMGP3429 (640x427)
掛けてあった針金を全て外した後 写真をPCで確認。
枝の移動が必要な二本だけ掛け直しました。

是好鉢に入った樹達

時代付けのため
新品だった是好鉢に入った
錦木とイヌビワです。
IMGP3453 (640x427)

IMGP3449 (640x427)
地元の展示会の即売に
是好鉢が10個程新品で売られていました。
(是好さんの親類がこの地方にあり そこから出たもの との説明あり)
2個入手し時代乗せのため
適当な大きさの樹を植えてあります。
3,4年経ち鉢も落ち着いてきました。

もっと買っておけば良かったと後悔。

[二つ買った後は財布が空っぽだったくせに、偉そうに言いおって!]

[後からでは何とでもいえるわ]

市場価格より相当割安だったのに、残念

[まだ言うか!]

[話にならん!!]

神様怒って帰られました。

真柏 呼び接ぎ

接ぎ木を失敗した真柏へ再挑戦。
呼び接ぎを行いました。
IMGP3421 (640x427)
上から
IMGP3424 (640x427)
接ぎ穂
IMGP3420 (640x427)
呼び接ぎ用真柏の本体
IMGP3416 (640x427)
呼び接ぎ構想時より余計に絞り込んであります。
癒着し独立した時にどうやって作ったんだ?と思われるような樹になれば!!。

真柏 葉透かし 1

水遣りの度に「ありがとうございます」と挨拶(お辞儀)をしてくれる真柏三兄弟の一本です。

[バカもん、鬱蒼と茂った葉が重いからじゃ]
[手入れをせい]と
盆栽の神様のお叱りを受けました。

樹高 6cm 幅11cm  鉢 林 盆華  丸 6.8cm 高4.5cm 挿し木10年以上
IMGP3443 (640x427)
作った時には「どうだ まいったか」と威張っていたジンも
枝葉が充実してくると 「私もここに居ますヨ 良かったら見てやって下さいネ」的に
控え目になったように思います。
目視では十分に透かしたつもりですが
写真で確認するとまだまだですネ。

真柏 今日の手入れ 3

次回の植え替え予定樹姿
IMGP3408 (640x427)

紀州真柏に糸魚川性を接ぎ 本体をジンにした樹です。
接ぎ位置が曲の内側にあり不自然な感じがします。
団子状になった枝先を透かし、小枝を移動させアラ隠しを。
IMGP3400 (640x427)



写真で気づいたが 先端が水平に流れてジンの動きを消してしまっている。
IMGP3406 (640x427)
鉢を傾けて撮影したのが最初の写真です。
ジンとのバランスが取れていないのでは?。
ジン先端まで13cmあり枝頂部の8~10cm付近まで縮小させるか?。
ジンは取り木で不要部分を縮小出来ない!!。

[バカもん あたりまえじゃ 何を考えておる]

[ワシでもムリじゃ]  by盆栽の神様

さあ どうする?。

どう 成りたい?。

樹と相談!。

杜松 植え替えとご対面

ブログデビューの「取り木杜松の下部」を植え替えました。
根の充実を図るためスリット鉢に。
IMGP3373 (640x427)
初めてのツーショットです。
同じ年に我家の庭に自然実生してから30年ほど。
両樹とも違う種類の杜松を 接ぎ木され再出発です。

熊と龍のような表情をジンに宿しながら
遠い未来を夢見るように!!。
IMGP3372 (640x427)
植え替え前

赤松 樹形構想

赤松の姿出し  自然実生13年生 八ヶ岳山麓にて
IMGP3378 (640x427)
長男の結納式が無事に終わり
ホテルの駐車場横に生えていた赤松を 濡れたティシュに包んで持ち帰った
我が家にとって大切な記念樹です。
10数本の内で残ったのは3本だけです。

IMGP3374 (640x427)
表裏を検討し頭部へのコケ順から表記の写真になりました。
IMGP3375 (640x427)
IMGP3379 (640x427)

右枝と頭部の間に小さな芽を発見。
これが無事に育てば ここで切り返しですネ。

















梅もどき雄木  取り木、接ぎ木作業

寝坊助の梅もどきも やっと開花。あったはずの雄木が行方不明。
花木センターへ探しに。
満開の雄木もあったが、今年の交配を諦め、遊べる樹を選択。
IMGP3389 - コピー (640x427)


この位置で取り木(ラベル位置)。 将来的に雌木を接ぎ木。
IMGP3390 (640x427)
芸のない後ろ枝は直幹の雄木として取り木。


立ち上がりに雌木を呼び接ぎ。
ニューハーフ計画を実施。
IMGP3398 (640x427) (640x427)
二か所取り木をかけ、三本の木を作り 雌木二本と直幹の雄木を作る構想。



IMGP3409 (640x427)
早速作業。二か所の取り木と立ち上りを無駄にしないよう雌木を呼び接ぎ。
鉢が動かないようガムテープで固定し育苗トレーに入れ管理。
まゆみを呼び接ぎした三鉢と秋まで同居。
IMGP3410 (640x427)
まゆみの呼び接ぎ作業の記録写真を撮り忘れ。
成功すれば秋にブログ投稿予定。


荒皮イボタ  開花

荒皮性イボタの花が咲いています。
IMGP3386 (640x427)

[こんな小さな樹にこのアルミ線はなんじゃ]

挿し木の準備で、根付けば即ミニ盆栽です。

[まだやるつもりか?いつになったらやめる気じゃ]

好きなことはなかなか止められませんネ。

真柏 今日の手入れ 2

樹高 10cm  鉢 佐太郎 丸 9.6cm  高 4cm  挿し木10年前後
IMGP3315 (800x533) 比較的早く姿が出た樹です。今まで立ち上りの根がラフィアで束ねてありました。
根上がりと呼ぶべきでしょうか?。

右へ流して作っていましたが立てたほうが良さそうです。
IMGP3358 (640x427)


と ここで写真を撮りながら裏を見たら こっちの根芸の方が景色が良いことに気づき
早速 表裏変更の針金掛け。
IMGP3366 (640x427)
ブログ用に「はい ポーズ」。
右流れの樹が作りたかったのにと少し残念。
次回の植え替えで右へ少し起こすことにしましょう。
針金を掛けた枝葉が落ち着けば良しとします。

黒松  樹形構想

実生黒松です。
実生苗にしっかりと曲をつけたつもりが
翌年植替えようと抜いたら根元から数センチは直線のままでした。(涙)
(用土下に針金が掛けられなかった)

取り木をかけ欠点を解消しましたが
位置が悪く直線の立ち上りが残っています。
(意欲は有ったが実力が伴わなかった。 汗)
IMGP3367 (640x427)
数年前に樹勢を落としザルで療養中です。
直線的な頭部への流れとコケ順の無い幹の解消を考えました。
IMGP3368 (640x427)
一の枝の間延びの解消が次の課題です。


「はーい 上の枝の方 もう少し下げてくださいネー、はいOKです はーい 撮ります!」

カシャ。
IMGP3369 (640x427)
こうやって少しづつ誤魔化しながら作り
上の枝の充実を待って切り返しましょうか。

まゆみ   結実

まゆみの実がとまったようです。
IMGP3371 (640x427)
先月 長老のお宅へお邪魔した時のお土産の中の一つです。
乱れた樹姿でこのままでは飾れないからと預かった樹です。
枝には柔らかく針金をかけ
頭部は針金を外す時に枝や実まで切る事を防ぐため
枝への針金かけをやめ鉢底から引っ張りました。
17日の日曜日の勉強会に持参しお返しします。

真柏  今日の手入れ 1

樹高 12cm   鉢 春嘉 12cm×10cm  高 4cm  挿し木25年

IMGP3241 - コピー (640x427)


真柏挿し木25年の最古参樹を 「今日の手入れ」開始の記念樹にします。

鉢は[平成九年 三十郎 春嘉]との落款がある春嘉さんの記念鉢。

挿し木最古参樹の中で一番小さい樹です。

ムリに太らせず小さな鉢の中で作ってきた樹で

模様もおとなしいです。

真柏 表裏変更

数年前に紀州真柏に糸魚川真柏を接いだものです
IMGP3297 (640x427)

足元のシャリを広げました。
今後さらに広げられれば
板幹に見えなくもないようなので
こちらを正面に作り直すことに!。
IMGP3303 (640x427)

ラフィアを巻き保護。
IMGP3305 (640x427)
頭を中心に左右に別れた枝が.


IMGP3307 (640x427)
およそ 反対側に移動。


「よっしゃ 今日はこれぐらいにしといたるわ」
IMGP3310 (640x427)
と 池乃めだか師匠のギャグで。


[もう 子供騙しのような盆栽で遊ぶのはほどほどにして
                   地道な手入れに戻ってくれたら
                         良い樹が出来ると思うがなぁ]   
                               
                                by 盆栽の神様の嘆き

黒松 接ぎ木

今年の接ぎ木です。
IMGP3034 (640x427)
持ち崩した黒松の再生を図っています。
今ある枝は全て接ぎ木で作ったものです。
左一の枝を外した傷も巻き始めています。

今年接いだ枝の芽の動きがまだ確認できません。

[危ないかも知れんのぉ]

やっぱり。

ところで先日の神様は・・・・

[貧乏神様じゃ]

「オレオレ詐欺と一緒で色々な神様を装い
          居心地の良い場所を探しておるのじゃ]
[お前の所に置いてやってくれんか]

[ブログ名も似ているではないか!]

えっ ち ち ち 違いますよ。

私のはビボーロクでビンボウロク。
神様はビンボウ神。
あっ なるほど。

いえいえ。

[時々遊びに来ると言っておった 頼んだぞ 帰る!]

えっ。

後の言葉がありません。



杜松  植替え

右に少し寝かせるようにして植え替えました。
IMGP3349 (800x533) (640x426)
IMGP3279 (640x427)
他は何一ついじらずそのままの植え替えです。
安定した姿になったと思います。

杜松 整枝

IMGP3109 (640x427)
頭部が枝枯れした杜松です。
ぽっかり穴の空いた部分です。
杜松はこれがあるから!!。


気を取り直して整枝。
IMGP3274 (640x427)

樹高 10cm  鉢  旭清  9.5cm×7.7cm 高 4cm
IMGP3279 (640x427)

[うまいこと隠したな]

神様、先日変な神様がお見えで?

[なにっ まさか お前の所まで来たか!]

何だったんでしょうか?

[あれは神様サギみたいなもんじゃ]

[お前の所にはカラスも来ぬと思っておったが]

山田く~ん 神様に座布団一枚差し上げて。
いえいえそうじゃなくて。

真柏 接ぎ木の失敗

3年前の接ぎ木は成功していた。葉の色が変だとは感じていたが枯れたのを確認。
IMGP3142 (640x427)
訳が分からない。
これも呼び接ぎか?
今度は立ち上りの根元付近へ!。

不要部分へ取り木を掛け、文人木の素材にできないか?。
時代は十分にある!!。

ニューハーフ化計画の失敗と構想

春の作業の結果が出始める頃です。
IMGP3291 (640x427)
接ぎ木は失敗したようです。常磐柿雄木に雌木を接ぎましたが 接ぎ木苗の展開が見られません。
IMGP3293 (640x427)
立ち上りだけを生かし小さく作り直そうとしましたが残念!。
呼び接ぎを掛けましょうか

ツルウメモドキの雄木に雌木を接ぐ計画を立てました。
2曲目の中心付近に接いではどうか?と
IMGP3292 (640x427)
この時期は呼び接ぎの適期です。すぐに実行。
IMGP3295 (640x427)
秋には結果が出ます。
常磐柿もこれを書きあげたら即実行します。
「やってみなはれ」です。

黒松 樹形構想

黒松実生の寄せ植え      鉢  宗像一蒼 丸 6.5cm 高 3cm
IMGP3050 (640x427)
入手時は七幹の樹形でした。
一本が枯れて 減らすか?足すか?再構成か?、
樹形をアレコレ考えています。

[下手の考え休むに似たり]だ 特にお前は!!。

遠くで神様の声がしたような。


構想A
我家にある去年の実生苗を足し七幹の樹形。

構想B
左から二本目の太い苗を外し 同じような太さに揃え五幹。

構想C
全ての幹を再構成
1 細く小さい苗2本だけを寄せ太らせず持ちこむ。
2 中くらいの苗3本で作る。
3 太い苗を強く曲付けし独立させる。

IMGP3055 (640x427)
荒海の波頭に「砕け散る波しぶき」のような景色の鉢です。(私の主観ですが)
IMGP3054 (640x427)
この景色が魅力で入手したのです。
松は付録です。
実生苗なら売るほどありますから。

さて 松をどうしましょうか?。

[下手な考えでは許さんぞ!!!]

「ヤバイョ ヤバイョ リアルにヤバイョ!!」 TVから出川の声が聞こえてきました。
こっちもヤバくなっています。
神様の怒りを買わないように!。

太い苗を一本だけ外し 我家の実生苗から同じ細い苗を選び
掴み寄せしておきましょうか。
枯れる事を想定し又将来の樹形構想時に外せるよう多めに寄せては?。
秋の植え替え時期まで考えさせて下さい、神様。

[上手いこと逃げたな、良しとしておこう]

あのぉ~ 失礼ですが本当の神様ですよねぇ?。

[当たり前だ何を言っておる!]

あのぉ 先日 ちょっと へんな事が・・・・

[意味がわからん 帰る]

聞きそびれてしまいました、「取り木色々」記事の時の神様

あれは何だったんでしょう?。