唐楓 植え替え

新芽の動きがあったので植え替えておきました。
IMGP4053 - コピー (640x427)
一弘 長方鉢 11cm 8cm 高 3.5cm

どっちの鉢が似合うでしょうか?。

一弘 木瓜鉢 12cm 10cm 高 3cm
IMGP3011 (640x427)
両鉢とも壱興さんの25年程前の鉢です。
上の鉢は幹をしっかり写すために使った
銀レフ板の反射光で光ってしまい
ようやく付いた時代も新品の鉢のように写ってしまいました。 トホホ
落款印の他に一弘造とのクギ彫の銘があります、
数が少ないのではないでしょうか?。

姫こぶし 挿し木準備

本体が枯れた姫こぶしで ヤゴ芽が吹いています。
IMGP4044 (640x427)
挿し木の準備で曲を付けておきました。
IMGP4047 (640x427)
立ち上りに一曲あれば盆栽として見てもらえます。
IMGP4046 (640x427)
発根後にはより強い曲が付け易くなります。

真柏 今日の手入れ 7

針金を掛け透かしました。
樹高 15cm  鉢 中国鉢 13cm 10cm 4cm  挿し木25年程
IMGP3787 (640x427)
挿し木最古参樹の一本です
左一の枝の最先端をジンにし
幹の掃除とシャリを広げてあります。


整枝前。 全ての針金を外してあります。
IMGP3543 (640x427)

取り木失敗第一号 クロガネモチ

クロガネモチ
IMGP4079 (640x427)
庭に自生したクロガネモチです。(玄関の庭木から。よく自生してきます。)
今年の取り木失敗第一号になりました。

[やはりカネモチはお前には縁が無いと言うことじゃ]

あの~ぅ クロガネモチですけど神様。


・ ・ ・ ・ ・・・・

真柏 その後

接ぎ木用に入手した真柏を弄ってみました。

IMGP4494 (640x427)

挿し穂を採った後、役枝らしき枝に針金を掛けた。
当然、納得できない姿です。
IMGP4486 (640x427)
幹の内側の芯を電動ドリルで抜き。
IMGP4490 (640x427)
ラフィアで保護し曲げたのが最初の写真です。
ようやく「真柏の盆栽」としてスタートラインに立てました。
将来の樹芯は後ろから立て、今の芯はジンになりそうです。(前にかぶり過ぎ)

唐楓 葉刈り

スリット鉢で培養中の楓です。
IMGP4148 (640x427)
「私、脱いでもすごいんです」なんてCMが少し前にあったような?。


「この樹、脱ぐとダメなんです」    頭部のコケ順がありません。
IMGP4156 (640x427)
通し接ぎをしようと準備していましたが
棚の片隅で忘れられていました。

改作を諦め、立ち上りとコケ順を強調するように植え付け
上半分は葉張りで隠しましょうか?。
上の写真で中央部まで葉で隠せば見れなくもない?。
新芽が吹くまでに鉢をさがしておきましょう!。

幸い私達の展示会は 裸樹で飾る時期ではありませんから。

アオツヅラフジ 発芽

先日 長老から頂いたアオツヅラフジが発芽しました。
IMGP4089 (640x427)
小さな芽もあります。
IMGP4085 (640x427)
土の中からも。
IMGP4091 (640x427)
盆栽の手入れの中でも 発根や発芽を見るのが一番です。

ここから少しづつ作って行く楽しみが良いです。

真っ白な画用紙と新品の色鉛筆を手にしたような。

唐楓

葉刈り後新芽が吹いてきました。 

樹高 14cm  鉢  月香  12cm 9cm 高 4cm
IMGP4542 (640x427)
前枝が一本枯れていました。トップジンで保護。

葉刈り前
IMGP2745 (640x427) (2)


春の展示会用に植え替えてあり このまま維持します。

春の展示会は勉強会の延長としていて、公表していません。

しかし、なぜか分かる人には分かるらしいのです。

盆栽展独特のニオイでもして行くのかなぁ?。


[加齢臭じゃのぉ!]  by 盆栽の神様

真柏 再度の針金かけ

去年の10月に入手した挿し木4年生程の4幹真柏です。

入手後即曲げておきましたが 多幹樹の真柏としては使えない曲です。
IMGP3838 (640x427)

ラフィアを巻き直し
IMGP3841 (640x427)

針金をきつく巻き直して植えておきました。(一本の根も切っていません)
IMGP3848 (640x427)
左上にあるブログ村のプロフィール写真のように作るか?。
幹を癒着させる為に 枝をさらに曲げて作るか?。
曲の付き方次第で決める、来春以降のお楽しみです。

ニレケヤキ 

ニレケヤキ取り木跡から発芽して一年。
IMGP4108 (640x427)
つなぎを作る為 まだ数年間は伸ばし放題にします。
樹形はその後の検討次第という事で。

黒松  

入手後2回目の整枝です。
針金が掛けてあったものを全て外し。
IMGP4111 (640x427)

後幹を鉢底から絞り込み、樹高を縮め。
IMGP4112 (640x427)

再度整枝。
IMGP4130 (640x427)
樹全体が鉢上に寝転んだ状態で
盆栽園で素材篭に入っていたものです。
露出した根芸を幹として整枝してはどうかと入手。
IMGP4117 (640x427)
根のアップ。

迷木か駄木か
この樹の将来はどっち?。

[どっちも正解]   by 盆栽の神様

くちなし 害虫被害

「ぎゃぁ~~ぁ」 ボロ雑巾を引き裂くような悲鳴が聞こえます、 
「くちなし夫人」の声です。
「あーた 助けてちょうだい! 私の大嫌いな虫がいるわ!」
「何してらっしゃるの!」
「しっかり管理していただきたいわ!」
キツイお叱りをうけました。
IMGP4547 (640x427)
先日オオスカシバが飛んでいたので注意はしていたのですが。
他のくちなしに付いた卵は処分していたのですが、こちらは気づかずに。

念のために他の樹を点検。
IMGP4563 (640x427)
IMGP4558 (640x427)
今まで見た事が無いような小さな虫を発見。
こちらの樹はまだ間に合ったような。
記念撮影後即処分!!。
早速、殺虫剤を散布しておきましょう。
当分の間 気を抜けません!。

真柏 最小真柏

我家の最小部類の盆栽です。  
樹高 4cm  鉢 陶寿 丸 5cm 高3.7cm  挿し木6~7年
IMGP4104 (640x427)
一丁前にシャリが入れてあります。
このサイズなら仕上がりが早くていいですね。

唐楓 挿し穂の採取

呼び接ぎしたり。
IMGP4950 (640x427)
通し接ぎしたり。
IMGP4953 (640x427)
犠牲枝として伸ばす以外の不要枝を採取し。
IMGP4946 (640x427)
挿し木をしておきました。
IMGP4957 (640x427)

来年以降も通し接ぎ、
根接ぎの必要な樹が数本あり、
今年中に挿し木で準備しておきます。

神様、どれくらい成功するでしょうか?。

[わしゃ知らん。その樹の生命力次第じゃ]

[神のみぞ知るってなとこか]

ですから神様にお聞きしているのですが。

[樹に聞いた方が早い!!]

・・・…  ・・・・・

唐楓 

植え替え。 樹高 11cm  鉢 一弘  10cm 8cm 高 3.7cm
IMGP4938 (640x427)
鉢のアップ。 
IMGP4945 (640x427)

真柏 左一の枝が枯れそう。

樹高 10cm 鉢 泥珠 7.5cm 6cm 高 3cm  挿し木 12~13年程?。
IMGP4138 (640x427)
左一の枝が枯れかかっています。
もう少し太らせた後でジンにするつもりでしたが。

この枝が枯れると葉張りのバランスが崩れます。
IMGP4933 (640x427)
枯れ枝を外し、左側の枝を手繰っておきました。
右枝が伸びるまで少しの間は辛抱です。

唐楓 

先日の「脱いだらダメな唐楓」を植え替えましたが。
鉢 春嘉 9cm 7.5cm 高 3cm
IMGP4483 (640x427)
これで良いと思っていた樹姿に納得できません。
反対側からみても頭部に行く幹のコケ順がない。


IMGP4524 (640x427)
上から見てコケ順のない枝元までたどって切り返し。(右枝2本、左、後ろへ出た1本)
IMGP4528 (640x427)




現在の姿です。
頭部切り返し用の枝をラフィアで保護しつつ針金で少しづつ移動。
IMGP4532 (640x427)
頭部用の枝が思い通りの位置に移動後に
現在の頭部を切ります。(ラフィアでマフラー状に見える位置で)

この樹が「私、脱いでもすごいんです」と言える日はいつ来る?。

黄金真柏

左側に杉葉が出たため 鉢合わせを控えています。
これがなかなか治らない。
真柏唯一の欠点です。  挿し木10年以上
IMGP4575 (640x427)

春風会さん「山野草とミニ盆栽展」へ

展示会寸景。
IMGP5027 (640x427)

IMGP5019 (640x427)

IMGP5024 (640x427)


IMGP4996 (640x427)

IMGP4991 (640x427)

IMGP4999 (640x427)

IMGP5004 (640x427)

IMGP5008 (640x427)

IMGP5015 (640x427)

IMGP5025 (640x427)

IMGP4994 (640x427)
席の写真は春嘉さんがアップされると思うので
展示会寸景の拙い写真です。

展示会最大の楽しみ!。  今日のお土産です。
IMGP5109 (640x427)
IMGP5112 (640x427)
わざわざ残しておいてくれた?、とか。

バラの開花

品種不明のミニバラが咲きました。
IMGP5096 (640x427)

IMGP5076 (640x427)
以前入手したミニバラの枝を挿しておいたものです。
雅や屋久島とは違うようです。

真柏 鉢の準備

「そろそろ飾ってよ!」
水遣りの時に声を掛けてきました。
私のお気に入りの真柏です。
挿し木 15、6年生  樹高 10cm  
IMGP4932 (640x427)


盆栽園で捻転した枝までが幹に癒着した真柏を見ました。
これだ、こんな樹が欲しい これを作りたいと思い
帰宅後、挿し木4~5年生の樹に針金を掛けました。

この樹は寄せ植えのように見えますが一本の樹で
双幹状の幹を手繰り寄せて癒着させたものです。
左上のブログ村イメージ写真はこの樹の弟分です。

そろそろ駄温鉢を卒業させ
この樹に似合う朱泥鉢を探さなければ!!。
さてと 物置にあったかなぁ?。

くちなし

挿し木3年目のくちなし。
使えそうな曲のある苗。
IMGP4653 (640x427)

長く間延びした頭部を切断。(再度挿し木に出来そうな曲)
IMGP4662 (640x427)

一の枝を伏せ 樹芯になる枝へ針金をかけ
これぐらいに植えつけて「超ミニ盆栽」にならないか?。
IMGP4657 (640x427)
去年7月から「超ミニ盆栽鉢同好会」に入れていただきました。

来年以降の「Web展示会」用の樹を作らねば!。

ウロ, ウロ、ウロ、

ミニ盆栽の作り方が分からない!。

小さな樹ほど難しい。

真柏 樹形構想

現姿
古くからありどんな経過で入手したのか不明の樹です。
全ての針金を外し確認。ボンヤリした樹姿で 幹の芸が生かされていないような。
IMGP4611 (640x427)

改作構想案
右に少し倒し植え付けてはどうか?
IMGP4613 (640x427)
樹形構想を確認するため、左右最下枝にだけ針金を掛けました。
樹芯をどの枝で作るか?。今の芯は前に出過ぎている。
IMGP4637 (640x427)
樹芯になりそうな枝を立てこの構想をわすれないよう「記念写真」ハイ カシャーン。
植え替えまでに 樹芯以外の棚だけは割っておきましょう。

くちなし

一昨年、不要枝を挿したものです。(去年 挿し木床からポット鉢に移してありました)
針金を掛け。
IMGP4625 (640x427)

ポット鉢から抜き。
IMGP4632 (640x427)

スリット鉢に植え付け。
IMGP4634 (640x427)

オオスカシバの卵の点検中に 気になった苗木数本を整枝しておきました。
挿し木が容易なクチナシだからこれくらい根があれば大丈夫でしょう。