石灰硫黄合剤消毒 雑木編

やはり一日では無理でした。
今日は雑木の消毒です。
ホームセンターで貰った籠を伏せ 地面の泥がつかないようにして乾燥。
殆んど落葉していて消毒液の乾きが早いようです。
苗木やようやく姿のでた程度の樹をどうしましょう?。
パイプフレームの一列分以上あります。
体力がもちません。
IMGP7022 (640x427)

IMGP7021 (640x427)

IMGP7020 (640x427)

IMGP7019 (640x427)
IMGP7029 (640x427)
IMGP7031 (427x640)

今朝起きたら腰が痛い。
昨日の消毒作業で立ったりしゃがんだり中腰が相当な回数だったせいでしょうね。
十分な休憩を取ったつもりでしたが。

老骨にムチ打ち、もう一仕事。

ヒューッ 女王様とお呼び!パチィーン、ハイヒールをお舐め!ヒューン パチィーン。

「そっちではな~い バカも~ん」

「お前には心配事がないのか?」

「わしゃ帰る、付き合いきれん!」

盆栽の神様ぁ~ 良いお年を~~。


にほんブログ村

懸崖黒松の整枝

盆栽を始めた頃に入手した黒松です。 
IMGP6744 (640x427)

アップで。この辺りが樹の正面?。
IMGP6782 (640x427)


根上がりのアップ。
IMGP6745 (640x427)
入手時はごく普通の立ち上がりでしたが
最初の植え替えで根を丸めて露出させておいたものです。

ようやく幹や根の見所が荒れ始めました。

黒松は個体により差がありますが
木肌が荒れるまでに相当長い年月が必要です。


「何十年も掛けてこの程度か
      お前が作っておっては何時まで経っても良くならんぞ!」
「誰か上手な人に任せてはどうじゃ?」

盆栽の神様の御尤もな御意見ですが
私にとっては思い出深い樹です。
まだまだこの状態が続きそうです。

来年こそこの樹が良くなりますように!!。




にほんブログ村

石灰硫黄合剤による消毒

師走とはいえ、小春日和のようなポカポカの天気。
盆栽人にとって絶好の消毒日和。
私にとって一番嫌いな作業ですが。
IMGP7013 (640x427)
「あたくしも嫌いですわ」
「あーた、何をなさるの、あたくしの美貌が台無しじゃぁございませんこと」
「この臭いも あたくし嫌いでしてよ」
「おやめになって、あれ~~、」
ドボ~ン。
「くちなし夫人」も中央上で静かにお休み中です。

松柏をメインに四分の一程やっつけたところで[疲労が疲れて]しまいました。
消毒液が乾くまで昼食とTeaTimeとブログタイムでちょっと休憩。
「休み過ぎじゃぁ、今日中に終わらんぞ」
IMGP7016 (640x427)

IMGP7011 (640x427)

IMGP7018 (640x427)

IMGP7010 (640x427)
消毒液が鉢に付かないように一工夫。
[鉢と鉢を合わせて鉢合せ~~てか]。
「何をバカな事を言っておる、いつまでも良い天気が続くとは限らんぞ
         早く終わらせろ。わしも忙しい、お前の所へ来るのはもう御免じゃ」

盆栽の神様忙しそうに帰られました。

「この忙しい時期 ノーテンキな事を考えておるのはお前ぐらいのもんじゃ、バカも~~ん」

この一言を残されて。


にほんブログ村

長老の真柏④

預かった4本目の樹。 
IMGP6951 (640x427) 
不要な小枝を切り、枝先を整えました。
頭部の幹を隠す前枝が充実してくれば一応の完成ですね。


今回預かった時の樹姿。
IMGP6722 (640x427)


間延びして芸のない枝を切った跡のジン。
IMGP6727 (640x427)

枝元まで追い込んだ跡のジン。
IMGP6726 (640x427)

立て替えた最下枝のジン。
IMGP6725 (640x427)

4年程前 長老が
「何とかならんかぁ~」と持って来られた真柏です。
3~4年もあれば何とかなると思いますよ。
「じゃぁ 頼むわぁ~」
アイヨッ 任しといて!と
気軽に引き受ました、大好きな真柏ですから。

八方根張り、立ち上がり、水吸いの動き、ジン、シャリと
見所の多い樹ですが、長い間適切な手入れがされていませんでした。

小枝を樹芯として立て替え 25㎝近い樹高を17㎝まで縮小
芸もなく間延びした枝を切り返し 葉張りを追い込むことで
当初の予想通りほぼ間に合いました。

幹の上部にも面白い曲があり

新しくシャリを作り 今ある足元のシャリを広げれば

もう少し時間が掛りますがさらに良くなるのでは。

次回の勉強会で相談してみます。

今年、春と秋に飾る事ができ 長老も喜んでおられます。



にほんブログ村

真柏の整枝

昨日のブログの続きです。
IMGP6963 (640x427)
一生懸命整枝しました、神様に褒めて頂けるかなぁ。 ワクワク ワクワク


「単純な男じゃわい、褒められて伸びるタイプのようじゃなぁ。
               今の言葉でいえば やれば できる こ Y D K か?」

「なんとなく ぼっちゃりした樹形じゃ、
      もう少しすっきりと整枝できんかなぁ~
                   あいつの体型のようではないか!」  ウ ー - ン

「たいして変わってはおらんが まぁこれで良しとしておくか、
    やる気をなくすような事を言ってもいかんし難しいなぁ」  ブツブツ ブツブツ


盆栽の神様何か小声で仰っています。

何も聞こえません。 ドウシタンダロウ?

さては!出来栄えに驚かれ言葉をなくされたとか?。


「ばかも~ん!」



にほんブログ村

長老の真柏 ③

預かった真柏の三本目です。
この樹の整枝は久しぶりです。
IMGP6781 (640x427)
自分の樹以上に気合いを入れて整枝しました。
近いうちに双幹の幹にもシャリを入れたいですね。

最初にこの樹の整枝を頼まれた数年前の会話。
「どっかで見た事があるような樹ですねぇ?」
「お前さんの樹だったぞ、忘れたか?」
「え~っ?!」
暫く見ないうちに見違えてしまいました。

第一段階の姿が出た時点で 即売品として処分したようです。
双幹に曲付けした数本の樹の内の一本でした。
我が家にも似たような樹が残っています。

この樹です。
IMGP6679 (640x427)
「あっちの樹の方がどえりゃぁ~立派だがやぁ~」
「こっちの樹もほかりっぱなしぃにせんとぉ ちいとばかし手入れしたりゃぁ」
(表記がむつかしい、 笑)

優しい響きがします、子供の頃に良く聞いた言葉ですから。

「おみゃ~さんは今だに使っとるがやぁ~、たぁけかぁ~!」

盆栽の神様の名古屋弁です。

通訳
「向こうの樹の方がもの凄く立派ですね!」
「この樹も放置していないで少しばかりは手入れをしてみてはどうですか?」
「あなたは今でも使っているではありませんか、ばかかぁ~!」

この樹も正月前に整枝を済ませましょうか?。
神様の御指摘のように。

「がんばりゃぁよ~」

はぁ~~い。
なんと素直な事、子供の頃に戻ってしまったようです!!。


「ばかもおだてりゃ樹を直す!」

「単純な男は扱いやすいのぉ!」

「わしも正月の準備に忙しい!
     一年中で一番の書き入れ時じゃ
             彼奴にばかりに関わってはおれん!!」





にほんブログ村








長老の真柏 ②

預かった真柏 二本目の植え替え予定図。
IMGP6763 (640x427)



春から掛けてあった針金を押さえ込んだだけでパチリ。 
ボッテリとした印象です。 樹高 12㎝ 
IMGP6663 (640x427)

そのままで左に少し振って
頭のジンが正面に来る ここがこの樹の正面では?。
左右の枝の輪郭も自然に収まっているようです。
右枝の下を揃えれば完璧?です。
IMGP6752 (640x427)

立ち上がりのジン。長老の元で作出。
IMGP6664 (640x427)

改作以前の正面の立ち上がり。
IMGP6665 (640x427)

改作以前の頭部への幹だったジン。
IMGP6667 (640x427)


5年程前に17~18㎝の樹を正面変更と樹高短縮の改作をしました。
改作2年後に長老の棚へ引っ越し(笑)した樹です。
枝先を軽く整枝しこの位置で植え替えます。
IMGP6763 (640x427)
立ち上がりにあった小枝を ジンにした事がこの樹の最大のポイントです。
葉を充実させこのまま小さく持ち込みながら
頭のジンに繋がるシャリを入れ
シャリの傷周りに時代が乗ってくれば良い樹になりそうです。

にほんブログ村

長老の真柏 ①

長老の真柏を4本預かって来ました。
現正面。
IMGP6613 (640x427)
防腐と化粧のため、石灰硫黄合剤でジンとシャリを保護。

少し右上からのカメラアングル。
不要な小枝を切り 最低限の針金を掛け パチリ
IMGP6622 (640x427)
個性的な形の立ち上がりのジンです。 笑)


裏にも良い景色がありそうです。少し左に振った所。
IMGP6611 (640x427)
幹と水吸いの流れは甲乙つけがたく,頭部二ヶ所にジンが表現でき、こちらの方が良さそうです。

もう少し針金を掛け、頭部の棚割と後ろ枝を整枝。
IMGP6721 (640x427)
左枝二本の長さが揃いすぎています。        

どちらの枝を手繰り込みましょうか?。

旧正面?から
IMGP6720 (640x427)
こちらも見られそうです。 ジンも威張っています ドウダ マイッタカ 笑)

楕円鉢に入っていますが、丸鉢に入れてはどうでしょうか?。
飾りに合わせて両面が使えそうです。

正月の勉強会で提案してみます。

長老はどちらを選ばれるでしょうか?。



にほんブログ村

真柏の整枝

4年程前 ジンの横へ糸魚川真柏の小枝を接いで作りました。(ジンは当時は生きた枝だった)
IMGP6595 (640x427)
そろそろ接ぎ木部分にもシャリを入れる時期
どんな風に入れようか思案中です。

「下手の考え休むに似たりじゃ」

盆栽の神様には信頼されていない私です。

ブラシで汚れを落とし、葉に石灰硫黄合剤の原液が付かないようビニール袋で保護。
IMGP6598 (640x427)
立ち上がり付近も。
IMGP6599 (640x427)
「安心してください 無事に塗れましたよ!」
IMGP6602 (640x427)
植え替え前までにこの樹に合う鉢が欲しいですね。

さて今日はクリスマス・イブ、
手入れはこれぐらいで終わらせ、
少し時間は早いですが
シャンパンと丸焼きのローストチキンで一杯やりましょう。

「ちょっと待て、また嘘を言う!、
     発泡酒とか第三のビールとか、
         本当の名前があるであろう 見栄を張りおって
            泡が立つだけが同じではないか、 この バカも~ん!」
「おつまみもせいぜい柿のタネぐらいであろうのぉ」

盆栽の神様 何もかも御見通しのようです。

糖質、プリン体がゼロの発泡酒を飲んでいることを!。

本当は健康のためですよ神様、念のため。

「まだ 見栄を張るかぁ!!」

ヤレヤレ。 


Merry Christmas  




にほんブログ村

くちなし

くちなし(一寸法師)の実が色づいて来ました。
展示会当日は緑色でしたが、この写真を撮りたくて残してあったものです。

樹高 6.5㎝  鉢 春嘉 丸6㎝×2㎝
IMGP6591 (640x427)


我が家のクチナシ一族は実はおろか花も殆んど咲いてくれません。

古参級の「くちなし夫人」の艶やかな花姿も一度は見てみたいものですが!。

「あ~~た」
どきっ!
うわっ!
 
しまったぁ~、

寝た子を起こしてしまったようです!!。

「あ~た なにを勝手な事をおっしゃって!
     あたくし達の都合も考えず
ご自由に剪定、葉刈りをなさったんじゃございませんこと」

「あたくし達に非のあるような仰り方は許せませんわ!」

「名誉棄損ざぁます!」

「訴えましてよ!」

今年のくちなし一族には
剪定と葉刈りを行いませんでした。
花芽も残っているはずです。
この方法で花が咲くのならばですが。

「来年もオオスカシバにはお気を付けあそばせ」

「ごきげんよぅ」

ヤレヤレ おとなしくしく帰られたようです。

ほっ。



にほんブログ村

枯れた真柏

挿し木から25年以上育てた 最古参級の真柏が枯れてしまいました。
IMGP6580 (640x427)
春の植え替え方が悪かったのか?
夏に水切れをさせたのか?
どちらにしても私の管理ミスである事は確かです。

9月初旬 葉に異常を感じ スリット鉢へ根を崩さずに
そっと植え替えましたが回復はしませんでした 残念です!!。
IMGP6660 (640x427)
立ち上がりの曲とジン 右枝下の空間が生きる この辺を樹の正面として作っていました。


「枯れ木を弄ってもショウガナイではないか?」

この樹に負けないような樹を作りたいのです。

「 お前にはもうそれ程多くの時間は残されてはおらんぞ!」

今は新しいやり方で作っているところです。

「この樹はワシの傍に置いておこう、新しい樹を作ってやってくれ」 グスン

盆栽の神様も悲しんで居られます。


お星さまになった真柏とお月さま。
IMGP6658 (640x427)
ポエムやぁ~、メルヘンでっせ、ロマンチックでんなぁ~、白日夢とちゃうかぁ~?。

「ちっとも反省しちょらんではないか、バカも~ん!」

本当に虚しい時は笑って誤魔化すしかないのです、男は!。 (涙)



にほんブログ村

こまゆみの落葉

大した見どころもなく落葉したようです。
IMGP6558 (640x427)
実も毎年数個しか付けない樹です。(今年は二個)
「あまり実が成らない樹だよ」とは聞いていましたが10年近く手入れして納得!。

結構大胆に切り込んだつもりですが
まだ頭の右下と最下枝が重いですね。
IMGP6608 (640x427)
残念ながらこの樹は寒樹でしか見どころのなさそうな性の樹です。

裸樹で見るにはやさしい枝別れが欲しいですが

完成までには まだ相当な時間が掛かりそうです。



「寒樹だけでも見所があれば良いではないか、お前には見所など1箇所もなかろぅ!」

盆栽の神様久しぶりのお出ましですが

相変わらずキツイお言葉です。

たまには、やさしいお言葉が欲しいですね。


にほんブログ村


ミニバラ雅の剪定

チョッキン チョッキン小気味よい鋏の音。
ほぼミニバラの手入れも終わりかけた時 「あっ 失敗!! 写真を撮り忘れた!」。
急いでカメラを片手に記念写真「ハイ ポーズ」。
IMGP6610 (640x427)
次回の植え替え位置候補です、少し動きがあった方が良いのでは。

IMGP6463 (640x427)
この樹の手入れが半分程済んだ頃に 撮り忘れに気づきました。

IMGP6464 (640x427)
時すでに遅し、丸裸です。 「いやぁ~ん エッチィ~ はずかしいぃ~ぃ!」と言ったとか言わなかったとか?。

水平に出た枝は枝分かれから外すべきですが 来年の発芽状態を確かめてからです。


IMGP6466 (640x427)
下枝に針金をかけ整枝。
ゆる~く抑えてあります。

バラと針金は相性が良くないのでは?、
針金をかけた小枝がよく枯れます。

盆栽としての骨が出来た後は鋏作りで整枝していきます。


「近頃 写真も撮らずに手入れをしておるわい!」

「わしの出番が無くなるではないか!」 

「わし以外のキャラクターもよく出てくるようだし
         あいつとは相性が悪いかも知れんなぁ~?」 ブツブツ ブツブツ  

出たがりの盆栽の神様 少しご不満そうです。



にほんブログ村

ピラカン紅葉?

ピラカンサスが黄葉しています。
IMGP6537 (640x427)

緑の葉も少しは残っているようです。
IMGP6535 (640x427)

冬の葉刈りには少し早いですが(どっち道落ちます)
落ち葉で棚が汚れるのも厭なので全て落としました。
(レレレのおじさんも大喜びです  笑)
IMGP6544 (640x427)
右枝を鉢底から絞り、伏せられる枝は針金をかけましたが、

左枝に立ち上がった枝は太くて移動させられません。

来春吹くであろう新芽の中から 良い位置に吹いた芽を選んでコケ順を作ります。

コケ順のない頭部もネックレスのようなアルミ線から上は不要です。



にほんブログ村

群雀の落葉 2

この樹は掃除する手間も掛けず落葉したようです、
IMGP6554 (640x427)

小さなトゲが痛いので、以前に掛けてあった針金だけをヤットコで挟み移動させ点検。
IMGP6587 (640x427)

右枝の重なりを針金で修正。パチリ ピカツ
IMGP6589 (640x427)
少しは良くなったでしょうか?。

「もう良いではないか、お前の力量ではこれが限度じゃ!」

「あとは、樹が自分の力で自然に良くなるであろう」

「枯らさなければのぅ」

御尤もです、盆栽の神様。


にほんブログ村

群雀の落葉

群雀の落ち葉が鉢の中と棚上を汚しています。
IMGP6546 (640x427)

黄葉した葉を全て落とし幹を二か所絞り込みました。
IMGP6552 (640x427)
樹高 14㎝  鉢  一弘(壱興さんの25年以上前の作)15×10.5×5㎝

裸樹でみると小枝の乱れも目立ちます。
頭部も少し押さえ気味に 丸く整枝し,
老木感を出したいですね。
トゲのある樹なので気乗りはしませんが。



IMGP6571 (640x427)
違う所から幹を絞り直し 小枝を落とさず整枝しました。
樹高は13㎝に縮小出来ましたが、
今度はアタマが重くなりすぎたようです。
少し透かさなくてはいけません。

もう私の手に負えません、美容院へでも持って行きましょうか? (^∇^)ノ。

「ここで諦めてどうする、お前は病院にでも行った方が良いぞ!!」。

アレェ~ 盆栽の神様 私も気づかぬようなお言葉を、

無視しておきましょう。

「コラーッ! フォーローせんかぁ~」

チャン チャン。



にほんブログ村

荒皮イボタ 2

二年前に貰った挿し木荒皮イボタのPart2です。
三本貰ったはずなのに一本が見当たりません。
IMGP6525 (640x427)
入手当日に曲付けしただけでその後の手入れがしてありませんでした。

IMGP6530 (640x427)
ラフィアで保護し現在の流れを強調するにとどめました。
もう少し早ければ自分好みの強い曲が付けられたと思いますが!。

IMGP6532 (640x427)
ここを骨にして 右に流れる枝を強く利かせた樹形で作れそうです。

あった あった 有りました、もう一本です。
IMGP6529 (640x427)

「バカも~ん、この樹は庭のくろがねもちの自然実生苗じゃ、そんな事も忘れたか!」

「たぶん雄木じゃろうのぅ 実は成らんぞ、10年以上前に種をまいた老爺柿も
                        いまだに雌雄が分からぬではないか。」

「無駄な事ばかりしおって!。時間の浪費じゃ!、
   いつまで盆栽と遊んでいられるのか、少しは考えてみてはどうじゃ!!。」

盆栽の神様いつになくお怒りです。

「いかん、血圧が上がってきてしもうたわい、めまいがする。」

神様お送りしましょうか?。

「お前の気持ちはありがたいがのぉ
     一度あっちへ行くと二度とこっちには戻って来れぬが 
                      それでも良いのか?心残りはないか?」

え~ぇ~っ!   ((((;゚Д゚)))))))

いえっ

あのぅ

ソノゥ   。゚(゚´Д`゚)゚。

毎日の水やりがぁ~・ ・肥料~を・ ・消毒もぅ~・ ・それからぁ~ ・ ・

「もう いい!!」

さらに血圧が上がったようで、

盆栽の神様はお一人でお帰りになりました。

おぼつかない足取りで!。



にほんブログ村

梅もどき(雄木)取り木成功

交配用に入手した雄木を バックアップ用に増やしました。
梅もどきの二段取り木と、立ち上り部分に雌木が接いであります。
上部はビニール、中間部は鉢穴用ネットで。 
5/17に取り木をかけたブログ記事の結果報告です。
IMGP6268 (640x427)

親指の上下で二か所とも十分な発根が見られます。
IMGP6274 (640x427)

中間部の植え付け
IMGP6282 (640x427)

上部の植え付け
IMGP6281 (640x427)


雄木の立ち上りに雌木を呼び接いだ下部。
IMGP6285 (640x427)
久しぶりのニューハーフ計画です。

完全に癒着するまで数年間放置する予定。

呼び接ぎ部分より上部の枝を走らせ、
自然な繋ぎを作り 再度取り木で根張りを作ります。
この樹でもう一度遊べますね。

尚 これは10月末の作業でした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

荒皮イボタ

2年前に挿し木活着直後の苗を3本貰いました。
若手会員さん達にあげて欲しい と盆栽園へ持参されたもので、
岡崎「マーシー盆栽園」春風会のベテラン会員さんからです。
会員でも若手でもないと辞退していましたが ぜひにとの言葉で頂いてきました。 
IMGP6519 (640x427)
立ち上がりの数曲は当日に曲付けし
ラフィアで保護した所から上は今年曲げました。


IMGP6523 (640x427)
上から。  来年も多肥 多水で徒長させます。

立ち上がりのアップ。
IMGP6524 (640x427)
これくらいに幹元に近い芽まで切り戻してこの樹の幹とします。
それ以後 枝葉を充実させれば完成ですね。


「おいおい おい簡単に言いおって それまでに何年掛かる?」

「10年か?15年か?、仮に樹姿が出来たとしても
             「荒皮」になるまでに20年か30年か?」

女房の旧姓が荒川でしたからそれ程はかからないかと?

「バカも~ん あらかわの意味が違う!!、」 

「熱が出てきた、救急車を呼んでくれ!」

「ノーテンキなお前と話すと体調を壊す、寿命が縮む!」

ピーポー  ピーポー ピーポー pi-po- pi- po-

サイレンの音がだんだん小さくなって行きます。

神様ぁ~~お大事にぃ~。  



にほんブログ村

楡ケヤキの紅葉

楡ケヤキが紅葉しました。
IMGP6480 (640x427)
間延びした幹?(根)を絞り込んであります。

IMGP6481 (640x427)
落ち葉が棚の上を汚すのが厭なので 葉を全て落とし不要な小枝を整枝しました。

IMGP6514 (640x427)
「楡ケヤキは葉ッパが小さく掃除が楽なのよね~ 
           お~でか~けですかぁ~ レ~レレのレ~」

「でも先に落としてもらったからもっと楽になったのよね~ 
           盆栽のお~てい~れですね~ レ~レレのレ~」

棚を掃除しているレレレのおじさんも大喜びです。


「お前の脳みその中身はどうなっておるんじゃ?」

八丁味噌と白みその・ ・ ・

「またか!それは前にも聞いたことがある!」
「理解できん! 頭痛が痛くなってきた!」
「寝る!!」 

 (-_-)zz

 (-_-)zzzzzzzz


盆栽の神様はぐっすりお休みになられたようです。 
今日は怒られなくてよかったぁ~ ホッ、
ただし呆れられたみたいです!。


にほんブログ村

パラソルの修理

11月11日 未明の強風で吹き飛び パラソルの骨が二か所折れてしまいました。
昼間なら閉じていたのにと庭に出てガックリ。
これに比べる事の出来ない程の被害の出た所もあるようですね。

盆栽の手入れ時 強い日差しや小雨から私を守ってくれた大切なパラソルです。
経年変化で 痛んだ所もあり 捨てる事も考えましたが、
どれほど直せるか挑戦してみる事にしました。
IMGP6474 (640x427)
ホームセンターで材料と道具を購入。
折れた個所を上下左右から木片で挟み込み接着剤で固定。

IMGP6494 (640x427)
無事に修理できたようです。
掛かった時間と経費を差し引いても 直った嬉しさは格別です。


「盆栽達に被害が出なかった事がなによりじゃ、
           鉢が数個ひっくり返っただけじゃったのう」

私には厳しい神様ですが盆栽たちには心強い味方です。

「 ♭(^.^)/~~~♭また来る!」

神様鼻歌まじりでお帰りになりました。




にほんブログ村

葉色の悪い五葉松

五葉松の枝先だけを軽く整枝しました。
半逆光のためか?、葉の色が黄色く写っています。
樹高 11㎝  鉢  渡辺正山 8×6.7×4   壷堂彫
IMGP6458 (640x427)
「 安心してください!大丈夫ですよ」と言いたい処ですが
以前の写真と比べるとやはり葉の色が悪いですね。
15年7月頃の写真
IMGP6187 (640x427)
ここ数年 展示会後に五葉松を枯らしていました。
今年 この樹は使いませんでした、
枯らすのが怖かったからです。


「展示会に合わせ 無理な植え替えや 強い整枝をしたからじゃ!」

「展示の前年に鉢合わせや整枝を済ませておくべきじゃたのぉ!!」

「少しは適期を考えて手入れをせんか!」  プンヾ(`・3・´)ノプン

盆栽の神様に怒られてしまいました。

特別な冬対策が必要のない土地柄ですが、
この樹には冬季保護が必要かも知れません、
無事に 冬を越して欲しいですね、
来年こそ使えるように!。

「過保護はいかんぞ~!」

遠くから神様の念押しの声が聞こえました。






にほんブログ村

黄金真拍のプチ整枝

鉢映りがイマイチだった真拍を整姿してみました。
樹高 8.5㎝   挿し木15年程   鉢  谷 嵐山 7×6×4 
IMGP6449 (800x533)幹を鉢底から絞りこみ 左下枝も下げました。
模様樹として鉢の強さに負けなくなったのでは?。


以前 ブログにアップした樹姿。
IMGP5440 (640x427)
斜幹体の樹姿で鉢とのバランスが取れていないように感じていました、
丸い鉢に植え替えるなら このままの樹姿で良いかも知れませんが。


「う~ん 良くなったではないかのぉ! 他も絞ってみてはどうじゃ!!」

久しぶりに盆栽の神様に褒められました。


「バカも~ん 言外にお前の体型の事を言っておるのじゃ!
        運動不足で なんじゃそのお腹は 少しは恥ずかしいとは思わぬか!!」

ご心配をお掛けしています。

「お前が病気になると 盆栽に悪影響がでる、そっちの方が心配じゃ!!」

・ ・ ・ ・ ・ やっぱり そちらですか 私ではなく。

「あたりまえじゃ、わしは盆栽の神様じゃ。お前の神様ではないわ。」

「これからも しっかり管理してやってくれ (^u^) 」

今日の整姿に大満足でお帰りになりました。

私に大きな宿題を残して!。 フーッ





にほんブログ村

季節はずれ 

連翹の花が咲いています。
IMGP6435 (640x427)

この連翹には小さな花芽も付いています。
IMGP6440 (640x427)
季節はずれに咲いた為、来年春の満開は望めそうにありません。

「季節はずれでも、花が咲くだけ良いではないか!。
     お前の人生では一度も花など咲いたことはないぞ!!」

・ ・ ・ ・ ・ ふーっ。

盆栽の神様に 返す言葉が見当たりません。



にほんブログ村


十月桜の開花

朝から雨、傘を差しながら水やり。
桜の花が咲いています。
IMGP6424 (640x427)
全体図       樹高8cm   鉢 春嘉 丸 7.5cm 3.5cm
IMGP6430 (640x427)

「アングルを変えるだけで別の樹のようじゃのう」

この花の一番良いショットを探すのに苦労しましたから。

「それに引き換え お前には何処から探しても良いショットがないなぁ」

「顔も、頭も、性格も、体型までも」

盆栽の神様の手厳しいお言葉です。

トホホ。



にほんブログ村

やっと姿が出た真柏

「ね~ぇ、あなたの~、好きにして欲しい~ぃ、おねがぁ~ぃ!」と(ウソです)
女性会員さんに頼まれ 我が家に連れて来た 二本の真柏のうちの一本です。
もう一本は表裏変更の改作をし、鉢合わせも済ませて会員さんにお返ししました。
(下記 関連記事 真柏鉢合わせ6/22をご参照ください)
IMGP6412 - コピー (800x533)
全ての枝が杉葉になっており 数年は掛かる覚悟で預かって来ました。
真柏にしては穏やかな幹模様だったので、 幹の中央付近の 内側の芯を電動ドリルで抜き、
ラフィアで保護し現在の姿に強く曲げておきました。
おおよその整枝で姿を整えてあります。
ブログを始める以前の作業で写真はありません。

IMGP6423 (800x533)
下枝の外周部に本葉が吹き始めました、今朝の水遣りで気づきました。

「何でもっと早くに気づかぬ!バカもん」

「昨日、今日の出来事でもあるまいに!!」

盆栽の神様にお小言を頂きました。

IMGP6420 (800x533)
前方へ突き出たこの枝はジンにする予定です。
しかし、今すぐにはジンにしません。
本体の杉葉が回復し、本鉢に入れられるようになる前に抜きます。
数年太らせてから抜くよう枝にシャリが入れてあります、
このシャリも少しづつ削り模様を作ります。
丸幹を即 ジンにするのではなく、ジンにも景色が欲しいのです。

幹のシャリもこの冬に広げる予定です。
やっと「未来予想図」が見えて来ました。
あと数年必要ですね 鉢合わせまでに!。



にほんブログ村