シマツルボ 植え替え

草に合いそうな鉢を棚下から物色。
IMGP2358 (640x427)
根処理が不十分なようです、球根が出てしまいました。

上の株を深めの鉢に変えて
球根に隙間が出来るように間隔を広げ
用土を入れ込み植え替え終了。
IMGP2365 (640x427)
こんな感じで植え替えれば良いか?と納得。

これも深めの鉢に球根の間隔を開け、上から用土を入れ完了。
IMGP2359 (640x427)

鉢から抜く時にバラバラになった球根を
挿し木の要領で穴を開けて押し込む。
IMGP2360 (640x427)

山野草鉢に入れて。
IMGP2361 (640x427)

これも挿し木のように上から。
IMGP2362 (640x427)

最初の鉢のようにほぐしながら用土をすきこむ。
IMGP2363 (640x427)
山野草、草物は枯らすばかりで
植え替えが必要になるまで持ち込んだ事は少ないです。

恐らく5年10年とこのままでは?。

「バカもん、それだけの時間は誰にも保証できん、
           次回の植え替えがあると思うな!」

((´・ω・`;)) エーッ


にほんブログ村

水没 シマツルボ

草物の棚奥に水溜りになった鉢を発見。
IMGP2258 (640x427)
数日前までは芽先だけ見えていましたが成長が早いようです。
入手後、一度も植え替えていません、恐らく5年以上10年未満。

土が乾いたら盆栽の神様に見つからないように植え替えておきます。

「バカも~ん」

(*゚Q゚*)バレタ ミタイ デス


にほんブログ村

ツルウメモドキ 呼び接ぎと取り木&挿し木の準備

去年つる梅もどきの雄木に雌枝を接ぎました。
(成功しています)
IMGP2366 (640x427)


今年の交配用としてはお役御免のようです。
他の雌木はすでに花が終わっています、(この木はまだ咲かない)
IMGP2367 (640x427)


本来は不要の枝ですが
雄木のバックアップ用として
右側2本の枝に取り木を掛けました。
IMGP2369 (640x427)
尚、もう一本は挿し木の準備として2本の針金で縛ってあります。
少し下を取り木したいところですが、ここから下には裏にヤケが入っています。

雄木と言えどもヤケは好みではありません、
立ち上がりを生かす為の呼び接ぎでもあります。


「来年はオスの部分を切り離すんじゃな!!」

「KAB☆ちゃん、オスがメスになる!、ニューハーフじゃな!!」

「オスギがピ☆コになるのじゃな!」

盆栽の神様、半分理解され、半分は誤解されています。(笑)


にほんブログ村

海棠、一才ズミ、姫美好結実そして・・・・・

まとめておいたリンゴ一属が結実しました。

姫リンゴ。
IMGP2267 (640x427)

一才ズミ。
IMGP2266 (640x427)

海棠
IMGP2264 (640x427)

海棠
IMGP2263 (640x427)

一才ズミ。
IMGP2262 (640x427)

そして問題の姫美好。
IMGP2260 (640x427)
冬の石灰硫黄合剤消毒も春先の殺虫剤も散布しましたが
開花中の為、散布を止めていたのでアブラムシが湧いたようです。
早速殺虫剤を散布、油断も隙もありません。

他にも開花中の樹があり、そちらにも注意が必要です。


にほんブログ村

ヤフオク苗だった真柏の整姿

整姿後。
IMGP2254 (640x427)

ヤフオク苗の兄弟樹として投稿後
針金を掛けましたが姿を出す事ができませんでした。
IMGP2249 (640x427)

現在の樹冠部を全てジンにして、後ろ枝を回してきました。
IMGP2251 (640x427)
暫くの間、寂しくなりますが
改作する時には仕方がありません。

幹の途中に役枝がありませんが
真柏はどこからでも引っ張ってくれば良いのです。
これほど自由な樹作りが許された樹種もないのです。
樹形を作るのに苦労した事はありません。




にほんブログ村

石化檜 取り木兄弟

以前に取り木で取った長老の石化檜です。
IMGP2248 (640x427)
展示会当日、「これはどうすりゃ良いんだ」と持ってみえました。
いわば、本家に残った長男です。

取り木成功のお駄賃に頂いた新家へ出た次男です。
IMGP2247 (640x427)
小さな樹です。
あまり手を入れず自然樹形で
持ち込めればと考えていましたが
長老ははっきりした樹形がお好みのようです。
少し針金を掛け(ヘタクソ)幹間を広げておきました。
プレゼントされた樹は当分の間は
このままの姿で持ち込むつもりです。
今後、いろいろ手入れし樹姿は変化していきます。
将来はどんな姿でしょうか?


取り木時の写真。
IMGP5945 (640x427)

後ろにあった一本(長男)
IMGP5947 (640x427)

同じ。(次男)
IMGP5946 (640x427)
これぐらいの枝は挿し木で発根しますが人様の樹です、
安全の為、時間は掛かりましたが取り木にしました。

「なに事も安全が第一じゃ!、
  この樹達も無事に百年育てれば銘木じゃぁ、
                    楽しみじゃのぉ!」

出ました!盆栽の神様のお気に入り、百年が!。

人にとっては余りにも長い時間です、乗り越える事はできません。

「バカもん、伊勢神宮では二百年後のご遷宮に向け
      今年も六百本以上の檜の苗を植えられたそうじゃ
               間伐等でそのうち使えるまで育つのは
                         たったの三十本程じゃ!」

「さすがに天照大神様はスケールが違う、ワシも見習わねば!」

「今度からは二百年に変えてみるか?」

w( ̄o ̄)w
ボンサイノ カミサマ マスマス キビシク ナリソウデス
オテヤワラカニ オネガイシマス



にほんブログ村

岩つる梅もどきの交配

岩ヅルの花が咲いています。
IMGP2221 (640x427)
IMGP2223 (640x427)
ツルウメモドキの雄木で交配できます。
朝の水やり前に雄花とチュッ、チュッと交配させ、
水がかからない場所に避難させます。

去年は樹を休ませる為に自然に任せましたが
結実を確認後外しました。

今年は期待していますがどうなることやら?。

秋の実姿が楽しみです。


にほんブログ村

白丁花の植え替え

立ち上がり左側二本の子幹と 垂れ下がった右幹が不満です。
IMGP2021 (640x427)

切り離して、
IMGP2025 (640x427)

根をほぐし、
IMGP2026 (640x427)

元の鉢へ植え替えました。
IMGP2042 (640x427)

右側にあった子幹の一本。
IMGP2040 (640x427)

右側の垂れ下がった幹。
IMGP2029 (640x427)

植え替え後。
IMGP2034 (640x427)

正面検討。
IMGP2036 (640x427)

反対側。
IMGP2038 (640x427)
手付かずのまま長い間、棚にある樹です。
不要だと思いながらも切り捨てる事ができませんでした。

真柏の針金掛けが大好きな私ですが
針金では作り得ない自然の小さな曲があります。
モノになるかどうかは分かりませんが
切り捨てなくて良かったと思っています。


「お前はモノにはならなんだ!!、偉そうな事を言える立場ではない!」

「百年早いわ、バカもん・ ・ ・ ・ん・ ・百年?」

「すまん、お前はもう欠片も無いかぁ?ワッハツ ハツ ハーーー」

w(゚o゚)wオヨヨ
どうやら盆栽の神様 時間の最低単位は百年のようです。


にほんブログ村

日本盆栽鉢ばなし 英明ハチとクマ柳

クマヤナギの花芽が大きくなって来ました。
IMGP2241 (640x427)
樹形から大きく外れて実が生るために、秋の展示には使いにくい樹です。
長い事我が家の住人ですが、未だに駄鉢住まいです。

この時期の花物として飾る方が良いのではと考えていました。
IMGP2246 (640x427)


ある日のこと、盆栽好きのお爺さんが

「常滑やきもの散歩道」をえっちらこ

おっちらこと歩いておった時じゃったぁ~

大きな煙突のある「登釜広場」の花壇の中に

何かピッカリコ、キラリンコと光るものを見つけたんじゃぁ

不思議に思いながら拾い上げたら

それは英明さんの盆栽ハチじゃったぁ

これ幸いとお爺さんは大喜びで自宅へ持ち帰り

このクマ柳を植え替えてみたそうじゃぁ~

なんと、ピッタリと合うではないかぁ

ハチとクマは昔から天敵で相性が合わず

けんかばかりしておったが

それからは仲良く暮らしたそうじゃぁ~

メデタシ メデタシィ~


後日、警察から電話があったとさ

「花壇のオブジェを知らないか?」

チャン チャン



「バカも~ん、またそういう能天気な事を書きおって、
               お前には心配事が無いのかぁ?」
    
盆栽の神様呆れておられます。

これはフィクションです、念の為(笑) 
英明鉢と熊柳以外は!。


にほんブログ村

展示会で預かった昨日の真柏 整姿

展示会当日 俎上の真柏です。
IMGP2234 (640x427)
二本の枝を曲げ、右枝と樹冠部の前へかぶさる枝にしました。
左に振り、幹を起こした写真です。
この樹形なら時代の乗ったこの鉢もそのまま使えます。

前回の改作方法では時間が掛かりすぎるかも知れません?。
「樹の将来」よりも「持ち主の将来」の方が心配なのです。(笑)

預かった時点の姿。
IMGP2214 (640x427)

検討した姿。
IMGP2220 (640x427)

最終整姿図と植え替え予定位置。
IMGP2239 (640x427)
まだ樹形に検討箇所が残っていますが
最初の改作としては基本の姿が出たのでは?。

樹形を構成する主な小枝は一本も抜きませんでした、
左下枝の縮小と絞り込み、右下枝の棚割りと長さ調整で
樹形を変更でき、さらなる本格的な樹姿を作る事も可能です。

ここから先は持ち主の美的感覚次第です。(笑)
二作もすれば飾れると思います。
昨日の午後、植替え位置の説明や更なる改作案を提示しお返ししました。
ホッ!。

「一本の樹で引っ張るのぉ、とうとうネタが切れたか?、これでワシも楽になる!」

ブログを止めると神様の出番が無くなってしまいますが?。

「それも困るのぉ、布教活動ができなくなる、神族会議を開かねば!」

わけのわからないこのブログを続けましょうか、盆栽の神様の為にも。


にほんブログ村

真柏の整姿 展示会での預かり物 その2

展示会の暇な時間に手入れや改作の話題になった樹です。
IMGP2214 (640x427)

真柏らしいシャリを噛んだ幹があります。
IMGP2216 (640x427)
このままの樹形で芽を摘んでも、この樹の良さは引き出せないのでは?。

どうですか?、それがこの姿です。
IMGP2220 (640x427)
何かしらの改作が必要な樹でしょうね。

・樹冠部が4本の枝で構成され重い
 なお且つ 直線のままなので数本外す。

・樹冠部の枝をジンにし左枝数本で整枝する。

・今のままでもこの樹形はこの鉢には合っていない。

・左最下枝は不要では?。

・糸魚川性を数本接いで衣替え。



 など、など改作案を気楽にしゃべっていました。

「じゃぁ、好きなように頼むわ!」

((((;゚Д゚))))))) エーーーッ

我が家に来た経過です。



「近頃のTV東京の人気番組にならんようにな!」

何ですかそれは?

「YOUばっかりじゃ、わっはっはぁ~」

「言うばっかりにならんようにじゃ」

「昔はうどん屋の釜じゃた!」

盆栽の神様他人事のようです。

さて、どうしましょうか?。


にほんブログ村

真柏の整枝 展示会での預かり物

春の展示会二日目の午後に女性会員が持って来た真柏です。
IMGP2199 (640x427)
以前整枝した真柏ですがボーボーになっていて
当日の整姿は無理、と預かって来ました。

現正面のまま整姿。
IMGP2210 (640x427)
樹に躍動感がありここが正面のようですが
超個性的なジンが幹を隠しながら威張っています。(笑)
正面にするならジンの縮小も必要か?。

しかし以下の検討のようにこのジンを無くすと
他の欠点が目立ってしまい、難しい素材です。


右に振り、後方へ傾けてみました、
IMGP2205 (640x433)
樹姿に安定感が出るようですが幹細が欠点になります。
幹の太さに合わせ、葉張りの大幅な追い込みが最良だと思いますが
そこまでの追い込みは了解が得られないのでは。

もう少し動きを出してジンの流れで幹細を誤魔化すか?。
IMGP2209 (640x427)
どちらにしても、このジンのジン事処遇が次回の課題のようです。

「バカもん、シャレにもなっておらん、最近はキレが悪いぞ!!」

盆栽の神様、私が泌尿器科へ通院している事をご存じのようです。
ご心配をおかけしています。

「そっちの話ではない!バカもん!」

(*´~`*) テヘ 


にほんブログ村

秘密の展示会

16(土)17(日)春の展示会を開催しました。
案内状も配らず近隣の盆友への通知もしません。
(当然ながらこのブログでも)
勉強会の課外授業です、
盆栽は作るだけでは未完成です。
飾りの中でのバランスも重要です。
それを確認する展示なのです。
IMGP2150 (640x427) (2)
知多市梅の館のホールでの展示です。
事務所、休憩室、レストラン、売店への通路を兼ねており、
個室を借り切った展示会と違い
来場者は終日絶えません。
ただし盆栽とは無縁の人ばかりです。

この盆栽展示会に偶然遭遇した人達の
今までに聞いた突っ込みどころ満載の感想です。

「これ本当に根があるの?」
イクラ チイサクテモ ネ ガ ナケレバ ボンサイ トハ イワナイ

「盆栽って小さくなる薬をかけるんだよね!」
ソンナ クスリ ガ アレバ ホシイ 
ハツメイ スレバ ノーベルショー ガ モラエル カモネ

「毎日水やるの?海外旅行には行けないわね」
イクキ モ ナイシ オカネ モ ナイ サイワイ ニモ  トホホ

「家の中で育てるの?」
カンヨウショクブツ ト マチガエテ イマセンカ
ニテハ イマス ガ

「わ~ぁ、かわいぃ~い、これ欲しぃ~い!」
カワイサ デハ アナタニ マケマス
ゴジブンデ オツクリ クダサイ
カワイクテ タマラナク ナリマスヨ アナタノ ヨーニ

盆栽人とは全く違う角度からの感想が聞けます。

秋の展示会と違いベテラン盆栽人の厳しい目(笑)もなく、
楽しく飾れる秘密の展示会なのです。

会員の飾り方についてのレクチャー風景。(順次全員の席について)
IMGP2133 (640x388)

自身の飾りについて。
IMGP2139 (640x415)
30年以上持ち込んだ樹もさりげなく並んでいます。
秋にはこの席飾りを楽しみに来場される多数のベテラン盆栽人も。

展示会風景。
IMGP2065 (640x314)
右より、会長、新人女性会員、みさきさん、当会のOBでもある壱興さん、N師匠、会員。

会長の席にて
IMGP2086 (640x465)
熱心に見られるN師匠。

みさきさんと談笑する会長。
IMGP2076 (640x466)
いつもより鼻の下が伸びているような?。


秘密の展示会のはずがこの方々には毎年バレているのです。

そして今年は名古屋小品盆栽会の方々にもバレていました。

原因不明です。(笑)


展示会のニオイがするらしいのです。

「加齢臭じゃ!」


「バカもん、それは去年も使った、他のギャグを考えろ!」

盆栽の神様お怒りです。

(*’U`*) ドーモ スミマセン オキニイリ ナンデス 。


展示会のお知らせ。

IMGP2144 (426x640)
壱興鉢、みさき鉢、ミニ盆栽など即売品も豊富に揃っていますよ。


にほんブログ村

ヤフオク苗だった真柏の整姿

先日投稿の真柏です。
ぼんやりとした樹形を再検討します。
IMGP1991 (640x427)
立ち上がりに力強さが足りません。

左へ傾けて整姿してはどうか?と。
IMGP1994 (640x427)
立ち上がりに迫力が出るのでは?。

念の為、樹冠部をラフィアで保護し移動。
枝先を整え、混んだ葉を透かし整姿終了。
この位置で植え替えるか?。
IMGP2002 (640x427)

ここにするか?。
IMGP2011 (640x427)
どちらにしても鉢を小さくしなければいけません。
枝葉が充実し針金が外せれば
あと数年で飾れるようになります。

「真柏といえども幹や太枝に掛った針金姿は見苦しいぞ!」
と盆栽の神様も仰ってみえます。

次回の植え替えまでに、この樹に合う鉢を探す楽しみが増えました。



にほんブログ村

黒松 取り木の準備と呼び継ぎ

役枝は十分に揃っているものの、
立ち上がりが欠点だらけの樹を入手しました。
IMGP2047 (640x481)
・直線の立ち上がり
・腰高の幹
・用土の上に露出した不要な根

枝に針金を掛けその他の改善策を施しました。
IMGP2048 (640x458)
・幹中間部に針金を巻き、取り木の準備。
・露出した根に苗を呼び接ぎ。

切った小枝にもしも根があれば
良い盆栽になったかも?とか、
面白い曲がありながらも捨てざるを得ず
残念な思いをした事が多々ありました。
この根にも盆栽としての可能性があるかも知れません。
(取り木成功後の話ですが)

巻いた針金上部の太りを待ち、
来年以降、取り木を掛ける予定です。
用土の下にどんな根が隠れているのかも楽しみです。

欠点に目をつぶりこのまま整姿して
数年追い込めば飾る事も可能ですが
この樹に少し遊ばせて貰う事にしました。

多肥多水で苗の癒着と幹の肥大を待ちます。


「お前の人生は欠点のオンパレードじゃったのぉ」

「改善の余地すら無かった!残念ながら」

盆栽の神様ピンポーンです。(´・_・`) トホホ。


にほんブログ村

挿し木15年程の真柏 整姿

熊本地方では大変大きな被害が出ています。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
まだ余震が続いるようです、ご注意ください。



植え替え後樹勢を落としていた真柏です。
水やり後気になり、掛けてあった針金を調整するうちに
本格的な整姿になってしまい、前の写真がありません。
IMGP1980 (640x419)
樹高 10㎝  鉢 春嘉 9.5×7.8×3.5㎝

前日のような小さい苗の頃から
強い曲を付け続けて育てた樹です。
一本の幹とは思えない程の芸が出ました。

私のお気に入りの一本です。


今ある苗達も出来ればこれ位までは育てたいものです、

神のみぞ知る事ではありますが。

「・ ・ ・ ・ ・ ・」

盆栽の神様は無言のままです、  フウー ムリカナァー?。

「枯らすな!」!

(*^_^*) ハイ。


にほんブログ村

真柏 初めての整枝

挿し木床の隅に二本の苗を発見。
IMGP2014 (640x427)

早速針金掛けを。
IMGP2020 (640x427)
すでに一丁前の姿?。

曲げるには小さすぎるか?十字架のような枝。
IMGP2013 (640x427)

同じ位置から三本の枝は不要です
使う予定の枝に二本の針金を掛けて。
IMGP2017 (640x427)
根を切らずそのまま駄温鉢へ。

針金傷を付けないように管理し
秋までには外します。

真柏と言えども針金傷は不要、
規則的な螺旋状の傷は不自然です。


この苗達をゴミと見るか?お宝の原石と見るか?。

勿論、原石です。

お宝まで10年近い時間が掛る事が「玉にキズ」ですが!。


にほんブログ村

真柏 整姿

枝先が乱れています。
整姿前。
IMGP1984 (640x420)

小枝の先だけ針金を掛け整姿しました。
IMGP1990 (640x427)
挿し木から作って来た真柏です。
シャリを広げ、上部に覗く丸幹にも入れなければいけませんね、
このままでは厳しさに欠けるようです。


にほんブログ村

赤松 八ヶ岳山麓三兄弟

長男の結納帰りのホテル駐車場横に生えていました。
13年程前の事です。


三本残った内の一番大きな樹です。
IMGP1565 (640x427)

立ち上がり右に根があり、外すか、根張りと見せるか迷っています。
IMGP1566 (640x427)

一番小さく個性的な曲がついています。
IMGP1567 (640x427)
ろうそく芽も順調に伸びています、
枝が太ってもいけません、そろそろ折るか?。

我家の大切な記念樹です。
まだ飾れる段階の樹ではありませんが
大事に育てて行きたいですね。

訂正します、息子の嫁によると15年になるそうです。2016/4/18


にほんブログ村

まゆみ 改作

挿し木から作って来たまゆみです。
今年は花芽を持たなかったので改作をする事に。
IMGP9485 (416x640)

徒長枝を切ったものの、正面の傷と直線部分とコケ順が不満。
IMGP9497 - コピー (479x640)
「切るなよ!切るなよ!絶対に切るなよ!」

先端を落とすも、中間部の傷が不満。(後姿)
IMGP1826 (640x427)
「もう、これ以上切るなよ!」

ここに樹の正面がありそう、しかし前に来る枝が邪魔をしている。
IMGP1827 (640x427)
「本当にもう切るなよ!」


チョッキン。
IMGP1828 (640x427)
「聞いてないよぉ~」


植え付け角度の検討。
IMGP1829 (640x427)
「ヤ~!」


再度、スリット鉢へ。 「どうぞ どうぞ」
IMGP1833 (640x427)
「訴えてやる!」  角度が違うよ~!、意味ないじゃ~ん!。

「すみません、取り乱しました」

「クルリンパ」

ダチョウ倶楽部ギャグ編でした チャン チャン!!。


にほんブログ村

梅もどき 頭部絞り込み経過報告

無事に発芽したようです。
IMGP1965 (640x427)

頭部のアップで。
IMGP1964 (640x427)
全ての枝に発芽しています。

改作以前の姿。
IMGP7560 (640x427)
樹芯が棒立ちでコケ順もありません。このまま一気に曲げると折れます。

ラフィアで保護し絞り込む前の姿。1/19投稿時の写真
IMGP7567 (640x427)
一気に絞らず、休み休み少しづつ絞って来ました。

現姿。
IMGP1966 (640x427)
頭部を切り飛ばす事なく無事に移動出来たようです。
まだ小枝の微調整は必要ですが!。
針金は暫くこのままです。

今度は秋の実姿が報告出来ると良いですね。


にほんブログ村

根伏せ 発芽

植え替え時の不要な根を伏せてありました。
IMGP1570 (640x427)
IMGP1571 (640x427)
面白い曲のある根から4~5本発芽しています。
鉢上げが楽しみです。


「樹はなんじゃ?。」

えっ。

「だから何の樹の根を伏せたんじゃと聞いて居る!」

さぁ~て?。

「バカもん、名札ぐらい書いておけ!!」

「伏せた事は見れば分かるが、お前の記憶力では3日が限度じゃ
          昨日の夕食も何を食べたか覚えておらんのではないのか?」

「そのうちに食べた事さえ忘れる! かわいそうにのぉ、」

「酒を少し控えろ!アル中ハイマーが進行しておるのではないのか?」

盆栽の神様ご自分の事を棚に上げておられるようです。

「バカも~ん、これはお神酒じゃ」

((((;゚Д゚)))))))  ェェ--- オナジ ハズ デハ ? 。


PS  
サンザシでした、そしてサンザンでした。


にほんブログ村


実生金豆3年生の整枝 B

昨日投稿の写真。
今回は右側5本の苗で作ります。
IMGP0611 (640x457)

同じような曲が重なるように2本を寄せて。
IMGP0614 (640x427)

同じく3本目を。
IMGP0615 (640x427)

同4本目を。
IMGP0616 (640x427)

最後の5本目を寄せ、
IMGP0617 (640x427)

ラフィアでキツク絞り込みます。
IMGP0622 (640x427)

植え付けて終了。
IMGP0624 (640x427) (640x427)
一本幹では作り得ない幹の景色を期待して。

「吉と出るか凶と出るか?」

金豆を弄るにはまだ少し早かったか?。

と後悔!。


「お前は後悔ばかりの人生じゃったのぉ
        よく考えてから行動せんからじゃ
      今更なんともならんがのぉ かわいそうに!」

。゚(゚´Д`゚)゚。 ボンサイノ カミサマニ カエス コトバガ アリマセン。



にほんブログ村

実生金豆3年生の整枝 A

実生3年生の金豆です。
鉢上げ後強い曲が付けてありますが
金豆は太り難い樹です、
このままでは時間が掛かり過ぎます。

IMGP0358 (640x427)
IMGP0359 (640x427)
IMGP0360 (640x427)
IMGP0361 (640x427)
IMGP0362 (640x427)
IMGP0363 (640x427)

全ての苗を鉢から抜き、パチリ。
IMGP0611 (640x457)

左端の苗のスキマが無くなるようにラフィアで絞り込み、
IMGP0620 (640x427)

植え付け完了。
IMGP0623 (640x427)

幹を太らせ癒着を待ちます、
数年後には景色のある幹になるのでは?。



にほんブログ村

真柏ヤフオク兄弟 

10年程前にヤフオクで挿し木苗を落札しました。
育苗ポットに挿し木され10本程ズラリと並んで入っていました。
IMGP0338 (640x427)


IMGP0347 (640x427)


IMGP0350 (640x427)

挿し木後3年程経った苗で、
立ち上がりに大きな曲を付ける事が出来ず、
同じような曲付けになってしまった三兄弟です。

他にも兄弟樹があるはずですが、
他の曲が付けられていて
判別不明です。

とここまで書いて棚の上を再点検してみると、
似た立ち上がりと中間部が同じような曲と
一の枝が同じように出た樹を発見。
IMGP0351 (640x427)

IMGP0354 (640x427)
肥培を掛けていないので
同じような太さのままの樹達です。


こうして見ると曲付けのクセは治らないようです。

「お前の人格も治らないようじゃのぉ、残念ながら!」

盆栽の神様お見通しです、 (´;ω;`) フゥ~。


にほんブログ村

石化檜  樹姿再検討

先日の石化檜です。
IMGP0595 (640x427)
親幹右下枝を縮小し、重ならないように子幹を寄せ
樹芯からの二等辺三角形に収まるように整枝しました。
尚、長すぎる子幹の後ろ枝も外しジンにしました。

以前投稿時の写真
IMGP9976 (640x427)
幹の間が開き過ぎています。


「うん、これでいい、良くやった、文人木じゃ、軽やかに作らねばならぬ、
       お前のようにむさ苦しくしてはいかん、良いな!」

またまた褒められたのか貶されたのかヤレヤレ。

神様無言です。

「ホメル トコロ ナド ナイ ト イツモ イッテ オルデハ ナイカ 
                     バカモン ワシモ ツカレタ」

盆栽の神様今日はいつもの元気がありません。


にほんブログ村

山採り杜松 軽い整枝

女性会員が30年以上前に山採りしたものです。(もちろん自分の山から)
整枝前。
IMGP9921 (640x427)


不要な枝を軽く整枝し、
太らせたい枝は針金をかけ,
伏せながら伸ばしています。
IMGP9925 (498x640)
自然体で持ち込まれていたようで
小枝の枝別れも矯正された形跡がありません
頭部に一本不自然な枝がありますが、
このまま残す事にしました。

右の最下枝を充実させる事が差し当たりの課題です。
この雰囲気を壊さないように持ち込まなければと。


にほんブログ村

天皇梅

一昨年挿し、去年独立させた天皇梅です。
IMGP0606 (640x427)

ラフィアで保護し立ち上がりに付けた大きな曲は土の中に隠れています。
IMGP0607 (640x427)

IMGP0009 (640x427)

土の中の曲の針金は幹に沿わせてあるだけです。
ラフィアの腐りと供に幹から外れます。
食い込みの心配も外す必要もありません。
上部の針金の食い込みには注意が必要ですが。
IMGP0605 (640x427)

IMGP0009 - コピー (640x427)
親木は枯れてしまいました、種の保存の大切さを実感した樹です 。 (#^.^#)

「バカもん、あれほど枯らすなと口酸っぱく言っておるのに
       懲りん男じゃのぉ、何が種の保存じゃぁ! もっと記憶力を保存しろ!」

「無理かも知れんのぉ、お前には!」


。゚(゚´Д`゚)゚。   トホホ。


にほんブログ村

実生20年以上の紫式部

ある盆栽展示会でのお土産です。
手持ちの鉢で早速植え替え。
IMGP9536 (354x640)
会計前の即売品を手に、近くの会話の輪の中へ
「その樹は私が20年以上前に、実生から作って来た樹だ」と
思いがけない話になりました。
この盆栽会の前会長さんです。

苗木のような即売品が並ぶ中に、
この樹と「鉢古い岩つる」が目に留まりました。
やはりこの方の即売品だそうです。
長く作って来たが実生りが思うようにならず
やむなく即売に出されたとの事。

幹肌の古色は申し分ありません。
小さな曲も適所に入っています。
太さだけを見れば
とてもそれ程長い時間を
鉢の中で過ごした樹には見えません。

尚、もう一本の古い小さな「岩つる」は我が会の会長のお土産になりました。(残念!、 笑)


ここを正面に作ればイヤミな中間部の直線が消えます。
枝の配置に再考の余地がありますが。
IMGP9588 (640x427)

「ミーの名前を無断で使わないで欲しいザンス、シェー」 イヤミ



にほんブログ村

杉葉真柏 樹形構想

預かっている杉葉だらけの真柏です。
IMGP0011 (640x427)
短調な幹上部にシャリを入れてはどうか?とチョークでチェック。

アップで。
IMGP0012 (640x427)
裏で繋がっているかのように彫ります。

調子に乗って根にもシャリを。
IMGP0014 (640x427)
ここまでエスカレートして良いのかどうか?考慮中。


「バカもん、健康の為に歩け!、エスカレーターなんぞに乗るな!」

神様何かお間違えでは?

「わしゃ、文明の利器の事はよう分からん! |д゚)チラッ 

スルーした方が良かったか?盆栽の神様ばつが悪そうです。


PS。  シャリや太枝の荒掛け中に駄温鉢からスッポリ抜けてしまいました。
IMGP0337 (640x427)
棚下にあった中国製高級駄鉢にそのまま入れて試写、パチリ。
サイズはピッタシ合うようです。
杉葉解消まで「集中治療専用日本製高級駄温鉢」にお帰りいただきました。チャンチャン。



にほんブログ村

開花間近の熊柳

知らぬ間に花芽が大きくなっていました。
IMGP2059 (640x427)
幹の後ろに大きなヤケがあります。
長い事我が家にいますが未だに駄鉢の住人です。

実が生ったとしても輪郭からは大きくはみ出てしまいます。
この時期の花物と考え来年の春には使えるように
化粧鉢に植え替えておきましょう?。


にほんブログ村

石化檜 正面検討と植え替え

現在の植え付け角度。
やや吹き流し風に植え付けています。
IMGP9958 (640x427)

幹を立てて植え直してはどうか?と。
IMGP9963 (640x427)


ここを正面にすると、
IMGP9936 (640x427)
鉢の正面とずれてしまいます。

植え替え後。
IMGP9969 (640x427)
双幹本来の姿が出たのでは。


にほんブログ村