長寿梅 葉刈り その2

引き続き、長寿梅の葉刈りです。
手入れ前。
IMGP3315 (640x427)

少し前、棚から転げ落ちヒビが入ってしまいました。
IMGP3316 (640x427)
初代祥石の少し前の鉢です。
割れてしまってもいけません、金繕いで直しましょうか?。

盛り上がってしまったコケも全て外しました、何とも不格好な!。
IMGP3317 (640x427)
前のようにコケで隠さなければ。

ミニサイズです。
IMGP3318 (640x427)

葉刈り後。
IMGP3319 (640x427)
まだまだ化粧鉢には入れて貰えそうもありません。


にほんブログ村

クチナシ用BBQ網ケージの追加

全自動葉刈請負飛翔体の来襲に備え、ケージを増やし二階建てとしました。
IMGP3299 (640x427)
BBQ網を継ぎ足せば自由なサイズで作れそうです。
今年はこれで良しとし、次回からは新しい構想で作り直そう!。

o(^▽^)o そぉだぁ!、三枚並べて上に棚を乗せれば盆栽置き場が増やせるぞ!シメシメ!。


「バカな考え休むに似たりじゃ、懲りんようじゃなぁ」

盆栽の神様に賛成して頂けませんでした。

(´・_・`) フゥ~


にほんブログ村

オオスカシバ対策 ケージの改作

思い立ったが吉日と早速改作。
100円ショップのBBQ網を3列並べ、下段はクチナシ用に。
天部は落下防止の為に網目の3段下に固定し,ミニ専用置き場に。
中央の網はヒンジ部分のみ結束バンドで固定し、
クチナシの手入れ時の出し入れ口としました。
IMGP3340 (640x427)
上段には鉢底の保護も兼ねて
園芸店で「自由にお持ち帰り下さい」と
表示された籠底を切り取り乗せました。
棚板を乗せるのと違い太陽光も通り、
かつ夏場には鉢と併せ遮光も兼ねるのでは?。

軽いミニ真柏鉢を20鉢程置いてみました。
IMGP3344 (640x427)
中央の取り出し口付近は手入れ時に
盆栽を移動させなければいけませんが
この時だけは不便です。
33㎝×100㎝程の広さが確保でき、他の棚に余裕が出ました。
但し、鉢の乗せ過ぎには注意が必要です、
下の鉢への採光が妨げられてしまいます。
IMGP3351 (640x427)
この時期、クチナシへの採光を優先し鉢数を減らしました。


去年もキッチンパラソルで保護した事により、
全自動葉刈請負飛翔体の来襲を防ぐ事が出来、
今年は数本のクチナシに花芽が見られます。
我家では珍しい事です。


「良くやった、褒めてやろう、大した金額も掛けずにコスパが最高じゃ!」

あれっ、盆栽の神様がお褒めになるとは珍しい!。

「バカもん、お前の守護神の貧乏神じゃ、
         籠底のリユースが最高のアイデアではないか!」

「お前の貧乏生活もすっかり身に付いたようじゃなぁ、ワシも嬉しい!」

(´・_・`) トホホ ワタシハ カナシイ ドウカ シュゴシン ダケハ ゴカンベンヲ!



にほんブログ村

欅 葉刈り

我が家には珍しい樹形のケヤキです。
IMGP3386 (640x427)

葉刈り後。
ここがこの樹の正面では?。
IMGP3388 (640x427)
真柏の対局にある樹形です、
そして私の守備範囲ではありません。
入手時期、経過は歴史の闇の中に隠れ全く不明です。
スリット鉢に入っている所を見ると私が植え替えたに違いありませんが!。

「何が歴史の闇の中じゃ、片腹痛いわ、お前のボケ症状が進行しただけじゃ!」

「そのうちに本能だけで体が動くようになるぞ!、
          水やりだけは忘れんようにのぉ、頼んだぞ!」

盆栽の神様、私より盆栽が気掛かりのようです。

「当たり前のことを言うな、バカもん!」

(;д;) ヤッパリ フゥー ヤレヤレ


にほんブログ村

杜松 植え替え

先日手入れした杜松を植え替えました。
IMGP3353 (640x427)

検討位置とは少しずれたようですが、まぁ良いっかぁ。
IMGP2987 (640x427)

「バカもん、ワシの留守中に何か仕出かしたようじゃなぁ?」

「自分の計画も実行出来ぬとは、相変わらずじゃ! まぁ良いっかぁ、」

「イカン イカン!アイツに毒されて来ている自分が怖い!」

盆栽の神様急いでお帰りです、何かあったんだろうか?。



にほんブログ村

岡崎春風会「ミニ盆栽と山野草展」点描

今日は朝から曇天、
盆栽人にとって絶好の外出日和。


棚の水やりを済ませ、一張羅のジーンズ上下で

いそいそと老骨にムチ打ち、片道一時間少々のドライブ。
    
「ちょっと待て、その先は言うな!
      女王様ハイヒールを出す気であろうが!
          お前の知り合いと言うだけで肩身が狭い
              居心地が良いと喜んでいるのは貧乏神だけじゃ!」       

盆栽の神様私の考えている事を良くご存じです。

(´・_・`) トホホ ダイスキナ フレーズナノニ ザンネン

短冊「春嘉」画
IMGP3455 (418x640)

IMGP3451 (640x427)

IMGP3454 (640x427)

IMGP3442 (640x427)

IMGP3439 (404x640)
UPで「小次郎」画(自作)
IMGP3423 (419x640)

IMGP3434 (640x427)

IMGP3431 (640x427)

IMGP3445 (640x427)

IMGP3428 (640x427)

IMGP3404 (640x427)

IMGP3406 (640x427)

IMGP3403 (640x427)

IMGP3399 (640x427)

IMGP3395 (640x427)

IMGP3394 (640x427)

IMGP3398 (640x427)

IMGP3397 (640x427)

自作手毬
IMGP3425 (640x427)

IMGP3419 (640x427)

IMGP3418 (640x427)

IMGP3413 (640x427)

IMGP3411 - コピー (640x427)

IMGP3447 (640x427)

IMGP3420 - コピー (640x427)

IMGP3456 (640x427)

IMGP3391 (640x427)



にほんブログ村

唐楓 取り木

通し接ぎがしてあった唐楓。
取り木後捨てられる運命の立ち上がりの救済処置です。
IMGP3358 (640x427)

犠牲枝も順調に伸び、ドリルの穴も塞がったようです。
IMGP3360 (640x427)
立ち上がりの腰高と短調さを解消すべく、取り木用の針金が巻いてあります。


当初は来年取り木を掛ける予定でしたが
キズ口のカットパスタを外し点検、
これなら大丈夫!と予定変更です。

片根になった時の根接ぎ用挿し木苗も順調に伸びています。
IMGP3362 (640x427)

取り木かけ終了。
IMGP3364 (640x427)

UPで。
IMGP3363 (640x427)
失敗するとは考えられませんが、
片根の可能性は大です。
期間中は十分な鉢回しが必要です。


PS
この樹のヌード写真(笑)は下記関連記事(2/11)付け
唐楓 樹形構想にあります。


にほんブログ村

春風会展示会のお土産 真柏3本の未来予想図

棚に本体下部に呼び継ぎをした真柏があり
シャリを噛んだ上部を根接ぎ取りしたいと考えていました。

即売品にこの構想に最適な真柏苗があり連れて来ました。
必要なのは二本ですが予備として三本を。

樹高短縮すると上部のシャリを噛んだ幹が不要になります。
ジンにする事も出来ますが根接ぎ取り木し一本立ちさせる事に。

根接ぎ取り木用の苗、針金を外した状態。
IMGP3467 (640x427)
必要なのは根だけです。

活着後は不要になる幹に針金を掛け、将来の取り木に備えます。
IMGP3469 (640x427)
小指付近を本体へ呼び接ぎ、活着を確認後に親指付近で取り木。

この樹にも曲を付けて、
IMGP3481 (640x427)
同じく針金最下部付近で取り木を掛けます。

すでに呼び継ぎが掛けてある本体下部。
IMGP3480 - コピー (640x427)
この位置とサイズで作る予定。
小枝の接ぎ木と違い数年短縮でき
活着すれば即整枝が可能。

このシャリを噛んだ幹の左右に
根接ぎ取り木を掛け一本作る構想です
IMGP3474 (640x427)

上部小枝の状態を上から見る。
IMGP3476 (640x427)
全ての枝が間延びしており、使える枝は一本もありません。
適期に数本の接ぎ木が必要な状態です。

三本の呼び継ぎを掛けた姿。
IMGP3482 (640x427)
左側二個が今回の根接ぎ取り木用ポット、
右側が以前の樹高短縮用呼び継ぎポット。

捨てるには勿体無い接ぎ木苗に
時間を無為に過ごさせてもいけません。
この期間を利用し曲付けと太りを得る事にします。

「人生の大半を無為に過ごした人間の言葉とはとても思えんのぉ
  何か悪い物でも食ったか? 熱でもあるのではないのか? 救急車でも呼んでやろうか?」

盆栽の神様の信頼はまだまだ得られそうにありません。 (;´д`)トホホ


お土産三本目の真柏です。
針金を掛け直し、植え替えました。
IMGP3488 (640x427)
立ち上がり付近に太い(この樹にしては)小枝があり
強い曲を付ければ良い個性になるかと(将来はジン?)
独立した樹を作る事に、少し経ったら更に絞り込みます。



にほんブログ村

杉葉の出ない真柏 取り木の樹形構想

杉葉の出ない真柏の現姿です。
IMGP3380 (640x427)

枝葉は全て上のジンから出た枝を本体に呼び接いだものです
IMGP3382 (640x427)
下のジンからの取り木が今回の主題です。

取り木成功後手つかずの状態でした。
IMGP3371 (640x427)

右側の枝にも数本の根が出ています。
IMGP3375 (640x427)
上根を数本外すと思いも寄らない立ち上がりが出て来ました。
この位置で新しい樹形を作る事にします。

取り木時のヘソを切り、水ゴケを外し、
IMGP3377 (640x427)

根を整理し、
IMGP3378 (640x427)

植え替えておきました。
IMGP3379 (640x427)

樹形検討位置。
IMGP3375 (640x427) (640x427)
この樹の見せ所の立ち上がりを生かす樹形とは?。

改作までの数年間に行う作業。
・左側から一本主幹を決め太らせる
・右枝をジンにする為、予めシャリを入れ景色を作っておく
 (丸幹を即ジンにしたのでは風情が出ない)
・左側の主幹候補以外の枝をオーバー気味に曲げておく
 (直線のジンでは景色が出ず、無い方が良い)
・不要になると思われる犠牲枝にも曲を付けておく

「ドサクサに紛れて最後の犠牲枝の曲とはなんじゃ? 
           まだ挿す気か?それとも取り木を掛けるか?」

ピンポ~ン 大正解です。

流石は盆栽の神様。

「バカもん お前の考える事ぐらいは高が知れておる」

(´・_・`) トホホ オミトオシデス


にほんブログ村

枝が枯れた真柏

中央の懐枝が枯れてしまいジンにしました。
IMGP3491 (640x427)

UPで。
IMGP3490 (640x427)
景色と言えば景色ですが、骨が見え過ぎるようです。
少し整枝が必要では?。

IMGP3502 (640x427)
盛り上がってしまった足元のコケを掃除しスッキリさせました。

枝先を被せてみましたが、これ以上は無理です。
数年間駄温鉢で樹勢を付け枝の充実を待って
元細解消の正面変更と樹形の再検討が必要のようです。

「やっとここまで来たが、少し後戻りしなければならんようじゃのぉ」

「♪盆栽は歩いてこない♪一日一歩 三日で三歩 三歩進んで二歩さがる
               盆栽はワンツウパンチ♪・・♪・・♪・・」

盆栽の神様 他人事だと思ってスキップも軽やかに帰って行かれました。

(・Д・)ノ  トホホ


にほんブログ村

チリメンカズラの植え替え

春の展示会で入手後軽く整姿してあったチリメンカズラを植え替えました。 
鉢 豊千 
IMGP3489 (640x427)

入手時の姿。
鉢 美芸
IMGP2850 (640x427)

爽やかな春風の中の樹をイメージした、カジュアルでスリムでアバンギャルドな鉢から、
秋にマッチさせるべくシックでレトロでトラッドでコンサバな鉢に植え替えてみました。

「バカも~ん、訳の分からぬ伴天連のような言葉を並べおって
   棚下に転がっておった、大きさの合う鉢に植え替えただけではないのか!
          さっぱり意味不明じゃ、 お前自身意味が分かっておらんだろうに!」

(#^.^#) テヘッ バレタカ

「紺鯖が発見されたのならおさかなくんに早く知らせてやらねば!ソワソワ イソイソ ワクワク」

盆栽の神様 そこはスルーを! トホホ。


にほんブログ村

黒松 芽接ぎ

改作の為に通し接ぎした黒松です。
ここより上の本体は切り捨てます。
IMGP3365 (640x427)

接いだ頂部の芽を切り、
IMGP3368 (640x427)
チャック付きポリ袋の端を切り、差し込み、

通し接ぎの入り口側に接ぎました。
IMGP3370 (640x427)
根を外した時にこの芽に養分は本体から補給されるでしょうか?。
それよりこの時期のこの作業が適切だったかどうか?。

「イルカの♪なごり雪♪のようじゃなぁ~ 季節はずれじゃ!ワッハッハー」

(;´д`)  ヤッパリ トホホ

そもそもこんな接ぎ方が成功するかどうかも不明です。

この芽が活着する可能性は低いですが駄目元のつもりです。

来年の適期には葉性を揃える為に、
左最下枝用に接いだ枝にも
この性を接がなければなりません。

接ぎ口を上から。(作業日6/2)
IMGP3511 (640x427)
なんともはや、手の掛かる改作です。
それが楽しくもありますが!。  



にほんブログ村

杜松 整枝

新芽が伸びて来ました。
IMGP3383 (640x427)

切り込み後。
IMGP3385 (640x427)
挿し木から長い間作っていますが
この樹に関してはちっとも良くなったとの実感がありません。
IMGP3513 (640x427)
針金を掛け、少し右側から、ここが正面か?。
茶の木畑に入ってしまったのか?。


にほんブログ村

再生中の真柏 樹形構想

盆栽を始めて間もない頃に入手した真柏。
即、天場に飾った樹でしたが、
その後無謀にもシャリを広げ過ぎ、
ミズミチを切ってしまい主要な枝が枯れてしまいました。
IMGP3495 (640x427)
僅かに残った小枝を幹に沿わせ作ってみました。

時間短縮として去年、後枝と右枝用に呼び接いだ挿し木苗です。
IMGP3496 (640x427)
最初の写真を見ると葉色が少し違うようです。
葉性が違うのか?早く太らせる為の肥料のせいなのか?。
呼び接ぎの根を外し本体と同化後に確認が必要です。

葉性が違う場合は本体の枝は全てジンにするつもりです。
動かせなくなった枝であれこれと悩むより
若い枝なら自由に動かせます。
黒松と違い肌を重視しない真柏はジンで表現した方が良いのです!。

2015-5-10呼び接ぎ投稿時の写真。
IMGP3143 (640x427)
初心者の頃は当然技術も伴わず、
完成された樹の適期の手入れすら上手くいきません。
ましてや、改作などは。
長い間手つかずで放置していました。
若い頃の失敗を反省する、記念樹です。


にほんブログ村

結実したか?梅もどき

一月中旬より樹冠部を曲付けして来た梅もどきです。
IMGP3515 (640x427)
休み休み絞り込んだ頭部も希望の位置に移動出来ました。

UPで。 ラフィアで保護し、移動した枝。
IMGP3517 (640x427)
何やら花の跡が膨らんで来たような。

IMGP3518 (640x427)
IMGP3520 (640x427)
さらにUPで。
IMGP3522 (640x427)

作業前の写真。
IMGP7560 (640x427)
針金掛け後。
IMGP7567 (640x427)
ほんの少し動いています。
ここから今日の写真まで半年、あっと言う間でした。
新樹芯に出来そうな小枝も見られます、
切り返してコケ順と流れを作らなければいけません。


にほんブログ村

白長寿梅挿し木

白長寿梅の新芽が伸びて来ました。
挿し木の最適期です。
IMGP3537 (640x427)
不要枝を選定し
IMGP3538 (640x427)
樹形の維持。

持ち崩した樹からも
IMGP3543 (640x427)
挿し木用小枝を4本ゲット。
IMGP3545 (640x427)
不要なプリンのカップで水上げ後、駄温鉢に挿しておきました。
IMGP3546 (640x427)

「不要枝といい、不要カップといい不要な物が大好きなようじゃなぁ!」

「そのうちに、お前が不要だと言われんように注意しろよ!」

そろそろ言われ始めています。 

「やっぱりのぉ、ワシもそう思い始めてきた頃じゃ!」

(;´д`) トホホ

去年の挿し木苗。
IMGP3549 (640x427)

「ばかも~ん、苗が増えただけで元の樹がちっとも良くなっておらんではないか!」

盆栽の神様 ごもっともです。

(´・_・`)  ザンネンナガラ



にほんブログ村

長老の真柏 再整枝 その1

秋の展示会で飾れるように整姿して欲しいと
長老が4本の真柏を持ってこられました。

簡単そうな樹から整枝することに。(笑)

整姿後、植え替え位置。
IMGP3574 (640x427)
秋まで待てば枝葉も馴染んで
細かな調整をすれば飾れるのでは。


現正面、針金を全て外し確認 ハイ・ポーズ。
IMGP3552 (640x427)

左側。
IMGP3555 (640x427)
整枝には十分な枝があります。


右側。
IMGP3554 (640x427)
数か所ハゲています、隙間を埋める枝配りが必要です。

以前正面を提示しお返ししてありましたが
植え替えもされず少しガレぎみです。

同じ鉢に植え替えました。
IMGP3578 (640x427)
樹冠部の丸みと、同じくジン付近の小枝の処理など
私が秋まで管理してからお返しした方が良さそうです。


にほんブログ村

長老の真柏 その2&Web展示会公開のお知らせ

掛かっていた針金を全て外しBefores写真、ハイ・ポーズ・カッシャ~ン。
IMGP3580 (640x427)
役枝は移動の必要もなく、枝先の整枝だけで良さそうです。

整枝後。
IMGP3631 - コピー (640x427)
後は秋までの微調整で.。


6月18日より超ミニ盆栽鉢同好会の「第5回Web展示会」が公開されます。

第4回から私も参加させていただいております。
こちらからいつでもご覧いただけます。
超ミニ盆栽鉢同好会

2016DM (640x480)


今年は盆栽部門43作品、自作鉢部門21作品、小道具部門6作品の参加があったそうです。

「どんな作品が集まったんじゃろうか、 早く見たいのぉ!」 

盆栽の神様も楽しみにしておられます。

\(^o^)/ ワクワク ソワソワ。


にほんブログ村

ぶった切りキンズに吹いた新芽

改作として上部を切ってあったキンズが
ほぼ狙い通りの場所に芽吹いてきました
IMGP3589 (640x427)

これ以上早いと新芽がポロリと付け根から取れる事もあり
遅いと思い通りに曲がってくれません。
IMGP3590 (640x427)
左枝は付け根から曲げたいところですが(少し遅かったようです)
無理をせず今日はこれぐらいで。

後ろ枝も最適な場所に!。
IMGP3655 (640x427)



「お~いWeb展示会を見て来たぞぉ!、素晴らしい作品が集まっておったぁ!」

神様公開は明日からですが?。

「バカもん、ワシに不可能な事なぞないわ、Webに入り込みタイマー設定を解除したんじゃ」

映画のマトリックスみたいですね。

「あのシチュエーションもワシのアイデアじゃ」

もしや、いまだにシナリオ代金が振り込まれていないのでは?。

「お~ぉそうじゃたぁ~、忘れておったぁ、不愉快じゃぁ!」

盆栽の神様怒って帰られました。

しまったぁ、どんな作品が集まったか、聞き忘れた!。

 (;´д`) トホホ シッパイ




にほんブログ村

長老の真柏 その3

預かった3本目の真柏です。
IMGP3596 (640x427)
こちら側を正面に整枝しました。

預かった時点の姿。
IMGP3591 (640x427)

同じく反対側。
IMGP3593 (640x427)

整枝後の全体図。
IMGP3636 (640x427)
正面位置がずれてしまいました、植え替えが必要です。


今日から超ミニ盆栽鉢同好会の「第5回Web展示会」が公開されました。
ホームページ左欄INDEX→Web展示会よりご覧いただけます。
超ミニ盆栽鉢同好会

超ミニと呼べるような樹は一本もありませんが
超ゆるい規約(笑)のお陰で参加させて頂いています。
ぜひご覧ください。



にほんブログ村

長寿梅 葉刈り後に害虫発生

葉刈りした長寿梅に花芽が来たと喜んで手に取り観察すると、
IMGP3690 (640x427)
UPで、
IMGP3696 (640x427)

葉先に「ケムンパス」(ちょっと古いか 笑)のような
「まっくろくろすけ」(これも古い 笑)のような
名前も知らない真っ白シロスケがいます!。
小枝の下にも何やら虫が!。
IMGP3692 (640x427)

写真中心部のこの葉裏にも!。
IMGP3694 (640x427)

この長寿梅にはアブラムシ?が。
IMGP3698 (640x427)
数日前にも殺虫剤を撒いたばかりなのに!。
この時期は雨上がりに頻繁に殺虫剤が必要のようです。

この地方は今日も一日雨模様です、
明日は絶好の殺虫剤散布日ですね。(笑)
余り好きな作業ではありませんが!。


にほんブログ村

ミニ真柏 整姿 植え替え

以前に投稿したミニ真柏です。
正三角形状態の樹姿を左側の枝を切り右流れとしました。

植え替え後。  樹高 7cm  鉢  泥珠 丸 6.5×3cm
IMGP3654 (640x427)

整枝後。
IMGP3507 (640x427)

植え替え角度検討。
IMGP3508 (640x427)

他の鉢に植え替えましたが、
IMGP3510 (640x427)
形もサイズもイマイチです。
元の鉢に即刻植え替えて最初の写真です。

一見、数本を寄せた樹のようにみえますが、
三幹に曲付けした後一本をジンにし
双幹の幹を整枝したものです。

この樹の次の課題は幹へのシャリ入れです。
どんな風に入れたら良いか?ジックリ検討します。

尚 
昨日の正体不明の「真っ白シロスケ」はカイガラムシの幼虫との事。
朝一番で殺虫剤を散布しておきました。



にほんブログ村

黄金縮緬葛の葉刈り

黄金縮緬葛が退色してきました。   鉢 春嘉
IMGP3666 (640x427)

葉刈り前に上からの写真。
IMGP3669 (640x427)
所々に見慣れた色の新芽が吹いているようです。

葉刈り後全体図。
IMGP3689 (640x427)
バリカン刈りではなく一枚づつ切りました。
私の一番苦手な作業です、フゥ~。


葉刈り後、マクロレンズで。
IMGP3684 (640x427)
写真中央付近の新芽。

何やら小枝に黒い点々が?
目視では確認出来ない大きさです。


まぁいっかぁ。

見なかった事にします。

( °_ °) シカシ ナンダロウ?。


にほんブログ村