キンズ 取り木切り離し

樹勢を落としていたキンズも元気を取り戻し、やっと取り木を掛けられるまでに。
去年から切り離し予定下部に呼び継ぎが掛けてありました。

5月19日
取り木作業。
IMGP3199 (640x427)

7月24日
発根を確認。
IMGP4210 (640x427)

IMGP4213 (640x427)

7月30日 切り離しの準備。
日本刀と同じ材料「玉鋼」の切り出しナイフ。
IMGP4280 (640x427)
汚れています、

砥石で研いで、ピッカピッカに。
IMGP4282 (640x427)
抜けば玉散る氷のヤイバ! 名刀「菊正宗」もかくや?。
「バカもん、それは日本酒の名前じゃぁ、正宗だけで良い!」

用土と鋸と切り出しナイフ。
IMGP4283 (640x427)
準備完了。

切り離し作業中、
IMGP4284 (640x427)
呼び継ぎ中の元枝を切るのを忘れていました。

切り離し完了。
IMGP4286 (640x427)

充分に発根しています。
IMGP4288 (640x427)

切り口をナイフで綺麗に削りトップジンで保護、
呼び接いだ枝に針金を掛け、幹としての基礎を。
傷口の肉巻き用に犠牲枝として走らせます。
IMGP4293 (640x427)
傷口のヤケ防止に周囲に呼び接ぎを掛けたいですね。

準備したスリット鉢には大きすぎて入りませんでした。
IMGP4295 (640x427)
急いで棚下の鉢を探す事に。

盆栽健康保険法の第1条を忘れていました。
・改作時、緊急時、樹勢回復時等の保護には必ず駄温鉢を用いる事。
・違反者は盆人の資格を剥奪する。

この行為は「××時等の保護」に該当します、
        もう少しで盆栽法に違反する行為をしてしまう所でした。(笑)


「いつも訳の分からない事ばかり言いおって、お前の脳味噌はどうなっておる?」

「八丁味噌だの信州味噌などは聞き飽きた!、言うでないぞ!」

(´・_・`) ボンサイノカミサマ ニ サイダイノ タノシミヲ ウバワレマシタ トホホ


にほんブログ村

海棠 取り木切り離し

取り木が掛けてあった海棠を秋まで待たず切り離しました。
IMGP4214 (640x427)
もう一段下の枝まで追い込んだ方が良さそうです。
切りキズが枝の後に隠れコケ順がはっきりとします。


取り木部分。
IMGP4217 (640x427)

水ゴケを外してみると,
IMGP4219 (640x427)
一丁前の曲があります。

植え替えて終了。
IMGP4222 (640x427)
これはオマケのようなものです。
入手後即切断しても良かったのですが!。

入手時の構想通りにもう一段追い込みました。
IMGP4231 (640x427)

上から。
トップジンMペーストを塗り傷口の保護。
IMGP4232 (640x427)
後枝も丁度良い所にあります。

針金を二重に掛けゆっくりと移動。
IMGP4233 (640x427)
立ち上がりからの曲の先端がスッキリと自然にコケて行きます。
常滑の春の展示会の即売で最初に手にした時の構想が実現しました。 
取り木での遠回りをしましたがそれなりのお土産も出来たようです。
この記事も付録のようなものです、 メデタシ メデタシ!。

PS
5月7日 入手時の写真。
IMGP2950 (640x427)
立ち上がりの個性をコケ順のない幹が消してしまっています。
ミニ盆栽の見所は一か所あれば良く、
これを最大限に見せる工夫が必要です。


にほんブログ村

真柏素材その3 立ち上がりの矯正

この真柏の立ち上がりが不満です。
IMGP4183 (640x427)
金具の当たる場所をゴムで保護。(根元と右枝付け根付近)

以前、木工用に買ったクランプで締め込み。
盆栽に使うのは初めてです、果たして上手く行くか、ドキドキ。
IMGP4185 (640x427)

金具を外せばここも絞り込み可能。
IMGP4189 (640x427)

上写真を絞り込み後、針金で固定。
IMGP4191 (640x427)


後側にメジャーを当てると、約10cm程に縮小。
IMGP4192 (427x640)
一本ぐらい使える小枝が有っても良さそうなものですが、
無いものはショウガナイ!。
ここでまた遊ばせて貰えます。


作業後の立ち上がり付近。
幹の樹冠部下にはまだ絞り込む余地があり、10㎝以内で作れるかも?。
IMGP4193 (640x427)
分かりやすいように作業前の写真を並べて、before and afterを。
IMGP4183 (640x427)
我ながら良く絞り込んだもんだ、と自画自賛。


「バカもん こんな時期にこんな事をしおって、取り木だけならまだしも
          枯れても知らんぞ! 適期まで待てば何の憂いもないものを」

「くだらぬ記事を三回も書きおって、四回目はないかも知れんぞ!」


強い絞り込みをした自覚はありませんが少しやり過ぎたかも?。


「自覚症状のないのが一番危険じゃ、末期症状になるまで気づかん!!」


やはり本能のままに行動したようです、

暫くの間は日陰に避難させねば!、

神様に再度お叱りを受けないように。

(´・_・`) ドキドキ ハラハラ 


枯れなければ経過報告ができますが、どうなる事やら、

「真柏素材その4」のタイトルは「枯れました(;д;)」にならないように願うばかりです。


そうだ!神様にお願いをしておこう、美味しいお神酒を添えて!。

「うん良い心掛けじゃ!、おつまみも忘れんようにな!, あたりめが大好きじゃ!」

「一味とマヨネーズが少しあると嬉しいのぉ 」 ニコニコ

「板わさも頼めんかのぉ すまんのぉ 」 ウキウキ

盆栽の神様おねだりがお上手なのです。トホホ


にほんブログ村

真柏素材その2 取り木

前日の真柏です。
樹冠部下の太枝を絞り込み、頭部を伏せてみました。
IMGP4139 (640x427)
他の役枝には追い込める小枝が見当たりません。
ここの改作は来春です、何処へ接ぐかそれまでに十分検討します。


右側の不要な枝に針金が掛っていました。
IMGP4140 (640x427)

針金を掛け直すと使えそうな姿が出ました。
これ位の位置で根が出てくれればシメシメです。
IMGP4144 (640x427)
樹芯の曲はもう少し下で曲げたいところですが
頭用の枝は半分程剥がれており今にも取れそうです。
そこで我が家の盆栽用緊急常備薬「木工用ボンド」の登場です。
ペタッと張り付け、緊急オペ終了。(笑)


左側の枝にもわずかな曲が付いています。
IMGP4141 (640x427)

針金を掛けると文人風な樹の姿が。
IMGP4147 (640x427)
苦手な樹形ですが適所に枝別れがあります。
取り木成功後に緩やかな曲を更に絞り込めば真柏らしい樹形も可能です。

尚 左右最下枝先端にも入手時から曲が付いています。
捨てるには惜しい気がします、これらにも取り木を掛けるつもりです。

現姿。
こんな無駄な枝を伸ばしたが為に、
盆栽の一番大事な懐枝が育たなかったようです。
IMGP4158 (640x427)
なんともブチャイクな姿です。

「バカもん、ブチャイク加減はお前とドッコイドッコイじゃ!」

「よくもまぁ~安い木で遊ぶもんじゃのぉ、
     あの値段の樹で三本以上も作る算段とは!
        呆れる程じゃがまあ良いか、
           盆栽貧乏録の面目躍如じゃ、ヨーヤッタ!」

(♯`∧´)
 ホメラレマシタガ ウレシク アリマセン

いまだにお間違えです、私のブログ名は盆栽備忘録です。

「まぁ良いではないか、記事の内容は似たようなもんじゃぁ~、 ワッハッハァ~ァ」

盆栽の神様ご機嫌でお帰りです。トホホ 

次回に続く!。


にほんブログ村

真柏素材その1 初めての整姿

格安で入手した真柏素材です。
到着時に箱から出して、パチリ。
IMGP4131 (640x427)
用土が落ちないようにテープでガッチリと保護されています。

幹筋の確認、ここが正面か?。
IMGP4134 (640x427)
太枝に針金が食い込んでいます、強く曲げるとそこから折れる可能性あり。

ラフィアを巻いて保護、針金を掛け、樹芯候補の枝を後枝から引っ張り誤魔化す。
これ位で作れれば良いがなぁ~と、甘~~い考えがよぎる。(笑)
IMGP4135 (640x427)

整枝?後の全体図。
IMGP4136 (640x427)
この樹も言っています!
「もうお手上げ!!\(^o^)/バンザイだ!」と。



樹形検討
・枝元が真っ直ぐ過ぎる
・懐枝が無く、追い込めない
・動かせる枝の太さではない
・使えるのは立ち上がりの数曲だけ
・立ち上がりの一曲目をもう少し押し潰せないか?


結論
・改作適期ではない
・適期を待ち、接ぎ木で作り直す
・枝元を休み休み可能な限り移動させる
・上部両側の不要な枝に曲がついており、
 勿体無いので取り木を掛ける

盆栽になるまでまだまだ相当手の掛かる樹です。
手入れは続きます、乞うご期待!。(笑)


にほんブログ村

二度芽切りした黒松の経過報告

7月15日投稿の黒松です。
IMGP4204 (640x427)

下枝の弱い箇所の二番芽。
IMGP4196 (640x427)
上下に二芽です、理想は水平に二芽ですが!。

IMGP4197 (640x427)
弱い芽は一芽だけでも吹くのが精一杯なのでは?。
IMGP4198 (640x427)
四か所切ったはずですがもう一か所は何処だったか不明です。
弱過ぎて吹かない可能性もあり、場所が分からないのかも。

以下の写真は頭部の強い箇所の二番芽です。
まだ芽切りした全ての芽に二番芽が見られるわけではありませんが
二度芽切りの効果でバランスが取れました。
IMGP4205 (640x427)

IMGP4206 (640x427)

IMGP4207 (640x427)

IMGP4208 (640x427)

IMGP4209 (640x427)

次は芽欠き作業です、伸びる方向や芽の大きさにより芽の選択が必要です。
水平に出た同じような大きさの二芽を残すのが基本ですが
全部の芽がそんなに都合良く出てくれるわけではありません。
針金を掛ける時に枝を捻ったり下げたりして
誤魔化さなければいけない枝もあります。
芽欠き時にこれを考慮しなければいけないのです。
これが結構面倒くさい作業なのです。

「バカもん 黒松の一番大事な手入れではないか、
    そんな事を言っておるから、いつまで経ってもまともな樹が作れんのじゃ!」

(´・_・`) トホホ

盆栽の神様全てお見通しです。


にほんブログ村

黒松 実生苗の更なる絞り込み

単調な螺旋階段のような幹です。
IMGP4124 (640x427)
これでは使い物になりません。

反対側から、
IMGP4125 (640x427)

立ち上がりを二か所絞り込み、頭部にも。
IMGP4130 (640x427)
これで単調さは解消されたのでは?、
平面的な曲ではなく奥行が出るように、
バランスを見ながら中間部も樹の柔らかいうちに曲げます。

面白くない曲の苗です。
IMGP4102 (640x427)

露出過多で判別不明ですが二番芽が吹いています。
IMGP4103 (640x427)

甘い曲を更に絞り込み。
IMGP4107 (640x427)
良い胴吹きの芽があります。

反対側から。
IMGP4108 (640x427)
この芽を大切に伸ばし、ここから先は切り取ります。

この苗も、
IMGP4104 (640x427)

絞り込みました。
IMGP4109 (640x427)
これも良い所に胴吹き芽が。

分かり難いですネ、標準ズームレンズではこれ以上寄れません。
IMGP4113 (640x427)

望遠マクロレンズに交換し、ハイ・ポーズ カッシャ~ン。
IMGP4114 (640x427)
手入れが終わってから、この芽に気付きました。
落とさなくて良かったぁ、ホッ!。

同じような苗が沢山ありますが、大切な芽を落としてもいけません!。

今日の所はこれぐらいで!。

「お前は何時も、本能のままに動く、もっと頭で考えろ!ムリかも知れんがのぉ」

(´・_・`) トホホ

盆栽の神様にお叱りを受けました。


にほんブログ村

赤松三兄弟 芽欠き

八ヶ岳山麓生まれの赤松です。
6月中旬に芽切りをしてありました。
気づかぬうちに二番芽が沢山吹いています。
IMGP4159 (640x427)
IMGP4161 (640x427)
IMGP4162 (640x427)

芽欠き後。
IMGP4160 (640x427)
IMGP4165 (640x427)
IMGP4164 (640x427)
この樹は左枝の良い位置に芽がありここは芽切りしませんでした、
ここまで切り戻すつもりです。

太く、大きくするつもりの無い樹達です、
自然実生苗の採取後15年程ですが未だに素材段階です、トホホ



にほんブログ村

クチナシ挿し木苗 葉刈りと整枝 その3

BBQ網の中のクチナシを点検すると何やら卵らしき物が!。
網を掻い潜って入られたか?。
早速殺虫消毒作業を。
同じ物がキンズの葉裏にも産み付けられており、そちらは鋭意観察中です。
ブログネタにならないかなぁ(笑)
IMGP4092 (640x427)

食い荒らされる前に葉刈りを。
IMGP4094 (640x427)

針金を掛け終了。
IMGP4095 (640x427)
左へ伸びる頭部は新芽の出具合をみて追い込むつもりです。


この樹は
IMGP4097 (640x427)
IMGP4098 (640x427)
針金を新しく掛け直して終了、
左下のクチナシ苗は切った枝をそのまま挿しておいたものです。
なんともお気軽な挿し木です、この苗にも葉刈りを掛け終了。


にほんブログ村

クチナシ 葉刈りと整枝 その2

挿し木後4~5年程のクチナシです
IMGP4085 (640x427)

葉刈り後、樹姿の確認。
IMGP4089 (640x427)
こんな面倒な事は「ボランティア葉刈請負生命体」に任せるのが得策か?(笑)。

最終整枝図。
IMGP4090 (640x427)
そろそろ面白味のない教科書的な骨の出来上がりか?。
来年以降は小枝を増やし、枝棚作りを始められそうです。
よって、花と実は遠い将来の事になります。

「お前は見られんかも知れんのぉ」

えぇ~っ!!
(;´д`) トホホ
盆栽の神様思わず本音をポロリと!。


にほんブログ村

挿し木真柏整枝 その2

挿し木後、初期の曲付けがしてあった真柏です。
IMGP4064 (640x427)
立ち上がりが用土に埋もれて株立のように見えます。

掻き出してみると、
IMGP4066 (640x427)
‘もう立派な立ち上がり‘が。

途中図。
IMGP4071 (640x427)

最終図。
IMGP4072 (640x427)
最初の写真にあった左最下枝が
この樹もいつの間にか折れてなくなっています。

「無くなっただと、また直ぐにバレるような嘘を言い居ってバカもん!!。
   挿し木床にある、あの苗はなんじゃ、この樹の左枝と昨日の左枝ではないのか!
            折れたのか切ったのか、どっちじゃ、正直に申せ!!」

(;´д`) バレテタカ

立ち上がりを左へ倒そうと鉢の縁に強く押し付けて、折れてしまいました。
この苗は「杉葉の出ない真柏」の挿し木なのです。
今後はこの樹を増やして行くつもりです。

「ならば、致し方あるまい、細心の注意を払い手入れいたせ!」

盆栽の神様のお許しが出ました。
来春にはこの樹達から挿し穂が沢山取れそうですシメシメ。

「そっちの許しではない!!バカも~ん」

(´・_・`)  ドウモスミマセン。 

  
にほんブログ村        

挿し木真柏 整姿

白いラベルのある真柏を整枝する事に、
「杉葉の出ない真柏」の挿し木3年生苗です。
(ラベルは他の苗と区別する為)
IMGP4051 (640x427)

反対側から。
IMGP4052 (640x427)

整枝途中図。
IMGP4053 (640x427)

整枝しましたが、
IMGP4058 (640x427)
上部半分程シャリを噛んだ左最下枝を
針金を巻く時に水みちを切ってしまいました。

切れたものはショウガナイ、最初から無かったものとしよう!。

途中図。
IMGP4059 (640x427)

最終図、樹高6cm程。
IMGP4063 (640x427)
左側へ振っていた上部最先端の枝を反対の右側に持って来ました。
こちらの方が枝配りのバランスが良さそうです。

尚、折れた小枝は盆栽の神様に内緒で挿し木床へ。

「懲りん男じゃのぉ、挿したものはショウガナイ、見なかった事にしてやろう!」


にほんブログ村

クチナシ 挿し木苗の追い込み

犠牲枝が伸び、棚場を狭くしています。
小さな盆栽を作る為に切り込みを。
IMGP4078 (640x427)

先ずは大まかに切り込んで点検、
IMGP4081 (640x427)
樹冠部への枝の切込みをここで止めたのではコケ順が出来ません。


後ろに良い芽のある少し上でチョッキン。
IMGP4082 (640x427)
後ろから伸びる枝を前に被せることで幹に懐が作れます。

立ち上がった右枝を伏せ、今回はここまで。

左右の最下枝は新芽を更に伸ばし
次回の切込み時には今ある部分の半分も残さないで切込みます、
更なるコケ順を作る為に。


にほんブログ村

クチナシ 葉刈り

枝先の乱れたクチナシを葉刈り整枝しました。
IMGP4044 (640x427)


葉刈り後。
IMGP4050 - コピー (640x427)
切込みが少し遅いようです、これでこの樹は来年も花は咲きません。

(;´д`) トホホ

「これで良いのだぁ、樹作り優先なのだぁ」 バカぼんのパパなのだぁ。

「嫌味な箇所は少しずつ直して行けばよいザンス 」 
「でも、樹冠部に流れがナイザンス、オモシロクナイザンス、シェー」 イヤミ。
IMGP4074 (640x427)

針金整枝後。
IMGP4076 (640x427)
第三者の厳しい公正なご指摘を受け即時真摯に対応いたしました。

何処かで聞いたような、チョット古いか?。


にほんブログ村

真柏素材 初めての整枝

思わぬ安値で入手できた樹です。
ここが正面になりそうです。
IMGP4016 (640x427)
右端の枝と幹中間部から手前へ伸びる太枝は不要のようですが
将来はジンにする可能性もありとりあえず曲げておきます。


幹部候補生の枝にラフィアを巻いて、
IMGP4019 (640x427)


針金を掛け曲を付けておきました。
IMGP4022 (640x427)

全姿。
IMGP4024 (640x427)
一本の枝も外さず、芽も摘んでいません、、
改作時まで更に休み休み絞りこんでいきます。
上部の一塊は外す事になります、(これが取れれば超ミニか?シメシメ)

入手時の写真。
bonsai2002center-img450x600-1467517377tcvuei25238[1] (390x409)
反対側で整枝しました。


にほんブログ村

唐楓 犠牲枝の切込み

春先から伸ばして来た犠牲枝を切る事に。
IMGP3988 (640x427)

適当な長さに切込み樹姿の確認、
立ち上がりが一番広く見える位置。
IMGP3991 (640x427)

反対側から。
IMGP3993 (640x427)

一番奥の芽まで戻って切り戻す。
IMGP3994 (640x427)

反対側から、
IMGP3996 (640x427)
間延びした枝は幹の元から切除。

ここで近道をすると後戻りする事になり
結局は遠回りする事になるのです。

コケ順の無い直線の枝は将来必ず嫌味になります。

「ミィーを引き合いに出さないで欲しいザンス シェー」 by イヤミ


にほんブログ村

真柏樹形構想

盆栽園の素材コーナーにあった樹です。
立ち上がりの少し上の曲の内側の芯を抜き、
ゆっくり時間を掛けて絞り込んで来ました。
IMGP3962 (640x391)

この最大の曲部分です。
IMGP3963 (640x427)
削ったシャリの淵も盛り上げって来ています。


全ての針金を外し確認。
IMGP3965 (640x427)
盆栽としての骨は出来ました、
枝葉の充実を待ち、整枝します。


にほんブログ村

黒松 二度芽切り

実生挿し木10年以上の黒松です。
IMGP3841 (640x427)
肥培もかけず、普通に持ち込んだ樹です。
未だに小指程の太さしかありません。

芽切りした弱い芽4本(上)
左下枝と後枝から取りました。
IMGP3845 (640x427)
強い芽付近の小さな芽、不要な場所の4芽(下).
ここに二番芽を持つと団子状になる。

この時点で頭部等の強い芽は残しました。(作業日6/29)


前回の芽切りから約二週間、残された大きな芽を切りました。

4/14の現状。
IMGP4026 (640x427)
中央の芽切り部分と右側の今年は切らない芽。

後枝の切った芽。
IMGP4027 (640x427)

作業後。
IMGP4029 (640x427)


「やっとこんな難しい事が出来るようになったのか、見直したぞ!
     先日の夏風邪で知恵熱が一緒に出たようじゃなぁ、メデタシ メデタシ!」

盆栽の神様、メデタクありませんよ。

(*`へ´*) プン プン


にほんブログ村

黒松実生苗 再取り木

黒松の芽切りを続けていると、
IMGP4009 (640x427)
立ち上がりに水ゴケが巻かれた苗が、

外してみると、取り木の失敗です。
IMGP4008 (640x427)
カルスがあるものの発根していません、
後側で水吸いが繋がっています。

カルスを削り、念の為針金を巻いて、
IMGP4010 (640x427)

お決まりの手順で取り木を、
IMGP4011 (640x427)
尚、ラベルには2015/3/4 取り木とあり、
一年以上掛けて一本も発根しなかったと言う事か!。


にほんブログ村

ボランティア葉刈り請負生命体出現!

キンズの枝に蝶の幼虫を発見。
IMGP4012 (640x427)
調べたらアゲハチョウの幼虫、3~4齢期のようです。
計3匹発見。

頼みもしないボランティア活動で丸裸です。
「いや~~ン 恥ずかしいぃ~~ぃ(⋈◍>◡<◍)。✧♡ エッチィ~」と
言ったとか言わなかったとか?。
IMGP4013 (640x427)
実生2年生を4本程束ねてあります、癒着を促し太りの時間を稼げないか?と。


BBQ網でクチナシは一本の被害がないものの、こっちは油断しました。

朝からの雨も止んだようです、ブログ送信後殺虫剤散布です。



にほんブログ村

黒松実生苗 芽切りと追い込み

実生後3~4年生です。
IMGP3999 (640x427)
芽切りを兼ね、追い込みをかけました。

左手前の不要枝?、を外し芽切り。
IMGP4007 (640x427)

立ち上がり付近の芽で作れそうです。
IMGP3998 (640x427)

反対側から、取り敢えずチョッキン。
IMGP4001 (640x427)
下の芽の充実を待ちます。

これ位で植え付けか?。
IMGP4002 (640x427)

鉢底から引っ張って。
IMGP4003 (640x427)

作業後のカゴの中。
IMGP4004 (640x427)
この他にも、合計40鉢程手入れ。

この中から生き残れるのは果たして何本?。

「このままそっと育てれば全て残す事も出来るが、お前は弄り過ぎる!」

盆栽の神様の戒めです。


にほんブログ村

真柏 プチ整枝

下枝が暴れ、枝棚が不明瞭になっていた真柏。
左右の下枝数本に針金を掛け点検中、
ここでBefore写真の取り忘れに気付く、失敗。
IMGP3943 - コピー (640x427)

さらに後枝と頭部の小枝を透かし整枝終了。
挿し木後10年程、樹高 10cm  鉢  佐太郎 丸7.5×4.6㎝
IMGP3944 (640x427)
右側の根は太らせた後にジンにするつもりですが
いつまで掛かる事やら!、
これはこれで個性的な景色になっているかも?。


「手入れに夢中になった結果じゃ、失敗ではない!」

「最近のワシの失敗に比べれば屁みたいなもんじゃ!」

心優しい盆栽の神様なのです、
ところで神様の最近の失敗とは?。

「お前の くだらんブログに出た事じゃ!、恥ずかしくて神様達に合わせる顔がない!」

。゚(゚´Д`゚)゚。  トホホ  モウシワケゴザイマセン  



にほんブログ村  

梅もどき 葉刈り

結実していた実も知らぬ間に落ちてしまいました。
IMGP3956 (640x427)

コケ順を消す三又の太枝を外しトップジンペーストを。
IMGP3960 (640x427)

頭部のこの小枝もコケ順を造る為にチョッキン。
IMGP3961 (640x427)

葉刈りし追い込んでおきました。
IMGP3959 (640x427)
春先から曲げていた頭部の枝も思い通りの位置に動きましたが
もう一段の追い込みが必要のようです。


にほんブログ村

取り木海棠 中間報告

展示会の即売品に「コケ順がないから」と
取り木を掛けた海棠です。
IMGP3898 (640x427)

反対側から。
IMGP3900 (640x427)

さらにアップで。
IMGP3901 (640x427)
数本の発根が見られますが、
現在は片根のようです。
秋まで鉢回し等で満遍なく発根するのを待ちます。

先ずは取り木の成功と言う事で!。


にほんブログ村

ミニ黒松の芽切り その3

同じく4~5年生です。
IMGP3920 (640x427)
IMGP3919 (640x427)
IMGP3918 (640x427)


芽切り後。
IMGP3927 (640x427)
芽が揃っており、全て切れました。


IMGP3928 (640x427)
残す芽の方が多かったようです。

芽は切りましたが、
IMGP3929 (640x427)

最下枝先端の奥と後枝(右下)に良い芽があります、
この芽まで追い込めればと残しました。
IMGP3930 (640x427)
まだ短葉に拘るレベルの木ではありません、
追い込みを優先させます。

針金を外し、最下枝と後枝の二か所を
IMGP3931 (640x427)

チョッキン!。
IMGP3937 (640x427)
この二芽の充実を待ち来年の芽切りに期待です。



にほんブログ村

真柏の再生 上部根接ぎ取りと下部の接ぎ木

ビニールの中に活着した糸魚川真柏の苗が見えます。
成功です、先端が伸び間もなくビニールに突き当たりそうです。
上部の取り木に伴い不要になる立ち上がりの救済の為です。
IMGP3947 (640x427)

全姿。
持ち崩した真柏を取り木と接ぎ木で再生させる事にしました。
不要な直線の中間部を外し良い所だけで作り直す構想です。
IMGP3950 (640x427)
小枝を継いだことにより立ち上がりの根が生かせます。


反対側。
IMGP3951 (640x427)
根接ぎ取り木用に苗が呼び接ぎしてあります。
活着していればここで取り木が出来ます。


この曲で一本作れないか?と。
IMGP3953 (640x427)
本体は糸魚川性ではありません。
数本の小枝を接ぎ、衣替えの必要があります。
まだ、数年先の話ですが!。

「不思議なもんじゃのぉ、普段は気が短くて
   目前の判断を間違えてばかりのお前が 盆栽の事になると数年先の話か?」

盆栽の神様、ポツリと痛いところを!。

(´・_・`) フゥー 


 
にほんブログ村
  

ミニ黒松の芽切り その2

同じく4~5年生の実生黒松です。
IMGP3915 (640x427)
この樹は根上がりに。

IMGP3916 (640x427)
まだ芽数が足りません,鉢も大きすぎるようです。

IMGP3917 (640x427)
そろそろ針金が不要では?

芽切り後。
IMGP3924 (640x427)
IMGP3925 (640x427)
IMGP3926 (640x427)

特記事項なし。

(´・_・`) ナニモ オモイウカバナイ トホホ  



にほんブログ村

ミニ黒松の芽切り その1

実生5年生程です。
天場に飾る真柏に対応させるべく、懸崖樹形を作っています。
計3回に分けアップする予定です。
「そんなに見たくない!!」とは言わないでくださいネ。(#^.^#)
IMGP3914 (640x427)
IMGP3912 (640x427)
IMGP3913 (640x427)
黒松の模様樹を作るには時間が掛かり過ぎます。
幹の曲で誤魔化せば何とかなるか?と。

「お前の人生そのまんまじゃのぉ」 by 盆栽の神様

以下芽切り後の写真。
IMGP3921 (640x427)
小さな芽がなく、全ての芽を切りました。

手前の芽が弱く、残してあり
来年まで力を付けます。
IMGP3922 (640x427)


弱い芽を残してあります。
IMGP3923 (640x427)

神様、今年の夏の天気はどうなるんでしょうか?。
2番芽の成長加減が気がかりです。
 
「ワシャ知らんぞ!、
   多角経営の大手の神様と違って零細な盆栽ONLYの神様じゃ!、
       天気の事などアメノウズメノミコトにでも聞くが良い!」

あれぇ~神様ぁ 天宇受売命は踊りの上手な神様で
天岩戸の前で踊られた神様では?

「おぉおぉそうじゃったぁのぉ、お綺麗な女神様じゃ!、
    宴会の酒が美味かった事を今でも覚えておるぞ!!
            鱈腹ご馳走になった、昨日の事のようじゃ!」
「こんな大事な事を間違えるとは、まだ酒が残っておるかも知れん、二日酔いかのぉ?テヘッ」

盆栽の神様バツが悪そうです。

(;д;) ダメダァ コリャ


にほんブログ村

実生黒松 若木の芽切り

実生後特別な肥培を掛けずに作って来た黒松達です。
以下は実生10年未満。
根上がりに。
IMGP3907 (640x427)


模様樹に
IMGP3902 (640x427)

実生4~5年生程。
IMGP3904 (640x427)



以下芽切り後の写真。
IMGP3908 (640x427)
IMGP3909 (640x427)
IMGP3911 (640x427)


小さな芽を残した芽切りをしました。

小さな芽から切る二度芽切りなどは無縁の若木です。
難しい事は何も考えずに手入れしています。

「お前の脳ミソは難しい事には対応しておらん、
   誰も期待していないし、望んでもおらんわ、バカもん」

盆栽の神様、相変わらずのキツイお言葉です。

(;´д`) トホホ ヤッパリカ?。


にほんブログ村

衣替え真柏 取り木と樹形構想

立ち上がり付近に糸魚川性を接ぎ,
本体に取り木の掛けてあった真柏です。
IMGP3854 (640x427)

ポットを外すと片根ながら発根しています。
IMGP3855 (640x427)
根接ぎ取り木用素材にと。

そっとスリット鉢へ。
IMGP3856 (640x427)
本来は不要の枝でしたが接ぎ木から取り木まで
ここの枝を数年間生かした事で水吸いが太り、
シャリとの間に多少なり景色の変化が出来たのでは?と考えています。


針金を外し樹姿の確認。
IMGP3857 (640x427)

針金を掛け直し、石灰硫黄合剤の原液を塗り ハイ・ポーズ。
IMGP3894 (640x427)
今はジンが長すぎますが、枝葉が充実してから見合う大きさに切ります。


にほんブログ村

黒松三幹 整枝

芽切りの松をあれこれ探していると
棚隅でボサボサの松を見つけ
思わず手に取り整枝してしまいました。
樹齢の違う実生苗を寄せた樹です。 
IMGP3887 (640x427)
写真では分かり難いですがそろそろ肌も荒れかけています。

何ら取柄の無い樹ですが長い間育てて来ました。

「ナルホド。犬や猫は飼い主に似ると言うが
  盆栽も持ち主に似るようじゃのぉ!、まるで取柄のない樹ではないか!」

「これは大発見じゃ!、学会で発表してみるか?、ノーベル賞ものかも知れんぞ!ワクワク」

(;´д`) トホホ ナントモ オキガルナ ボンサイノカミサマナノデス  


にほんブログ村

赤松 芽切りその2

この赤松も芽切りを。
IMGP3851 (640x427)

芽切り後。
IMGP3853 (640x427)
がっちり絞り込んであった幹も固定され癒着を待つばかりです。

芽切りと不要枝を外して、
久しぶりにスッキリした姿になりました。


「幹の針金を外され、やっとノンビリ出来ると思ったら
       今度は芽切りかよ!、ゆっくりするヒマもあったもんじゃねぇ!」
「新芽の準備にどれだけ負担が掛かると思ってんだあ
                  やってらんねぇ~よ!!、ったく!」
「首根っこを押さえられ、身動きもできゃしねぇ、どうしてくれんだよぉ!

樹が怒って!います。
聞かなかった事にします。(笑)


にほんブログ村

赤松 芽切り

芽切り時期になりました,
まずは赤松から。
芽切り前。
IMGP3842 (640x427)


芽切り後。
IMGP3847 (640x427)
二番芽が揃えば使えそうです。

芽切り前。
IMGP3848 (640x427)

芽切り後。
IMGP3849 (640x427)
何とも赤松らしい間延びした枝です。
切るか?手繰り寄せるか?接ぐか?。
どちらにせよ、再検討が必要な樹です。

当分の間、遊ばせてくれそうです。

「今はどうしようもない樹と言う事じゃなぁ ワッハッハァ~」

「お前の棚はこんな樹ばっかりじゃぁ~」

盆栽の神様がアッと驚くような改作は出来ないものか?。

(;´д`) トホホ 




にほんブログ村

石化檜の取り木と樹形構想

棚の片隅に取り木を掛けた樹が。
IMGP3815 (640x427)

充分に発根しています。
IMGP3816 (640x427)

針金を掛け、模様樹に、直幹樹形はもう要らない!と。
IMGP3818 (640x427)

植え付けて。
IMGP3820 (640x427)

この樹はどうしましょう、双幹か?、途中双幹か?、再度の取り木か。
IMGP3822 (640x427)
取り敢えず鉢に。
IMGP3823 (640x427)


今回の主題です、ジンを背負わせるか?。
IMGP3826 (640x427)

ジンを抱え込むか?。
IMGP3829 (640x427)


横から。
背負わせるには前へ傾き過ぎており
抱え込むには右方向へ幹の移動が必要です。
IMGP3831 (640x427)

最終図、ラフィアを巻いて抱え込む事に。
IMGP3838 (640x427)

2本の竹ヒゴで立ち上がりの樹姿を修正し、

「今日はこれぐらいにしといたるわ!!」

最後は池乃めだか師匠の捨て台詞で!、

チャンチャン。


にほんブログ村

真柏 改作

一見問題の無さそうな樹ですが、
IMGP3776 (640x427)

前枝数本に元気がなく、
IMGP3777 (640x427)
追い込む懐の小枝もありません。

右端の一本を残し、ジンに。
IMGP3778 (640x427)
適当な枝を移動させ前を隠さなければ。

整枝後。
樹高 9.5㎝  鉢  林盆華  8×3㎝  挿し木 15年程。
IMGP3878 (640x427)

枝葉が充実するまで少し時間が必要のようです。


にほんブログ村