黒松 樹形構想4

立ち上がりの一曲は付いているものの、その後がイケマセン。
IMGP7334 (640x427)

役枝が適所に来るように針金で整枝しました。
ここ重要な所ですぅ、次の試験に必ず出しますぅ  (笑)
IMGP7335 (640x427)
曲げてから役枝を探すのではなく、
役枝になりそうな芽を適所に配置しなければいけません。


白矢印の芽で樹冠部と右一の枝を
裏で見えませんが黄矢印で左一の枝を
赤矢印を数年間犠牲枝にして樹を太らせます。
IMGP7337 (640x427)
右枝は白矢印の芽が充実するのを待ち追い込みます。

そして未来予想図。
IMGP7335 - コピー (640x427)


そろそろ盆栽の神様のお叱りを受けそうです。
「捕らぬ狸の皮算用ばかりだ」と!。

「近頃はお絵かき時間が多すぎる、
   他の盆栽の手入れが滞って居るではないか!
         そろそろ限界ではないかと思って居ったが
                     ようやく気付いたようじゃのぉ」

(*^_^*) ホッ タスカッタァ~

「バカもん、樹形構想お絵かきはもうこれ位にしておけ!現実の手入れが第一じゃ!」

(´・_・`) トホホ ヤッパリ


にほんブログ村

黒松 樹形構想3

数本の根にも面白い曲が付いていて適所に役枝用の芽もありますが、
IMGP7310 (640x427)
腰が高過ぎます。

整姿後。
IMGP7314 (640x427)

ペイントソフトで将来図を描いてみました。
IMGP7314 - コピー (640x382)

露出した根を個性にしてはどうかと考えています。
常識的に模様樹にとっては嫌味ですが
処理してしまっては面白味のない樹姿になってしまうのでは!。

矢印の枝は犠牲枝として伸ばすため、
小さな芽に日光が良く当たるように透かしてあります。

「おフランスでは個性を発揮しないと尊敬されないザンス シェ~」  イヤミ

「ワシも賛成なのだ、これで良いのだ!」  バカぼんのパパなのだぁ!


にほんブログ村

黒松 樹形構想2

枝を全て使う構想で針金が掛けてありました。
IMGP7303 (640x427)

左一の枝を立て、これだけで作ってはどうか?。
3黒松構想 (640x427)

最初の構想どおりで。
4黒松構想 (640x427)
どっちにするか迷いますが、

あっと言う間もなく小さいサイズに改作済みです。(笑)
IMGP7318 (640x427)
肉巻きが早まるように切った箇所のヘソを残してあります。

癒合剤を塗り最終図。
IMGP7324 (640x427)
全ての枝を使う構想では幹の流れが単純過ぎて面白くありませんでした。


こんにちは~
今日はどうされましたぁ~

小さな黒松の手入れに追われて他の盆栽に手が回らないと?

それはいけませんねぇ
ミニ黒松LOVE症候群ですねぇ~

もうこの症状は治りませんよ~
これが学会のコンセンサスになっていますぅ~

今日は黄色いお薬を出しておきますね~
これ以上進むようでしたら次回は赤いお薬になります
色による抑止効果がある、信号機と同じシステムのお薬ですぅ~

くれぐれも暴走なさらないように心掛けてくださいねぇ

勿論スピードではなく、盆栽が小さくなって行く事をですよぉ

お大事にぃ~



にほんブログ村




黒松 樹形構想1

雑草に覆われていた黒松の手入れです。
IMGP7273 (640x427)
立ち上がりに良い芽があります。
この一芽で作る事に。

小さな芽に日当たりが良くなるよう上部の小枝を一本に減らし
これを犠牲枝として幹の太りを作る。
IMGP7274 (640x427)

恒例のペイントソフトで。
IMGP7343 (640x427)

「絵を描くのも上手くなったようじゃのぉ、
   しかし盆栽の腕前はちっとも上達しておらんではないか!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマニ ホメラレタノカ オコラレタノカ

「バカもん!ただ単に呆れて居るだけじゃ、情けない!
                   ワシの方がよほどトホホじゃ!」



にほんブログ村

ワンコイン真柏の改作 その2 樹冠部の移動

樹冠部の移動を考えています。
写真では分かりませんが前へ被り過ぎています。
IMGP7154 (640x427)
この位置で作る場合には、一度右へ反した方が良いのではないか?、
一曲目も更に絞り込むつもりです、
今のままでは左へ流れ過ぎるようです。

考えているだけで曲がってしまいました。ホンマカイナ?
IMGP7170 (640x427)
ウソです。(笑)

電動ドリルで芯を抜き、
IMGP7168 (640x427)

ラフィアで保護、針金をかけ、絞り込み。
IMGP7171 (640x427)

上から。
IMGP7169 (640x427)
60度程の移動です。

そして今や恒例になってしまった未来予想図です。(笑)
とてもこれがワンコインだったとは思えません。
IMGP7175 (640x427)
しかし間延びした役枝には追い込む懐枝がなく
手繰れる距離でも太さでもありません。

「ワンコイン真柏の改作 その3」は
“一曲目の更なる絞り込み”か、
“役枝の懐への接ぎ木”記事のどちらかになりそうです。

今のところ「・・・その7」ぐらいまでの改作構想があります。
来春以降の作業ですが!。

まだまだ遊ばせてくれる樹です。

「来年じゃとぉ!、携帯電話のCMでも鬼が笑って居るではないか!
   改作構想がその7まであるとは聞き捨てならぬぞ!
      あまりにも笑わせ過ぎて鬼を苦しませるではないぞ!可哀想にのぉ!」

(´・_・`) トホホ オニサン ゴメンナサイ



にほんブログ村

長寿梅 葉刈りと整枝

葉刈り前。
IMGP7267 (640x427)

葉刈り後。
IMGP7268 (640x427)

まずは軽く追い込み、
IMGP7269 (640x427)
不要枝を再チェック。

もう一段追い込み、
IMGP7270 (640x427)
トップジンペーストMで切り口を保護。

全ての切った箇所が見えるように上から。
IMGP7271 (640x427)

手入れが済んで日が暮れて
今日んとこは、これぐらいにしといたるわぁ~!


にほんブログ村

黒松 何でもないような手入れ その2

黒松実生苗3~4年生の入った篭が雑草に覆われています。
IMGP7179 (640x452)

手入れ前。
IMGP7180 (640x427)

これ位の植え付け位置で姿が出るように針金の掛け直しが必要か?。
IMGP7186 (640x427)

立ち上がりの曲と二曲目を強調しましたが立体を表現できない写真では分かりません。
IMGP7208 (640x427)
左枝が幹に対して太り過ぎ、また曲の内側に出ているようにも見えます。
さて、対策はどうする?。
奥の芽まで追い込んだとしても、枝元の太さは解消できません。
盆栽に「ライザップ」は不可能なのです。(笑)

IMGP7209 (640x427)
切り捨てて上の枝を下げ、左一の枝に変更。

手入れ前。
IMGP7182 (640x427)

これも再整枝が必要です。
IMGP7187 (640x427)

左右一の枝だけ下げておきました。
IMGP7200 (640x427)
幸いにも追い込める懐枝も準備されています。

手入れ前。
IMGP7184 (640x427)

掛かっていた針金を調整して、これはこのままで良いか?。
IMGP7190 (640x427)

8本株立状に出た所に取り木を掛けたようです。
IMGP7198 (640x427)
こんな取り木がある事を忘れていました。トホホ
発根の確認、切り離しは来春の楽しみという事にします。

ミニ黒松の模様樹が作れそうです。
IMGP7206 (640x427)
十文字に出た枝も当分の間はこのままで。
植え付け角度の変更で誤魔化しましょうか。


まるで宝の山に迷い込んだような気分です。(笑)
まだ再整枝すれば何とかなりそうな苗木が沢山あります。

盆栽の樹姿は一度で作れるものではありません。

少しずつ理想の姿に近付けて行けば良いのです。


「あいつ」はそれなりの手入れをしていたようです。
「未来の私」に不適切な手入れだ!、と言われないように
この他の苗木達にも現時点での最善と思われる手入れをしておかねば!。



「いい年をして、よくもこんな苗木で遊んで居られるもんじゃ!」

(´・_・`) トホホ コレガ イチバン タノシイノデス ボンサイノカミサマ


PS
この苗木達の記事は数日後から
当分の間続きます、何しろ30本以上あるのですから。
しかし、どうしょうもない苗木も沢山あります。トホホ


にほんブログ村

兼六園ヤブ椿の開花

IMGP7330 (640x427) (640x427)
展示会の即売品でラベルに記入してあった名前です。
品種等の詳細は不明でしたがググってみると、
兼六園のシンボル「ことじ灯篭」近くに「ことじ椿」の原木があるとの記事を発見。
深紅一重の大輪で秋咲き(11月~2月)で
やはりやぶ椿との事。
この花の特徴に合致しています。

以前整枝後の姿。
IMGP5728 (640x427) (640x427) (2) (640x427)
由来も判明した事です、ラベルに「ことじ椿」とでも書いておきましょうか。


にほんブログ村

秋  寸景

棚の上から「レレレのおじさん」達の声が聞こえてきました。
IMGP7260 (640x375)

「落ち葉で汚れてますよ~ レレレのレ~
            お出かけ前に手伝って欲しいのよネェ~」

「ミィ~も手伝うザンス、シェ~」

「高~い高~い もうすぐ寒くなるわねぇ~ はじめちゃん風邪を引かないでねぇ~」



にほんブログ村

楡ケヤキ 黄葉

楡けやきが黄葉しています。
IMGP7222 (640x427)

絞り込んであった針金を外すと、効いてはいますが、
IMGP7225 (640x427)

もう少し厳しさが欲しいと、再度絞り込み!。
IMGP7230 (640x427)

針金だけでは鉢縁に接近し過ぎる為、竹串で間隔を確保。
IMGP7231 (640x451)
裏のつもりで作って来ましたが、こっち側へも枝を茂らせれば
「迷木に表裏なし」になるのでは。(笑)


にほんブログ村

ミニばら 一輪開花

季節外れのミニばらが咲いています。
IMGP7221 (640x403)

全体図。
IMGP7220 (640x427)
樹を休ませる為に、化粧鉢から植え替えてありました。

盆栽の神様には内緒で投稿しておこう。
「お前の人生よりましじゃ」と言われないように。

「大分気にしておるようじゃのぉ、
      ワシも少し言い過ぎたかも知れん、
             今後は気を付けるようにしよう!」

「事実に相違はないがのぉ!」

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

持ち崩された真柏 再生構想

20年程前に退会された女性会員からの貰い物です。
殆んど手入れされた形跡がありません。
IMGP6924 (640x427)
枯れた枝の先端部分は切ってあります。

反対側。
IMGP6925 (640x427)
このままで作るなら文人風ですが、私の守備範囲ではありません。
葉性が悪く、糸魚川性へ衣替えするつもりです。

追い込む懐枝も一切なく、葉色も悪く
今にも枯れそうなくらいです。
IMGP6928 (640x427)
暫く植え替えられておらず、
竹串を鉢底まで挿して穴をあけ
水捌けの改善をしておきました。

樹冠部のここを赤線で取り木すればミニの懸崖が一本作れそうです。
IMGP6926 (640x427)

ペイントソフトで斜幹体の模様樹として樹形構想を描いてみました。
IMGP6922 (640x427)
ガレているものの、20年以上小さな鉢の中で生きて来た樹です。
何とか再生できないものかと考えています。
鉢だけは新渡とはいえ時代も付きかけています。

根は袋式の中で回りきり、簡単には抜けそうもなく、
根切りした場合、どれ程の根が残るかも心配です。

来年の適期を待ち植え替え、
駄温鉢で数年間養生し樹勢を回復させるつもりです。

取り木、接ぎ木の改作はその後の作業にしなければいけません。

果たして樹勢を回復させられるか?。

(´・_・`) フゥー...


にほんブログ村

毎月第3日曜日は勉強会

雑木の追い込み、どの枝を切る?。
IMGP7211 (640x338)

持ち崩した黒松の追い込み。
IMGP7214 (640x427)

小葉性寒グミの追い込み。
IMGP7213 (640x343)
ベテラン会員のアドバイス中。

各人の展示会の写真を配布され談笑。
IMGP7216 (640x277)
展示会も無事に終わり、いつも通りののんびりとしたコーヒータイム。

長老も退院され暫くは自宅療養中です。
次回以降は全員が揃ったコーヒータイムになりそうです。


にほんブログ村

唐楓 種木の未来予想図

葉刈りと切り戻しは一週間程前の手入れです。
撮り溜めた写真を加工しました。
葉刈りし樹姿の確認。
IMGP7126 (640x427)
春から枝を数回切り返し、コケ順を作ってきた姿です。

不要な枝を切り戻し、今ある芽を最大限利用した未来予想図です。
IMGP7163 (640x427)
これらの芽を来春以降に切り戻しながら、コケ順を作って行きます。
枝先が柔らかくほぐれた寒樹を理想形として!。

「下手な絵を描いて、簡単に言ってはおるが
       お前の棚でこんな樹にお目にかかった事なぞないぞ!バカもんが!!」

(´・_・`) トホホ アクマデモ リソウ トイウコトデ オネガイシマス ボンサイノカミサマ




にほんブログ村

杉葉ミニ真柏懸崖の整枝 

ミニ真柏が姿を乱しています。
IMGP6753 (640x427) (2)

当然です、ALL杉葉で放置されていました。
IMGP6756 (640x427)
シャリはこの位置が一番良いようです。

「どげんかせんといかん」と整枝を。
IMGP6758 (640x427)

「おみゃぁさんの腕では、まっと やっとっても、
         めっちゃんこん なるだけだわぁ~ まぁ~やめときゃぁ~!」

あれっ 貧乏神様お久ぶりです、イントネーションも完璧ですね。(笑)

私より二回り程上の人達の名古屋弁です、
           暫くそちらに滞在されて居られたのでは?。

「ほかはいかんわぁ、 すたこいたぁ、ここがいっとうあんきだでいかんわぁ~
                まぁーいっぺん 帰ってきたったわぁ~!」


(´・_・`) トホホ オカエリ イタダカナクテモ ヨカッタ モノヲ

翻訳
「貴方の腕前ではこれ以上やっても 
    めちゃくちゃになるだけでしょうね もうやめておいた方が良いと思いますよ」

「ここ以外は駄目ですね、苦労しました、ここが一番安心だから 良いですね 
                      もう一度帰って来てあげましたよ」

面白くもなんとない会話ですね!。


名古屋生まれで名古屋育ちの私です。

南へ少しだけ離れた当地ですが

この心地良い響きも近頃では耳にする事は全くありません。

しかし故郷の言葉が「一番ええでいかんわぁ~!」。



にほんブログ村

キンズ 実生床の準備

キンズの実が大きくなり、色づき始めています。
早めに取り蒔き床の準備をする事に。
IMGP7141 (640x427)

CDケースの中心部を切り抜き、
IMGP6823 (640x427)

園芸用ポットにスッポリとはめ込み、
IMGP6824 (640x427)
ポットの外周部に伸びた根がそのまま真っ直ぐ下まで伸びないように。

用土の上にプラポット鉢を切って並べ、
IMGP6842 (640x427)
根にとっての二番めの関所、ここに当たり真っ直ぐに下へ伸びられない。


更に用土を入れ、
IMGP6839 (640x427)



もう一段プラペットを並べ、
IMGP6838 (640x427)
最初の関所、ここで最初の曲が付く筈。


用土を大盛に。
IMGP6844 (640x427)
上部の幹部分も直線では面白くありません、「網伏せ」をします。
種まき後に網戸用の網を被せ、幹の最初の関門です。

途中の写真を撮り忘れました。
「かっぱえびせん状態」の為に。(ヤメラレナイ トマラナイ)
用土 (640x360) (2)
数年後にこんな風に自然の曲が付けば良いなぁ~と。

赤点は用土、黒点は陶片と小石、黒線は写真のプラ鉢を切ったもの、
鉢に接続する部分は当初写真のCDケースと鉢底皿を切りサイズを合わせた物、
その上下の長い黒線は不要になったCD。


去年、キンズの実生に失敗しました。(ほぼ直線状の根になってしまった)
自然の曲を求めて再度挑戦します。
これで失敗したら実生はもう止めます。
(多分、恐らく、もしかしたら、約束はできませんが!)

「ハッキリせぬか!バカもんが!、
         止めるつもりなんぞこれっぽっちもないくせに!」

「お前の実生、挿し木好きには困ったもんじゃ!」

「“猫にネズミを追うな”と言うより難しい!
              何とかならぬものかのぉ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ モウシワケゴザイマセン ゴシンパイヲ オカケシテ オリマス


にほんブログ村

真柏 シャリの検討

挿し木から作ってきた真柏です。
幹中央付近が太ってしまい、元細に見えます。
IMGP6893 (640x427)
露出した根に彫り込んだシャリも景色を出し始めています。

太ってしまった部分にシャリを入れて、目線を誤魔化してはどうか?とチョークを塗ってチェック。
IMGP6892 (640x427)
少しアップで。
IMGP6891 (640x427)
目立ちませんが上部に少しだけ彫ったシャリがあり
これももう少し広げるつもりです。

小枝の充実に伴いこの鉢ではバランスが崩れてしまいました。
来春には尚古堂か木瓜の鉢に植え替えを予定しています。
尚、この形の鉢は根が充満しすぎると樹が抜けなくなる鉢なのです。
そろそろ危ないかも知れません。


にほんブログ村

椿 白楽天の開花

我家の数少ない椿が咲きました。
IMGP7146 (640x427)
反対側から。
IMGP7143 (640x427)
いよいよ椿の咲く時期になりました。

雑木達もほぼ葉刈りを済ませ、
棚の上も以前とは違う景色になってしまいました。

日々、わずかづつの変化を感じています。

季節の移ろいを楽しめるのも、盆栽人への恩恵ではないでしょうか?。


にほんブログ村

ワンコイン真柏の改作  

展示会即売品の真柏です100円ではありません、念の為。(笑)
IMGP6545 (640x427)
写真中央部を電動ドリルで芯を抜き、
ラフィアで保護し絞り込み完了。
ドリル予定 (640x427)
次は写真中央の赤丸の芯を抜き正面側(こちら側)へ絞り込みたい。

上部の枝を正面(左)へ移動させたいと上をラフィアで少しだけ保護し、
IMGP6556 (640x427)
針金を絞り始めると、
メリッ メリッ 一番聞きたくない音が。
IMGP6557 (640x427)
緊急常備薬「木工用ボンド」を塗り、上からラフィアを巻き直す。、

下の部分へもラフィアを追加し、
IMGP6558 (640x427)

電動ドリルの入手で出番のなくなったドライバーを添え絞り込む。
IMGP6559 (640x427)

下の針金ではここが限度。
IMGP6563 (640x427)
絞り込む場所を上の針金に変え再度絞り込みを

今日はここまで、ほぼ思い通りに。
IMGP6573 (427x640)
下の針金も再度絞り込んでおきました。

弄り過ぎて鉢から抜けましたが
IMGP6570 (640x427)
裏だと思っていたここに新しい正面がありそうです。
この位置だとゴムの当たった一曲目をもう一度絞り込みたいですね
直立の立ち上がりも面白くありません。

少し傾けここはどうか?。
IMGP6574 (640x427)
入手時に前の持ち主が「根が浮いているから!」とのネガティブな話でしたが
いやいや、ここが面白い、何とかしてみますと連れて来た木です
これなら引き根として使えます、反対側の根は太らせた後でジンにでもできたらと!。

暫く様子を見ながら、どんな姿に成りたいか?この樹と相談しながら整枝します。


「とんでもない奴に捕まっちまったぜぇ~、
    今までたいした手入れもされず、ノ~ンビリと過ごしていたのに
           まだ絞り込む!とか 傾けるとか! 今日はここまでっ!とか」

「相談だって~ぇ!冗談じゃぁね~よ 出来りゃぁ 元の姿に戻して欲しいぐらいだぜぇ!」

「新入りかい?、諦めな、運の尽きだぜ!」

「枯れねぇ~ようにお前が自分で頑張るしかねぇ~ぜ!」

何やら樹達の嘆きが聞こえます。

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

ネジカンザクロ 整枝

葉刈りをして小枝を追い込む事に。
IMGP6901 (640x427)
安全な芽のあるところまで戻って切っています。

後枝。
IMGP6897 - コピー (640x427)
芸の無い赤矢印の枝を赤線部分から切りたいところですが
黒矢印付近から下に芽が吹く事を期待して
今日の所はここで止めておきます。
(今切っても左側の枝二本がカバーしてくれるとは思いますが)

太枝を切ると根まで枯れる可能性のある樹種です。
他にも切りたい所はありますが我慢しました。

根まで枯れ込んだ痕。
IMGP6902 (640x427)
前蔵者が太枝を切ったようです、
私の失敗ではありません、念の為。(笑)

枝の枯れた痕。
IMGP6905 (640x427)
恐らくここにあった太枝を切ったようです?。(白矢印)
IMGP6906 (640x427)
樹の正面?の幹筋の景色を覆い隠すように出た枝だったのか?。
芸もなく一直線に出た太い枝だったのか?。
今となっては想像する以外ありませんが!。

どっちにしても枯れた根に一直線で繫がっています!。

雑木は細かい事にあまり拘らず、
作り過ぎない自然な姿が良いかも知れません?、
樹の為にも!。



にほんブログ村

唐楓 葉刈りと針金かけ

アップするまでもないような樹の、
アップするまでもない葉刈りを続けています。

この樹はその中の一本です。
きれいな紅葉を楽しめませんでした
IMGP7123 (640x427)
葉刈りし整枝を。

手入れ前の箇所をペイントソフトで。
IMGP7122 - コピー (640x427)
立ち上がりの瘤を綺麗に削り、4本出た小枝を一本に絞り、
コケ順を作りながら不要な小枝を追い込み、最終図。

今年春に入手し、植え替えてあった樹を初めて本格的な手入れをしました。

8月21日投稿時の写真。
IMGP4525 (640x427)

「お前の棚にはアップするまでもないような樹ばっかりじゃ!
                    自覚症状が足りぬようじゃのぉ!」

(´・_・`) トホホ ヤッパリ  ボンサイノカミサマノ キツイオコトバデス



にほんブログ村

真柏 挿し木の準備

昨日投稿の極安で落札した「ヤフオクあるある」の真柏です。
ラフィアと針金を巻いただけの状態。
IMGP6700 (640x427)
これだけ太い枝は自由に曲げる事は出来ませんが
接ぎ木成功時には切り捨てられる枝です、
この取り木構想も入札を決めた要因でもあります。

付け根から取れれば双幹にもできますが
IMGP6743 - コピー (640x427)
模様樹と懸崖を作るつもりで針金掛けをしました。

左の木を反対側から、右の木を隠して。
分かりやすいのでイラストは不要。
IMGP6740 (640x427)

赤の懸崖とピンクの模様樹で。
IMGP6730 (640x427)

懸崖樹形で。
IMGP6741 (640x427)

杉葉ばかりとはいえ、枝には懐枝が十分にあります。
思い通りに追い込む事ができ、取れれば楽しみな素材ばかりです。

予定の作業が終わったので輸送用のラップを外し、根張りを確認。
IMGP6747 (640x427)
再度お絵描きソフトで接ぎ木構想を、昨日とは樹形構想が少し違うようです。(笑)
その時までジックリと観察し最適な場所と樹形を探し出したいと思っています。

以上はあくまでも、取り木と接ぎ木の未来予想図です。

そして盆栽の神様の言われる「捕らぬ狸の皮算用」です。

しかし盆栽用語的には「樹形構想」とも言います。(笑)

「屁理屈を並べおって、全部成功してから言え!、バカもんが!」

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

寒グミの開花

挿し木,寒グミの花が咲きました。
IMGP6908 (640x427)

お気に入りの曲が付けられた同級生ですが、
IMGP6914 (640x427)
花芽は全くありません。

少し下から。
IMGP6913 (640x427)
上から。
IMGP6915 (640x427)
葉切りで手間のかかる樹です。
以前に小葉性の寒グミを入手しました。
今後はその小枝で増やす事にします。



にほんブログ村

真柏 種木到着

ヤフオクで数週間落札されず
開始価格が見る見る内に下がってしまい
送料の方が遥かに高い「ヤフオクあるある」の真柏です。
IMGP6696 (640x427)
上部は全て取り木、挿し木素材にするつもりで
適期まで針金で曲を付けておきます、
我家の真柏にはもう挿し穂が採れるような樹が殆どありませんから。
但し、全て杉葉です、これでは誰も入札しようとは思わない筈です。(笑)

しかし立ち上がりに面白い曲があり、ここを生かせないか!と。
この立ち上がりに来春「杉葉の出ない真柏の小枝」を接いで作り直すつもりです。
IMGP6697 - コピー (640x427)
小品盆栽は立ち上がりに一曲さえあれば「それなりの樹」が作れます。


「あのバカが、またまた脳天気な絵を書き居って!、
  “捕らぬ狸の皮算用”をするなと口酸っぱく言っておるのに!懲りん男じゃ!」

「接ぎ木だって成功するとは限らぬものを!」

「完成までどれ位の時間が掛かると思っておるのか!
               脳味噌の中を知りたいもんじゃわい! 
   イカン イカン あいつの事だ、また馬鹿げた返事をするに決まっておるわ!!」

「残り少ない人生じゃ、好きなようにさせておいてやるのも良かろうかのぉ」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ トウトウ サジヲ ナゲラレタ ヨウデス


にほんブログ村

改作予定真柏 ジンの移動

何やら盆栽ブログらしからぬ光景です
IMGP6834 (640x427)
真柏改作時の嫌味なジンに気付きました。

これ位の位置で改作予定ですが、ジンが真下を向いてしまいます。これはイケマセン。.
IMGP6829 (640x427)
ラフィアで保護、針金を掛け、レジ袋で完全武装!。
更に枝葉、水ミチは紙を丸めて保護してあり、
万が一、袋に熱湯が掛ったとしても紙の断熱効果で守ってくれます。

ヤカンの熱湯を少しずつ掛けながらジンを移動。


真下を向いていたジンが移動出来ました。
IMGP6837 (640x427)
乾燥すれば固定されますが当分の間このままで。
改作後バランスを考慮しイヤミな部分を短くする事があるかも。

「私を出さないで欲しいザンス シェー」  イヤミ



にほんブログ村

真柏 改作樹形決定とジンの準備

先日投稿の真柏です。
この位置で作る事にしました。
・早く作れる
・小さく作れる
・真柏らしい厳しい樹姿になる
IMGP6715 (640x427)

A案
IMGP6678 (640x428)
現在の樹冠部を全てジンにし、この位置で朱泥鉢に植え替える。

コピー用紙で隠した樹冠部の幹や小枝にシャリを入れました。
IMGP6714 (640x427)

IMGP6712 (640x427)

IMGP6711 (640x427)
樹姿の完成まで少なくても数年は掛かります。
その間ここを生かしておけば、
ジンにしたとき景色が作れるのではないかと考えています。

彫刻では彫り得ない姿です。
IMGP6717 (640x427)

IMGP6716 (640x427)
上の二枚の写真はシャリが彫ってあった幹と枝をジンにしたものです。
決して人為的に作れる芸ではありません。
改作時に即ジンにしたのでは丸幹、丸枝のままの風情のないジンになってしまいます。
その後、彫刻刀でこれ程の景色を彫る腕前は私にはありませんから。


PS
IMGP6776 (640x433)
植え替えまでの間、水やり後には写真の方法で管理します。
これなら「下枝」ではなく「上枝」としての養分が貰えるのでは?。
真柏も黒松同様頭部の枝は強く下枝は弱いようです、
この記事の内容はあくまでも素人考えです、
良い子は参考にしないでね。(笑)


にほんブログ村

冬支度 色々

美男葛が綺麗に紅葉しています。
IMGP6870 (640x427)
出来れば実姿が見たいものですが!。
IMGP6877 (640x427) (2)
少し追い込んであります。

この美男葛は紅葉の気配が感じられません
IMGP6875 (640x427)
切り詰めておきました。
IMGP6876 (640x427)

五葉アケビの葉も紅葉せず枯れ葉が目立ちました。
枯れ葉を落とし綺麗にしてから ハイ・ポーズ・パチリ。
IMGP6878 (640x427)
葉刈りし、樹姿の確認。
IMGP6879 (640x427)
「私~ぃ、裸になるとダメなんですぅ~、イヤ~ダ~ァ~」と言ったとか言わなかったとか。

「me too」です。 (;´д`) トホホ

挿し木を寄せておいたレンギョウです。
IMGP6880 (640x427)
右端の小枝が枯れていました。
IMGP6881 (640x427)
花芽も準備しています。
IMGP6882 (640x427)
来春も少し楽しませてくれそうです。


にほんブログ村

黒松 何でもないような手入れ

実生挿しの黒松苗が雑草に覆われてしまっています。
IMGP6595 - コピー (640x414)

立ち上がりにどんな曲が付いているのやら?。
IMGP6597 (640x427)

なにこれ。
IMGP6600 (640x427)

さっぱり分かりません(笑)。
IMGP6601 (640x427)

これは根が束ねてあります、根上がり目的のようです。
IMGP6602 (640x427)

木片を挟んで芽切り?、しかも新芽が吹いていない、意味不明!。
IMGP6603 (640x427)

押し潰したようです。
IMGP6604 - コピー (640x427)

このまま斜幹、もっと傾けて懸崖?、どちらかでしょうね。
IMGP6606 (640x427)

また団子状に潰したようです。
IMGP6608 - コピー (640x427)

雑草の根と一緒にに表土が取れてしまい、矢作砂を補充。
IMGP6609 (640x425)

「あいつ」は何を考えてこんな曲付けや手入れをしたのか?。
「今の私」には分かりません。
勝算もなくただ単に曲げただけのように思われます!。

「あいつ」のせいでなんでもないような
こんな点検作業をする羽目になってしまいました。

「♪なんでもないような事が~幸せだったと思う~♪、なんでもない夜のこ~と~♪」

盆栽の神様が鼻歌で帰って行かれます。

あの歌の題名が思い出せません
最近までワイドショーを賑わせていたあの歌手のはずです。

これをアップしたらググります。

ちょっと前の事が思い出せないのです!!。

昔の事は昨日の事のように覚えているのに!。

(´・_・`) フゥ~ ヤレヤレ


にほんブログ村

ミニ黒松 古葉取りと整枝

古葉を取っている内に針金まで掛けてしまいました。
IMGP6807 (640x434)
やり出したら止まらない「カッパえびせん状態」でした。

以前投稿した接ぎ木の黒松です。
IMGP6797 (640x427)
赤線上部に僅かな痕跡が残るのみです。

数十年後この上下の幹荒れに差異が生じるかも知れませんが
その頃には神様と盆栽談義に花を咲かせている事でしょう。
私が「豊洲」のように責任を取らされる可能性もないのでは!。(笑)

後側から。
IMGP6798 (640x427)
本体を切り飛ばした痕です。
本体も実生挿しした樹でしたが、
間延びさせてしまい追い込むより接いだ方が早いと。


「ワシの所へ来る気でおるようじゃが宝くじの一等を当てるより難しいぞ、
    ドラフト会議で閻魔様が当選くじを引きそうな気がする!、
                    彼奴にとっても適地かも知れんしのぅ」

「しょうがない、長い付き合いじゃ、宝くじの神様に頼んでおいてやろう」

「なかなか難しいとは思うがのぉ!」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ ヨロシク オネガイシマス



にほんブログ村

季節を間違えたレンギョウの花

枯葉で棚が汚れてもイケマセン、早めに葉刈りをしています。
IMGP6856 (640x426)
連翹の花が咲いていました、両側から葉に挟まれて目立たなかったものの、頂部に花一輪。


「狂い咲きとはいえ、一度も花の咲かなかったお前の人生に比べたら立派なもんじゃ!」

「ぅん!、前にも言ぅたかのう?」

あれは他のレンギョウの花の時でした。

「樹は違ぅても、事実に相違あるまい、違うか?」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ ソウイ ゴザイマセン


にほんブログ村

唐楓 小枝の追い込み

紅葉しています。 少し早めに手入れを。
IMGP6649 (640x427)

葉刈りし。
IMGP6653 (640x427)

矢印の太くコケ順が無くなってしまった箇所、その他の切り戻し。
IMGP6654 (640x427)
後枝に強い枝が多いようです。

最終図上から。
IMGP6662 (640x427)
寂しい樹姿ですが柔らかな枝のホグレの為には必要な手入れです。

放置し数年後、ここまで切り戻す事になってしまっては時間の無駄です。



にほんブログ村

唐楓 寒樹へ

今年の不順な天候に綺麗な紅葉が望めそうにありません。
IMGP6536 (640x427)

早々と葉を落とし、先ずは小枝の確認。
IMGP6540 (640x427)
樹冠部の枝が太ってしまったようです、細かな手入れは後で。

危険が危ない!、記録写真を撮る前に少しハサミを入れてしまいました。
IMGP6541 (640x427)
何とかセーフです。

小枝のほぐれがありません。
IMGP6542 (640x427)
この鉢で見られるようになるまでにはまだ相当の時間がかかりそうです。


にほんブログ村

東福寺に入った黒松

二代東福寺の鉢に入った黒松です。
実生挿し10年程です。
IMGP6762 (640x427) (2)
古葉や余分な芽で込んでいます。
それらを整理しスッキリと。
IMGP6764 (640x427)
引き根が枯れたようです。

チョークを擦り込み落款のチェック。
IMGP6765 (640x427)

展示会の即売品でした。
会場係の壱興さんに確かめました。
「初代じゃないよね?」
「二代だよ!」

当たり前ですよね、そんな値段だったら今頃はそこにある筈がありません。(笑)

以前女性会員の真柏の鉢を何も知らずに手にした時程の存在感を感じません。
その鉢には「舟山」「証緫手造」との落款がありました。
初めて触った鉢でした。 


にほんブログ村

放置してあったキンズ小枝の起承転結

棚下の端に何やら見覚えのある苗が。
IMGP6648 (640x427)
未だに枯れていないと言うことは発根したか?。

以前の姿。
IMGP4041 (640x427)
キンズの枝先に害虫が卵を産み付けたのを発見。
このままでは葉が全滅させられる、と枝先を切り取り挿しておいたものです。

夏場のオオスカシバ対策に右往左往していた頃です。

あわよくば、孵化、毛虫、さなぎ、蝶(蛾)の経過をブログにアップ出来ないか?
との考えもありました。

小学校の宿題のような「夏休みの観察日誌」として。(笑)

その辺に転がっていた鉢穴のない鉢です。
IMGP6766 (640x427)

駄鉢ではありますが本物の盆栽用の鉢です。(笑)
IMGP6768 (640x427)
この時期この樹のこの作業は適期とはいえませんが
根の多湿を嫌う樹種です、鉢穴のない器からそっと移動させておきました。


棚下の隅に置いた為?か、日当たりが悪く適温にならず孵化する事なく現在の姿です。

この鉢を見た時、当時の卵が付いた写真があったはずだと、

外付けハードディスク内の写真検索に悪戦苦闘しました。


「お前は以前から整理整頓がまったく出来ぬ男じゃった!」

「もう、直らぬであろうのぉ!」

「お前の作った樹なぞは高が知れておるが、有名作家の鉢も少しは有ろう!」

「駄鉢と同様に廃棄処分されては勿体無い!!
    お前の家族が遺品整理に迷わぬよう個々の鉢の身辺整理をしておくが良い!」

「開運なんでも鑑定団を見て見ろ!本人以外にとってはゴミ同然じゃ!」

((((;゚Д゚)))))))トホホ モウ ソンナ ジキデスカ ボンサイノカミサマ


にほんブログ村

老爺柿の整枝

今年は結実しませんでした。
結実したとしても使える姿ではありませんが。
IMGP6635 (640x427)
不満の残る樹芯を矯正することに。

折れてはいけない大切な枝にラフィアを巻き、他の枝に針金を掛け渡しただけの姿。
IMGP6636 (640x427)
写真下部中央の切り飛ばしキズ、少しは巻き始めたか?。
他にもゴツイ枝があり、柔らかな枝別れの為にも切り戻さねば!。

少しだけ曲げた状態、「今日んとこはこれ位にしといたるわぁ~」と。
IMGP6643 (640x427)
これ以上無理をして「盆栽人として一番聞きたくない音」を聞いてもイケマセン。
来春までに時間を掛け少しずつ曲げていきます。

上から。
IMGP6644 (640x427)
針金を掛け渡した他の小枝も少し矯正。

入手時の姿。
入手時 (640x427)
入手時には斜上する幹の最下部に二本の小枝だけがあり(結実はしていました)
幹の僅かなユスリと右側の立ち上がりの根の姿に魅力を感じ
幹を切り飛ばせば作れるのではないかとヤフオクで開始価格で入札し、
他に入札する人もなく、格安での落札でした。

同じ頃、落札した鉢に「この樹の鉢」と決め
長い間入れてありますが鉢も落ち着いてきたようです。
IMGP6640 (640x427)
写真中央右に「彦山人」。


神様この樹が飾れるようになるにはあとどれ位の時間が掛かるでしょうか?。

「慌てるでない!、お前が飾れんでも他の人が何とかしてくれるじゃろう!」

((((;゚Д゚)))))))エエ~エッ モ モ モ モシカシテ?


にほんブログ村

ミニ黒松 その後の樹姿

新芽も元気に伸び、古葉を整理しこの樹の未来図を見てみる事に。
IMGP6627 (640x427)
樹高短縮と右枝の絞り込みに針金で引っ張っています。

横から。
IMGP6628 (640x427)
一番元気よく伸びた新葉まで11㎝ほどです。
将来的には短葉法や芯の枝の切り戻しで樹高はもっと縮める事も出来ます。

まだ菜箸に毛の生えたような太さで、幹肌もツルツルですが
このままじっくりと持ち込み肌の荒れるのを待ちます。


「そんな奴おれへんでぇ~ 菜箸に毛ぇ~が生えたら使い難ぅ~てかなわんがなぁ~」

「肌が荒れたら保湿クリームでも塗ったらえぇやんかぁ~」

「めっちゃ言うたら~あきまへんがなぁ~」

盆栽の神様 関西の漫才がお好きなようで、このコンビが大のお気に入りです。

W(`0`)W オヨヨ カミサマ コノ フレーズ゙ タシカ ニカイメデハ? イゼンハ ツマヨウジノ ハズ



にほんブログ村

真柏 改作案二態

以前投稿した樹です。
天場に飾る樹を作ろうとしていましたが、下枝が一本ずつ枯れ無残な姿です。
IMGP6670 (640x427)
このまま持ち込んでも良くなる可能性はありませんし
長年変化のない、この姿も見飽きました。

少し前より頭部の枝を全てジンにしてはどうか?と考え始めています。
IMGP6666 (640x427)
真柏らしい風雪に耐えた厳しい姿が出せるのではないだろうか?。
そして植え付け位置も右へ倒し、樹高を短縮し、
水平になってしまった効き枝を幹に引き寄せてはどうか?と。
A案
IMGP6666 - コピー (640x427)

或いは、今ある枝を整姿し直し、
右二本の枝を伸ばして(PCソフトで)
大物盆栽のような樹姿にしてはどうか?とも。
B案
IMGP6677 (640x427)
樹芯下のジンの上まで枝葉で隠れるように整姿できないか?。
優柔不断な性格でまだ決心できません。


B案に整姿後、A案のように幹を傾け再度確認。
IMGP6686 (640x427)
メジャーを当ててみると。
IMGP6692 (640x427)
鉢もペイントソフトで。
IMGP6678 (640x428)
引き根を効かせた植え付け位置で朱泥の小さな鉢に。
これなら枝葉が充実しても小さく作れるのではないか!。

天場に飾る主木用ならB案で、
ハネ出しに飾る樹ならA案ですが
さてどっちにしたものか?。

「どうしたんじゃ?らしくもない!お前が悩むとはのぉ!
    いつも何も考えず本能のままに行動しておるではないか!」
             
「何処か、具合でも悪いんではないか?、救急車でも呼んでやろうか?」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマニ ヨケイナ ゴシンパイヲ オカケシテイマス


にほんブログ村

真柏 樹形構想

直立した挿し木の数年生を入手し曲付けしてありました。
現時点で挿し木後4~5年程経っているのでは。
IMGP6610 - コピー (640x427)
上から。
IMGP6612 (640x427)

同じく、針金を外した状態。
IMGP6611 (640x427)
上から。
IMGP6613 (640x427)
役枝も揃い、シャリを入れ次の段階へ進ませなければいけませんが
この形でシャリを入れても良いものだろうか?、
もう少し良くならないか!もう少し変化が欲しいと、樹形に納得がいきません。

上の樹は移動出来る枝を少しづつ絞り込みました。
IMGP6624 (640x427)

下の樹の左へ伸びる枝は幹に対して太り過ぎ、真っ直ぐ過ぎでした。
IMGP6618 (640x427)
シャリやジンに加工した時に景色が出るよう曲げておきます、まだ足りませんが。
写真右中央の枝も真っ直ぐでした、これも将来用に曲を付けてあります。

幹を余りにも潰し過ぎたようです、シャリを入れたとしても目立ちません。
IMGP6620 (640x427)
竹箸を適当な長さに切り、幹を広げてあります。
この位置で固定されれば、昇り竜のようなシャリが彫れるのでは?。

「一本はさらに絞り込んだだとか
     絞り込んだ曲を伸ばしただとか
         幼稚園児が積み木やレゴで
             気まぐれに遊んでおるような光景じゃ!」

「思って居るほど変わってはおらんぞ!」

「もっと計画性を持って手入れが出来たら良いのになぁ!」

「脳天気なあいつには無理な注文かも知れんが!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ ドコカデ ゴランニナッテ オラレル ヨウデス


にほんブログ村

マユミに纏わるエトセトラ 

適度に結実していますが、今年の展示会には使えませんでした。
IMGP6591 (640x427) (2)

「不服そうじゃのぉ、理由が分からぬならば教えてやろうか?」

「樹のサイズより鉢が少し大きいような気がするがお前にしては上出来じゃ」

「もし飾るなら実数のバランスを考え摘果すれば良い」」

「しかしのぉ、鉢の絵柄を見て見ろ!、梅に鶯ではないか!季節は何時?じゃ」

まだ桜も咲かない早春ですが。

「展示会は何時じゃ?」

10月の終盤です。

「半年ずれて季節が正反対であろうが!」

「盆栽に一番大切な季節感を蔑ろにしおってバカもんが!」

「以前に馬の絵の鉢に桜を植えていた事を忘れたか!」

「サイズさえ合えば良いというものではないわ!」

「下手をすれば物笑いの種じゃ、使わなくて正解じゃたぞ!」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ ノ スルドイ ゴシテキ デス


にほんブログ村