表示されない「去年の根伏せアオツヅラフジの鉢上げ」の記事

今朝7時頃に時間予約投稿でアップしましたが
PC版には新着記事にも新着記事画像にも表示されていません。
ブログ村表題画面の盆栽備忘録欄にもタイトルの「アオツヅラフジの鉢上げ」がありません。
しかし盆栽備忘録をクリックすると「ニオイカエデの鉢上げ」の下に記事があります。

尚、スマホでは順番に表示されています。

何があったんでしょうか?。

IMGP1033 (640x427)
IMGP1037 (427x640)
IMGP1035 (427x640)
IMGP1039 (640x427)
IMGP1042 (640x427)
IMGP1047 (640x427)
上記が今朝アップした画像です。
記事は割愛させて頂きます。
まだお読みでない方はブログ村表題画面の盆栽備忘録をクリックしてください。
今日までの記事が順次読めます。

しかし一体何が起きたんだろう?。

「ワシが時空を超えインターネットへ入り込んで悪戯しておいたんじゃ!
    盆栽の手入れも致さず バカな記事ばかりを書いておるからのぉ、ワッハッハァ~」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ イタズラガ オスキナノデス



にほんブログ村

ニオイカエデ 鉢上げ

一昨年、古梢を差してありました
IMGP1121 (640x427)

この苗Aと
IMGP1124 (640x427)

この苗Bです。
IMGP1125 (640x427)

Bの苗は不要な枝を切り、双幹風に作れそうです。
IMGP1129 (640x427)

Aの苗のカエル股の一方を切り斜幹風に。
IMGP1132 (640x427)

片方はナイフで切口を綺麗に削り、
IMGP1134 (640x427)

横に挿しておきました。
IMGP1135 (640x427)
運が良ければ着くのでは?。

この時期の苗木に多くは望めません。
今後の手入次第で名木にも迷木にも成り得ます。

「だからお前の棚は迷木ばかりじゃのぉ」

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

去年の根伏せアオツヅラフジの鉢上げ

去年三月の長老からの貰い物で
丸太状態の根を伏せたものです。
IMGP1033 (640x427)
すでに枯れてしまった根は捨ててあります。

幹の上部の乾いた部分は枯れています。
IMGP1037 (427x640)

この苗には、
IMGP1035 (427x640)

途中からも発芽しているようです。
IMGP1039 (640x427)
ここも小さく切り独立させ更に小さな樹を作るつもりです。

上部の枯れた部分を切り離し、コケ順と一曲出来ました。
IMGP1042 (640x427)
自然な曲がありますが爪楊枝程の太さしかありません。

今日の鉢上げ結果。
根伏せの成功率は約40%程度でした。
IMGP1047 (640x427)
今ある根は全て丸めて鉢の中に収めました、
樹姿に拘るあまり、根を切り過ぎて樹勢が低下してもイケマセン。


「バカもん、何が樹勢維持じゃ!お為ごかしを言いおって!
          本当は数年太らせ、またこの根を伏せたいだけであろうが!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ ナニモカモ オミトオシデス


にほんブログ村

預かっている真柏の整姿

以前投稿の真柏です。
急遽整枝する事になりました。

もう少し残したかった前枝をジンに。
IMGP0755 (640x427)

多少の段差は出ていますが、やはりもう少し生かしておくべきだった!。
IMGP0766 (640x427)

左枝数本に針金を掛け終えてここで小休止、この間30分程。
近頃は集中力が維持できません。 トホホ
昼食に合わせて再度休憩。

整枝A。
IMGP0775 (640x427)

整枝B。
IMGP0779 (640x427)
右枝を少し下げて。

預かった時にはボンヤリした曲と杉葉の姿で
どうなるか心配でしたが何とか盆栽らしくなったのでは?。
この姿でお返しします。



にほんブログ村

唐楓 取り木外しと根接ぎとエトセトラ

取り木の発根を確認すると、
IMGP0856 (640x427)

ここと、
IMGP0863 (640x427)

ここに。
IMGP0864 (640x427)

この木は昔にも取り木を掛けましたが数本の発根があっただけで
手入れする意欲も無くなり放ってありました。
当時の底キズはすでに巻いています。
IMGP0866 (640x427)
去年、駄目元で再度掛けましたが
やはりダメだったようです。😢 トホホ

実生苗から根接ぎに最適な苗を探し、
IMGP0867 (640x427)
根接ぎには写真左右の片根張りの苗が最適です。

今回の発根と合わせ八方根張りとなるように六ヶ所に根を接ぎました。
IMGP0874 (640x427)
ここに根が星~いとの願いを込めて星印で!。

お~い、山田く~ん、座布団一枚持って行って!


植え替えて作業終了。
IMGP0878 (640x427)

残った苗をどうしましょうか?。
IMGP0879 (640x427)

以前 山モミジと唐楓の癒着を促す 樹形構想をアップした事を思い出し
IMGP0884 (640x427)
缶底にドリルで穴を開けるのも面倒だと プルトップの穴を利用する事に

立ち上がりの一曲を作る為に
全ての苗をプルトップの楕円に合わせて寝かせました。
IMGP0886 (640x427)
プルトップの穴を塞ぎ、アルミの上に座が出来た時点で取り木の要領で発根させ
枝を順次外して、下の「絵に描いた餅」のように作るつもりです。
IMGP0882 (640x427)
これなら一本ずつ独立させるのとは違い、
鉢を減らす事が出来て盆栽の神様のお許しも得られるのでは?。

「これは伴天連言葉で何と言うのじゃろうかのぉ
   リメイク?、リデュース?、リサイクル?、
       リユース?、リビルド?、 リセット?、 リカバリー?」

盆栽の神様お悩みです、また頭痛痛くならなければ良いのですが!。


にほんブログ村


黄金真柏  植え替え その他

植え付け角度を変更しました。
IMGP0835 (640x427)
立ち上がりの曲が強調されたのでは?。

植え替え前。
IMGP9277 (640x427)
曲を付け直したジンも まだそのままです。


去年の挿し木苗も、
IMGP0823 (640x427)
IMGP0822 (640x427)

寄せました。
IMGP0832 (640x427)
この樹も5年程で完成域まで作りたいものです。

去年の挿し木苗の中から一本立ちさせたのは二本だけとなりました。
こっちは10年程掛かりそうです。

(´・_・`) トホホ ナガイミチノリデス


にほんブログ村

レンギョウ 開花

こんな不細工な姿に花が咲いても面白くありません。
IMGP1012 (640x463)

整枝してみました。
IMGP1030 (640x426)
まだ少し花芽があり、この姿で楽しませてくれそうです。

「バカもん、順序が逆ではないか、開花後の針金掛けなんぞ聞いたことも無いぞ!
    キッチリと整枝してから植え替えておけばが良いものを
         近頃は意味不明の手入ればかりしおって!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ オイカリデス


にほんブログ村

真柏 挿し木後5年 寄せ植えの整姿

掛けてあった針金を全て外して ハイ・ポーズ  カッシャァ~ン。
IMGP0810 (640x427)
基本の樹形は出来ました、ほぼ枝先だけの整姿で良さそうです。

寄せた樹幹部のアップを。
IMGP0811 (640x427)

整枝後。
IMGP0819 (640x427)
挿し木後即強い曲を付けた3年生苗を寄せてから2年経ちました。
合計5年で天場に飾れそうな樹が出来たのではないでしょうか?。

そろそろ飾ってみたい気分です。

同級生の苗ばかりをを寄せるのではなく
主幹に年数違いの太い樹を寄せても面白いのではとも考えています。


にほんブログ村

真柏 整枝

枝先が乱れボンヤリした姿になっています。
IMGP0795 (640x427)

平成九年、三十郎との落款のある「春嘉鉢」です。
IMGP0808 (640x427)

挿し木後20数年  樹高 13cm 鉢 12×10×4㎝ 
IMGP0798 (640x427)
左最下枝を下げて整枝しましたが、特徴的なジンが隠れてしまいました。
これを切っての整姿も良いかも知れません。

再整枝後。
IMGP0802 (640x427)
切った枝は二度と元へは戻せません
後悔しない為にも再整枝してみました。
今回はこれで良しとします。

「お前は後悔ばかりの人生じゃった!可哀想にのぉ!」

(´・_・`) トホホ ハンロンデキマセン ボンサイノカミサマ



にほんブログ村

黒松樹形 新構想

去年の実生挿し黒松苗を実生床から鉢上げしました。
片根張りの苗を集め、七幹の寄せ植えを作っていましたが。
IMGP0719 (640x427)
幹の上部までラフィアを巻いてしまってはどうか?、
途中で役枝用にラフィアから出し、
その上部も更に巻き込み、上部の役枝を作っては?と
IMGP0706 (640x427)

針金を巻き、模様樹としての樹姿を出す。
IMGP0710 (640x427)

一切の苦労もなく「八方根張り」の完成です。(笑)
IMGP0717 (640x427)
いつもは曲の付いた真柏でこんな事をやっていますが実生黒松苗では初めてです。
成功するかどうかは分かりません。

樹皮の固い黒松がどこまで癒着するか不明ですが
片根の苗で根上がりや懸崖樹形ばかり作っていても面白くありません。
又、一本づつ独立させたのでは増えすぎて置き場所に困ります。
この方法なら根張りの良くない苗が7~8本程必要で
省スペースにもなって幹を太らせる時間も稼げるのでは?。
今、これに近いやり方で真柏、キンズ、山モミジ、唐楓の実生苗が寄せてあります。

真柏だけは昔寄せた樹が完成間近です。
盆栽の神様にもご賛同頂けるのではないでしょうか。

「そんな些末な事より 問題はこの実生苗達が完成間近になるまで、
            お前の持ち時間が残って居るかどうかじゃのぉ!!」


((((;゚Д゚))))))) ワアオー ボンサイノカミサマ ソンナコトマデ オカンガエトハ   トホホ


尚、今日植え替えた苗の一部です。
IMGP0723 (640x427)



にほんブログ村

「春風会 春の盆栽展示会」 点描 その1

今日は朝から曇り空
小さな鉢の乾きを心配する必要のない
盆栽人にとって絶好の外出日和。

会場入り口のウエルカム展示。
IMGP0994 - コピー (640x427)

IMGP0991 (640x427)

IMGP0962 - コピー (640x427)

IMGP0891 (640x427)

IMGP0893 (640x427)

IMGP0895 (640x427)

IMGP0896 (640x427)

IMGP0897 (640x427)

IMGP0899 (640x427)

IMGP0905 (640x427)

IMGP0904 (640x427)

IMGP0982 - コピー (640x427)

IMGP0970 - コピー (640x427)

IMGP0969 - コピー (640x422)

IMGP0968 - コピー (640x401)

IMGP0967 - コピー (640x427)

IMGP0965 - コピー (640x427)

上の石をアップで。
IMGP0963 - コピー (640x427)

IMGP0961 - コピー (640x427)

IMGP0960 - コピー (640x427)

そして展示会最大のお楽しみ!。
IMGP1005 (640x427)
今回のテーマは中国の神話から青竜,朱鳥(朱雀(すざく)),
白虎,玄武(亀と蛇の合体)の天の四方の方角を司る四神だそうです。
私のお土産は青龍の一鉢のみ。トホホ

つづく。



にほんブログ村


黒松 取り木外し

去年から取り木の掛けてあった黒松。
IMGP0741 (640x427)

刻んだ水苔の上の赤玉土を退けてみると発根が。
IMGP0743 (640x427)

鉢底穴にも菌根菌のコロニーが。
IMGP0744 (640x427)

こんな位置で作りたいと。
IMGP0745 (640x427)

残念ながら矢印に発根がありません。
発根 (640x427)
根接ぎ用に去年の実生苗の中から 片根苗を少し残しておきます。

植え替えて手入れ終了。
IMGP0747 (640x427)
切り取った根にも悪戯しておきました。
成功したらアップし、失敗の場合は無かった事にします。(笑)

こんな風に作れたら良いなぁ~と。
IMGP0745 - コピー (2) (640x427)



にほんブログ村



真柏 そのまんま春嘉鉢へ

真柏を植え替えました。
IMGP0644 (640x427)


入っていた春嘉鉢に。
IMGP0604 (640x427)

この植え付け角度のままで整枝し直した方が良かったか?。
IMGP0602 (640x427)

何事も色々な選択肢がありますが、最善を選ぶとは限りません!。

「特にお前の人生はそうじゃったのぉ!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ  ピンポンデス


にほんブログ村

ミニ真柏 植え替え

水やり後この二本の真柏に呼び止められたような気がしました。
おい、鬼太郎 何とかしてくれ!」と目玉おやじのように。(笑)

Aの樹。
IMGP0526 (640x427) (640x427)
この樹は針金外しと本鉢に入れて欲しそうに!、

Bの樹。
IMGP0522 (640x427) (2)
この樹は乱れた姿で針金を掛けて欲しそうに。

整枝後。
IMGP0531 (640x427) (640x427)
立ち上がりの面白い半懸崖で作れそうです。

Aの樹を鉢から抜くと、
IMGP0541 (640x427)
真っ直ぐな立ち上がりが面白くありません。

中間部の上下に出た根が将来の根張りになるように強めに追い込んで、
IMGP0545 (640x427)

再度スリット鉢へ。
IMGP0548 (640x427)
数年ここで根張りを作ってから本鉢に上げる事にします。

Bの樹を抜くと、ナ、ナ、ナント!。
IMGP0534 (640x427)
直線の立ち上がりを消す為に
針金を巻いて鉢に固定してありました。
ここで取り木を掛ければ嫌味が消せます。

早速、環状剥皮して、
IMGP0538 (640x427)

「取り木中」とのラベルをスリット鉢につけて。
IMGP0539 (640x427)

あれは盆栽の神様のお声だったのか?。
挿し木3年生頃に最初の曲を付けましたが
太くて立ち上がりに強い曲を付ける事が出来ず、
“将来取り木でもすれば良いか?”と放置してあった樹達です。
あの声を聴くまでスッカリ忘れてしまっていました。

盆栽の神様ありがとうございます

お陰様で良い樹が作れそうです。

「ワシにはそんな覚えはないが、勘違いさせたままでも良いか!
   彼奴の下心で、お下がりを目当てにしてお神酒のお供えが増えるかも知れん?
       待ち遠しいのぉ!」

((((;゚Д゚))))))) オヨヨ!


にほんブログ村

黄金真柏  植え替え

植え替え時期のきた 黄金真柏を植え替えました。
IMGP0410 (640x427)

挿し木活着確認後、休み休み絞り込んで作って来た曲です。
IMGP0401 (640x427)

反対側。
IMGP0402 (640x427)

植え替え前。 鉢 谷 嵐山
IMGP0374 (640x427)
この鉢から植え替えました。


にほんブログ村

真柏  寄せ植えの制作

一昨年挿した真柏を寄せました。
IMGP0635 (640x427)
植え替え後。

将来の樹幹部をアップで。
IMGP0632 (640x427)
癒着が始まる前に、より良い景色が出るよう更に絞り込みます。


以下のような一本木として作るにはイマイチな苗木を6本集めました
IMGP0620 (640x427)
IMGP0619 (640x427)
IMGP0621 (640x427)
IMGP0622 (640x427)

仮に寄せて樹形の確認。
IMGP0627 (640x427)
バランスを考えながら苗木を足していきます。

上から、下が正面。
IMGP0631 (640x427)
挿し木に針金を掛けても、すべての苗が一本立ちできるような素材は作れません。
各苗の個性を見極め、主幹、右枝、左枝用の役枝として配置し
シャリやジンを作れば短期間で「個性ある樹」は作れます。

さぁ~、今年も頑張って真柏を挿すぞぉ~!。

「殆んど病気じゃのぉ、バカに付ける薬は無い!、
     放っとく以外無いか!ワシも もう匙を投げたわい!」

チャリーン!

あれっ、盆栽棚の隅で何か金属音がしたような?。


にほんブログ村

預かっている真柏の植え替え

杉葉だらけだった真柏を預かっています。
やっと本葉が吹いて来ました。
IMGP0416 (640x427)
立ち上がりを隠す前枝が何ともブチャイクな姿です。

図のようなジンにする為にシャリの景色を作っています。
尚、星印の曲はボンヤリした曲の内側の芯を抜き、
鉢底から強く絞り込んで曲を強調したものです。
IMGP0430 - コピー (640x427)
予想図を描いたものの長すぎるようです。

この樹はまだ杉葉が沢山残っています。
IMGP0422 (640x427)
ジンと立ち上がり上の小さなシャリは預かった時からあったものの、
今ある殆んどのシャリを彫りました。

先月の例会で預かって来た鉢に入れ。
IMGP0651 (640x427)
樹芯下のジンが隠れてしまいましたが、
丸見えより少し覗き込んで見えるくらいの方が男心をソソルのです。(笑)
杉葉さえ治れば即整枝して飾れるのですが!。

IMGP0646 (640x427)
前枝をジンにして、棚枝を割り 飾れるようにしてからお返しするつもりです。



にほんブログ村

照葉つるうめもどき ニューハーフ作戦経過報告

雄木の枝元に小枝を接いであります。
新芽が吹いてきたようです。
IMGP0690 (640x427)
接ぎ木後二週間程経ちました。

今回の接ぎ木位置(赤)、去年の呼び接ぎ位置(白)、呼び接いだ枝(青)
呼び接ぎ (640x427)

そして全体図。
IMGP0686 (640x427)
花で雄木を確認後、綿密なニューハーフ計画に基づいて実行されました。(笑)
もう少しこのままで癒着を促します。

今年接いだ芽も活着して欲しいものです。
そっと棚下へ戻しておきます。

盆栽の神様 宜しくお願いします。
神様のお好きなお神酒をお供えしてお願いしよう。

「うん 良い心掛けじゃ! 酒の肴も忘れんように頼む!
        生シラスに酢味噌を添えてくれたら嬉しいのぉ!」


(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ オネダリジョウズ ナノデス



にほんブログ村

ミニ真柏 取り木の切り離しと未来予想図

去年10月の確認時には思った程の発根がありませんでした。
IMGP0484 (640x427)

半年待ち、上部の赤玉土を退けてみると十分な発根が。
IMGP0486 (640x427)

切り離して水苔を洗い流す。
IMGP0487 (640x427)

切り離し下部の根。
IMGP0495 (640x427)
真柏にとってましてやミニ真柏にとって、
この立ち上がりの直線部分は致命傷です。

再度スリット鉢へ。
IMGP0499 (640x427)
この鉢で数年肥培すれば、将来が楽しみな素材の完成です。

そしていつもの未来予想図。
IMGP0492 (640x427)
はぁ~ぃ お待ちどうさまぁ~ ミニ真柏、一丁上がりぃ~。

「バカも~~ん、またまた脳天気な絵を書き居って!
            猫の手も借りたい、この忙しい植え替え時期に!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ ミライヨソウズニ オイカリデス


にほんブログ村

キブシ 鉢植えの入手と盆栽への一歩

先日、女房のアッシーとして(ちょっと古いか!)
生産農家直売の花木センターへ一時間近くのドライブ
花壇やプランター用の季節の花を探しに。
折角なので遊べる素材は無いか?と、この二本を探し出す。
IMGP0659 (427x640)
IMGP0661 (427x640)
このまま持ち込んだとしてもただの鉢植えです。
盆栽と言われるような姿にしたいと。

二本とも接ぎ木素材のようです。
矢印の部分が接いであります。
IMGP0663 (640x427)
IMGP0665 (640x427)
下部の接ぎ木位置で切れば即小さな樹が出来ますが
それまでに上部の接ぎ木位置で取れれば
これも盆栽として遊べるのでは?。

下部をこんな風に傾けて小さく作り
花さえ咲けば「🎶も~ぉ立派なぼんさいだも~ん🎶」
IMGP0666 (640x519)
IMGP0671 (640x427)
二本とも真っ直ぐな枝で面白くありません、
右流れと左流れの盆栽らしい曲を付けておきましょう。


「バカもん、“髪結いの正月”なら誰でも出来る
              手入れをしてからアップせんか!」
神様、意味をお教えください。

「結う(言う)ばかりじゃ!」

(´・_・`) トホホ



小枝に針金を掛け 接いだ部分を削ってみると ヤケが入っています。
カットパスタで保護、ここでの取り木は諦めます。
IMGP0740 (427x640)
植え替えると 真っ直ぐで長い立ち上がりが出て来てしまいました。
これでは盆栽にはなりません。
親木部分と上部枝別れ直下で針金を巻き取り木の準備。

この木もやはりヤケています。
IMGP0738 (427x640)
カットパスタで保護、親木部分を針金で縛り、手入れ終了。
この木も上部の小枝下で取った方が良さそうです。
取り木は来年以降のお楽しみとします。

「こんな細枝にラフィアを?」と思われるかも知れませんが
まだ曲げたい曲の半分程しか曲げていません。
今後、休み休み絞り込みます、その為の準備です。


「うん良かろう!
これならブログコンセント Before & After に戻ったではないか!
手入れもせず写真だけでは趣旨に反する」

トホホ 盆栽の神様 まだ少し伴天連言葉をお間違えのようです。


にほんブログ村

アオツヅラフジ 植え替え

長老からの貰い物のアオツヅラフジです。
IMGP0504 (640x426)
去年春に貰いましたが去年は実が生りませんでした。

もう少し小さな樹を想像していただけにかなりの長さです。
IMGP0506 (640x427)
長老は昔から長くて太いのがお好きなのです。(笑)

反対側から。
IMGP0509 (640x427)
芸のない姿ですが、長老のアオツヅラフジの実生りさえあればカバー出来ます。

英明さんの貫入鉢へ
IMGP0515 (640x427)
ここを正面に考えていますが、
一本足のここでも使えるか?。
IMGP0518 (640x427)



長老のアオツヅラフジはこんな実生り性です
出来ればこんな実姿を見てみたいと。
IMGP0516 (640x427)
IMGP0520 (640x427)


「バカもんが゙、植え替えの一番忙しい時期に
         こんな下手な絵を!、しかも二枚も描き居って!呆れて物が言えん」

(´・_・`) トホホ  ボンサイノカミサマ イツニナク オイカリデス



にほんブログ村

黒松 植え替え

去年、同じ日に芽切りした黒松です。
IMGP0413 (640x427)
葉の長さに三倍以上の差があります。
右側の黒松はまだ若い樹です。
若いとは言っても私が水やりを始めてから30年程経ちますが!。
美芸の同サイズの鉢に入っていますが、性なのか?、樹齢の差なのか?。

先ずはこの樹の植え替えを。
IMGP0435 (640x427)
鉢映りはピッタリだと思うのですが。

根を解し、固定用の竹串を打ち、準備完了。
IMGP0439 (640x427)
菌根菌が殆んどありません、葉の伸びの悪い一因か?。

入っていた鉢(上)と植え替え予定の鉢(下)。
IMGP0434 (640x426)
尚古堂型と切り立型で横幅は同一ですが、入る用土には差があります。

植え替え後。 鉢 渡辺正山
IMGP0450 (640x427)
当分この鉢で肥培させます。

続いてこの樹を。
IMGP0451 (640x427)

流石にこっちは菌根菌がビッシリと。
IMGP0454 (640x427)

同じく固定用の竹串を打ち、
IMGP0455 (640x427)

植え替え終了。 鉢  山秋
IMGP0458 (640x427)
この樹から菌根菌を移植しておきました。
多少効果があるかも知れません。

健康な人の腸内フローラ(細菌)を不健康な人に移植する手術があるそうです。
他の治療法で効果が無かった症状も回復する事があるようです。

「お前もイケメン菌を移植して貰ってはどうじゃ、多少は良くなるかも知れんぞ! 
         イヤァ すまんのぉ もう手遅れじゃったぁ!! ワッハッハァ~~」

。゚(゚´Д`゚)゚。 トホホ  ボンサイノカミサマ ゴキゲンデ オカエリデス



にほんブログ村

ミニ黒松根上り 鉢合わせ検討

実生挿しから5年程の黒松です。
IMGP0459 (640x427)
少し大きな鉢に入っています、合う鉢を探す事に。

ちょっとアップで。
IMGP0461 (640x427)

春嘉さんの朱泥ミニ鉢へ。
IMGP0463 (640x427)
サイズ的にはピッタリです。

一回り大きな春嘉鉢へ。
IMGP0464 (640x427)
少し大きいか?。

同サイズの庄八鉢へ。
IMGP0466 (640x427)
やはり少し大きい。

備前だったか?丹波だったか?忘れました。トホホ
IMGP0467 (640x427)
イマイチか?。

陶寿鉢へ。
IMGP0471 (640x427)
ピッタリのようです。

茶山鉢へ。
IMGP0478 (640x427)
これもピッタリです。

最終図。
IMGP0482 - コピー (640x427) (640x427)
上根保護用に水苔をタップリと乗せ木綿糸で押さえて終了。

検討した鉢に合うミニの樹も早く作りたいですね。



にほんブログ村

取り木こまゆみ発見

盆栽の神様に「枯れたかも知れんぞ」と言われたこまゆみが出てきました。
IMGP0588 (640x427)
十分に発根しているようですが、

上の幹には左側に太根が。
IMGP0584 (640x427)

下の枝にも発根が。
IMGP0585 (640x427)
上下の間にカルスと環状剥皮したキズがあり一本の樹にはなりません。

根を切らないように二本に切り分け、
IMGP0593 (640x427)

太根を最奥まで追い込み、八方に広げて植え付け。
IMGP0595 (640x427)

下の枝部分は持った部分を切り取りました。
IMGP0598 (640x427)
矢印部分に根がありません。
IMGP0599 (640x427)
左右にある根でカバーして植えました。
IMGP0600 (640x427)
髪の毛の薄い人の気分が少し理解出来ました。(笑)

久しぶりに全員集合の記念写真です。
IMGP0616 (640x395)
現時点では二本とも双幹風に作れそうですが
このまま無事に済む訳がありません(笑)
数年後には違う樹形になっている筈です。



にほんブログ村

真柏 盆華鉢から佐太郎鉢へ

この真柏もそろそろ植え替え時です。
気分転換で鉢を替えます。
IMGP0308 (640x427)
林 盆華  丸 7.6×3cm

ちょっとアップで。
IMGP0314 (640x427)

先日投稿の全く時代の付いていない佐太郎鉢に。
IMGP0368 (640x640)
挿し木後ほぼ思い通りのシャリやジンが作れました、
後は葉張りの充実だけか?しかしこれが中々思い通りにはなりません。

この鉢に時代を乗せるにはどれ程の時間が掛るやら!。

(´・_・`) フゥー ヤレヤレ


にほんブログ村

真柏 壱興鉢へ植え替える

爪楊枝のような挿し木から作って来ましたが
葉張りの充実に伴い、鉢(佐太郎)が合わなくなった真柏です。
IMGP0316 (640x427)
三年程植え替えていません。

袋式の鉢の最大の欠点で根が回り切り抜けません。
IMGP0319 (640x427)
鉢底網を外し、鍛造で鍛えられたピンセットで用土を少しずつ掻き出す。
(ステンレスのピンセットでは歯が立ちませんでした)

今更、佐太郎さんにお願いする事は叶いませんが
手書き落款の位置までの大きさの穴があったら
もっと楽に作業が出来たのにと考えてしまいました。

これから袋式の鉢を作る方にお願いします。
鉢底穴は大きめに!(笑)

鉢にキズを付ける事もなく、無事((笑))に抜いて植え替えました。
IMGP0373 (640x427)
壱興作 白泥外縁隅入雲足長方 9.5×7.7×3.7cm  

できれば同サイズの朱泥鉢に植え替えたい所ですが,無い袖は振れない。

馬子にも衣裳で樹姿の変化はありませんが樹格は上がったような!。

「それを盆栽用語で親バカと言う!!」

(´・_・`)トホホ  ソンナ ボンサイヨウゴガ アルトハ シリマセンデシタ ボンサイノカミサマ




にほんブログ村

ハゼノキ 寄せ植えを作る

そろそろ芽動きが感じられます。
以下の三鉢を寄せ直す事に。
IMGP0567 (640x427)
IMGP0570 (640x427)
IMGP0569 (640x427)

貰い物の短冊鉢で作りました。
これで鉢数を減らす事が出来、
盆栽の神様もお喜びになられるのでは?。
IMGP0582 (640x427)

「バカも~ん、鉢数は減っても大きさが三倍あるではないか!、
   棚上を占める面積はかえって増えた、そんな計算も出来ぬとはのぉ!
      考えただけで頭痛が痛くなって来た、イカン!救急車を呼んでくれ!」

ピーポー ピーポー ピーポー ピーポー ピィー 

神様ぁ~ お見舞いにお伺いしまぁ~す。

「バカも~ん、絶対に来るなぁ~!余計に悪化するぅ~!」


PS
残った苗で二鉢作ってみました、神様に内緒で投稿しておきます。
IMGP0576 (640x427)
IMGP0579 (640x427)

バカも~~ん

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

鉢の時代について

同形同サイズの鉢です。 佐太郎 丸 7×4.5cm
IMGP0297 (640x427) (2)
右側の鉢は先日ヤフオクで見つけて落札しました。
同じ窯で焼かれた鉢が我家で再会しての記念写真です。

左側の鉢はこの真柏を植えられ
手入れ時や樹形検討時に私の手の中でいじられ続けてきました。
表面が擦られ、手垢と汗と涙と油がこびり付いているかも知れません。(笑)
正面がストロボの反射光で輝き、鉢全体に艶も見られます。

右側の鉢にはそれらが一切感じられません。
窯を出てからどんな時間を過ごして来たかは一切不明ですが
やはり「鉢は使ってナンボ」の世界ですネ。

物置で眠っている沢山の鉢も草でも植えておきましょうか、時代付けに。

「バカもん、だからもうこれ以上樹を増やすなと言って居るではないか!
    その草を入れた鉢を何処に置くつもりじゃ?、お前の布団の横か?」

(´・_・`) トホホ ゴモットモデス ボンサイノカミサマ


にほんブログ村

網伏せ、採り蒔きキンズの発芽を確認しました

去年、樹に負担を掛けるのも良くない!と早めに採り蒔き、
IMGP0549 (640x427)
棚下でこぼれた水が自然に掛かるような場所に置いて越冬させました。(乾燥は厳禁)

見づらいので網戸用の網を外して。
IMGP0550 (640x427)

自然な曲が。
IMGP0553 (640x427)

上の芽をアップで見ると。
IMGP0554 (640x427)

右へ曲がった双葉の先が左へ大きく切り返して伸びています。ニッコリ
IMGP0557 (640x427) (2)

この芽にも腰の低い曲が。シメシメ
IMGP0558 (640x427)

これから沢山の芽が吹いて来ます、負けないように重石代わりのザルを被せて。
IMGP0565 (640x427)
不自然な長い鉢の中の用土には企業秘密の細工がしてあります。(笑)

御存知ない方は下記関連記事
「キンズ実生床の準備」と「キンズ採り蒔き」をご覧ください。


にほんブログ村

真柏 植え替え

衣替えした真柏を同じ鉢に植え替えました。
IMGP0277 (640x427)

植え替え前。
IMGP0276 (640x427)


2015/5 投稿時の写真。
IMGP3406 (640x427)
天ジンの流れはこの位置が最適なようです。
少しづつ作り直しましょうか?。


こんな風に!!。
しんぱく1 (640x427) (2)
植え替えてこのブログを書く前までは
これで枝葉を充実させれば完成だ!と思っていましたが
下枝をジンにして、樹冠部を作り直した方がより厳しさが表現できそうです。

現在は枝が真っ直ぐでこのままジンにしても面白くありません。
ラフィアを巻いて強い曲を付けておく事にします。


にほんブログ村

唐楓と ピラカンの植え替え

駄鉢に入った唐楓を、
IMGP0220 (640x427)

幻の鉢作家 水上 義介「辰砂窯変鉢」に植え替えました。
IMGP0226 (640x427)
♬ 🎶 ただ~ぁ それだけ~ぇ ♬ 🎶

👏  👏  👏ヤンヤ ヤンヤ



そしてピラカンも
IMGP0300 - コピー (640x427)
植え替えました。
IMGP0305 - コピー (640x427)
立ち上がりを強調するつもりでしたが
かえって悪い蛇のたまご」になってしまいました。



(´・_・`) トホホ



にほんブログ村

ミニ寒グミ 鉢上げと再整枝

挿し木4~5年生苗を植え替える事に。
IMGP0233 (640x427)

半懸崖樹形にピッタリの引き根が出てきました、軽く枝先を押さえて。
IMGP0240 - コピー (640x427)

この苗を抜くと、
IMGP0230 (640x427)

立ち上がりの緩い曲と螺旋状の中間部が面白くありません。
IMGP0245 (640x427)

ラフィアを巻き強く絞り込み、
IMGP0246 (640x427)

反対側から。
IMGP0247 (640x427)

この植え替え位置で作れるかも?。
IMGP0249 (640x427)


この樹姿で数個の実が生ればミニ盆栽としては十分です。


にほんブログ村

もう一つ出て来た山石鉢 唐楓鉢合わせ

少し大きな鉢の中にスッポリと入っていて
前回の植え替え時には気付きませんでした。
IMGP0184 (640x427)
去年秋の名城公園フラワープラザ「白樹会」さんの展示会で入手した鉢です。

落款を。
IMGP0182 (640x481)

ご本人のストック品ではなかったでしょうか?、
泥汚れも全くなく釉薬も窯から出したばかりのような輝きです。
こんな鉢が何枚も並んでいました。
IMGP0183 (640x427)

スリット鉢に入っているこの唐楓が入らないかと。
IMGP0178 (640x427)

座を薄く削り、太根を二本切り取りカットパスタで保護、軽く枝先を抑えて。
IMGP0211 (640x427)

 「プレバト」的にはこの鉢合わせは「才能ナシ」?、
         「凡人」?、もしかして「才能アリ」?。



にほんブログ村

取り木唐楓 鉢合わせ

鉢 春嘉
IMGP0177 (640x427)

取り木後スリット鉢で培養していました。
IMGP0165 (640x427)

取り木用の水苔を洗い落とし、植え付け角度の検討。
IMGP0168 (640x427)
右最下枝の切り落としも考えましたが、
この枝がないと何とも個性のない樹になるのでは。


「個性はイヤミでもあるのだぁ~ 逆もまた真なりなのだぁ~ シェー」 イヤミ。


PS
入手時の姿、腰高の姿がイケマセン。
IMGP8346 (640x427)
右一の枝下の曲が欲しくて取り木を掛けましたが、
もう少し上から発根してしまいました、
なかなか思い通りにはならないようです。
(;´д`) トホホ


にほんブログ村

ミニこまゆみ 鉢上げ

駄鉢に入っていたこまゆみをミニ鉢に植え替えました。
IMGP0088 (640x427)

斜め上から。
IMGP0089 (640x427)
時間が掛りますが丁寧に互生の枝別れを作って行くつもりです。

裏面、ここから取り木したミニの樹が見当たりません。
IMGP0091 (640x427)
冬を越せずに枯れたか?、どこかに埋もれているかも知れません。
暇な時に幹肌を頼りに探してみます。

「お前にとってはウサギの逆立ちのような話じゃが
  枯らすのが上手い!、物忘れが激しい!、
     恐らくは枯れてしまった事も忘れたであろう!可哀想にのぉ!
        何処を探しても出ては来んぞ!」 
    
盆栽の神様、「ウサギの逆立ち」の意味をお教えください。

耳が痛かろう

(´・_・`) トホホ



にほんブログ村

先日投稿の楓 更なる呼び接ぎ

取り木で本体を再生させる予定でしたが、この右側の根芸に目が留まりました。
IMGP0103 (640x427) (640x427)
数十年持ち込まれた根で、これを捨てるのは惜しい!。
ここに小枝があればここを見せ場にして、小さな一本の樹が作れるのではと?。
むしろこの根の芸の方が本体より面白いかも知れません。

IMGP0110 (640x427)
ノコギリで切り込みを入れ、ナイフで綺麗に削り実生苗をはめ込み、

IMGP0113 (640x427)
鉢底網で押さえアルミ線で固定。

IMGP0114 (640x427)
ついでにもう一本の根にも呼び接ぎ、プラ鉢を準備し、

IMGP0119 (640x427)
用土を入れ、2×4材の専用ストレッチャーに乗せ棚場へ。

接いだ小枝が邪魔をして、取り木用の幹を削る幅がなくなってしまいました。
今年中はこの接いだ小枝を伸ばして太らせる事に専念し
当初予定の取り木は来年以降になりそうです。

盆栽はアワテナイ、アワテナイ! 一休さん(笑)



にほんブログ村

ミニユキヤナギの芽吹きと植え替え

僅かながら新芽が吹いています。
IMGP0130 (640x427)

庭の親木。
IMGP0131 (640x427)
この木の下に用土の入った鉢を置いて自然実生させたものです。

その他の苗。
A.
IMGP0138 (427x640)

B.
IMGP0136 (640x427)

C.
IMGP0134 (640x427)

D。
IMGP0143 (427x640) (2)
長老のアオツヅラフジ(中央)の根伏せ鉢に飛び込んだようです。

Aの苗、整枝後。
IMGP0156 (640x427)
枯れた一本を外し整枝。
もう少し小さな鉢に植え替えたいところです。

Bの苗、植え替え後。
IMGP0160 (427x640)
少し右へ傾け流れを出しました。

Cの苗、植え替え後。
IMGP0161 (640x427)
太い根があったので引き根として植え付け流れに沿って針金を。

Dの苗、再度スリット鉢へ。
IMGP0163 (640x427)
現姿は何とも嫌味な姿ですが、少しづつ絞り込み、
表題の写真の樹のように作れないか?と。


にほんブログ村

取り木メギ

ズングリムックリのメギの鉢上げです。
IMGP0078 (640x420)
上から。(下が正面)
IMGP0081 (640x427)


2015/12の初投稿時、取り木前の写真。
IMGP6737 - コピー (640x427)

2016/8/11取り木切り離し時の姿。
IMGP4381 (640x427)
IMGP4386 (640x427)
IMGP4382 (640x427)
取り木成功後、約半年間駄温鉢に植えてありました。

左最下枝が少し後へ逃げますが、
ここで植えた方が樹姿が良さそうです。
IMGP0087 (640x427)
取り木間もない樹なので駄鉢へ植え付ける予定でしたが
試しにと思い壱興さんの木瓜鉢に入れたらピッタリでした。
メデタシィメデタシ~!


にほんブログ村

山採り 長老のアオツヅラフジ 

アオツヅラフジの山採りに行き、なるべく細い根を3本貰って来ました。
A。
IMGP9976 (399x640)
B。
IMGP9977 (640x427)
C。
IMGP9980 (427x640)

Cの根はラフィアで軽く縛り、曲付けをしてあります。
IMGP9983 (640x427)

A,Bの根からは良い曲を根伏せに。
IMGP9989 (427x640)
IMGP9990 (640x427)
IMGP9991 (640x427)
IMGP9992 (640x427)
IMGP9994 (640x411)
IMGP9997 (640x427)

芸のない二本も念のために!。
IMGP9993 (640x427)
IMGP9996 (640x427)

山採りの成果
IMGP9999 (640x427)
右端の鉢は細根が一本もない根伏せで、
他の鉢は少ないながらも細い根があります、

去年10月のお見舞い時に「暖かくなったら山採りに行くからな!」と
長老(90歳)との約束で連れて行って貰いました。
数か月間、自宅療養でしたが今月から勉強会にも出席されるようになり
盆栽への情熱は私も時々負けそうになります。(笑)
長老の友人が山の持ち主の許可を貰い、3人での山採り行でした。

去年飾った長老の山採りアオツヅラフジ。
IMGP6345 (640x554)
同じ場所での山採りです、こんな実成り性の筈です。
(*^_^*) ハテ サテ ナンボン ツクカ ドキドキ ワクワク シメシメ


にほんブログ村

岩ヅル  植え替え

IMGP0039 (640x427)
鉢 平安香艸 丸 7.5×4  上下同サイズ。
IMGP0044 (640x427)

「鉢の色が変わっただけではないか! バカもん」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ ウエツケカクドガ スコシ カワッタコトヲ オミノガシデス


にほんブログ村

沈丁花 開花間近

赤花。
IMGP0048 (640x427)
チョットアップで
IMGP0049 (640x427)

白花沈丁花。
IMGP0052 (640x427)

同。この樹だけ葉色が悪い!。
IMGP0050 (640x427)
春本番間近。

雑木の植え替えに追われています、
こんな記事で誤魔化すしかありません。

(´・_・`)  トホホ


にほんブログ村