縮緬蔓 葉刈り

姿の乱れた縮緬蔓を
IMGP4724 (640x427)

大まかにバリカン刈りしたあとで、
IMGP4729 (640x427)

葉刈りし、
IMGP4733 (640x427)

もう一段追い込んでおきました。
IMGP4737 (640x427)
右側の小枝に針金を緩く掛け
ここを充実させ右流れの樹にしたいと考えています。


にほんブログ村

真柏 呼び接ぎ構想

来春、数か所に接ぎ木して改作するつもりでしたが
待ち切れず(笑)星印に挿し木3年程の苗を呼び接ぐ事にしました。
IMGP4796 (640x427)

呼び接ぎ用として入手した三本の真柏苗。
IMGP4804 (640x427)
左端の苗には元気そうな小枝が有り
この苗を呼び接ぎとして使えそうです。
右端の苗は既に絞り込んでしまいました。

中央の苗をラフィアで保護し、
IMGP4809 (640x427)
負荷が幹に均等にかかるように
針金二本を 等間隔に巻き曲げておきました。
IMGP4810 (640x427)
もう、この苗は呼び接ぎには使えません。

右端の苗、白矢印の小枝をバックアップ候補とします。
IMGP4807 (640x427)

左端の苗の立ち上がりを更に絞り込んでおきました。
IMGP4816 (640x427)
呼び接ぎ接ぎ成功時までに
更に良い景色になるのでは?。
しかしこのままではイケマセン、
もう一曲欲しい所です。

真柏苗を見ると無性に曲げたくなります。
最早DNAに刻み込まれたか?
ネズミを見つけた猫のように!!
本能の赴くままに。(笑)

「バカも~ん、今回は構想倒れか!
   てっきり接ぐものと期待して居ったではないか!
      それに中途半端な構想図を書きおって
         最近は未来予想図にも熱意が無くなったようじゃなぁ!」 

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ マズハ シタジュンビカラ゙デス



にほんブログ村

真柏 呼び接ぎ完了

昨日投稿の左端の苗を使います。
呼び接ぎ位置を確認し、
IMGP4818 (640x427)

幹に印を付け、
IMGP4829 (640x427)

ノコギリの幅と小枝の太さの差を確認し、
IMGP4826 (640x427)

小枝がスッポリ入る溝を切り込み、
(ノコギリで溝を切った後、私の名刀 菊 正宗で幅を調整)
IMGP4831 (640x426)
釘を打ち固定し、(溝の写真を取り忘れ!トホホ)

IMGP4834 (640x427)
カットパスタで防水処置をし、

IMGP4838 (640x427)
念の為に接ぎ木テープで再固定。

IMGP4836 (640x427)
このあとで用土を軽くほぐし、

IMGP4837 (640x427)
根を充実させるスリット鉢に植え替え
高さ調整用に2×4材に乗せて呼び接ぎ作業無事完了。

立ち上がりに強い一曲を付けたこの苗の下部は
接ぎ木成功後に切り捨てられる事もなく
もう一度遊ばせて貰えます。シメシメ

未来予想図。
IMGP4796 - コピー (640x427)

こんな未来予想図で宜しいでしょうか、盆栽の神様。

「バカもん、最初からこれ位の構想を書いておけ!」

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

ワンコイン真柏Ⅰ 舎利幹構想

入手後アリャコリャ弄り過ぎて,樹勢が落ちた真柏ですが
性懲りもなく今度は舎利幹構想を立ててしまいました。
IMGP4606 (640x427)
白マーカーで幹に描いて構想の確認を。

シャリを入れた箇所。
IMGP4856 (640x427)

別の角度から。
IMGP4861 (640x427)

中央に芯を抜いたドリルの穴があります。
IMGP4857 (640x427)

同、別な箇所の穴
IMGP4859 (640x427)
生きた水吸いはこの穴の反対側の
構想で描いた白線の下にあります。
ウッカリ切ってしまってはペケです。
シャリはこの穴のある方に彫り出さなければイケマセン!。

今日んとこはこれ位にしといたるわぁ~

もう一度 舎利幹構想を立て直します。トホホ


にほんブログ村

ワンコイン真柏Ⅰ 呼び接ぎ完了

この樹も来春衣替えする予定でしたが
良い呼び接ぎ素材が入手出来たので!。

接ぎ位置を確認し。
IMGP4864 (640x426)

溝を彫り。
IMGP4868 (640x427)

小枝をピッタリとはめ込み。
IMGP4870 (640x427)
小枝は削らず表面の薄皮だけを剥いでみました。

どれ程の効果があるかどうかは知りませんが!。

釘で固定しカットパスタで防水。
IMGP4884 (640x427)

呼び接ぎ作業終了。
IMGP4877 (640x427)
このあと、念の為に接ぎ木テープで縛っておきました。

一本立ちさせたのはこの苗だけです。
IMGP4883 (640x427)

他の二本の苗は呼び接ぎ任務終了後に
再度幹を絞り込んで作るつもりです。

そしていつもの未来予想図。
IMGP1984 - コピー (2) (640x427)
左へ少し傾け、ジンやシャリが彫れたら理想的ですが!。



にほんブログ村

キンズ 寄せ植えの癒着

実生キンズ苗を三本寄せてあります。
(去年10月に結束バンドで再度絞り込んでありました)
IMGP4845 (640x427)
ラフィアが腐り結束バンドが食い込み始めているかも?。

全て外し確認を。
IMGP4853 (640x427)
食い込んではいないようです。ホッ
チョットアップで
IMGP4852 (426x640)
針金付近も癒着し始めてしています。

癒着が進めば一本で作った幹とは違い
独特な景色になるのではないでしょうか?。

実験のつもりで寄せてみましたが
これなら太らせる事と景色を作る事が両立できそうです。

今年も実生苗が順調に伸びています。
5本、7本と多めに寄せればもっと面白いのでは?。
IMGP4889 (640x427)
癒着が進んだこんな幹肌が作れるのではないか?と。


にほんブログ村

実生花梨 皮がむけた!

実生後、小さな鉢の中で肥培させずに育てて来ました。
IMGP4904 (640x427)
表皮が一枚剥がれかかっています。

アップで。
IMGP4903 (640x427)
もうそろそろ、中学生位の樹齢になると思います。

そんな時節の現象ですかネ?
男の子なら遠い昔の記憶にある筈です。(笑)


にほんブログ村

キンズ実生苗の癒着構想

先日投稿の兄弟樹が二鉢あり、
IMGP4915 (640x427)
IMGP4917 (640x427)
同じ様に幹の癒着を目的として絞り込んであります.。

上の苗を抜いてみると、(反対側から)
IMGP4929 (640x427)
根にまで針金が掛けてあります。

順調に癒着しています。
IMGP4932 (640x427)

植え替え完了。
IMGP4934 (640x427)
分厚く巻いたラフィアが針金の強い圧力を均等に幹へ逃がし
幹に食い込みキズを作らなかったようです。
念の為再度最上部のみ結束バンドで縛りました。


にほんブログ村

キンズ実生苗の癒着構想 その2

先日投稿の二本目です。
IMGP4917 (640x427)

鉢から抜いて、
IMGP4920 (640x427)
やはり根にも針金が、

チョットアップで。
IMGP4922 (640x427)

根上りの景色も付いています、
IMGP4923 (640x426)

結束バンドでもう少し絞り込み、
IMGP4925 (640x427)

露出した根に長いままの水苔をマフラーのように巻いて保護。
IMGP4936 (640x427)
再度絞り込んだ結束バンドは
用土の上から切る事が出来るので
次回は根捌きする必要がありません。
数年間はこのままで根の景色を造る事に専念できます。シメシメ


にほんブログ村

杜松の衣替え

去年、取り木で取った本性の杜松です。
IMGP2031 (640x427)
手入れ時に葉が指先に刺さる性で
出来れば避けたいと言う事で衣替えを!。

取り木構想は懸崖でした。
IMGP2037 (640x427)

反対側から。
IMGP2038 (640x427)

どっちを正面にするにしても左右の小枝は前へ被さりすぎるようです。
IMGP2039 (640x427)

真ん中の枝に大野性の杜松を接いで衣替えです。
IMGP2041 (640x427)
左右の芸の無い枝をジンにして針金を掛け、少し曲げておきました。

成功時の確認照会用に小枝をアップで。
IMGP2043 (640x427)
作業日時 2017/04/28
苗木ドームで保護します。

観察日時 5/19。
少しは伸びたでしょうか?。
IMGP2589 (640x427)

観察日時 7/6
順調に伸びています。
IMGP4908 (640x427)

接ぎ木に比べ元枝の方が元気が良いようです。
IMGP4907 (640x427)

本性の枝先をチョッキン!。
IMGP4912 (640x427)
これで養分が接ぎ木側へ送られ易くなる筈です。



にほんブログ村

ニオイカエデ取り木外し

2016年秋入手時の改作構想。
IMGP5058 - コピー (427x640)
足元に呼び接ぎを、赤線付近に取り木を掛ける。

春先に掛けた取り木も十分に発根しています。
IMGP4941 (640x427)

取り木を外し、
IMGP4955 (640x427)

植え替え終了。
IMGP4960 (640x427)
数年スリット鉢で根張りを充実させます。



にほんブログ村

ツタ 葉刈りと新芽の観察日誌

作業日時 2017/06/24
葉刈り前後。
IMGP4643 (640x427)
IMGP4646 (640x427)

葉刈り前後。
IMGP4640 (640x427)
IMGP4648 (640x427)

7月11日現在の姿。
IMGP4972 (640x427)
新芽が吹いています。

アップで。
IMGP4973 (640x427)

この樹は変化なしです。
IMGP4970 (640x427)
イヤ、古葉が少し大きくなっているだけのようです。トホホ


にほんブログ村

黒松 二番芽が吹く

7月1日に使えそうな樹は小さな芽だけを、
それ以外の樹は一発芽切りしてありました。

若い黒松に二番芽が吹いて来ました。
IMGP5026 (640x427)
矢印に二芽づつ。

ここは一芽だけ。
IMGP5029 (640x427)

ここには三芽あります。
IMGP5028 (640x427)
水平に出た二芽を残し、上の芽を欠いておきました。

そろそろ二度芽切りの時期ですが
この夏はどんな天気になるでしょうか?、気になります。


にほんブログ村

呼び接ぎ仕立て中の真柏 鉢合わせ考

秋の植え替えに備え鉢の候補を考えておいても良い頃か。

この鉢を本命に考えていますが、少し小さいかも。
IMGP4981 (640x427)
壱興

ならばと少し大きいこの鉢では?
IMGP4989 (640x426)
壱興

重ねてみても大した違いはないようですが
IMGP4992 (640x427)
どちらかに入れてみたいものです。

他の鉢も検討する事に。
少し大きめのこの鉢か?、
IMGP4979 (640x427)
美芸

同じく深めのこの鉢か?、
IMGP4983 (640x427)
柴勝

チョット大きいか?、
IMGP4985 (640x427)
美芸

サイズ的には「ぴったしカンカン」か?、
IMGP4984 (640x427)
山秋

鉢合わせは毎回悩み半分楽しみ半分です。


にほんブログ村

手付かずの黒松実生苗二鉢

近くの海岸から採取した種を蒔いたものの
数が多すぎて「実生挿し」していない苗が二鉢残っていました。
IMGP4894 (640x427)
IMGP4895 (640x427)

このまま軸が伸び腰高の苗が出来ても使い物になりません。
IMGP4898 (640x427)
IMGP4897 (640x427)
取り敢えず芽切りを!。作業日時 2017/7/1

観察日時 2017/7/13
IMGP5032 (640x427)
二番芽が旺盛に吹いて来ています。

どんな樹を作れば良いか?残念ながら未来予想図は全然浮かびません

駄木レースのスタートラインに並んでしまったかも。

(´・_・`)フゥー ヤレヤレ



にほんブログ村

長老のアオツヅラフジ開花

今春 長老と山採り根伏せしたアオツヅラフジが開花しています。
IMGP5103 (640x427)

根伏せ時の姿。
IMGP1042 (640x427)

アップで。
IMGP5106 (640x427)

去年の根伏せ苗です。
IMGP5093 (640x427)
二本とも蔓が伸びず葡萄の房のように結実する性を確実に受け継いでいます。

多分数年前に盆栽園で入手した雄木。
IMGP5099 (427x640)
仮に雌木だとしても長老のアオツヅラフジとは様子が違います。

他にも蕾のある苗や開花中の苗を寄せ集めておきました。

結実が楽しみです。


o(^▽^)o ニコニコ



にほんブログ村

黒松 二度芽切り

守備範囲を離れて大きくなってしまった樹です。
但しこの樹達に責任はありません!、
私が移動してしまったからです。(笑)
IMGP5033 (640x427)
7月1日に下枝等の小さな芽が切ってあります。

芽切り後。
IMGP5040 (640x427)
そろそろ駄温鉢を卒業させたいと考えていますが。

以前にアップした、小枝を全て接いで作り直している樹です。
IMGP5042 (640x427)
この樹は小さな芽は多くはありませんでした。

芽切りと古葉を整理しスッキリと。
IMGP5057 (640x426)
あと数年で使えそう?。


「ブログなんぞ それ位にしておいてはどうじゃ?
    まだ二度芽切りの必要な樹が沢山残って居ろうが!」

(;´д`) トホホ

盆栽の神様にやんわりと教育的指導を頂いてしまいました。



にほんブログ村

荒皮イボタ 取り木外し

立ち上がりを太らせる為の徒長枝に取り木が掛けてあります。
IMGP5013 (640x427)
IMGP5062 (640x427)
手前の二本の小枝を残し、
切り外す予定の徒長枝付近と先端部分に。

十分に発根しています。
IMGP5017 (640x427)

先端付近の取り木。
本当はここから先だけが欲しいのですが
未だ一本の発根もありません。トホホ
IMGP5018 (640x427)
取り木成功後即一曲付くように曲げてあります。

先端部分。
ビニールを外し水苔も外してみると、
IMGP5022 (640x426)
カルスも形成されています、間もなく発根する筈です。

徒長枝根元より切り取り 植え替えました。
IMGP5073 (640x427)

個性的な立ち上がりの樹になる筈ですが
IMGP5071 (640x427)
幹中間部の直線(矢印)が気に入りません。
ここに新芽が吹くのを待って作り直しか?。

何処へどんな風に吹くか 神のみぞ知る新芽をアテにしてもイケマセン。
IMGP5078 - コピー (640x427)
植え付け角度を変え、欠点を葉張りで隠し こんな未来予想図でどうでしょうか?。

「バカもんが、またまた誤魔化し居って!
     ワシに頼めば最適な位置に新芽を吹かしてやったものを!」

「但し、お供えのお神酒にもよるがのぉ!」

(´・_・`) オヨヨ サイテキナイチニ ヒトメダケ オネガイシマス ボンサイノカミサマ



にほんブログ村

呼び接ぎ仕立て中の真柏 鉢合わせ考 その2

「もしもし、何か忘れちゃ居ませんか」と棚隅から聞こえた様な!。
IMGP5002 (640x427)
この樹の鉢も検討し忘れていました。
完成までにはまだまだ時間が掛かりますが。

以前、五葉松用に検討した泥珠鉢
IMGP5005 (640x427)


柴勝鉢。
IMGP4997 (640x427)
斜幹風に大きく右へ流した場合はこの正方鉢が良さそうです、
上の丸鉢では水やりの度にひっくり返る可能性があります。

模様木として作るならこんな鉢も有りか。
IMGP5010 (640x427)
中国製高級的駄鉢。(笑)


にほんブログ村

唐楓 葉刈り

取り木で作った唐楓です。
IMGP4801 (640x427)
大きすぎる葉もなく順調ですが
所々の葉が痛んでいます。
IMGP5082 (640x427)
IMGP5084 (640x427)

全葉刈り完了。 鉢 春嘉
IMGP5087 (640x427)
充実した葉姿で秋を迎えたいものです。7/14葉刈り

取り木切り離し直後。
3月8日投稿時の写真
IMGP0168 (640x427)



にほんブログ村

黒松5年生苗 特殊任務からの帰還

極秘任務を遂行し無事帰還した黒松苗です。
特殊工作員として密かに活動し初期の目的は達成しました。

任務終了前の春先に足元の特性を生かすべく接ぎ木がしてありました
IMGP5113 (640x427)
帰還後の環境変化に適合させる為、
チャック付きビニール袋を少し開けてあり
順調に適応しているようです。

彼の二年間の任務地です。
切り取った跡地に松ヤニが出ています。
IMGP5114 (640x427)
水みちが塞がれ膨らみ過ぎてしまいました。
戦略は良かったものの戦術を間違えたようです。
全ては総指揮官の私の判断ミスで弁解の余地は全くありません。


右側には同期の工作員が作った後枝が付いています。
ここも同じように接ぎ位置が膨らんでしまいました。
IMGP5117 - コピー (640x427)
赤線で切り取れば“黒松ぶった切り素材”の出来上がりです。
持ち崩した黒松を再生させようと
工作員を潜伏させましたがこれでは何ともならないようです。
この樹に対してはもう新しい作戦を考えるつもりもありません。


「バカもんが、相変わらずバカを言い居って


(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ アキレテオラレマス

PS
梅雨が明けました、
このブログも夏季休暇という事で当分休ませて頂きます。
長い間お付き合い頂きましてありがとうございました。

    

にほんブログ村