ワンコイン老爺柿 取り木構想

本体をぶった切っても 何処から芽が吹くか分かりません。
来春、立ち上がりの曲の上に 呼び接ぎを掛ける事にします。

呼び接ぎ成功までは 上部に取り木を掛け
この樹から二本の素材を作るつもりです。
たいした樹が作れない事だけは確実ですが!。トホホ
s-IMGP5922.jpg
赤線でも作れますが
緑線で取り木を掛け
小さな樹が作れないかと!。

針金掛け後。
s-IMGP5929.jpg
針金の掛け方を間違えました。
一曲目の枝の上下を確実に挟んで掛けなければイケマセンでした!。
これではこれ以上強く曲げる事が出来ません! 折れます!。トホホ

まっ いっか!

「バッカも~~ん!、
    盆栽の“一曲を笑う物は一曲に泣く”と言うではないか、
        やり直すが良かろう!」
               
盆栽の神様お怒りです。

針金を追加しましたが思った程は曲がりません。
こんな幹を曲げようと考える事自体が間違いかも。(笑)
s-IMGP5939.jpg
植え付け角度を少し傾け、
晩秋の木守の姿を青い鉢でコーディネートしてみました。

コーディネートはこーでねーと!  (ちょっと古いか?)


しかし、あんな格言は聞いた事がありません!。


ウッソピョ~ン


(´・_・`) トホホ  ボンサイノカミサマノ  ゴジョウダン ダッタトハ



にほんブログ村


関連記事