石灰硫黄合剤 消毒

消毒用正装で戦闘準備完了。
s-IMGP7682.jpg
マスクからの息で100均の防塵メガネが曇る。

バケツの中で薬剤噴霧。
s-IMGP7686.jpg
分かり易いように少し上で。

雑木を半分程済ませ 飛び散った筈の薬剤の確認。
s-IMGP7687.jpg
最近は近隣トラブルが増えています、未然に防ぐ神対応です。

雑木棚。
s-IMGP7697.jpg
ドブ漬けとは違い垂れる薬も少ないような?。

ドブ漬けの欠点
・手袋に付いた薬が化粧鉢に付く(拭き取るのに余分な手間が)
・手が滑り薬剤の中へダイビング、拾い上げるのに大騒ぎ(用土内まで薬剤がタップリと)
・馴染んでいない表面の用土が薬の中へ落ちる(終了後鉢に用土を足すメンテナンスが)

真柏棚。
s-IMGP7699.jpg

年末には出来なかった黒松の棚を掃除。
s-IMGP7702.jpg
スッキリ。

乾いた黒松を戻しメインの消毒作業はここまで。
s-IMGP7716.jpg
駄鉢に入った苗の類には頭からスプレーをかけ
消毒作業は完全に終了。

いやいや、余った薬剤の破棄(下水に流してはイケマセン)
防塵メガネの水洗い、蓄圧スプレーの掃除、マスクと手袋破棄、着衣の洗濯

沸かしておいた風呂へドボン!
最後に疲れた体に冷やしたビールを流し込み心身の洗濯


お疲れさまでしたぁ~~


昔から慣れ親しんできた消毒方法ですが
石灰硫黄合剤の入手も面倒になってしまいました。
年末には違うやり方を考えようかなぁ~。
ビールだけはそのままで! (笑)


にほんブログ村


関連記事