スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挿し木まゆみの針金掛け

まゆみを鉢上げし針金を掛けました。 
ほとんどの苗にラフィアを巻きます。
IMGP2199 (640x427)


右流れにする樹はアルミ線を右巻きに。
IMGP2201 (640x427)


左流れの樹には左巻きにアルミを。
IMGP2202 (640x427)
アルミ線を残してあるのは、新梢が伸びた時に巻くためです。(これは少し短かったかも)

巻いた方へ少し絞りながら曲付けすると針金の効き方が良くなります。
アルミ線がラフィアに食い付くからです。

針金の効きが悪いと感じている初心者は試してみてください。
(枝に掛ける時も)



ラフィアと二重に掛けたアルミ線の為
数週間経てば再度の増絞めが可能になります。

ラフィアが腐るまでの間に数回繰り返し、
短い距離で強い曲付けが可能になります、
あくまで樹と相談しながら少しづつですけどネ。


IMGP2204 (640x427)
棚下の草物置き場に名前も知らない かわいい花が咲いていました。

蕾もありもう一度楽しませてくれそうです。



「君の名は」






関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。