スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長寿梅の整枝

少し前(芽吹き前)に入手した長寿梅です。
棚を見ていたら「こんなのはどう」と勧められました。
「細い根が密集し幾度も捩じりながら立ち上がって行く幹芸」
恐る恐る値段を見ます、私の財布に優しい数字が並んでいるではあ~りませんか!!。
即決で連れて帰って来ました。
ブログでお馴染みの「春嘉」さんのお父さんに勧められたのです。

IMGP2214 (640x427)

長寿梅は針金掛けを嫌うようです。
掛けた枝ごと枯れる事もあります。

「どうぞ 宜しかったらこちらへ 
  申し訳ございません こちらが空いているようです」と
針金を優しく巻きながら枝先を誘引。

「俺の自由にさせろ!」と
おっしゃるお枝様は鉢底からアルミ線を引き
ご機嫌を損ねないようゆっくり
ペンチでアルミを捩じりながら下げていきました。(幹模様も締まったようです)

IMGP2218 (640x427)

自然に樹形が整っていくであろう「素直な枝」は
アルミを掛けず「このまま自由にお過ごし頂きます」。

幹芸を隠す新葉は取りました。

枝の太りと木質化を待ち1センチ程残し剪定します。

コケ順作りと枝棚作りの為です。

IMGP2221 (640x427)

太陽の恵みを最大限受けるよう枝葉を広げてあります。



「一目惚れ」でGetしたのは

若かりし頃「ものすごくかわいかった」今の女房以来です。


と ブログには書いておこう!!



        





 
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。