真柏の整枝と鉢合わせ

我家に一本だけある非糸魚川系の真柏です。
挿し木10年程か?、剪定時の枝は毎年挿し木しており
盆栽を始めた頃の樹5~6本以外は正確な樹齢は不明です。
早い樹は挿し木後6~7年で姿を見せ始めます。

050 (640x427)

一塊の枝とぼんやりした幹の芸を解消すべく
棚割と幹への絞り込みを行い植え替えました。

樹高  7cm     鉢   春嘉  丸  6.7cm  高さ 3cm
IMGP2237 (640x427)
ピカピカの一年生がスーツを着せてもらい
大きなランドセルを背負った感じですネ。
落ち着いたら下の曲も絞り込んで樹高を下げて見ましょうか?
もう少し葉張りが増えて風格が増せば見られるかも。


一本イヤミな根を見つけ切り取ろうかと考えましたが
次回の植え替え時に根張りとしてはどうか?と思い残してあります。
松のように八方に均等に広がった根(座)を求められない真柏は
それを個性とするほうが面白いのでは。


おフランスでは個性がないと生きては行けないざんす、 シェー。    by イヤミ

                                         

そっちかい!!。


関連記事

コメント

非公開コメント