スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杜松 再取り木と樹形構想

今春、取り木で切り離した部分です。
欲しいのは右側の部分で こっち側は葉性が悪く捨てる以外無いと考えていた。
右側も葉性が悪いので接ぎ木で衣替えの予定です。(現在の枝はイボジンのようにする)
IMGP5210 (640x427)
環状剥離し。
IMGP5213 (640x427)
刻んだ水ゴケを巻き 風で飛ばないように土で保護。
IMGP5216 (640x427)
・取り木成功後、足元に葉性の良い杜松を接ぐ。
・双幹として作りながら、こちら側にシャリやジンの景色を作る。
・両方とも樹の姿をしっかりとつくる。
・姿が出来たらこちら側を全てジンにする。
○大きなジンに寄り添う小さな杜松の完成。

[のーてんきな事を考えおって、
        そんな樹を作るのにいつまで時間が掛かると思っておる]

あくまでこの取り木が成功すればの話ですが

最短でも10年以上必要かと?。

[お前が作ったおもちゃだと思って見守ってやろう、しょうがない]

宜しくお願いします、盆栽の神様。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。