スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長老の真柏 ③

預かった真柏の三本目です。
この樹の整枝は久しぶりです。
IMGP6781 (640x427)
自分の樹以上に気合いを入れて整枝しました。
近いうちに双幹の幹にもシャリを入れたいですね。

最初にこの樹の整枝を頼まれた数年前の会話。
「どっかで見た事があるような樹ですねぇ?」
「お前さんの樹だったぞ、忘れたか?」
「え~っ?!」
暫く見ないうちに見違えてしまいました。

第一段階の姿が出た時点で 即売品として処分したようです。
双幹に曲付けした数本の樹の内の一本でした。
我が家にも似たような樹が残っています。

この樹です。
IMGP6679 (640x427)
「あっちの樹の方がどえりゃぁ~立派だがやぁ~」
「こっちの樹もほかりっぱなしぃにせんとぉ ちいとばかし手入れしたりゃぁ」
(表記がむつかしい、 笑)

優しい響きがします、子供の頃に良く聞いた言葉ですから。

「おみゃ~さんは今だに使っとるがやぁ~、たぁけかぁ~!」

盆栽の神様の名古屋弁です。

通訳
「向こうの樹の方がもの凄く立派ですね!」
「この樹も放置していないで少しばかりは手入れをしてみてはどうですか?」
「あなたは今でも使っているではありませんか、ばかかぁ~!」

この樹も正月前に整枝を済ませましょうか?。
神様の御指摘のように。

「がんばりゃぁよ~」

はぁ~~い。
なんと素直な事、子供の頃に戻ってしまったようです!!。


「ばかもおだてりゃ樹を直す!」

「単純な男は扱いやすいのぉ!」

「わしも正月の準備に忙しい!
     一年中で一番の書き入れ時じゃ
             彼奴にばかりに関わってはおれん!!」





にほんブログ村








関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。