石化ひのき 正面検討

数年前、素材の樹冠部に取り木を掛けて作った樹です。
IMGP7978 (640x427)
五幹状の枝別れからここを正面に針金が掛けてあります。
主幹中間部の直線的な模様が面白くありません。

鉢を左に少し振ったこの辺りの幹模様が良さそうです。
IMGP7980 (640x427)
右子幹が前方へ突き出て来てしまいます。(写真では分かり難い)
針金整枝が不可能なら適当な位置で外す事になります。

いつやるか?。
そのうちでしょ!。

「バカも~ん、すぐやれ!」

盆栽の神様 お怒りです。



掛けてあった針金を全て外し。
IMGP7984 (640x427)

再整枝後。 樹高 10cm
IMGP7993 (640x427)
如何でしょうか神様。

「お前にはこれが限度であろうのぅ、良しとしよう」

「気づいたことがあれば、不適切な時期以外は即実行じゃ、 

                     良いな! 先へ延ばすでないぞ!」

枝葉の充実を待ち、じっくり持ち込みます。


にほんブログ村
関連記事