唐楓  樹形構想

取り木素材の唐楓を入手。
とある展示会で女性愛好家に久しぶりにお会いしました。
「もう高齢だから」盆栽を止めるとのお話。
盆友と二人でお宅へお邪魔させていただき
数本の樹を連れて帰った内の一本です。。
IMGP8346 (640x427)
めぼしい樹は殆んど処分された後でした。

定期的にプロが手入れしていた棚でもあり
盆栽歴の長い方です、切り返された樹芯の傷もすでに巻ききり
枝の間延びもなくきっちりと維持管理されています。
あとは優しい小枝のほぐれを作るのみ。

ここで取り木する予定、腰高の解消と樹高の短縮ができます。
IMGP8344 (640x427)
ここから上で6㎝あります。

IMGP8344 (640x426)
もう少し上で取ったら4㎝も可能。

取り木後に捨てられる立ち上がりも
時代がき始めた幹肌をしています。
これくらいの角度で立ち上がりを強調し
なんとか作れないものか?。
IMGP8351 (640x427)

「樹形構想だけなら誰でもできるわ!」

「またまた お前の得意なうどん屋の釜で
                 誤魔化しおったな バカも~ん」
               
盆栽の神様安心してください、もう手入れは終わっていますよ~。


幹にドリルで穴を開け。
IMGP8353 (640x427)

通し接ぎ完了です。
IMGP8356 (640x427)
癒着を最優先させるため今年の取り木は見送ります。
代わりに数回葉刈りができるよう
肥料を多めに与え小枝を充実させましょうか。


「ワシの出演場面が霞んどるではないか、不愉快じゃ!」

「もっとキャラクターを前面に押し出してくれんかのぉ」

「出番も少ないし、なんとかせい!!」

盆栽の神様最近我儘なクレームが多いのです。。


にほんブログ村
関連記事