スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真柏 呼び継ぎ再考察

去年呼び接ぎを掛けておいた紀州真柏です。
衣替えも兼ねています。
IMGP8317 (640x427)

ビニールポットを外し接ぎ木箇所を点検。
確実に癒着しているようですが根を切る事を躊躇しました。
IMGP8358 (640x427)
本来の目的の根を切れば
接いだ小枝で即整枝可能の状態ですが
根から継ぎ穂までの真っ直ぐな幹模様が面白くありません。

小品盆栽では1㎝でも直線部分がない方が良いのです。(特に真柏は)
継ぐ位置を間違えたようです。


IMGP8364 (640x427)
この位置で本体を切り離し継ぎ穂を切れば
いわゆる「根接ぎ取り」になり取り木は必要ありません。

しかし時代の乗った「立ち上がりの根」を残す為の
最初の接ぎ木構想と外れてしまいます。

再度ポットに用土を入れ元の姿に。
この接ぎ木は上部の取り木代わりの「根継ぎ取り」用とし
上部の幹には糸魚川性を接ぎます。
IMGP8366 (640x427)
立ち上がりの曲付近に再度糸魚川性の呼び接ぎを掛ける予定。
今ある根を生かすために。

ブログネタ用の作業が増えました。メデタシ メデタシ 

「バカも~ん また失敗しおって 紆余曲折ばかりじゃないか! 
        まるでお前の人生の縮図を見ているようなもんじゃ!」

(;´д`)トホホ。


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。