スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杜松 樹形構想

庭に自然実生した杜松に葉性の良い
痛くない小枝を接いだものです。
IMGP8669 (640x427)
接いだ部分も傷が癒え、十分な太さになりました。
これ以上 枝が太ってもいけません。
バランスが崩れてします。
そろそろ上部の犠牲枝を切り離して
枝作りに入りたいと考えています。

コピー用紙で不要個所を隠し構想の再確認。 
ハイ・ポーズ・パチリ。
IMGP8666 (640x427)

頭部に樹芯候補の芽と
新しい犠牲枝を残して切り込み。 
不要部分もジン用に少し残してあります。
IMGP8907 (640x427)

左右最下枝は枝のコケ順を作る為
奥の小枝まで追い込みました。
奥の新芽の伸びを見てもう一段切り戻します。

頭部予定の芽は太さを得る為 走らせた後に
同じようにコケ順を作りながら追い込んでいきます。

「ゴチャゴチャ言わずとも
      盆栽人ならそんな事は皆知っておる バカもん」

(#^.^#) イヤハヤ ナントモ。

「数年後にここが失敗だったと
        やり直しにならぬようしっかり検討しておけ!」

盆栽の神様の厳しいお言葉です。


にほんブログ村                    
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。