スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クチナシ夫人」の悲劇

「クチナシ夫人」を鉢から抜いて根の確認,状態は良好です。
IMGP2619 (640x427)
「あぁ~た、何をなさるの、アタクシ恥ずかしいですわ!」
「こんなあられもない姿を公衆の面前へ晒すなんて!」

植え付け角度を制限していた太根の処理。
しかしこれ以上は無理!。
IMGP2621 (640x427)
「およしになって、そんな下から!」


元の鉢に。 壱興鉢
IMGP2622 (640x427)
まだ思った角度には収まらないようです。

以下候補の鉢に。 服部鉢
IMGP2623 (640x427)

権山鉢
IMGP2624 (640x427)

松泉鉢
IMGP2625 (640x427)

柴勝鉢
IMGP2626 (640x427)
以上の鉢はサイズ、形とも合いそうですが
やはり太根の処理がまだ足りません。
理想の位置には少し無理があるようです。

上記の鉢サイズより一回り大きな鉢を合わせてみる事に。

少し大きいが彩色されており
樹作りに専念するならこんな鉢も良いか?
と思ったその瞬間!「クチナシ夫人」に悲劇が起きたのです。        中国鉢
IMGP2630 (640x427)
ギャァ~~~ 
ボロ雑巾を引き裂くような「クチナシ夫人」の悲鳴が

真っ逆さまに落下し、樹芯が折れてしまいました。
IMGP2639 (640x427)
急いで我が家の緊急用常備薬「木工用ボンド」をペタリ。

「万能集中治療用最高級駄鉢」の底へ
遅効性治療薬「マグアンプK」を
大盛にサービスして植え替え完了。
IMGP2631 (640x427)
「あぁ~た、何をなさるの!
  先ほどまでの鉢とは雲泥の差じゃございませんこと
                       訴えましてよ!」

「話が違うじゃありませんか、詐欺ですよ!こんな事!!」

良くお似合いですよ「クチナシ夫人」
「治療中は必ず駄鉢に入れる事」と
盆栽健康保険法の第一章にも規定されていますから!。

「アタクシに保険治療は失礼ざます、なに!、このボンドは?」

お怒りはごもっともですが
治るまでには最適な鉢を探しておくとの交換条件で
なだめすかして棚へお帰り頂きました。

(´・_・`)フゥ~ やはり苦手な樹です。


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。