スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒松 芽接ぎ

改作の為に通し接ぎした黒松です。
ここより上の本体は切り捨てます。
IMGP3365 (640x427)

接いだ頂部の芽を切り、
IMGP3368 (640x427)
チャック付きポリ袋の端を切り、差し込み、

通し接ぎの入り口側に接ぎました。
IMGP3370 (640x427)
根を外した時にこの芽に養分は本体から補給されるでしょうか?。
それよりこの時期のこの作業が適切だったかどうか?。

「イルカの♪なごり雪♪のようじゃなぁ~ 季節はずれじゃ!ワッハッハー」

(;´д`)  ヤッパリ トホホ

そもそもこんな接ぎ方が成功するかどうかも不明です。

この芽が活着する可能性は低いですが駄目元のつもりです。

来年の適期には葉性を揃える為に、
左最下枝用に接いだ枝にも
この性を接がなければなりません。

接ぎ口を上から。(作業日6/2)
IMGP3511 (640x427)
なんともはや、手の掛かる改作です。
それが楽しくもありますが!。  



にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。