スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉葉の出ない真柏 取り木の樹形構想

杉葉の出ない真柏の現姿です。
IMGP3380 (640x427)

枝葉は全て上のジンから出た枝を本体に呼び接いだものです
IMGP3382 (640x427)
下のジンからの取り木が今回の主題です。

取り木成功後手つかずの状態でした。
IMGP3371 (640x427)

右側の枝にも数本の根が出ています。
IMGP3375 (640x427)
上根を数本外すと思いも寄らない立ち上がりが出て来ました。
この位置で新しい樹形を作る事にします。

取り木時のヘソを切り、水ゴケを外し、
IMGP3377 (640x427)

根を整理し、
IMGP3378 (640x427)

植え替えておきました。
IMGP3379 (640x427)

樹形検討位置。
IMGP3375 (640x427) (640x427)
この樹の見せ所の立ち上がりを生かす樹形とは?。

改作までの数年間に行う作業。
・左側から一本主幹を決め太らせる
・右枝をジンにする為、予めシャリを入れ景色を作っておく
 (丸幹を即ジンにしたのでは風情が出ない)
・左側の主幹候補以外の枝をオーバー気味に曲げておく
 (直線のジンでは景色が出ず、無い方が良い)
・不要になると思われる犠牲枝にも曲を付けておく

「ドサクサに紛れて最後の犠牲枝の曲とはなんじゃ? 
           まだ挿す気か?それとも取り木を掛けるか?」

ピンポ~ン 大正解です。

流石は盆栽の神様。

「バカもん お前の考える事ぐらいは高が知れておる」

(´・_・`) トホホ オミトオシデス


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。