春風会展示会のお土産 真柏3本の未来予想図

棚に本体下部に呼び継ぎをした真柏があり
シャリを噛んだ上部を根接ぎ取りしたいと考えていました。

即売品にこの構想に最適な真柏苗があり連れて来ました。
必要なのは二本ですが予備として三本を。

樹高短縮すると上部のシャリを噛んだ幹が不要になります。
ジンにする事も出来ますが根接ぎ取り木し一本立ちさせる事に。

根接ぎ取り木用の苗、針金を外した状態。
IMGP3467 (640x427)
必要なのは根だけです。

活着後は不要になる幹に針金を掛け、将来の取り木に備えます。
IMGP3469 (640x427)
小指付近を本体へ呼び接ぎ、活着を確認後に親指付近で取り木。

この樹にも曲を付けて、
IMGP3481 (640x427)
同じく針金最下部付近で取り木を掛けます。

すでに呼び継ぎが掛けてある本体下部。
IMGP3480 - コピー (640x427)
この位置とサイズで作る予定。
小枝の接ぎ木と違い数年短縮でき
活着すれば即整枝が可能。

このシャリを噛んだ幹の左右に
根接ぎ取り木を掛け一本作る構想です
IMGP3474 (640x427)

上部小枝の状態を上から見る。
IMGP3476 (640x427)
全ての枝が間延びしており、使える枝は一本もありません。
適期に数本の接ぎ木が必要な状態です。

三本の呼び継ぎを掛けた姿。
IMGP3482 (640x427)
左側二個が今回の根接ぎ取り木用ポット、
右側が以前の樹高短縮用呼び継ぎポット。

捨てるには勿体無い接ぎ木苗に
時間を無為に過ごさせてもいけません。
この期間を利用し曲付けと太りを得る事にします。

「人生の大半を無為に過ごした人間の言葉とはとても思えんのぉ
  何か悪い物でも食ったか? 熱でもあるのではないのか? 救急車でも呼んでやろうか?」

盆栽の神様の信頼はまだまだ得られそうにありません。 (;´д`)トホホ


お土産三本目の真柏です。
針金を掛け直し、植え替えました。
IMGP3488 (640x427)
立ち上がり付近に太い(この樹にしては)小枝があり
強い曲を付ければ良い個性になるかと(将来はジン?)
独立した樹を作る事に、少し経ったら更に絞り込みます。



にほんブログ村
関連記事