スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生中の真柏 樹形構想

盆栽を始めて間もない頃に入手した真柏。
即、天場に飾った樹でしたが、
その後無謀にもシャリを広げ過ぎ、
ミズミチを切ってしまい主要な枝が枯れてしまいました。
IMGP3495 (640x427)
僅かに残った小枝を幹に沿わせ作ってみました。

時間短縮として去年、後枝と右枝用に呼び接いだ挿し木苗です。
IMGP3496 (640x427)
最初の写真を見ると葉色が少し違うようです。
葉性が違うのか?早く太らせる為の肥料のせいなのか?。
呼び接ぎの根を外し本体と同化後に確認が必要です。

葉性が違う場合は本体の枝は全てジンにするつもりです。
動かせなくなった枝であれこれと悩むより
若い枝なら自由に動かせます。
黒松と違い肌を重視しない真柏はジンで表現した方が良いのです!。

2015-5-10呼び接ぎ投稿時の写真。
IMGP3143 (640x427)
初心者の頃は当然技術も伴わず、
完成された樹の適期の手入れすら上手くいきません。
ましてや、改作などは。
長い間手つかずで放置していました。
若い頃の失敗を反省する、記念樹です。


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。