梅もどき 改作作業色々

持ち崩された梅もどきです。
去年棚に仲間入りしました。
IMGP3714 (640x427)
立ち上がりの太さと曲、それなりの古さもあり、
何とかならないかと相談しましたが
プロも匙を投げた樹です。

好きなサイズではありませんが、
このままでは盆栽になりません。
私の出来る範囲で改作する事に。

この春、樹芯用に通し接ぎしてあります、
IMGP3706 (640x427)
ここから上の右側の枝(幹)は裏にヤケが入っており
左は芸のない枝です。

通し接ぎ後ろ側(入り口)。
IMGP3709 (640x427)

左枝用呼び接ぎ。
IMGP3705 (640x427)
懐枝のない真っ直ぐな枝は使えません。

右枝用呼び接ぎ。
IMGP3707 (640x427)

使えそうな枝を取り木。
IMGP3708 (640x427)
捨てるには惜しい曲の下で取り木。


樹冠部右枝用の枝。 
IMGP3710 (640x427)

同、左枝用。
IMGP3711 (640x427)

同、後ろ枝用。
IMGP3712 (640x427)
以上3本は呼び接ぎ予定位置に針金で誘引してあります。
来年春まで太りを待ち、時期を見て呼び継ぎます。
若木ならともかくこの頭部に出来るキズは巻かないのでは?、
下手をするとヤケ込むかも知れません。
これを予防する為の処置です。
頭部を切り戻すまでの間にしっかり樹勢を付けておきます。

誤魔化した樹はやがて飽きてしまいます。
改作を決意した以上は徹底的に嫌味部分を消しておくべきと考えました。

「近頃はミーの出番が多すぎるザンス、 シェー」 
(*`へ´*) プン プン   by イヤミ



にほんブログ村
関連記事