挿し木黄金真柏の樹姿検討と更なる挿し木

挿し木4年程の黄金真柏です。
IMGP3716 (640x427)

間伸びした左最下枝は不要では?。
IMGP3717 (640x427)

チョッキン。鉢を変えればこのままの姿で飾れそうです。
IMGP3719 (640x427)

反対側から。
IMGP3725 (640x427)

切り取った小枝。
IMGP3723 (640x427)
さて、どうしましょうか?。

三幹で挿すか?、単幹で挿すか?、
That is the Question?。

「バカもん 何が樹姿検討じゃ!、挿し穂が欲しかっただけであろう!」

盆栽の神様良くご存じです
整枝済みの真柏からは挿し穂は取れませんから。

双幹と単幹で挿す事に。
IMGP3728 (640x427)

挿し木後。
IMGP3729 (640x427)
風で揺るがぬようにアルミ線で押さえてあります。

プチ整枝後。
IMGP3732 (640x427)
真柏として厳しさに欠ける立ち上がりを更に絞り込みました。

「お前も自分の人生に対して
     厳しさが欠けて居ったようじゃ
         もう少し何とかなっていたかもかも知れんのぉ!」
(;´д`)トホホ 反論できません!。


にほんブログ村
関連記事