スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挿し木真柏整枝 その2

挿し木後、初期の曲付けがしてあった真柏です。
IMGP4064 (640x427)
立ち上がりが用土に埋もれて株立のように見えます。

掻き出してみると、
IMGP4066 (640x427)
‘もう立派な立ち上がり‘が。

途中図。
IMGP4071 (640x427)

最終図。
IMGP4072 (640x427)
最初の写真にあった左最下枝が
この樹もいつの間にか折れてなくなっています。

「無くなっただと、また直ぐにバレるような嘘を言い居ってバカもん!!。
   挿し木床にある、あの苗はなんじゃ、この樹の左枝と昨日の左枝ではないのか!
            折れたのか切ったのか、どっちじゃ、正直に申せ!!」

(;´д`) バレテタカ

立ち上がりを左へ倒そうと鉢の縁に強く押し付けて、折れてしまいました。
この苗は「杉葉の出ない真柏」の挿し木なのです。
今後はこの樹を増やして行くつもりです。

「ならば、致し方あるまい、細心の注意を払い手入れいたせ!」

盆栽の神様のお許しが出ました。
来春にはこの樹達から挿し穂が沢山取れそうですシメシメ。

「そっちの許しではない!!バカも~ん」

(´・_・`)  ドウモスミマセン。 

  
にほんブログ村        
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。