スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験 実生挿し黒松苗の芽切り

実生挿しした黒松苗が順調に伸びて来ました。
IMGP4242 (640x427)
実生挿しは立ち上がりを短くするのが主な目的(八方根張りも)ですが
このまま伸びてはその意味も薄れるのでは?。

ふと疑問に思い、この苗を芽切りしてみてはどうか?、
新芽が吹けば立ち上がりからの距離がさらに短縮できるのでは?と。
IMGP4245 (640x427)
盆栽の神様に呆れられながらもこんな苗床が沢山あります。
ダメモトで切ってみました、二番芽が吹いてくれないものかと。
切断日 7月28日。


8月12日。
この苗には三芽も、
IMGP4469 (640x427)
これも二芽、
IMGP4471 (640x427)
上から、
IMGP4474 (640x427)
ほぼ全ての苗に新芽を確認。

8月12日。 
今回はトレーで発根させた苗も、
IMGP4475 (640x427)

元気な苗を選び、
IMGP4476 (640x427)

ハサミを良く研いで、
IMGP4480 (640x427)

迷わずチョッキン。
IMGP4482 (640x427)

「バカもん、表現が間違っておる!、お前の場合には‘何も考えずにチョッキン‘じゃ!」

「迷うだけの思考回路もないくせに! 偉そうに言うな!」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ コンナトコロヘ オデマシ デス

切り取った芽の一部。
IMGP4481 (640x427)
今回は黒松芽切りの適期を逃したかも知れませんが、これも実験です。

この芽切りの効果や善悪は不明です、
むしろ、一日も早く大きく太くしたい場合には不適切では?、
「やってみなはれ!」の精神で切ってみました。

良い子は絶対にマネをしないでネ(笑)。


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。