スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り木色々 切り離し

根上りの根が数本枯れ、取り木で再生出来ないか?と。

姫桑の取り木の発根を確認する為に、
IMGP4354 (640x427)

裾を捲って見ると、
IMGP4356 (640x427)

充分に発根しています。
IMGP4358 (640x427)

見所はこの立ち上がりだけか?。
IMGP4359 (640x427)
この樹種は細かい事を言わずに自然樹形で作った方が良いでしょうね。

将来に備え、取り敢えず樹勢を付けなければ。
IMGP4361 (640x427)


錦木の発根を確認するため、
IMGP4362 (640x427)

ビニールを外すと、
IMGP4365 (640x427)
これも十分のようですが、
少しズレた位置からの一本だけの発根でした。
IMGP4366 (640x427)
反対側にカルスもあり、大丈夫でしょう。

欲しいのはこの部分だけです。
IMGP4367 (640x427)
取り木の前に針金で矯正してありました。

切り口にトップジンMペーストを塗り保護。
IMGP4368 (640x427)
幹肌が黒松のように荒れています。

正面から。
IMGP4369 (640x427)
ミニ盆栽としてのスタートです。

「本当に、羨ましゅぅございますワ、アタクシには木工用ボンドでしたの!」
IMGP4370 (640x427)
クチナシ夫人のお怒りはまだ収まっていないようですが、
応急処置の木工用ボンドが威力を発揮し傷口は完全に治っています。
今は棚隅で静かに静養中です。
これはこれで良かったのでは?。

「うんまあ、アタクシをこんな目に合わせておいて, これはこれで良かったですって、
          許せませんワ」

「盆栽家庭裁判所に訴えるザマス!」

((((;゚Д゚))))))) フゥー ヤレヤレ


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。