スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐楓   改作中

幹のアップ      枝別れ点(左右、芯の所)まで4cm
IMGP3132 (640x427)
直幹時の最初の切り返し痕は完全に巻いています。
芯は幹とのコケ順ができるまで太らせてから切ります。
3本の枝とも残るのは 今ある最初の1節だけです。(幹から遠い2節以上は不要)
左右同じ高さから出ている枝は 流れによってどちらかが外されますネ。
(枝候補として今は残す)


去年の切り返し傷(木工用ボンドで保護)下に数年前の切り返しの傷痕(すでに肉巻き完了)
IMGP3133 (640x427)
ここまでの大まかな作業は 3回の切り返しと2個所の根継ぎです。
本体はこれで出来上がりですネ。

現姿
IMGP3134 (427x640)
こんな面倒なことは 雑木ではこれでおしまい
改作中の同じような樹は まだたくさんありますが。

どれだけの時間が掛ったか忘れましたが
柔らかい枝先の完成までに
まだどれだけの時間が
必要でしょうか?。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。