スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコイン真柏 改作その3

「改作その2」の投稿後にも幹を休み休み絞り込んでありました。
今度はほぼ直角に曲がった立ち上がりが不満です。

比較の為に写真を並べて。
IMGP8258 (640x427)
IMGP7175 (640x427)
前回投稿時の未来予想図。

ノコギリで幹の半分程に切り込みを入れ、
IMGP8261 (640x427)

日本刀と同じ材料、玉鋼のナイフで切り口をV字型に綺麗に広げ、
IMGP8263 (640x427)

ラフィアで保護して曲げましたが、
芯を抜き反対側に曲げてあった樹冠部が元の位置付近に戻ってしまいました。(赤矢印)
(;´д`) ヤレヤレ 元の木阿弥です。
コケ順もない為ここは天ジンにする事にして、樹形構想を考え直します。
IMGP8264 (640x427)
幸いにも近くに良い枝があります。(白矢印)
枝元に接いで樹冠部を作り直し、
かつ全ての役枝にも元気な枝を接ぎ(追い込める小枝がない為)
この写真範囲に収まる程の大きさで作り直すつもりです。


さてとこの辺で未来予想図を描く事にしましょうか。

「バカもん、時間を無駄にするな!
    絵に描いた餅のような事はもう止めろ!
          お前の頭の中にあるだけで良い!」

(´・_・`) トホホ

盆栽の神様に反対されてしまいました、
ならばとリアルな整枝で。
IMGP8271 (640x427)
「ワンコイン真柏、改作終了の図」と行きたいところですが
立体を表現出来ない写真ならではの「ウソの樹姿」です。

上から、親指付近が樹芯。
IMGP8276 (640x427)
間延びして使い物にならない小枝を
輪郭線に沿わせて手繰り、整枝しただけの姿です。
やはり根本的に解決しなければイケマセン。

ワンコイン真柏が入手後3か月程で飾れるような姿になるわけがありません。
これで幹本体は完成ですが、この樹を本鉢に入れて
飾れるようにするにはまだ4~5年の時間が必要です。


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。