スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植え替え用土の準備、その他

棚上の雑木達に芽動きが感じられます、
そろそろ用土やその他を準備しなければイケマセン。

この硬質二本線は小品盆栽には最適な用土ではないでしょうか?。
宣伝費は貰っていませんよ、念の為。(笑)
IMGP9205 (640x427)

この袋から出た大粒はこの二個だけです。
IMGP9209 (640x427)

選別終了。
IMGP9212 (640x427)
下段    メインの用土(桐生砂や矢作砂等を混ぜて使用)
ざる   鉢底網のフルイを通過した用土(富士砂と混ぜ表面の飾りや挿し木床に)
カップ   風で飛ばし微塵を抜いた用土(ほぼ使い道はないが、挿し木床等に)

準備完了の物置内。
IMGP9226 (640x341)
上左から 矢作砂、富士砂、竹炭、 マグアンプK、バイオゴールド、マルタの玉肥。
下段左から 今回選別した用土、鉢底用土、桐生砂、今回の小粒。

このメーカーの用土は小品盆栽には最適な大きさの粒が揃っています。

他のメーカーには「小粒」の表示はあるものの
鉢底用土にしか使いようのない粒が50%もあるものがあります。
下段の鉢底用土はそのメーカーの硬質二本線の二袋分です。
私には当分の間、使い切れません。

今回の準備で富士砂、竹炭、玉肥の在庫が少ない事が分かりました。
この赤玉の予備も含めて、暇を見つけて買い物に行かなければいけませんネ。


「バカもん、お前は毎日が日曜日じゃ!暇ばっかりではないか!
       盆栽の手入れが無いこの時期にドライブがてら出かけるが良い!」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマノ キョウイクテキシドウガ ハイリマシタ



にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。