スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日投稿の楓 更なる呼び接ぎ

取り木で本体を再生させる予定でしたが、この右側の根芸に目が留まりました。
IMGP0103 (640x427) (640x427)
数十年持ち込まれた根で、これを捨てるのは惜しい!。
ここに小枝があればここを見せ場にして、小さな一本の樹が作れるのではと?。
むしろこの根の芸の方が本体より面白いかも知れません。

IMGP0110 (640x427)
ノコギリで切り込みを入れ、ナイフで綺麗に削り実生苗をはめ込み、

IMGP0113 (640x427)
鉢底網で押さえアルミ線で固定。

IMGP0114 (640x427)
ついでにもう一本の根にも呼び接ぎ、プラ鉢を準備し、

IMGP0119 (640x427)
用土を入れ、2×4材の専用ストレッチャーに乗せ棚場へ。

接いだ小枝が邪魔をして、取り木用の幹を削る幅がなくなってしまいました。
今年中はこの接いだ小枝を伸ばして太らせる事に専念し
当初予定の取り木は来年以降になりそうです。

盆栽はアワテナイ、アワテナイ! 一休さん(笑)



にほんブログ村

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。