スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真柏 接ぎ木の経過報告と未来予想図

接いだ穂四本が全て成功しました。
IMGP1661 (640x427)
農業用ドームへの一日数回のミスト散布が功を奏したようです。
私の適格な接ぎ木技術の賜物である事は言うまでもありませんが!。(笑)

幹に接いだ樹芯部用の小枝。
IMGP1901 (640x426)

右枝の付け根に接いだ小枝。
IMGP1905 (640x427)

左枝の付け根に接いだ小枝。
IMGP1900 (640x427)

幹後部に接いだ小枝、白い花も咲いています。
IMGP1899 (640x427)
全ての穂先の最先端部分が順調に伸びています。


不要な部分を消してみました。
これ位の植え付け位置で作りたいと考えていますが。
予想図 (640x427)

いつもの未来予想図。
IMGP1662 - コピー (2) (640x427)

反対の流れで。
IMGP1661 - コピー (4) (640x427)

接ぎ木の成功を盆栽の神様もお喜びになるのではないでしょうか?。

「バカもん、ワシがこれ位の事で喜ぶ訳がない
      昔、ビニール袋を被せて成功させた接ぎ穂を
         夏の直射日光に晒し,蒸らして枯らした事を忘れては居るまいのぉ!」

エーッ 内緒で処分した筈なのに!すべて御見通しだったとは。 

「ワシが喜ぶのは未来予想図のようにお前が仕上げてからじゃ まだ10年早いわっ!」

(´・_・`) トホホ マダ ソンナニカカリマスカ ボンサイノカミサマ


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。