スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長老のアオツヅラフジ

夕方に美味しい🍶を飲んでいると長老から
「アオツヅラフジの根が手に入った 直ぐに取りに来い!」と,
最寄駅までの中間付近ですが流石に歩く気にはなりません、
翌朝🚙で取りに行くとこんなにも沢山の根が!。
IMGP1709 (640x427)

これは私の守備範囲ではない。トホホ
IMGP1713 (640x427)

こんな小さな根を、
IMGP1720 (427x640)
IMGP1715 (640x427)

ラフィアで緩く縛り 曲を付けて、
IMGP1721 (640x427)
IMGP1722 (640x427)
IMGP1723 (640x427)
IMGP1724 (640x427)

いつもの鉢に、
IMGP1726 (640x427)
根が露出した部分に 水コケを乗せて植え付けておきました。

曲のない丸太状態で上下の区別が付かない根や、
IMGP1719 (640x427)

恐らくこの上下だと思われる根を、
IMGP1717 (640x427)
IMGP1718 (640x427)

駄温鉢に浅く伏せておきました。
IMGP1736 (640x427)

上から。
IMGP1737 (640x427)

先日、一緒に山採りに行った長老の友人が
別の山から採って来たものだそうです。
去年までに長老から貰った根は複数の場所での山採りだったようです。

実生りの性が分からなくなってしまいました、
先日の山採りの根が長老が飾った性なのか?
或いは竹林の中から採ったこれがそうなのか?。

数年前に伏せ、去年実生りした樹は間違いなく葡萄のような長老の性でしたが!。



思いがけず鉢が増えてしまいました、また盆栽の神様が不機嫌になられるのでは?。

「致し方あるまいのぉ、実生りの性が分かるまでしっかりと管理いたすが良い!」

\(^o^)/ ボンサイノカミサマノ オユルシヲ イタダキマシタ

「あいつの性は治りそうも無いのぉ!、
     諦めては居るが何とかならぬものじゃろうかのぉ!」

(´・_・`) オヨヨ


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。