スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼び接ぎ中の照葉ツル梅擬の経過報告

去年投稿の呼び接いでいる照葉ツル梅擬です。
左側の雌木と右側の雄木。
三月初旬、更に二か所に雌木を接いでありましたが失敗したようです。
IMGP2293 (640x427)
反対側から。
IMGP2294 (640x427)

雌花のアップ。
IMGP2287 (640x427)
メシベが花弁より飛び出しています。

雄花のアップ。
IMGP2292 (640x427)
メシベのような特徴はありません、花粉がより多く作れるような構造か?。

先端部分は枯れたようです、枝元の葉にはまだ生気が感じられます。
(640x427)

同じく、この枝は枯れています。
IMGP2295 (640x427)
真柏の接ぎ木のようには簡単ではないようです。

尚 まだ呼び接いだ枝の太りが実感できません。
もう少しこのままで小枝の太りを待ちます。

盆栽は「慌てない!慌てない!」 by 一休さん

「以前、適格な接ぎ木技術の賜物だとか言って居ったのは
               どこのドイツじゃったかのぉ?」

「おフランスではないザンス シェー」


(´・_・`) オヨヨ マサカノ ボンサイノカミサマト イッキュウサント イヤミ ノ キョウエンデス



にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。